元気が出ない原因と元気を出す私の方法  


スポンサーリンク




スポンサーリンク

元気が出ない原因と元気を出す私の方法

元気が出ない原因と元気を出す私の方法
元気が出ない時に、「心のあり方」と5感を使って元気になる!


バス男「はぁ〜。元気が出ないなぁ。」


バス子「私も最近、元気が出なくて困っているのよねぇ。どうすれば元気が出てくるかなぁ?」


バス男「バス子ちゃ〜ん。僕も元気が出る方法を知りたいよ。」


バス子「・・そういえば、この前仙人が【元気が出ない原因】について話をしてたわね。」


バス男「へ〜。仙人様の【元気が出ない時に元気を出す方法】の話は、どんな話だったの?」


バス子「それがね、仙人が言うには・・・・」







〜元気が出ない時の対処法〜

1.元気が出る言葉と元気を出す方法

@心と体と元気の関係

■「オーリングテスト」というものがあります。
「オーリングテスト」とは、調べられる人が片手の2本の指で作った輪を、他の人が左右に開こうと引っ張り、抵抗する指の筋力がいろいろな刺激によってどう変化するかを調べるテストです。

例えば上図のように、体に合わない薬(クスリ)を左手にもった場合、右手の2本の指で作った輪は、力が入らずにほどけてしまいます。
一方で、体に良い天然の強壮剤などを左手にもった場合、右手の2本の指で作った輪は、力が強く入るためほどけません。

元気を出したくて「クスリを飲む」ということは、本来、自然界には存在しない化学物質を体内に取り込むことになる場合も多いですので、自分の体に合わない薬を飲むと病気が治るどころか、逆に元気が出なくなることもあるのかもしれません。

元気が出ない時は薬で対処する方法もあるけど、薬に頼りすぎるのもデメリットがあるよ。

「自分を元気にするものか?それとも害するものか?」ということを、知識がなくても本当は体と心は敏感に察知するもので・・だからこそ、体に合わない薬(クスリ)を左手にもった場合、右手の2本の指で作った輪は、力が入らずにほどけてしまうようです。

薬に限らず、「自分の体に合うもの」「害のないもの」を日常生活で使用するようになると、自然と元気が出ない状態から、元気が出る状態に変わっていきますよね。
アレルギーの原因にあるとおり、合成界面活性剤や人工香料、保存料等、科学物質で作られているシャンプーや石鹸などを、天然素材のものに変えただけで、元気が出てくる人もいますし・・食べ物を、レトルト食品やカップ麺から、天然の野菜中心食に変えただけで元気が出てくる人もいます。

食品にも日用品も化学物質が多く使われている現代では{化学物質の摂取}が元気の出ない原因の1つになっているみたい。
「化学物質を避けること」も元気に生きる方法の1つになるよ。

食生活改善方法(昨日食べた肉や刺身は美味しかったね!薬漬けだしね。)

エネルギー問題の解決策に詳細はあるとおり、 人間は、物質的な肉と骨だけによって生きているのではないのかもしれません。

「カロリーとビタミンを規定量、摂取すれば良いんだろ?だったら、カップ麺でカロリーを補い、各種サプリメントでビタミンを補えば良いよ。」
私は以前、そういう風に考えていたのですが、人間という生き物は、単純なカロリー計算のみで勘定できる生命体ではないようなのです。
だからこそ、1日に、100カロリーそこそこの青汁1杯しか飲まないにも関わらず、元気に10年以上も生きている女性が実在しているのかもしれません。
ちなみに彼女は、100カロリーそこそこの青汁で、体重が増えていくそうです。
現時点での栄養学や医学では、説明がつきません。
書籍/「食べること、やめました」―1日青汁1杯だけで元気に13年

この女性は大学等、各種研究機関にて医学的な検査を受けていますが、「1日に100カロリーそこそこの青汁1杯で生きていけている理由は、説明不可能。」という検査結果が出るばかりです。

なぜなら、{カロリーとビタミンを規定量、摂取すれば良い}というのは現時点での医学や科学の見解であり、絶対的な答えではなく・・本当は、人間という生き物はカロリーだけで生きているのではなく、もっと違うエネルギーも活用することで生きているようなのです。

「もっと違うエネルギー?なに、それ?」
→それは、科学的な言葉で言えば{生命エネルギー}であり、中国医学で言えば{気}なんですね。

私達は普段、
「元‘気’が出ない」
「元‘気’を出したい。」
「やる‘気’が出ない。」
などという言葉を使用しますが、‘元気’という字の‘
’は、中国で盛んに行われている{気孔}や{気功法}などの‘気’のことなんです。

そして、‘気’とは科学的に言えば{生命エネルギー}ですから・・例えば「元気が足りない」ということは、「生命エネルギーが足りない」ということなんです。
ロシアやアメリカの科学者は、人間の体の表面には生命エネルギーが流れ表出されていることを既に1980年代に科学的に発見しており、その体表面のエネルギーを「エネルギーフィールド」と名づけているようです。

ちなみにこの「エネルギーフィールド」は、インドにおいてはオーラと呼ばれており、オーラ視の出来る人には、人間から表出されている「エネルギーフィールド」が上図のように見えるようです。
気については、気とは?本当の意味(‘気’について知ると毎日が変わる!)の記事が詳しいです。

科学や医学では解明されていないけど、{気}というものが存在してるみたい。で、人間の元気と{気}は、とっても関係が深いみたいだよ。

「元気が足りない」ということは、「生命エネルギーが足りない」ということなのですから、いくらカップ麺を食べてもカロリーは摂取出来るものの、生命エネルギーを摂取することが出来ないため、「カップ麺ばかりを、ちゃんと3食、食べているのに元気が出ない・・。」となるわけです。

だからこそ、「命を頂く」ことが人間には必要なのかもしれません。
新鮮な野菜を食べることは、野菜の「命を頂く」行為です。
野菜を食べることにより、野菜の命・・野菜の生命エネルギーを、自分の体内に摂取することで、人は生命エネルギーレベルで、元気になっていくのでしょう。

ご飯を食べる前の「いただきます。」は、「
命をいただきます。」ということなんですね。

元気が出ない原因の1つは、食事からカロリーは摂取していても{気(生命エネルギー)}は摂取出来ていないから。
元気を出すためには、生命力溢れるフレッシュな果物や野菜や魚などを食べるようにすると良さそうだね。
「食品の生命力の高さ」は現代では、まだ数値化出来ていないため意識している人は少ないけど、とっても大事なことみたい。


で、説教臭い話ですが、このような食事前の「命をいただきます。」という感謝の言葉は、人の‘元気’に影響を与えるようです。

その理由の1つは、水と人間の関係にあるように、人間の体の60%は水であり、その水は言葉に影響を受けるからでしょう。
食事前に「ありがとう!」という感謝の気持ちを込めて「(命を)いただきます。」と言うのと、

感謝の心をもたずに「まずっ。」と言いながら食事をするのでは、

体内の60%を占める水の結晶に、大きな違いを生み出すことでしょう。
自分の口が発する言葉は、自分の耳が1番良く聞いているからです。

現実とは何か?にあるとおり、

あらゆる物質は固有の周波数をもち、すべての物質は振動しているのであり、体内の水も振動しています。
そして「口から言葉を発する」という行為は、空間中に振動を発生させる行為であり、その言葉の振動は、体内の水の振動にも当然影響を与えます。

体内の60%を占める水の結晶が、「あ〜ムカつく。早くしね、ハゲ上司。」「政治も経済も世の中腐ってるし、会社の同僚はバカばかりだし、私の人生も腐ってる。」などの、汚い言葉によって汚い結晶になっていたら・・・それは元気も出ないかもしれません。

心のあり方で{気}の量は増減するよ。
だから{心のあり方}が間違っていると元気が出ないことになるよ。


もう1つの理由は、心のあり方が、力強さにも影響するからです。
例えば、心に過度な不安がある状態のときに、

上図のように右手の2本の指で作った輪は、力が入らずにほどけてしまいます。
一方で、心が感謝の気持ちで満たされ落ち着いている状態の時は、右手の2本の指で作った輪は、力が強く入るためにほどけません。

食事前の「いただきます」も含め、
心のあり方1つで、私達の元気は左右されるようです。

「元気が出る」とか「元気が出ない」とかの話になると、{食事・睡眠・運動}という物理的な話になりますが、実際は{心のあり方}の方が影響が大きいようです。
その理由は戦時中を振り返るとわかります。詳細は疲れやすい原因(カロリーとエネルギーの違い)にて。

【心のあり方1つで、元
が左右される・・】
その理由は、心と‘
’は、密接に関係しているからのようです。

心のあり方1つで、‘
’の交流や発生に影響が生じるそうです。
ですから、心のあり方1つで、元
が出たり、出なかったりするのです。
それもこれも、人間という生き物は、カロリーだけで生きているのではなく、もっと違うエネルギー・・生命エネルギー(
)を活用することで生きているからでしょうか。

この生命エネルギー(気)に関する話は、ごく当たり前の話であり、難しい話でもないため・・そう遠くない将来、科学的にもしっかりと証明され、学校などでも少しづつ教えられていくことになるでしょう。



B元気が出ない時に元気を出させるには?〜
■心のあり方なんて話は、説教臭い話ですよね。
しかし、心のあり方次第で、人間は元気が出たり、出なかったりすることが実際にあるのかもしれません。

心の姿勢がマイナスな場合、例えば・・「やらされている」という感覚のもと嫌々働き、世間体があるから嫌々結婚し、周りから「常識ある人」と思われたいから、気が進まないのだけれども好きではない友人達とも交際し、飲み会にも嫌々参加し、ことあるごとに不平・不満を言い、物事の悪い面ばかり見たりしていれば、元気は出にくいものなのかもしれません。

一方で、 心の姿勢がフラット〜プラスな場合、例えば・・たとえ生活水準を下げてでも、心のどかに使命感や仕事に対する誇りをもちつつ働き、または楽しいから働くようにし、もしくは自分が納得して決めた仕事を能動的にこなし、自分が納得した相手と結婚し、どうしても気が進まない飲み会ならば断り、そうでなければ参加し、ことあるごとに「ありがたい。ありがとう。」と感謝の言葉を心の中で言い、理想を現実化する方法にあるとおり物事の良い面ばかり見たりしていれば、自然と元気は出てきそうですよね。


なにかとある世の中で、なかなか元気も出ないこともありますが、
心のあり方を意識しながら、「仙人/仙女達は、戦乱の続く現代日本より劣悪な環境であった中国の歴史の中で、それでも心のあり方1つで、自分の心の中はいつも桃源郷な状態を創り出し、幸せに生きてきたんだ。」とか言いながら、自分で納得できる人生を、それなりに楽しんでいけたら素敵ですよね。


〜追伸〜
→世の中には、義務感で生きている人と、自分のしたいことをやって生きている人とがいます。

大人になると義務や責任が増えていきますよね。
その結果、責任感や義務感ばかりで生きることになり・・すると生きていて楽しくないから、「なんか元気が出ない。活力が湧かない」とか「やる気が出ない。」となってしまいがちなようです。

義務感と責任感が強すぎるのも問題だよ。人生は、そもそも、なんのためにあるんだろう?義務をこなすため??

この話に関しては生きるのに疲れたら人生のバランスをとろう(義務感だけで生きると疲れるよ)の記事が詳しいです。

<writer 名無き仙人>


★よく読まれている記事★
【人気】高利回りソーシャルレンディング投資とは?仕組みを解説(超高時給の投資!私が投資する理由)

【人気】「初心者向け」少額から始める資産運用のやり方【おすすめ運用先】儲かるよ(儲かる資産運用の始め方)






バス男「僕も元気に泳ぎまわれる体力が欲しいなぁ。」


バス子「昼寝ばかりしてないで、運動もしなきゃね。」


仙人「生命力のあるバランスのとれた食事をとり、睡眠をしっかりとり、あとは自分が納得できる生き方をしつつ心のあり方を修練していくと、元気がより多く発生していくことになるそうじゃのぉ。」


関連疲れやすい原因(カロリーとエネルギーの違い)
心体の健康と病気/潜在意識(健康と潜在意識)
前向きな言葉で人生を生きる方法(強制ポジティブ日記)
カップ麺より健康的な食事のメリット(食生活に生き方が現れる)
体調不良の原因は食事とストレス!対策(自律神経と交感神経のバランスをとるコツ)
もう疲れた!人生に疲れた時は生き方を変えよう(将来は「なんくるないさ〜(何とかなるさ)」)
脳疲労の回復方法(生活の中に瞑想を取り入れよう)





お勧めビットコインとは【わかりやすく図解で仕組みを】初心者向け簡単に(人気の理由)
産業用太陽光発電への投資!メリット/デメリット(不動産投資より手堅い)
FXの始め方!基礎とポイントをわかりやすく解説(為替で儲けよう!投資は大人の趣味)
高利回りソーシャルレンディング比較一覧!お勧めはココ(お勧めの会社はどこ?)
簡単!仮想通貨の始め方【初心者におすすめコインも】(仮想通貨の買い方)





★ 生活費の節約術とお金を増やす方法(月5万円/年60万円の自由なお金を作る方法)

★ 見た目年齢の若い元気な人になる方法(実年齢より見た目年齢が若い人がやっていること)

★ 恋愛/婚活!出会いの方法一覧(自分に合った出会いの方法を見つけよう)


仕事仙術

恋愛・婚活仙術

その他