死んだ後の世界とは?  


スポンサーリンク




スポンサーリンク

死んだ後の世界とは?

■仏教やキリスト教や神道や宗教の死後の世界はあるのか?意識は無になる?人間の魂と輪廻転生と証明

死んだ後の世界とは?
【死後の世界 | 現実世界 | 夢の世界】の違いとは?


バス男「バス子ちゃ〜ん。僕は死んだあとに天国に行けるか心配だよ。天国に行けないなら、バス菜ちゃんを見守る浮遊霊になりたい!」


バス子「バス男さんみたいな人が、現世ではストーカーになって女の子を困らせるのよ!それにバス男さんって、浮遊霊より強烈な地縛霊とかになりそう。」


バス男「やっぱり僕、天国に行くより、バス菜ちゃんを見守る浮遊霊の方がいいかも。透明人間だもん。わ〜い!」


バス子「バス男さん・・地獄に落ちそうね。今から仙人に【死んだ後の世界とは?】を聞きに行くわよ。」


「仙人様の【{死後の世界 | 現実世界 | 夢の世界}の違いとは?】か〜。」







※仮説に基く不思議系の記事です。
頭の柔軟体操/不思議系のエンターテイメント記事として読んで下さると嬉しいです。


〜【死後の世界 | 現実世界 | 夢の世界】の違いとは?〜

1.死んだ後の世界とは?

@意識は無になる?人間の魂と輪廻転生

■グーグルのデータによると、「死後の世界」というワードは、月に数万回も検索されているようです。
インターネットでの情報検索は、直接的に他人と繋がることがない特徴があるため、人には相談しにくいことや聞きにくいことが、多く検索される傾向にあるようです。

本当は皆、死後の世界などに興味があるのに、そんな話は家族や友人・知人とは話しにくいため、インターネットで情報を得ようとするのでしょうか。

さて、今回の記事では、「死後の世界はあるのか?」ということで、死後の世界について見てみたいと思います。



A死んだ後の世界とは?死後の世界はあるのか?体験と科学
■死後の世界といえば、「気がついたら知らない場所(天国)にいて、フラフラと歩いていると、死に別れした兄弟に会って・・・」などの話が少なくないですよね。現実世界との違いは、スペース(場所)の違いくらいでしょうか。

相変わらず‘私’という自我意識があり、私が死後の肉体(透明な肉体)をもって行動する話が<死後の世界の話>には多いよう思えます。
これらは作り話であるため、相変わらず‘私’という自我意識があり、私が死後の肉体をもって行動する話となるのでしょうか。

もし、現実の世界(物理的な世界である宇宙)以外のところに死後の世界があり、肉体が死ぬと、そちらに死後の肉体をもって移動することになるならば、生活する場所が変わるだけ・・・とも言えなくはないのかもしれませんね。

死んだ後でも、相変わらず、‘私’は考え、‘私’は感じ、‘私’は悩み、‘私’は喜び・・と自我意識の中での<死後の人生>が始まり展開されていくことになるのでしょうか。
であれば死後の世界でも人間関係で悩んだり、喜んだりと、相変わらず人間臭いことを続けることになるのかもしれません。

このように考えてみると、死後の世界は、寝ている間にみる夢の世界にも似ていますよね。
私たちは、寝ている間に夢をみますが、夢の中では、相変わらず‘私’という自我意識があり、私が夢の中での肉体をもって行動することになります。

夢の中でも、相変わらず、‘私’は考え、‘私’は感じ、‘私’は悩み、‘私’は喜び・・と自我意識の中での<夢の世界>が始まり展開されていくことになりますよね。
そして夢の中でも私たちは、人間関係で悩んだり、喜んだりと、相変わらず人間臭いことを続けることになっているようです。


そういった意味では、‘私’という自我意識が体験している場所が現実世界であれば「生きている」ということになり、夢の世界であれば「寝ている」ということになり、死後の世界であれば「死んでいる」ということになるのでしょうか。
つまり、‘私’という自我意識が向かう先の違いによって、「現実・夢・死後」と世界が変わるのかもしれません。
言い換えると、意識レベルの差が、経験する世界の違いを作り出しているのかもしれません。


〜死んだ後の世界とは?死後の世界はあるのか?体験と科学〜
「現実・夢・死後」の世界の違い → ‘私’という自我意識が向かう先の違い


このような話をすると「そんなわけない。妄想が激しいな」と一掃されてしまいそうですが、私たちは夢の世界の中で「あ、これって夢の世界だ!」と気がつくことが(ほぼ)出来ないようです。

そう考えてみると、私たちは現実の世界の中で「あ、これって現実の世界だ」と気がつくことができないわけで・・・・そのため「そんなわけない。妄想が激しいな」と反応してしまうのかもしれません。
※もし、夢の世界の中で「これって夢だ!」と気がつけるかのように(客観視ができるようになるかのように)、現実世界の中で「これって現実世界だ」と気がつければ・・・客観視ができれば、一概に妄想・空想とは断言できなくなるのかもしれない。
関連→自分を客観視する方法(人生という名の夢の中で1度立ち止まる)


もしくは死後の世界とは、に詳細はあるとおり、肉体の死とともに‘私’という自我意識も消えていってしまう現象なのでしょうか。
であれば死後の世界なども存在しない(‘私’という自我意識がなければ世界を体験したり経験したりすることができない)という話にもなりそうです。
夢の例でたとえるならば、夢を見ない<深い眠り(爆睡状態)>の状態だと言えるのかもしれませんね。



B死んだ後の世界とは?死後の世界はあるのか?体験と科学
■「死後、どうなるか?」という考え方次第で、私たちの生き方は大きく変わることになりそうです。
もし死んだ後に現世の裁きが行われるならば、「良いことをしておこう」と思いますよね。
一方、死んだら‘私’という自我意識もなくなり、‘私’という体験は肉体の死を堺に全て終わりとなるならば、「とりあえず今、自分さえ良ければいいんだ!どうせ死んだら終わりなんだから」となる場合もあるのかもしれません。

死後の世界に対する、誰もが納得できる答え・・・科学的に証明されている答えは、今のところ、存在していないのでしょうか。

ただ、死んだ後にどうなろうと、そんなことには関係なく、人として正しい生き方を己の信念をもとに行っていけると素敵ですよね。
死んだ後にどうなるか?次第で生き方が変わる、、、、ブレるのであれば、それは人間の行動原理/行動心理の裏(社会システム次第で行動が決まる?)に詳細はあるとおり、システムに振り回されている!とも言えるのかもしれません。

さて、今回の記事も最後まで目をとおして下さり、ありがとうございました。感謝しています。


〜死んだ後の世界とは?死後の世界はあるのか?体験と科学〜
<writer 名無き仙人>


★よく読まれている記事★
【人気】高利回りソーシャルレンディング投資とは?仕組みを解説(超高時給の投資!私が投資する理由)

【人気】「初心者向け」少額から始める資産運用のやり方【おすすめ運用先】儲かるよ(儲かる資産運用の始め方)






バス男「話が難しくて、よくわからなかったなぁ。」


バス子「前世記憶の真実(前世を科学する)や、人生は夢(人生の正体)の記事に目をとおすと、理解が深まりそうね。」


仙人「関連記事としては、エネルギー問題の解決策(人間や現実の正体)や、脳と心の関係/真実(夢/現実/心の正体・真実)もお勧めじゃよ。」


関連運命は存在する?(太古の昔から続く‘原因のバトン’のリレー)
神とは何か?(神の真実)
トラウマ克服!治療方法(潜在意識のカタルシス/浄化を経験するには?)
地震の前に目が覚める理由(心のラジオ)
お守り/護符の効果(物質に宿る‘念‘)
お金とは汚い?嫌い?お金の秘密(お金は感謝の具象化)
暗い性格から爽やかな人になる方法(明るく元気で爽やかな自分になる方法)





お勧めビットコインとは【わかりやすく図解で仕組みを】初心者向け簡単に(人気の理由)
産業用太陽光発電への投資!メリット/デメリット(不動産投資より手堅い)
FXの始め方!基礎とポイントをわかりやすく解説(為替で儲けよう!投資は大人の趣味)
高利回りソーシャルレンディング比較一覧!お勧めはココ(お勧めの会社はどこ?)
簡単!仮想通貨の始め方【初心者におすすめコインも】(仮想通貨の買い方)





★ 生活費の節約術とお金を増やす方法(月5万円/年60万円の自由なお金を作る方法)

★ 見た目年齢の若い元気な人になる方法(実年齢より見た目年齢が若い人がやっていること)

★ 恋愛/婚活!出会いの方法一覧(自分に合った出会いの方法を見つけよう)


仕事仙術

恋愛・婚活仙術

その他