死の恐怖を科学する    


スポンサーリンク




スポンサーリンク

死の恐怖を科学する

■生と死。恋人や愛と死。水死。家族の死。過労死。癌やうつ病。自殺。人間が死ぬことを直視し客観視し科学する。

死の恐怖を科学する
なぜ死ぬのは恐いのか?


バス男「嫌だぁ〜。僕はまだ死にたくないんだぁ。生きてても女子にはモテないし、仕事でも怒られてばかりで良いことないけど、僕は死ぬのが恐いよぉ。。」


バス子「だからバス男さん。’死ぬ夢’を見たからって、別に死ぬわけではないのよ。もう。わざわざ仙人神社にお祓いまで来るなんて・・。」


バス男「バス子ちゃんにはわからないよ。僕が見た死ぬ夢はリアルな夢だったんだ。きっと、僕は近々死ぬんだ。はぁぁ〜。僕の銀行貯金を全部お賽銭箱に入れるから、神様ぁ〜。」


バス子「バス男さんの銀行残高はいつもマイナスでしょ?そういえばこの前、仙人が【死の恐怖を科学する】って話をしてたわよ。」


「え?仙人様が?・・仙人様の【死の恐怖を科学する】って話は、どんな話だったの?」


「えっ〜とね、仙人が言うには・・・・」







※仮説に基く不思議系の記事です。
頭の柔軟体操/不思議系のエンターテイメント記事として読んで下さると嬉しいです。


〜死の恐怖を科学する〜

1.なぜ死ぬのは恐いのか?死の真実

@死を科学する

■まずは‘死’という現象を科学してみましょう。

ありきたりですが・・
‘死’とは輪廻転生の過程の1つの段階と考えます。そのように考える根拠については死後の世界にて。

いろいろ検討してみても、やはりどう考えても【‘死’とは輪廻転生の過程の1つの段階】と、個人的には思えるのですよね。ありきたりな答えですが。

とまあ、‘死’という現象自体は、輪廻転生の過程の1つの段階・・ということで、話を進めさせて頂きたいと思います。

死ぬことに対する恐怖心を科学していこう。

問題は【‘死’に対する恐怖心】ですよね。
人間ならば誰しもが死ぬことを恐れることになりそうです。

例えば、とても高いビルの屋上に上り、足元を見て「もし、落ちたら・・」と想像すると、やっぱり恐いんですね。死ぬのは。

死が本気で頭をよぎった時、初めて死を身近にリアルに想像した瞬間、心の奥底から{死の恐怖}が「グワァ」っと湧き上がってくることになるようです。

ではなぜ、人間は死を強烈なまでに恐れてしまうのでしょうか?
考え方次第では・・ですが、夢と現実のメカニズムにあるとおり、夢も、この4次元世界の現実も、そんなにまで大きな違いはないのかもしれません。

夢における死は、朝、目が覚める瞬間です。
寝ている最中に見る、約2〜4時間程度の夢の中の人生が終るのは、つまり、夢の中の人生で死ぬのは、朝、目が覚める瞬間です。
朝、目が覚めた瞬間、夢の中で見ていた映像はすべて嘘だったかのように、すべて消えてなくなっています。

一方、 この4次元世界の人生における死は、病院のベットで「もう、駄目だぁ・・(バタっ)」となる瞬間です。

この4次元世界の人生の最中に見る、約80年程度の人生が終るのは、つまり、4次元世界の中の人生で死ぬのは、病院のベットでバタっとなる瞬間です。

肉体が死んだ瞬間、4次元世界の人生の中で見ていた映像はすべて嘘だったかのように、すべて消えてなくなっているのかもしれません。

このように、寝てみる夢も4次元の現実世界も、特段、大きくは変わらないのかもしれませんが、なぜか私達は、この4次元世界で死ぬことに対しては、異状なまでに恐怖感をもってしまいます。

その恐怖感は、異状なほどに強いようです。
なぜ人間という生き物は、こんなにまで死を恐れる生き物なのでしょうか?
では以下から、この異状なほどに強い、{死に対する恐怖感}を科学していきましょう。


A死が恐い3つの理由
■死に対する恐怖心には3種類の恐怖心があるようです。

@生存欲求から湧き上がってくる恐怖
A未知の体験に対する恐怖

B自分が消えてしまう恐怖

の3種類です。

まず、@生存欲求から湧き上がってくる恐怖です。
神の正体・真実にあるとおり、私達は生存欲求をプログラミングされているのかもしれません。
そして生存欲求をプログラミングされているせいで、私達は「生きたい!」と強く願ってしまい、尚且つ、「死ぬのが恐い!」と思ってしまうのかもしれません。

つまり人間は、生存欲求という本能的な欲求のせいで、死を恐れてしまうのかもしれません。

この場合、死の恐怖心を克服するには、プログラミングされている生存欲求自体を、真実の情報・・「人間の本質は肉体ではなく魂」などを深く理解することにより、やわらげることが、恐怖心を克服する方法の1つでもあるのかもしれません。


次にA未知の体験に対する恐怖です。
死とは、未知の体験です。
そして死に限らず、人間はなんでも、初めての未知の体験をすることを「恐い」と感じるようです。恐怖心をもってしまうことになるようです。

例えば仕事においても、【顧客の前でプレゼンテーションをする】という仕事をまだやったことがない状態で、初めて経験する場合、顧客に会う前は恐怖心が芽生えることになりそうです。
このように、人は未知の経験をすることを「恐い」と感じる生き物のようです。

ですから、恐怖心を少しでも和らげるため、未知の経験をする前に事前情報を集めようと、インターネットで、「プレゼン 初めて コツ」「死後の世界」などとキーワード検索を行う場合もありそうです。

特に死に関しては、どこにも正確な情報が存在しないため、本当に未知の領域であり、そのことがより恐怖心を高めているのかもしれません。未知の経験をすることに対する恐怖心を克服する方法としては・・方法はあるのでしょうか。

恐いですが、それでも時期が来れば経験するしかありませんよね。
本当は、過去の輪廻転生のときに、何度も{肉体の死}は経験しているのでしょうが・・それでも、何十年と住みなれた{肉体という殻}から出て行く恐怖心は、どうしても残るのかもしれません。

カゴの中で飼われていた鳥は、カゴをあけて「自由になっていいよ」と言われても。
住み慣れた籠から出て、自由な世界に行くことを一旦、恐怖し、ためらうこともあるそうです。

人間の魂も、住み慣れた肉体というカゴから自由になって、違う世界(次元が異なる死後の世界)に行くことを恐怖するのかもしれません。



最後にB自分が消えてしまう恐怖です。
人が死を恐れてしまう1番の原因は、この【自分という存在が完全に消えてしまい無になってしまう恐怖】なのかもしれません。

‘自分’というものが、完全に消えてしまうことを、人は恐れているようです。

ですから、輪廻転生を信じる前の患者さんが、「はぁ〜。死ぬのが恐い・・。」と思っていて、そのときにどこかの宗教に出会い、輪廻転生を知り「ほ〜!死は終わりではなく、死んでも‘私’の魂は生き続けるのか!そりゃあ良かった。安心した。死の恐怖が薄れてきた。」となる場合もあるのかもしれません。

私達は、‘自分’というものがなくなってしまうことを恐れているようです。
だからこそ、輪廻転生なるものが存在し、肉体が死んでも魂は生き続けることを聞くと、安心し、死の恐怖が和らぐのです。

きっと誰もが、輪廻転生論を知って「良かったぁ。死は終わりではないんだぁ。肉体が死んでも、‘私’の魂は生き続けるんだぁ。」と思ったことでしょう。


しかし・・・ここからが肝心なのですが・・
どうして私達は‘自分’というものがなくなって無になることを恐れてしまうのでしょうか?
結局、恐怖心の根っこの部分を見てみると、恐いのは‘死’ではなく、‘自分’というものがなくなってしまうことなのかもしれません。
※ここで言う‘自分’とは、自分が自分が!という意識・・自我意識のこと。


私達はなぜ、この4次元世界やあの世も含め、完全に‘自分’という‘個’の存在が消えてなくなってしまうことを、そんなに極度に恐れるのでしょうか。

もし仮に、自我を超越し、自分は自分は自分は自分はとならず、自分自身に対する興味も思い入れも薄れ、自分というものが、特段、意味をもたなくなってしまうと、自分というものが、存続しようが、消えてなくなろうが、どっちでも構わなくなる場合もあるのかもしれません。

私達は、輪廻転生論によって、心のどこかで「は〜。良かったぁ。死は終わりではないんだ。死んでも、‘私’はなくならないんだ。‘私’は魂としては生き続けるんだ。良かったよかった。」という思いがあるようです。
私達は死によって、‘自分’という存在が消えてなくなることを恐れているからでしょう。

そして、
‘自分’という個我意識(自我意識)が、消えてしまうことを、どうして恐れてしまうのでしょうか。

もしかすると、‘自分’という個別の存在に捉われる必要もなく、‘自分’という個別の存在に強い関心や思い入れをもつ必要も、ないのかもしれません。

なぜならエネルギー問題の解決策世界と人間の存在理由にあるとおり、もし、全てが同じ1つであるならば。全てが同じ1つの現われであるならば。
私達はすべてと繋がっており、すべてであるため、本来、「自分だけが消えてなくなってしまう」ということなんて、できないのかもしれないからです。また、全体に溶け込むだけ・・だからです。


・・肉体をもっている限り、否。
自我意識の超越・・いわゆる「悟り(真実を悟り知り真実とともに‘ある’状態)」の意識にならない限り、死の恐怖感を完全にゼロにしてしまうことはできないのかもしれません。

個人的には、死は終わりではないと信じています。自我意識・・私は私は私は!がある限り、意識が「現実の世界」や「夢の世界」や「死後の世界」、、、各世界に没入し続け、各世界の体験をし続けることになるのかもしれません。

むしろ、ある意味{終わり}・・・自我意識の終わりは、自我意識の超越・・いわゆる「悟り(真実を悟り知り真実とともに‘ある’状態)」の方にあるのかもしれませんね。


なお、死については、以下の記事もおすすめです。

@前世記憶がある人の真実(前世を科学する)

A死後の世界(死後の世界の予想)

B死んだらどうなるの?(死後の世界とは?人間とは?)

C死んだ後の世界とは?(死後の世界と現実世界と夢の世界の違い)


〜死の恐怖を科学する〜
<writer 名無き仙人>


★よく読まれている記事★
【人気】高利回りソーシャルレンディング投資とは?仕組みを解説(超高時給の投資!私が投資する理由)

【人気】「初心者向け」少額から始める資産運用のやり方【おすすめ運用先】儲かるよ(儲かる資産運用の始め方)






バス男「死ぬ夢を見ても、現実世界では簡単には死なないんだなぁ。」


バス子「死って不思議よねぇ。人間は、死と向かい合わせに生きているのに、真剣に死と向かいあって死を検討することをしないわよね。どうしてかしら?」


仙人「死について考えても、推測の域を出ぬからのぉ。しかし、自分なりに死について考えてみるのは、良いかもしれぬの。断食体験談にあるとおり、死について考えることは、死ぬまでの人生の「生き方」を考えるキッカケになるからのぉ。」


関連神の正体真実!宇宙の始まりの謎の答え(神はプログラマー?)
人生は夢(人生の正体)
あの世この世を知る・真実(次元の違い)
守護霊を知る方法(我欲と守護霊)
アカシックレコードにアクセスする方法!瞑想と夢見の術(アカシックレコードのリーディング方法)
想念とは?想念の力の使い方!私の事例(想念まとめ)
副業で月3万円稼ぐ私の方法2つ!随時更新(月3〜5万円の副収入を稼ぐには?)





お勧めビットコインとは【わかりやすく図解で仕組みを】初心者向け簡単に(人気の理由)
産業用太陽光発電への投資!メリット/デメリット(不動産投資より手堅い)
FXの始め方!基礎とポイントをわかりやすく解説(為替で儲けよう!投資は大人の趣味)
高利回りソーシャルレンディング比較一覧!お勧めはココ(お勧めの会社はどこ?)
簡単!仮想通貨の始め方【初心者におすすめコインも】(仮想通貨の買い方)





★ 生活費の節約術とお金を増やす方法(月5万円/年60万円の自由なお金を作る方法)

★ 見た目年齢の若い元気な人になる方法(実年齢より見た目年齢が若い人がやっていること)

★ 恋愛/婚活!出会いの方法一覧(自分に合った出会いの方法を見つけよう)


仕事仙術

恋愛・婚活仙術

その他