死んだらどうなるの? 


スポンサーリンク




スポンサーリンク

死んだらどうなるの

死んだらどうなるの
生と死の大前提が変わると人生が変わる!


バス男「バス子ちゃ〜ん。スピリチャルカウンセリングや、スピリチャルヒーリングをうけるのに神社に来るって、変じゃない?」


バス子「いいのよ。仙人神社に来れば、仙人の【死後の世界】の話を聞けるかもしれないでしょ。」


バス男「え〜、僕は、綺麗な巫女さんの恋愛話を聞きたいな〜。」


バス子「はいはい。今から仙人に【死んだ後のこと】を聞きに行くわよ。」


「うぅ。僕も一緒なんだ・・」







※仮説に基く不思議系の記事です。
頭の柔軟体操/不思議系のエンターテイメント記事として読んで下さると嬉しいです。


〜世界観や人生観が変わると人生が変わる!〜

1.死んだらどうなるの?

@世界観や人生観の思い込みを浄化するには?方法

■死んだら、どうなるのでしょうか。

「死んだら、どうなるの?」と思い、いろいろと調べてみましたが、世界の宗教によって言っていることは異なるようでした。
ただ、1つ共通していたのは「実際のところは、わからないんだろうな。」ということであり、もう1つは・・

私達、人間の根底は‘意識’であり、意識が{体験をする場所}が、肉体の死を迎えることで4次元の物理的な世界(相対的な世界)・・つまり今、私達が生きている現実の世界から、別の場所に移るか、もしくは、大元の意識・・それは1つのもので、相対的ではないため認識できない意識に帰っていくことになる可能性が高い、ということです。

私達は肉体がないと、この現実の世界を知覚できません。
目と耳と鼻と皮膚と舌がなければ、現実の世界を感じることができませんよね。

肉体が死ぬ、ということは、その5覚がなくなることを意味します。
肉体が死んで、5感(視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚)がなくなり、外界を感知することが出来なくなっても「私は、私である」と感じられる意識自体は生き残るかもしれません。
すると意識のみ、別の世界で生き続けるかもしれませんね。
その、意識のみでさ迷う世界を、天国とか、地獄とか、言うのでしょうか。


科学は発展していますが、わからないこと、わかっていないことは、たくさんありますよね。

面白いもので、私達は、同じ時代の同じ国に生きていながら、人生における根本部分に対する考え方には、人それぞれで大きな違いがあるようです。

@そもそも人間とは何か?
Aさん→「動物から進化した存在。」
Bさん→「動物とは違う特別な存在。」
Cさん→「神様の子供」

A神とは何か?
Aさん→「宇宙を創り管理している偉い人」
Bさん→「宗教を創設者であり過去に実在していた偉人」
Cさん→「神社の奥にいる目には見えない人。それとご先祖様」

B世界は何のために存在しているか?
Aさん→「人間が繁栄するため」
Bさん→「人間や動物が魂レベルで成長するため」
Cさん→「考えたこともない」

C自分はなぜ生まれてきたか?生きているか?
Aさん→「自己成長を遂げるため」
Bさん→「幸せになるため」
Cさん→「両親のせい。理由もなく、嫌々、生きている」


などなど、学校や社会、それに家庭で、正式な答えを教えられずに私達は生きてきているため、人それぞれで、人生における根本部分に対する考え方は異なるようです。

そして、それら根本部分の考え方は、生き方や人生に、多大な影響を与えているのかもしれません。
数学の2次関数は学校で習いますが、数学の2次関数は、人生や生き方に、大きな影響を与えないかもしれませんが、教えられない{根本部分}は、私達の人生に多大な影響を与えているのかもしれませんね。

例えば「死んだら全て終わり。」と考えている人は、「死んだら、どうせ全て終わりなのだから、とりあえず生きている今、自分さえ良ければ良いんだ!」と考えがちになるのかもしれません。

また、「敵を倒すために闘いで死ねば天国に行ける」と考える人は、積極的に闘いに参加する傾向が実際にあるそうです。

さらに、「死んでも生まれ変わる。今世の行いは天国での生活や来世に影響する」と考える人は、「来世のために、今は辛くても頑張ろう」と考えて生きるかもしれません。

こういったことの影響は、意識的に行われるだけではなく、無意識的にも行われているのかもしれません。

例えば、「人間は動物から進化した1動物だ」と考える人は、「所詮、自分は動物の1つだし、難しいことは無理だよ」と考えがちなのかもしれません。

一方、「人間は神の分身(神の子)であるため、可能性は無限大だ」と考える人は、「私にだって、出来るはずだ!」と考え、偉業を達成したりもする場合があるのかもしれません。
自己啓発セミナー/web無料版(西洋自己啓発と東洋の教え)

私達は学校でダーウィンの進化論を習い「そうなんだ。」と、それ以上に疑問をもつことなくインプットしますが、ダーウィンの進化論には異論もあるそうです。
ダーウィンの進化論も唯一絶対の正しい答えではなく、将来的に、間違っていた!となる可能性も0%ではなさそうです。

もし将来的に、例えば100年後、ダーウィンの進化論が間違っていた!と発表されたら、現在の私達は間違った思い込みをしていることになりそうです。
そういった、<過去の思い込みは間違いであることが証明される事例>は、今までの歴史にも多々ありましたよね。
自分を好きになる方法(進化論を疑う)

つまり、私達は、唯一絶対の正しい答えがわかっていないのに、人それぞれで・・・

@そもそも人間とは何か?
Aさん→「動物から進化した存在。」
Bさん→「動物とは違う特別な存在。」
Cさん→「神様の子供」

A神とは何か?
Aさん→「宇宙を創り管理している偉い人」
Bさん→「宗教を創設者であり過去に実在していた偉人」
Cさん→「神社の奥にいる目には見えない人。それとご先祖様」

B世界は何のために存在しているか?
Aさん→「人間が繁栄するため」
Bさん→「人間や動物が魂レベルで成長するため」
Cさん→「考えたこともない」

C自分はなぜ生まれてきたか?生きているか?
Aさん→「自己成長を遂げるため」
Bさん→「幸せになるため」
Cさん→「両親のせい。理由もなく、嫌々、生きている」


などと、思い込んでいる側面があるのかもしれませんし、その思い込みのせいで、人生の方向付けが決まっている側面もあるのかもしれません。

だからでしょうか。
幼少期時代から、少しづつ思い込んでいった、そういった{根本部分の思い込み}が浄化されるだけで、人生が変わってしまうケースもあるようです。

というわけで今回の記事では、人生における根本部分の事柄について、学校では習わない事柄について、見てみたいと思います。



Aスピリチャルカウンセリング/ヒーリング無料ネット版
■では、まず一般的な神の概念から考えてみます。

@偶像
→私たちは、神社やお寺など、宗教施設の、神様の姿形をした銅像などの像の前にたち「ありがたや〜」と手を合わせますよね。
では、その銅像が神様なのでしょうか。神様の材料は銅であり、銅を原料に職人さんが数ヶ月かけて作るものが神様なのでしょうか。
となると、神様の正体は銅ということなのでしょうか。であれば、私たちはもっと銅に対して敬意を示さねばならないかもしれません。
このような話になると「いいや、銅像なんて、人が作った人為的なモノが神様のわけない!あれらは偶像にすぎない!」という意見がでてくることになるようです。
銅像などは、中身のない偶像にすぎないのでしょうか。


A宗教
→神様といえば宗教に話が繋がりやすいわけですが、では、宗教上の偉い人が神様なのでしょうか。
神様が人間の姿形となって現れたのが宗教上の神様なのでしょうか。
では、人間の姿形となって現れた神様は、普段どこで、なにをしているのでしょうか。天国で、地球を見ているのでしょうか。



Bスピリチャルカウンセリング/ヒーリング無料ネット版
■別の角度から考えてみます。
私たちは、両親から生まれました。
両親も、また、その両親から生まれました。・・遡っていくと、人類は動物から進化しており、動物は水中の生き物から進化しており、水中の生き物は微生物から進化していて、微生物は地球があるから生まれたそうです。
そんな地球は、宇宙があるから生まれたそうですね。では、宇宙は、どうやって生まれたのでしょうか。宇宙の起源は、正確にはわかっていないそうです。

ただ、ここで疑問となるのが、何もないところから、いきなり宇宙が生まれた・・という部分ですよね。
今までは、原因があって結果がある(例えば「地球があるから生物が生まれた」など)因果の法則のとおりだったのですが、何もないところから、いきなり宇宙が生まれた・・となると、「なぜ?どうやって?それはいつ?なんの意図があって?」などと疑問がわいてきます。
では、神様が宇宙を作り出したのでしょうか。となると、宇宙を作ったのが神様ならば、神様は、なにから生まれたのでしょうか。

インド哲学では、エネルギー問題の解決策(人間や現実の正体)に詳細はあるとおり、始めもなく終わりもない光が神様の正体である、というような話もあるそうです。
時間という概念も空間という概念も、そこには存在しないのかもしれませんね。
存在するのは超微細な光エネルギーであり、それら光エネルギーは意思・意識によって姿形を変え、周波数・波動数によって目に見えるものになったり、見えないものになったりしているのかもしれません。

そう考えるならば、超微細な光エネルギー(つまり神)から全ては派生しているため、私たちを含め、万物全てが神であり、この宇宙・この現実世界は神(始めもなく終わりもなく存在している光エネルギー)の現れ・・なのかもしれません。



Cスピリチャルカウンセリング/ヒーリング無料ネット版
■神の意図なるものは、この現実の世界に存在している!とも考えることができるのでしょうか。
その理由は、この世界に、法則や原則なるものが存在しているようだからです。

例えば、それが誰であろうと、破滅原則「今さえ良ければ良いんだ/自分さえ良ければ良いんだ/金さえ手に入れば良いんだ」のもと生きていれば、長期的には人生が衰退・破滅へと向かっていくようです。

一方、繁栄原則「正直/誠実/感謝/奉仕/謙虚/良心/他者の幸せを願う心」のもと生きていれば、長期的には人生が、繁栄していくのかもしれません。

また、因果応報の意味(原因と結果の法則)に詳細はあるとおり。
因果の法則のように、この世界には原因があって結果があるようです。それら法則や原則は秩序を作り出し、地球も規則正しく自転や公転をしているようです。

こういった世界の基礎をなしている原則や法則は、この世界を創り出しているものの意図だとも考えることができるのかもしれません。

ではなぜ、このような意図をもって世界を創造したのでしょうか。
秩序も法則も原則もないハチャメチャな世界でも、それはそれで、良さそうなものですが・・・その理由に対して言及している書籍等は、あまり目にしないよう思われます。



Dスピリチャルカウンセリング/ヒーリング無料ネット版
■神に関しては、いろいろな考え方や仮設が存在するようですが、誰しもが納得できる明確な答えや、科学的な証明は、未だ存在しないのでしょうか。

私たちは、自分が生まれてきた意味や理由もわからないまま、この宇宙がなぜ、存在しているのかもわからないまま、死んだ後はどうなるか?もわからないまま、働かないと生きていけないために忙しく働いて、いろいろな欲に突き動かされるため、恋愛や消費活動や、いろいろなことを忙しくし続けており、そのうち、死んでいくことになるのでしょう。

「それが人間の人生である」と言ってしまえばそれまでですが、だからといって仕事終わりや休日に真相・真実を解明しようと探求に励んでも、生きているうちに答えが見つかる保証ありませんし、神や自身の生きている意味に対しての関心も、年齢とともに失われていく場合もあり・・・・結局はわからないまま死んでいくことになるケースも少なくないのかもしれません。

{答えがわからない疑問}について考え続けるには、忍耐力がいりますよね。
考えすぎて表情まで暗くなってしまっており、通常の社会生活にまで影響が出てきているようならば、一旦、アホになってしまって「あ、自分、難しい話はわかんないっす。アホなんで」と言ってしまうと、また明るい自分自身に戻ることができそうですね。

さて、今回の記事も最後まで目をとおして下さり、ありがとうございました。
感謝しています。

<writer 名無き仙人>


★よく読まれている記事★
【人気】高利回りソーシャルレンディング投資とは?仕組みを解説(超高時給の投資!私が投資する理由)

【人気】「初心者向け」少額から始める資産運用のやり方【おすすめ運用先】儲かるよ(儲かる資産運用の始め方)






バス男「このサイトの、1番最初に出来た記事を思い出すな〜。」


バス子「人間とは何か?(不思議な物語)の記事のことね。」


仙人「関連記事としては、人生は夢(人生の正体)や、破滅原理と繁栄原則(2つの原理原則)もお勧めじゃよ。」


関連運命は存在する?(太古の昔から続く‘原因のバトン’のリレー)
神とは何か?(神の真実)
脳と心の関係/真実(夢/現実/心の正体・真実)
地震の前に目が覚める理由(心のラジオ)
お守り/護符の効果(物質に宿る‘念‘)
前世記憶の真実(前世を科学する)
暗い性格から爽やかな人になる方法(明るく元気で爽やかな自分になる方法)





お勧めビットコインとは【わかりやすく図解で仕組みを】初心者向け簡単に(人気の理由)
産業用太陽光発電への投資!メリット/デメリット(不動産投資より手堅い)
FXの始め方!基礎とポイントをわかりやすく解説(為替で儲けよう!投資は大人の趣味)
高利回りソーシャルレンディング比較一覧!お勧めはココ(お勧めの会社はどこ?)
簡単!仮想通貨の始め方【初心者におすすめコインも】(仮想通貨の買い方)





★ 生活費の節約術とお金を増やす方法(月5万円/年60万円の自由なお金を作る方法)

★ 見た目年齢の若い元気な人になる方法(実年齢より見た目年齢が若い人がやっていること)

★ 恋愛/婚活!出会いの方法一覧(自分に合った出会いの方法を見つけよう)


仕事仙術

恋愛・婚活仙術

その他