20代前半でやるべきこと4つ  


スポンサーリンク




スポンサーリンク

20代前半でやるべきこと4つ

20代前半でやるべきこと4つ
これから30歳までに貴方の人生で起きる変化とは?



バス男「20代前半のうちに「やるべきこと」って、やっぱり昼キャバデビューかな?いや、それは老後の楽しみに・・」


バス子「なに言ってんの?仙人に【あとあと後悔しない20代前半の過ごし方】を聞きにいってみようかな?」


バス男「僕は仙人様に【昼キャバーデビューすべき年齢】を聞きにいきたいよ。」


バス子「バカなこと言ってないで、一緒に聞きにいくわよ〜。」







〜20代前半と20代後半とで変わること〜

1.男性も女性も20代前半のうちにやっておいた方がいいこと

@20代前半の男女がすべきこととは?

■「20代前半で、すべきこと・・か。」

もし、20代前半で、以下の情報を知っていれば、私は、もっと違った生き方をしていたかもしれません。

「こういった話を、20代前半の頃に知っておきたかったな。」
今、20代前半を生きている方に、当時の私が知っておきたかった大切な事柄を、いくつか書いていこうと思います。

以下の事柄を知れば、自ずと「20代前半のうちに、自分がすべきこと・やるべきこと」が、わかりそうです。

@20代前半で社会の階層が決まる
→学校では「努力すれば夢は叶う」とか「人間はみな、平等」、「社会は公平」などと教わりますが、痛いほどリアルな現実の社会では、20代前半のうちに、自分たちの、社会での階層が決まってしまうようです。

私は22〜23歳の頃、社会のことなんて、なにもわかりませんでした。経済のことも政治のことも、仕事のことも人間関係や、人生のことも「幸せ」のことも・・。

そんな右も左もわからない20代前半の時点で「残りの人生、日本社会の中で、自分が、どの階層・階級で生きることになるか?」が決まってしまい、その後に1個人の努力で覆すことは非常に難しい・・これは、ある意味、残酷なリアルです。

私たちが生きる日本社会には、暗黙の階層・階級が存在し、

「自分が、今後の人生、どの階層で生きることになるか?」は、20代前半のうちに決まってしまい、その後、階層を努力で変えていくのは難しい現実があるようです。

当時、20代前半の私は、この社会の暗黙の階層を甘くみていましたし舐めていました。

学生時代は「学生」という社会の階層・階級にいたため、階層・階級で不便をした苦労もありませんでしたし、暗黙の階層を意識したことすらありませんでした。
しかし、社会に出た後に暗黙の階層・階級の存在について理解しはじめ・・理解し始めた時には既に手遅れでした。

社会の暗黙の階層のことは学校の先生にも習わなかったし無数に読んだビジネス本にも書いていませんでした。
先生や本を出版する偉い方やエリートの方は、社会の低い階層に落ちたことがないため、負け組以下の階層の実情を伝える機会がなかったのでしょうか。

「社会の、どの階層になるか?」で、その後の生活水準・・「どんな車に乗るか?」「どんな家に住むか?賃貸か?持ち家か?マンションか?」「どの地域に住むか?高級住宅街か?真逆か?」から「結婚相手がどんな人になるか?」や、「結婚できるかどうか?」や、子供が通う学校から、「周りの人たちから、自分が、どう見られるか?勝ち組と見られうらやましがられるか?負け組と見られるか?」など、多くが決まってしまう実情があるようです。

社会の階層について、詳細は、底辺職の生活と人生の幸せ(幸せって、なんで決まるの?)や、凡人は努力で天才になれない(厳しすぎる社会の現実)にて。

また、私が就活も公務員を目指すのも辞めた理由(職業と階級の違い)の記事も詳しいです。


A恋愛のルールが変わる
→20代前半までと、20代後半からは、恋愛や結婚のルールが劇的に変わるようです。

そのため、20代前半までモテていた人が、20代後半に入ると劇的にモテなくなったり、20代前半までモテなかった人が、20代後半に入るとモテ始めたりします。

また20代前半の頃は「結婚は、しなくてもいい」と感じていたため、{20代後半以降にモテるための準備}をしていなかったら、20代後半になると、急速に【感じられ方】が変わっていき結婚したくなり、でも、20代前半の頃に比べると、さっぱりモテないため婚活に苦戦し「出会いもなく恋人もできない。時間的にも経済的にも生活をまわすのがやっとだし結婚できそうにない」・・そんなことも起きる場合があるようです。

※「考え方」と「感じられ方」は違う。考え方としては「結婚しなくていい」であっても、心の奥底から、ふつふつと「結婚したい」と感じられ始めると、もう、結婚したくて、どうしようもなってくる。考え方と感じられ方の違いについて詳細は弱い自分を愛する方法(人は何のために生きる?)にて。

Bやる気が低下する
→20代前半の頃は「大人になっても、やる気をもって輝いて生きていけるかどうか?は、当人の気持ちや、生き方次第だ!」と感じますよね。
また、20代前半の頃までは、子供の頃や思春期以降、ずっと{体力・やる気・活力}などに満ちているため、「気力が湧かない状態」が想像つかないかもしれません。

でも、20代後半〜30代になってくると、{体の変化}レベルで、やる気や、活力が低下してくるようです。
体力の方が、まだ、なんとかなります。そのため{朝まで遊ぶ}などが20代後半や30代になると出来なくなっていくのは、体力の問題というより、気持の面の問題と言えるでしょう。

「もう、朝まで遊ぶなんて面倒。そんなことしても良いことないし。それより、安心・安全な暮らしや、ストレスの少ない暮らしが欲しい」そんなふうに感じられ始めるのがアラサーの年代でしょうか。

「今更、頑張っても、将来、いいことないし。」そんなふうに感じられるようになり、やる気も、活動力も、好奇心も、向上心もチャレンジ精神も低下していくのが20代後半や30代でしょうか。20代前半の時点で社会の中での階層・階級が決まってしまうため、そう思うことになりがちなのかもしれません。

22歳の頃と30歳の頃では、見た目は、男性でも女性でも、そんなに変わらない人が多いかもしれません。
約10年ぶりに偶然出会っても、そんなに変わらない印象を受けるでしょう。体力測定をしても、定期的に運動をしている人の場合は特に、そこまでは低下していないかもしれません。
でも、ガッツや、やる気、モチベーション、反骨精神、向上心、好奇心などが、10年前に比べると、著しく低下してしまう人が、ほとんどのようです。

TVや雑誌などでは、30代や40代になっても、やる気や、好奇心に満ちて輝いている大人がでてきますが、そういった人は少数だからこそ、取り上げられているわけですね。多数の人は、違うわけです。

そのため、20代前半の頃は、自分の心の奥底から、ふつふつと湧き上がってくる気力や、ガッツや、向上心や好奇心などより「チャレンジしないと、生きている意味ないじゃん。人生、守りにはいって、どうするの?」と感じるかもしれません。

そして、だからこそ、安定を捨てて、かかんに夢や目標にチャレンジするかもしれません。
「今、楽しまなければ損じゃん!」と感じるからこそ、朝まで遊んだりも、するかもしれません。

でも、20代後半、そして30代になってくると、「夢や目標の達成なんて、もう、いいよ。現実的に無理だし、強く「欲しい!」と感じるものなんて、なくなってきたし。それよりも、安心・安全な、ストレスの少ない生活が欲しい」とか「このまま一生、1人は嫌だな。結婚したい。結婚するなら、早くしないと、素敵な異性は、どんどん結婚していき、いい人が残っていない状態になる」とか、そういうふうに感じられ始めることが少なくないようです。

気力や好奇心、向上心などが低下し始めると、人間、そのように思い始めるのかもしれませんね。

20代前半までと20代後半とでは「感じられ方」が変わり、「欲しいもの・手にしたいもの」も変わる

C友達ができない

→社会人になると、学生の頃のように、素の、ありのままの自分を出せ、互いに打算を超えて信頼しあえる友達が、できにくくなっていくようです。
職場にも友達はできますが、どちらかというと「職場では話すけど、プライベートでは遊ばない上辺の友達」になりがちでしょう。

社会人以降に、休日に、わざわざ連絡をとりあってまで遊ぶ友達が出来ない!となると、友達は、学生時代の友達や、地元の友達となります。

もし、地元の友達や学生時代の友達との繋がりを大切にしていなければ、社会人以降、「あれ、私には、信頼し合える友達がいない・・」となり、休日は、恋人以外に遊ぶ人がいない状態、もしくは恋人がいなければ、誰とも遊ぶ人がいない状態となり、休日に1人で、ずっと家にいる状態となってしまうかもしれません。

そういった意味では、まだ学生時代の友達と繋がりが残っている20代前半のうちに、学生時代の友達との繋がりを大切に育てていくと良さそうですね。
20代後半〜30代になると、結婚や出産などで、ますます学生時代の友達と疎遠になっていきがちなようです。

社会人になると「家→職場」の往復の生活になり、仕事が楽しくない場合、人生が辛いものになっていきがちです。
そんなときに、仕事のことを忘れて楽しめるのが{職場とは無関係な、気心知れた地元や学生時代の友達と遊ぶこと}になりがちなようです。

社会人になると疎遠になってはいきますが、繋がりを大切にしていると、30歳を過ぎても地元や学生時代の友達と「今度、飲みにいこうよ」とか「今度、ご飯にいこうよ」とか「今度、海に遊びにいこうよ」などと、遊ぶことが可能です。

「休日が合わない」などで遊ぶ頻度は減っていきがちですが、それでも、まったくないのと、あるのとでは、20代後半以降の「幸福度・幸せ度」が大きく左右されそうですね。

個人的には、素の自分をだして、

なんでも気をつかうことなく話せる気の知れた学生時代からの友達と、バカになって遊ぶことは、この歳になっても・・この歳だからこそ、かもしれませんが、とても楽しい{本当の自分に帰れる時間}となっています。

20代前半の頃、「家に帰って酒を飲む以外、ほかに、楽しみがない」そういった大人の話を聞き「あ〜は、なりたくないな。」とか「私は、そうならないから、私には関係がない話だ」と思っていました。

でも、大人になるにつれ、仕事に忙殺されていき、友達達も仕事に忙殺されていき、休日が合わないため一緒に遊ぶ頻度も減り、みんな結婚していき、一緒に合コンや飲みにいってくれる人もいなくなり、お金にも時間にも余裕がないため、旅行など、お金や時間のかかる楽しみは出来ないし・・休日があっても1人では、やることがなくて・・そうなると「他に楽しみがない」となるわけですね。

かといって、現実的にホワイト企業への転職も起業での成功も難しく、仕事に忙殺される現状は変えられない・・良くて、こんな毎日が定年まで続き、悪い場合はリストラ等にあい、さらに生活が厳しくなっていく、そうなれば今の仕事にしがみつくしかないわけで、「他に楽しみがないけど、どうしようもない。解決できない」となるわけです。

疲れた、楽しそうに見えない大人たちのリアルは、こんな感じでしょうか。

関連記事としては、社会人の友達の作り方!友達が減る私の理由(打算抜きで目の前の人を大切にする)があります。



B20代前半の男女がすべきこと
■20代前半までと、その後とでは、いろいろな意味で、大きな違いがあるようです。
個人的には、上記4つとも、なんとなく「そういった変化があるんだろうな」と知ってはいたものの、ここまで劇的に変わるとは、想定外であり、そのことは20代前半の頃にたてた人生設計を、変更せざるをえないことに繋がりました。

20代前半の頃の感覚やルールが、その後も、ずっと続くのであれば、20代前半の頃に、そのときの感覚のままに人生設計を立てても問題ないでしょうが、こうも変わるとなると、20代前半の頃に「今後、起きる変化」を十分に織り込んで人生設計を立てなければならないのかもしれませんね。

個人的な事例で恐縮ですが・・。
私の場合は、新卒時に1度、決まってしまう社会の暗黙の階層を自分の努力や頑張りで変えていくことが、こうも難しいとは、想定外でした。

また、恋愛スキルさえあれば、結婚なんて難しくない!と思っていたのに、20代前半までと、20代後半からとでは、こうも恋愛や結婚のルールが変わるなんて想定外でした。

20代後半になると「自然と出会って、自然と恋愛に発展して付き合う」が、20代前半までに比べると激減する人が多いようです。

「自然と出会って、自然と恋愛に発展し、自然と結婚する」になるのは20代前半までに出会った人たちに多いようですね。20代後半以降になると、人為的に出会いを作り出し、人為的に恋愛にもっていき、人為的に結婚しなければ、結婚できない!そんな現実が待っているようです。

それと、どんなに困難があっても、それをガッツや、やる気で、乗り越えていけばいいんだ!と20代前半の頃には考えていたのですが、こうも{やる気・ガッツ・向上心・好奇心}が低下していくと、困難を乗り越える気力もわかなくて、困ってしまいます笑

30歳前後になってくると「この歳になって、今更、頑張ったって。」と残りの人生の年数を逆算し始めることも関係しているかもしれません。

それに、学生時代は、普通に生活していたら自然と友達が出来ていたのに、社会人以降は、普通に働いていても、学生の頃のように友達が出来ていかないことは想定外でした。

20代前半と、20代後半以降では、こうも違いがある!なんて知らなかったため、20代後半になってから、いろいろとアタフタと焦ることになりました。

さて、今回の記事も最後まで目をとおしてくださり、ありがとうございました。感謝しています。


〜追伸〜
→20代前半の頃は、「仕事をどうするか?」で悩みやすいですよね。
「就職先をどうするか?」で悩むし、就職した後も「今の会社で働き続けるか?」でも悩みます。

ただ、30代になると「仕事をどうするか?」の悩みは少なくなります。
30代以降は、転職も厳しいし、今さら新しい仕事に就くのも面倒だし、公務員試験も受けれなくなるし、起業の夢より安定が欲しくなってくるし・・で、選択肢がなくなるため、「今の仕事を続けるしかない。」という結論になり「仕事をどうするか?」で悩まなくなっていくわけですね。

20代前半は仕事のことで悩みやすい。選択肢が、まだあるから。

ちなみに20代後半になると、今度は「結婚をどうするか?」の悩みも出てきます。(既に結婚している人は別だが)
「結婚する?しない?」や「誰と、いつ、結婚するか?」や「結婚したいけどで合いがない!」などの悩みが出てくるわけですね。

就活や仕事の悩みも深刻ですが、結婚の悩みも同じくらい深刻になる場合も多そうですね。この辺りは、その人の状況(結婚前提で付き合っている恋人がいるかどうか?など)によって変わるようです。

20代後半になると、結婚の悩みが強くなってくるみたい。

さて、20代前半で強くなる仕事に関する話としては・・

@就活しない人のその後!就活しなかった私が後悔した理由(就活しないと、その後の人生はどうなる?)

Aニートからいきなり正社員になった私の体験談(ニートやフリーターから正社員になるコツ)

B職種別!おすすめ転職サイトの紹介と説明(職種別!お勧め転職サイトはコレ!)

の記事が詳しいです。

ちなみに結婚の話は、結婚後に豹変する人を結婚前に見抜く方法(デートをしても相手の素の性格はわからない)や、結婚のタイミングが合わない理由と別れ(男女で旬の歳は異なり男女とも旬の時期に結婚したがる)などの記事が詳しいです。

また、大学生にはやってもた!私が大学生活で失敗・後悔した2つ(大学時代にすべきこと)の記事がお勧めです。


〜追記2〜

20代になると、クレジットカードを持つことになりますよね。

クレジットカードで節約する方法(誰でもできる節約方法)にあるとおり。
クレカは、節約生活に、とっても役立ちます。

また、オシャレな{かっこいいデザイン}や{可愛いデザイン}のクレジットカードもご紹介しているの記事初めて作るおすすめクレジットカード【超厳選3つ】お得なのは?も、まだクレカを持っていない人には、おすすめです。


<writer 名無き仙人>


★よく読まれている記事★
【人気】高利回りソーシャルレンディング投資とは?仕組みを解説(超高時給の投資!私が投資する理由)

【人気】FXの始め方!基礎とポイントをわかりやすく解説(為替で儲けよう!投資は大人の趣味)






バス男「僕には関係ない話だったな。僕は永遠の17歳だから。」


バス子「アホな人は、何歳になってもアホなのね。」


仙人「関連記事としては、22歳で結婚は早い?(25歳で恋愛や結婚のルールが変わる)や、底辺職の生活と人生の幸せ(幸せって、なんで決まるの?)もお勧めじゃよ。」


関連大学生の金儲け!学生でも稼げるおすすめ副業一覧(大学生が金持ちになるには?)
月1〜2万円の副収入を手堅く投資で稼ぐ私の方法(副収入を稼ぐには?)
一人で寂しい時の対処方法/夜編(寂しい理由は「社会的な貧困」?)
日本社会が厳しい理由と職場に適応するコツ(スーツを着た入隊3日目の新人自衛隊)
人生大逆転したい!方法(20代30代40代で人生を逆転させるコツ)
なりたい自分になる方法(相対的に秀でていれば成功できる)
月収20~30万円の壁を越える方法(結局、すべては自分の心の問題)
20/30代で年収1000万円以上稼ぐ方法(異性欲)
自分を好きになる方法(進化論を疑う)
プライドが高い人の心理(実力はないのに、自己評価だけ高い勘違いしているイタい人)
格差社会から階級社会になる日本(格差がもっと広がったら、どうなる?)





お勧め超高利回りソーシャルレンディングの仕組みとリスク!体験談(超高時給の投資)
産業用太陽光発電への投資!メリット/デメリット(不動産投資より手堅い)
穴場の高額バイトお勧め7つ!知らなきゃ損するよ(穴場のアルバイトをご紹介)
結婚チャンステスト!楽天オーネット体験談(結婚チャンステストやってみたよ)
貯金ができない人の強制貯金術(貯金できない理由は「お金の預け先」を間違っているから)
お勧め派遣会社!正社員になる賢い方法も(お勧めの派遣会社はココ!)
既卒やフリーターにお勧めな就職サイトはコレ(既卒やフリーター専用の正社員就職サイト)
歯が白くなるホワイトニング歯磨き粉の効果がすごい!(ホワイトニング歯磨き粉レビュー)
職種別!おすすめ転職サイトの紹介と説明(職種別!お勧め転職サイトはコレ!)
FXの始め方!基礎とポイントをわかりやすく解説(為替で儲けよう!投資は大人の趣味)
株式投資の始め方!株は楽しいよ(株で儲けよう!投資は大人の趣味)





★ 生活費の節約術とお金を増やす方法(月5万円/年60万円の自由なお金を作る方法)

★ 見た目年齢の若い元気な人になる方法(実年齢より見た目年齢が若い人がやっていること)

★ 恋愛/婚活!出会いの方法一覧(自分に合った出会いの方法を見つけよう)


仕事仙術

恋愛・婚活仙術

その他