好意の伝え方/気持ちを伝える方法 


スポンサーリンク




スポンサーリンク

好意の伝え方/気持ちを伝える方法

■気持ちを伝える方法と言葉/褒める言葉/褒め方/褒められたい!褒め上手な男性/女性/褒められたい男性/女性/子供

好意の伝え方/気持ちを伝える方法
相手が喜ぶ上手な好意の伝え方と注意点とは?



バス男「はぁ〜、好意の伝え方って難しいなぁ。」


バス子「うん。私は、職場の人達に好意の気持ちを、もっと上手に伝えられるようになりたくて・・」


バス男「好意を伝えるって、どうすれば良いのかなぁ。仙人様に【好意の伝え方/気持ちを伝える方法】を聞きにいってみようかなぁ。」


バス子「仙人の【〜相手が喜ぶ上手な好意の伝え方と注意点とは?〜好意の伝え方/気持ちを伝える方法】かぁ・・・」







〜相手が喜ぶ上手な好意の伝え方と注意点とは?〜

1.好意の伝え方/気持ちを伝える方法

@好意や気持ちを上手に伝えたい

■恋愛含む人間関係においては、相手に、上手に好意を伝えられると良いですよね。
今回の記事では、「好意の伝え方」と「好意を伝える際の注意点」について、見ていきたいと思います。
まずは「好意の伝え方」から見ていきましょう。



A好意を伝えたい!〜好意の伝え方/気持ちを伝える方法〜
■私達が対面する全ての他人は、同性であろうと異性であろうと、皆が【大切な仲間】ですよね。
そのような、【大切な仲間】である全ての他人に対して、上手に好意を伝えるためには、以下のような事柄も大切となるのかもしれません。


@褒める
→「好意の伝え方」と言えば、「褒める」が思い浮かぶものですよね。
私達は誰しも「認められたい/理解されたい/尊敬・尊重されたい/愛されたい/感謝されたい」などの欲求をもっていて。
それらの欲求が満たされる行為の1つが「褒められること」でもあるため「褒められたい!」という気持ちは、誰しもに共通する想いですよね。

つまり、私心なき本心から純粋に相手を褒めることは、相手を「認めること」でもあり相手を「尊敬/尊重すること」でもあり相手を「愛すること」でもあるのかもしれません。

「この人の、この部分は素敵だな〜」と純粋に思える点があり、尚且つ「褒めることで相手を巧みに操ろうとする」などの私心なき場合は、その相手の素敵な部分を褒めるのも人間関係が良好になるために役立つ‘潤滑油’ともなるのかもしれません。


また、人によって「褒められると嬉しい点」は異なるようです。
例えば、A子さんは「髪、綺麗ですよね」と褒められれば喜ぶかもしれませんが、私は「髪、綺麗ですよね」と褒められても「はて?」と思うだけとなりそうです。

私の場合は「ハイクオリティーなイラストですね〜。美術系の学校に行かれていたのですか?」などと褒めてもらえた方が嬉しかったりもします。


<人によって褒められると嬉しい点が違う>
だからこそ、まずは「褒め方/褒め言葉」などよりも、「相手を理解すること」が大切なのかもしれません。
相手に対する理解なくして「どのような点を、いつ褒めれば、相手は喜ぶことになるか?」はわかりませんし・・私達はそもそも「理解されたい!」という欲求をもっているようだからです。

「相手を本当に理解したい!」という気持ちのもと、相手の話を「要は、そういうことだろ?」などと自分流に勝手に解釈することなく最後まで真剣に聞いて、本当に相手に対する理解を深めていけば。
相手は、「私のことを深く理解してくれている」と嬉しく感じ、そのことは{口先だけで褒められる}よりも嬉しいものとなるのかもしれません。

また、本当に相手に対する理解が深まっていけば、「どのような点を、いつ褒めれば、相手は喜ぶことになるか?」も自然とわかってくることになりそうです。


★好意の伝え方/気持ちを伝える方法|好意/気持ちを伝えたい★
@褒めるコツ → 相手を理解すること
A相手を理解するコツ → 自分流に勝手に話しを解釈し理解していくのではなく、相手の{言葉・感情・表情・声のトーン}などの全てから「相手が感じている気持ち/相手に見えている世界/相手の本当に伝えたいこと」などを感じ取ること。



私達は相手から「理解されたい」と願っているようです。
そのため「自分の気持ちを伝えること」や「褒め言葉を言うこと」もさることながら、まずは「相手を理解するよう努めること」は大切なことなのかもしれません。


A感謝する
→「ありがとう!」と感謝することも、「褒める」と同じく、相手に好意の気持ちを伝える方法の1つとなりますよね。

私達は誰しも「感謝されたい」という気持ちも持っているため、「ありがとう!」の気持ちを伝えることは、自分としても心地良いことであるし、また相手も嬉しいことであり・・そのような意味では感謝「ありがとう」は、自他をともに益する魔法の言葉でもあるのかもしれませんね。
関連幸せが訪れるありがとうの言葉(幸せの好循環の秘訣は感謝)


<親しき仲にも礼儀あり>
付き合いが長くなった恋人間/夫婦間であっても、友人間であっても、また親子間であっても。
互いに「ありがとう!」の言葉を伝え合える関係であるのも素敵ですよね。


B誠実に接する
→好意や気持ちを伝える方法としては、「愛しているよ」「感謝しています」など言葉を用いる方法が一般的に言われることが多いようですが。

行動によっても、好意や気持ちを伝えることが出来ますよね。
そして行動によって好意を伝える方法の1つは「誠実に接する」でもあるのかもしれません。

例えば、相手が、自分に対して言葉では「愛しているよ」「感謝しているね」などと言いつつ、行動としては、

「約束をしたのに約束を簡単に破る。そして謝ろうともしない」
「自分の機嫌の善し悪しで態度をコロコロと変える」
「自己メリットのために、こちらのことを巧みに操ろうとしてくる。誘導しようとしてくる。」
「自己利益のために、こちらのことを利用しようとしてくる。騙そうとしてくる。」

などをしてくる場合、相手の「愛しているよ」や「感謝しているね」などの言葉は信用できそうにないですよね。
むしろ、そのような行動をとられれば、口で、どうのように言われようとも「私は、相手から愛してもらえていないよね?」と感じることになるかもしれません。


一方、相手が、言葉では「愛しているよ」や「感謝しています」などを言ってこなくても、行動として、

「約束を必ず守ってくれる」
「常に誠実に愛深い態度で接してくれる」
「こちらのことを利用してこない。操ろうともしてこない。」
「こちらの幸せを心から純粋に願ってくれる」

などをしてくれる場合、「あ〜、私は相手から愛されているなぁ」と感じることにもなりそうですよね。
「愛する」とは、愛する対象を大切にすることであり、愛する対象の幸せを心から願うことでも、あるからでしょうか。


★好意の伝え方/気持ちを伝える方法|好意/気持ちを伝えたい★
〜言葉で伝える好意だけでは信憑性がない。言葉には嘘もありうるから。そのため「誠実な行動」によっても好意を伝える必要があるのかもしれない〜


全ての他人は、私達にとって愛する【大切な仲間】であるため、全ての他人に対して、「約束を守る」「常に誠実に愛深い態度で接する」「相手を利用しない。操ろうとしない。」「相手の幸せを心から純粋に願う」という「愛する行動」をとることにより、

私達は、周りの皆からも愛されることになり、長期的には、自他ともに繁栄する幸せな人生を生きることができるようになるのかもしれません。


C幸せを願う
→「愛する」とは、愛する対象を大切にすることであり、愛する対象の幸せを心から願うことでも、あるからでしょうか。
相手の幸せを、心から純粋に願うよう努めることにより、私達は、その行為「相手の幸せを願う」によって好意(愛)を相手に伝えることが出来るのかもしれません。

例えば職場において。
今はとりあえず同じ職場の同僚(利害関係者)だから優しく接して、同僚だから幸せを願うのではなく。
同僚(利害関係者)だろうと、そうでなかろうと・・例えば、仕事を辞めて同僚ではなくなったとしても、変わらず、愛する大切な仲間である相手の幸せを心から願い続ける愛深い態度でいれば、

その無条件の愛の気持ちは、相手に伝わり、そのことが{信頼/信頼性}となり、信頼されることは愛されることにも繋がるため、ゆくゆくは、自分も相手から愛されることになり、自他ともに幸せになっていくものなのかもしれません。


例えば恋愛において。
今はとりあえず恋人(利害関係者)だから優しく接して、恋人だから相手の幸せを願うのではなく。
恋人(利害関係者)だろうと、そうでなかろうと・・例えば、破局して恋人関係ではなくなったとしても、変わらず、愛する大切な仲間である相手の幸せを心から願い続ける愛深い態度でいれば、

その無条件の愛の気持ちは、相手(恋人)に伝わり、そのことが{信頼/信頼性}となり、信頼されることは愛されることにも繋がるため、ゆくゆくは、自分も相手から愛されることになり、自他ともに幸せになっていくものなのかもしれません。


★好意の伝え方/気持ちを伝える方法|好意/気持ちを伝えたい★
〜利害や打算を超えて全ての他人を愛することは、ゆくゆくは、長期的に見ると、他人はもちろん、自分もそのことで救われることになるのかもしれない〜


好意を伝える方法の1つは「無条件にて(見返りがなかろうとも)相手の幸せを心から願う」でも、あるのかもしれませんね。



B注意点〜好意の伝え方/気持ちを伝える方法〜
■「髪、綺麗ですよね」「愛しているよ」「感謝しているね」など、言葉による好意の伝え方は、時として、逆効果となってしまう場合もあるのかもしれません。

それは、自己メリットのために、相手を巧みに操るテクニックとして「褒め言葉」などを使う場合、であるようです。

私達は、「純粋に褒められたのか?」それとも「利己的な目的から、打算から、口先だけで褒められたのか?」を、第6感的に感じるからでしょうか。

利己的な理由や打算から、相手を巧みにコントロールしようとし、口先だけで褒め言葉などを使う場合、それは長期的には「不誠実」という評価になり、逆に嫌われてしまうことにもなるのかもしれません。


例えば、相手を頑張らせようとして「貴方は頑張っていて偉いですね。すごいですね。」と褒める場合。
相手は、「じゃあ頑張っていないと、自分は価値がないのか?」とも捉えかねず、また期待に応えるために頑張り続け・・どこで燃え尽き症候群となってしまうかもしれませんし、ゆくゆくは「この人は、私を頑張らせ続けようと思って、褒めているだけじゃないの?」と不信感をもたれることにもなるかもしれません。

同じような褒め言葉であっても、利己的な動機から褒めれば、長期的には失敗してしまう場合もあるのかもしれません。
詳細は破滅原理と繁栄原則(2つの原理原則)にて。



C人間性・人格〜好意の伝え方/気持ちを伝える方法〜
■個人的には、「どうして私は、人から好かれることがないのだろうか?」という疑問を長いこともちながら人生を歩んできているのでした。

私は「褒め言葉」などを意識して使っているし、笑顔でいようと「作り笑顔」で頑張ったりもしていて。
それなのに私は、人から好かれることが少ないのでした。


それが書籍/7つの習慣―成功には原則があった! に出会わせて頂けたことにより。
「どんな褒め言葉を言うか?」「どんな言葉で感謝を表現するか?」というようなことより、人間性や人格の方が大事であることを知り・・自分が人から好かれずにいるのは「人間性や人格の問題」であることを知るに至り、現在はその点を改善すべく精進しようとしているところなのでした。


「自分がなにを言うか?」よりも、自分と接した際に「相手はどんな感情を経験することになるか?」が大事だそうです。

そして、自分と接した際に「相手はどんな感情を経験することになるか?」を左右するのは、「言うセリフの内容」というよりも、己の全人格から、自然と滲み出ることになるもの・・それは以下のようなもの・・


★無条件の愛〜好意の伝え方/気持ちを伝える方法〜
→無条件の愛。
「この人は、私が何かしらの貢献をする/しないに関わらず、私のことをずっと大切にしてくれ、私の幸せをずっと願ってくれる。応援してくれる。」という絶対的な安心感を与えることの出来る愛深い人間性の人であれば、そのような人と接した際、私達は相手の言うセリフ内容に関わらず、{安心感/安らぎ/無条件に愛されている幸せ感/自分を肯定してもらえる喜び}などを経験することになるのかもしれません。


★絶対的信頼〜好意の伝え方/気持ちを伝える方法〜
→絶対的な信頼感。
「この人は、私のことを騙すこともないし、裏切ることもないし、私のことを利用することも、巧みにコントロールしようと、してくることもない。この人は、いつかなる時であろうと、状況であろうと、常に私に対して正直に誠実に接してくれる」という絶対的な信頼感を感じることの出来る人と接している際、私達は{警戒心なくありのままの自分でいられる喜び/相手の言動をいちいち疑う必要のない安心感/信頼できる人物と一緒にいれる幸せ感}などを経験することになるのかもしれません。


★愛深い世界観〜好意の伝え方/気持ちを伝える方法〜
自分が変わる世界観の話(世界観の説明と浄化)に詳細はあるとおり。
私達は、1人1人、それぞれで異なる「個人的な世界観」をもっているのかもしれません。
そして、そのもっている「個人的な世界観(大前提)」が、接している相手にも影響を与えているのかもしれません。

例えば、

「そもそも人は信頼できない!皆、本当は利己心の塊なのだ。あ〜、嫌だ嫌だ!この世界は隙を見せると他人から利用される恐い世界」という世界観(大前提)や、「この世界は悪や不正が満ちている理不尽で残酷な世界」という世界観をもっているAさんと、

「皆、良い人ばかり♪全ての他人が【大切な仲間】!この世界は愛深い人達による素敵な世界!」という世界観(大前提)をもっているBさんと接した場合。

私達は、異なる感情を経験することになるのかもしれません。
相手と接している間、相手のもっている世界観(大前提)に、こちら側も、少なからず影響を受けることになるからでしょうか。

もし、私達が「皆、良い人ばかり♪全ての他人が【大切な仲間】!この世界は愛深い人達による素敵な世界!」というような愛深い世界観をもっているならば。
私達と接した相手は、{安心感/肯定されている喜び/愛されている幸せ/信頼されている幸福感}などを経験することになるのかもしれません。


★好意の伝え方/気持ちを伝える方法|好意/気持ちを伝えたい★
〜自分が無意識的にもっている世界観(大前提)が、自分と接した際に「相手はどんな感情を経験することになるか?」を左右している側面もあるのかもしれない〜


だからでしょうか。
圧倒的に愛深い方と一緒にいると、その方が「どんな発言をするか?」に関わらず、私たちは、暖かで優しい感情を経験することになるようです。
そして「あ〜、なんだか、この人は素敵だなぁ。」と感じることになりそうです。
一緒にいるだけで、相手のもっている世界観に少なからず影響を受けることになるからでしょうか。



D幸せな人生を生きる〜好意の伝え方/気持ちを伝える方法〜
■人間性や人格も、個人的な世界観も、私達が根底にもつ原理原則と深い関係にあるようです。
そのため繁栄的な原則{正直/誠実/感謝/奉仕/謙虚/良心/他者の幸せを願う心}を大切にしながら、生きていけると良さそうですよね。
関連破滅原理と繁栄原則(2つの原理原則)


〜好意の伝え方/気持ちを伝える方法|好意/気持ちを伝えたい〜
<writer 名無き仙人>


★よく読まれている記事★
【人気】高利回りソーシャルレンディング投資とは?仕組みを解説(超高時給の投資!私が投資する理由)

【人気】FXの始め方!基礎とポイントをわかりやすく解説(為替で儲けよう!投資は大人の趣味)






バス男「ほ〜、好意を伝えるには金を渡せば良いのか。やっぱり最後は金だな。金だ金。」


バス子「ちょっとぉ、話を聞いておきなさいよ。」


仙人「お金も{考え方/認識の仕方}次第では、【感謝の代用】ともなるのかもしれぬのぉ→お金とは汚い?嫌い?お金の秘密(お金は感謝の具象化)」


関連ポジティブな人生に変える言葉/名言(「誰をも害さないコツ」と「人から愛されるコツ」)
会話の心理学/男性&女性編(異性との会話のコツ)
友達以上恋人未満?デートで進展のコツ(デート中に仲を進展させる3つの秘訣)
行動を変える方法(「見え方」「思い込み」「あり方/行動」の関係性)
負の感情表現は抑圧するな(感情をコントロールはできない!心身の余裕をコントロールすべき)
心に余裕がない人の特徴(心に余裕をもつ5つのコツ)
貧乏生活を楽しむ知恵(生活水準を下げて幸せに暮らそう)
生活費の節約術とお金を増やす方法(月5万円/年60万円の自由なお金を作る方法)
見た目年齢の若い元気な人になる方法(実年齢より見た目年齢が若い人がやっていること)
恋愛/婚活!出会いの方法一覧(自分に合った出会いの方法を見つけよう)





お勧め超高利回りソーシャルレンディングの仕組みとリスク!体験談(超高時給の投資)
産業用太陽光発電への投資!メリット/デメリット(不動産投資より手堅い)
穴場の高額バイトお勧め7つ!知らなきゃ損するよ(穴場のアルバイトをご紹介)
結婚チャンステスト!楽天オーネット体験談(結婚チャンステストやってみたよ)
貯金ができない人の強制貯金術(貯金できない理由は「お金の預け先」を間違っているから)
お勧め派遣会社!正社員になる賢い方法も(お勧めの派遣会社はココ!)
既卒やフリーターにお勧めな就職サイトはコレ(既卒やフリーター専用の正社員就職サイト)
歯が白くなるホワイトニング歯磨き粉の効果がすごい!(ホワイトニング歯磨き粉レビュー)
職種別!おすすめ転職サイトの紹介と説明(職種別!お勧め転職サイトはコレ!)
FXの始め方!基礎とポイントをわかりやすく解説(為替で儲けよう!投資は大人の趣味)
株式投資の始め方!株は楽しいよ(株で儲けよう!投資は大人の趣味)





★ 生活費の節約術とお金を増やす方法(月5万円/年60万円の自由なお金を作る方法)

★ 見た目年齢の若い元気な人になる方法(実年齢より見た目年齢が若い人がやっていること)

★ 恋愛/婚活!出会いの方法一覧(自分に合った出会いの方法を見つけよう)


仕事仙術

恋愛・婚活仙術

その他