政治経済の勉強方法   


スポンサーリンク




スポンサーリンク

政治経済の勉強方法

■政治や経済はわからない苦手克服方法!日本の経済や世界経済について理解を深めたい

政治経済の勉強方法
政治経済の重要ワードを理解しよう。


バス男「ふ〜む。初めて読んだけど・・経済誌には、袋とじの<お楽しみページ>がないんだな。面白くないや。」


バス子「ちょっとバス男さん。そういう目的で経済誌を読む人はいないわよ。」


バス男「バス子ちゃ〜ん。経済誌読んでみたけど、僕には、チンプンカンプンだよ。」


「もうっ!バス男さんは仙人の【政治経済の勉強方法】の話、聞いていないの?」


「仙人様の【〜政治経済の重要ワードを理解しよう〜政治経済の勉強方法】?」


「うん。仙人が言うには・・」







〜政治経済の重要ワードを理解しよう〜

1、政治経済の勉強方法

@政治や経済がわからない!難しい!苦手!克服方法

■日本経済や世界経済に対する理解が深まると、


@就職先を間違えにくくなる(将来やばい企業を避けられる)
Aビジネスや投資に役立つ

など、いろいろなメリットがありそうですね。
経済の話は難しい側面もありますが、頑張って学んでいきましょう。

政治や経済の勉強方法を見ていこう。



A政治経済の勉強方法
■苦手な分野や、知らない分野を学ぶ際には、まず{言葉}を理解するのが有効なようです。

例えば、SEOとかCSSとかモバイルフレンドリーなんて言葉を聞いても「?」となりますよね。

これらはIT(主にホームページ作成など)関連の用語です。

ITについて理解したければ、IT関連の用語から学んでいくのが良さそうです。


〜政治経済の勉強方法〜
苦手分野の勉強方法→その分野の言葉の意味を学ぶ


今回は、政治や経済に関する言葉について、見てみます。

@金融政策
→金融政策とは、日本銀行が、公開市場操作、公定歩合操作、預金準備率操作の3つを行う政策のことです。

・公開市場操作
→不況の時、日銀は公開市場操作を通じて短期の市場金利を低下させようとします。

日銀は銀行が持つ国債などを買います(買いオペレーションですね)。

日銀は国債などの購入額分の資金を銀行が日銀に設けている当座預金の口座に振り込みます。

これにより銀行の日銀当座預金残高が増え、銀行は資金に余裕ができ、コール市場で資金の調達に励む必要が少なくなり金利が下がります。

A量的緩和
→量的緩和とは、中央銀行(日本銀行やFRB)が新しいお金を発行し、市中銀行がもっている国債や住宅ローン債券などを買い取ることです。米国でEQと呼ばれています。

量的緩和により、紙幣の価値が下がりインフレ圧力が働き、実物資産である株や不動産にお金を向けることになり、バブルが発生しやすくなる側面もあるのかもしれません。

また金利を将来的に上げる場合は、国債の価格が下がるため(後から発行された国債の利率の方が高くなると既存国債の価格が下がる)、国債ではなく株式市場に資金が流れることになりがちなようです。

利上げが大きく行われ、相対的に株より国債の方が魅力的になれば(1企業より国家の方が貸出先として信用性が高い)株から国債への資金シフトが行われ株価は下がることが予想されます。

日銀は市中銀行がもっている国債を買い取り、その対価として資金を提供しています。

そして市中銀行は日銀から得た資金を融資にまわさず、日銀に国債を売って得た資金で再び市場で国債を買ったり、日銀当座預金は0.1%の利子がつくため、余剰資金を融資にまわしていない側面もあるそうです。

日銀は市場の7割にもあたる国債を大量に購入することで価格は上がり、利回りが低下し、市中銀行に融資などを行わせようとしているようですが、それでも普通預金の金利が0に近いため、低利の国債をもっているだけでも赤字にならない現状があるからでしょうか。

日銀当座預金が融資にまわされ、景気が回復すると良いのでしょうが・・。。

なお、バブルが国よって作られ、バブルが崩壊していく現在型のバブルについては、戦争/貧困/バブル/歴史は繰り返す理由(バブル爺さん)の記事が詳しいです。


B先物取引
→先物取引とは将来の売買についてあらかじめ現時点で約束をする取引のことです。

現時点では売買の価格や数量などを約束だけしておいて、将来の約束の日が来た時点で、売買を行います。

<例>
住宅を1年後に買いたい。今の価格1000万円なら買えるため先物取引で1年後に1000万円で買うと約束した。

ケース@ 1年後の住宅価格が1200万円・・・200万円得した(1000万円で買うことができるため)

ケースA
 1年後の価格が600万円・・・400万円損した(1000万円で買わないといけないため)


Cネガティブ・アモチゼーション
→住宅価格や将来の給料の値上がりを前提としたローンの返済方法。生じる利息よりもローンの返済額が少ない場合も。

Dファンド
→投資信託のこと。
高いリスクを請負い、高い分配金を出しているファンドもあるため、分配金だけで選ぶのは危険。
投資信託初心者入門webセミナー(web無料セミナー!投資信託の基本)



B政治経済の勉強方法
■経済は苦手!という場合は、経済や金融に関する言葉を学んでいくのが効果的だと言えそうですね。

さて、今回の記事も最後まで目をとおして下さり、ありがとうございました。
感謝しています。


〜追記〜
政治や経済を勉強するうえでは「この社会の本当の姿」を学ぶのもおすすめです。

学校の先生も教えてくれない「この世の中の真実」について書かれた記事は、以下の記事となります。

※社会の真実の1側面を書いた記事となります。

@資本家/投資家階級から労働者階級が搾取される仕組みは江戸時代から(格差社会と階級社会の真実)

Aインターネット投票選挙を反対する人の理由(政治が変わらない理由)

B日本経済と世界経済の真実(貧困問題は半年で解決する!?)


〜政治経済の勉強方法〜
<writer 名無き仙人>


★よく読まれている記事★
【人気】高利回りソーシャルレンディング投資とは?仕組みを解説(超高時給の投資!私が投資する理由)

【人気】「初心者向け」少額から始める資産運用のやり方【おすすめ運用先】儲かるよ(儲かる資産運用の始め方)






バス男「僕は、お金に対する理解や、社会に対する理解を深めたいな。」


バス子「だったら、お金とは汚い?嫌い?お金の秘密(お金は感謝の具象化)や、人間の行動原理/行動心理の裏(社会システム次第で行動が決まる?)がお勧めよ。」


仙人「借金やローンの仕組みについては、ローンを組むな!?(世の中の成り立ち)がお勧めじゃよ。」


関連破滅原理と繁栄原則(2つの原理原則)
戦争/貧困/バブル/歴史は繰り返す理由(バブル爺さん)
社会の仕組み({なんでも出来る君}と10人の協力する村人)
行動を変える方法(「見え方」「思い込み」「あり方/行動」の関係性)
心の自由と幸せを手にする方法(バランスの法則編)
お金とは汚い?嫌い?お金の秘密(お金は感謝の具象化)




お勧めビットコインとは【わかりやすく図解で仕組みを】初心者向け簡単に(人気の理由)
産業用太陽光発電への投資!メリット/デメリット(不動産投資より手堅い)
FXの始め方!基礎とポイントをわかりやすく解説(為替で儲けよう!投資は大人の趣味)
高利回りソーシャルレンディング比較一覧!お勧めはココ(お勧めの会社はどこ?)
簡単!仮想通貨の始め方【初心者におすすめコインも】(仮想通貨の買い方)





★ 生活費の節約術とお金を増やす方法(月5万円/年60万円の自由なお金を作る方法)

★ 見た目年齢の若い元気な人になる方法(実年齢より見た目年齢が若い人がやっていること)

★ 恋愛/婚活!出会いの方法一覧(自分に合った出会いの方法を見つけよう)


仕事仙術

恋愛・婚活仙術

その他