格差社会から階級社会になる日本!格差社会の現状と対策


スポンサーリンク




スポンサーリンク

格差社会から階級社会になる日本!格差社会の現状と対策とは?

格差社会から階級社会になる日本!格差社会の現状と対策とは?
日本で格差が広がると将来は、どうなるの?



バス男「ふ〜む。バス奈ちゃんはセクシーで、たまらんな〜。」


バス子「ちょっとバス男さん。平日の昼間っから変な本を読んでる場合じゃないわよ。日本は階級社会になっていくんだから。」


バス男「バス子ちゃ〜ん、なんの話?僕は今、心静かに、読書に集中してるんだ。」


「もうっ。バス男さんは仙人の【格差社会から階級社会になる日本】の話、聞いていないの?」


「仙人様の【格差が、もっと進むと日本は、こうなる!?】の話?」


「うん、仙人が言うにはね・・」






〜格差社会が進むと、どうなる?〜

1.格差社会の現状と対策とは?

@アメリカと日本

■「格差社会って言うけど、階級社会だよな。」

日本の社会の問題を考えていると、格差社会というよりも・・
生まれた時から、ある程度、日本社会の中での階層が決まってしまう階級社会であるよう思う機会が増えていました。「貧困の連鎖」なんて言葉を聞く機会も増えてきたからでしょうか。

この記事を書いている現在、今はまだ、多くの人が中流にいるからでしょう。格差社会とか階級社会とか、そういった話を、自分ごととして捉えている人が、まだまだ少ないよう感じます。

そんな中、貧困大国アメリカという本を読んで、このままいけば、今後、益々格差が広がるであろう日本が、これから、どういった社会になっていくか?を垣間見た気がし、感じたことを忘備録的に記事として残すことにしました。

@エリート層とワーキングプア
→アメリカでは上位1%の富裕層と、その他、99%の貧困層とに、分かれつつあるそうです。中間層が貧困側に落ちていっているそうです。

アメリカで社会問題になっている1つは、奨学金を借りて大学を卒業するも、給料の高い職に就けない{高学歴ワーキングプア}の問題や、奨学金返済で四苦八苦する若者達の問題だそうです。

それが、まるで後追いするかのように、日本でも最近{高学歴ワーキングプア}や{奨学金問題}が取り沙汰されるようになってきています。

少し前まで、日本やアメリカなどの先進国の人たちは、発展途上国の低賃金労働者が、安い賃金で働いてくれるお陰で、いい生活をすることが出来ていました。
東南アジアでレジ打ちするよりも、日本でレジ打ちした方が、高賃金を貰え、高い生活水準で暮らすことが出来ていました。仕事内容は、同じ(レジ打ち)なのにです。

しかし、グローバル社会の到来やITの発達等で世界がフラット化していき{誰でもできる仕事}は、海外の労働者との取り合いとなり、{先進国に住む先進国の住民だから}という理由だけでは、高賃金・高い生活水準を維持できなくなっているそうです。

1人あたりのGDPは低下している日本において、雇用体系含めて、さらにグローバル化が進めば、日本でも{誰でもできる仕事}についている人は、高賃金・高い生活水準を維持できなくなっていき、今まで正社員で守られ中間層にいた人たちが、貧困側に落ちていくことになる場合もあるのかもしれません。

そして1度、貧困側に落ちてしまえば、そこから富裕層側にいくことは、ほぼ不可能であり、むしろ・・

A刑務所社会と娑婆の社会
→次に待っている階級社会は、{シャバ階級}と{刑務所階級}なのかもしれません。
アメリカでは刑務所が民営化されており、囚人を超低賃金で働かせることで、企業は莫大な利益をあげているそうです。

企業からみると、囚人は、発展途上国以下の超低賃金で働かせることができるため、最高の労働者だそうです。

そのためか、アメリカではスリーストライク法というものがあり、軽犯罪であっても3回捕まれば終身刑となってしまい、その後は一生、劣悪な刑務所環境の中で、超低賃金で死ぬまで労働をさせられることになるそうです。

中間層から貧困層に落ちてしまい、窃盗や万引きなどの犯罪をしてしまうと、次はシャバですらない{刑務所社会}の中で{あいつは、時給が高いオペレーターの仕事に就いており、歯磨きするのに、歯磨き粉を使えているから勝ち組だ}とか{私は、モノ作りで時給が低く、歯磨き粉を買えないから負け組だ}とか言いながら、格差社会を体験しなければ、ならなくなるのかもしれません。
※民営化された刑務所内では、歯磨き粉なども超低賃金で働いたお金で買う必要があり、また、仕事内容によって微妙に賃金が異なるため、刑務所内でも格差が生じる。

つまり、一生出られない刑務所の塀の中に、1つの社会が出来上がっており、その社会の中でも、また格差があるようなのです。

B富裕層の自治区と庶民の自治区
→さらにアメリカのサンディ・スプリングス市(約10万人)では、儲かっている企業や富裕層たちが「いくら税金を納めても、無駄使いされるから嫌だ。自分たちが納める税金は、自分たちに還元してもらいたい」ということで、自分たちで自治区を作って住んでいるそうです。

警察と消防を除く、すべての業務を民間に委託し、職員の数を9人に抑え、徹底的なコストカットを進め、市の運営費を、半分以下に抑えることに成功したそうです。
コストカットによって生まれたお金は富裕層の要望によって、市民の安全を守るサービスに使われているそうです。

国の税収入の多くは、所得の多い富裕層の人たちや、儲かっている企業が払っているのに、その人たちが、勝手に自治区を作り住み始めれば、その他の人たちは、税収入が激減した社会の中で、福祉等の予算を削って、やっていくしかないため、猛反発しているそうです。
富裕層が自治区を始めたせいで、税収入が悪化した市では、ごみ収集が来なかったり、図書館の開館時間が短くなったり、医療サービスが低下したり・・様々な住民サービスの低下が起きているそうです。

それでも、その富裕層の自治区は中国等からも注目されており、全米各地だけではなく、海外からも視察団がやってくるそうですし、アメリカの他の地区でも、同じような話が出ているそうです。

同じアメリカという国土の中に、刑務所の社会もあれば、富裕層だけの社会もある・・まさに、格差社会・階級社会ですね。

日本でも儲かっている企業や富裕層の個人が、海外のタックスヘイブン(節税できる国)を活用し、税金逃れをしているそうです。
今後、日本でも、そういった人たちや企業が「いくら税金を納めても、無駄使いされるから嫌だ。自分たちが納める税金は、自分たちに還元してもらいたい」ということで、日本のどこかに(おそらく、それは高級住宅街や、超優良企業が集まる地区)自治区を作り、自分たちだけで自治区を運営し始めたりするのかもしれませんし・・

そうすることで国の財政が悪化し、刑務所が民営化され、刑務所社会も確立されていくことになる・・そんな日が、くる可能性も0%では、ないのかもしれません。

こういった話を聞くと「富裕層の人たちは、貧困層のために税金を払うべきだ!」と感じますよね。
ただ、グローバル化された社会においては、‘国’は、昔のようには重要では、なくなっていくのかもしれません。

日本が先進国として輝いていた時代、東南アジアの貧困層の人たちの生活向上のために、日本は、東南アジアに税金を納めたりはしませんでした。
富裕層の人たちは、貧困層のために税金を払うべきなのに、そうしませんでした。国が違ったからです。
でも、日本に住んでいる貧困層の人は{日本人だから}という、それだけの理由で、日本に住んでいる富裕層が支払う税金から恩恵を受けていました。
当時は(今も、まだそうですが)、日本という島国が、1つの自治体だったわけですね。

しかし社会のグローバル化が進むと、そういった部分も、変化していく場合があるのかもしれません。

経済活動は国境を越えて利益を追求するグローバルな会社が支えており、移動手段(主に飛行機)の発達で、場所と場所、国と国は、どんどん近くなっています。

そんな中で、プレイス(場所)や国家を重視するのではなく、同じ階級・階層を重視して共同体を作る動きが出てくるのは、ある意味、自然なことなのかもしれません。

私たち日本人(日本という自治区に住む人間)でも、アフリカの貧困層の人たちが「私たちのために税金を払ってください」と言ってきても、寄付はするかもしれませんが、税金を払ってまでは助けようとしないでしょう。
同じ地球という星に住んではいるものの、自治区が違うからです。「同じ星に住む人だから税金で助ける」という感覚がないわけですね。

国という概念すら、そもそも持たなくなっているグローバルな富裕層の人たちは、そういった感覚で、富裕層の自治区を作っているのかもしれません。
「同じ国の人だから税金で助ける」という感覚がないわけですね。アメリカは移民の国だから、そうなりやすい、とも言えるでしょう。


A日本社会の今後とは?
■階級や階層が違えば、住む場所が変わる・・高級住宅地とスラム街など、その例ですよね。

遠い将来、富裕層は月に自治区を作り、富裕層たちは月に住むようになり、地球には貧困層と、刑務所社会の層が残るようになる、そんな時代も、くるのでしょうか。

こういった話を聞くと「アメリカはひどいな。」と他人事のように感じますが、恐いのは、数年前に貧困大国アメリカシリーズの最初の本を読んだときに「アメリカはひどいな。(でも日本人の私には関係ない)」と他人事のように感じたのに、数年たった今現在、日本にも{貧困・子供の貧困・女性の貧困・貧困ビジネス}とか{格差社会}とか{奨学金問題}とか{ワーキングプア・高学歴ワーキングプア}とか、当時は聞く機会がなかったニュースが増え始めていることです。

「日本は、アメリカ社会の後を追っている」そんな話を聞く機会があります。
現在のアメリカの姿が、将来の日本の姿であるならば、上記のような話も他人事では、なくなっていくのかもしれませんね。

私たちは、いったい、どういった社会を作っていけばいいのでしょうか。
私たちは、愛する対象の範囲を、どこまで広げるべきなのでしょうか?
自分の家族まで、でしょうか?
自分と同じ階級・階層の人まで、でしょうか?
同じ国に住む人まで、でしょうか?
それとも、地球全体に広げるべきなのでしょうか?

さて、今回の記事も最後まで目をとおしてくださり、ありがとうございました。
感謝しています。


<参考文献>

世界の貧困問題の現状がわかる本3冊(コレを読んでおけば間違いなし!世界の貧困問題本編)でも紹介している貧困大国アメリカシリーズでは、今後、日本が向かうかもしれない社会の姿を垣間見ることができます。

日本もアメリカも経済大国ですが、たとえ経済大国であっても格差社会となれば、潤うのは富裕層ばかりで、庶民の私たちは貧困に苦しむことになるのかもしれません。

今後の日本社会が気になる方には、おすすめの本となります。

ちなみに年金があてにならない日本での老後資金については、一人暮らしの老後資金必要額をシュミレーションしたよ(老後の必要額)の記事が詳しいです。

また、格差社会や、階級社会の関連記事には、

資本家/投資家階級から労働者階級が搾取される仕組みは江戸時代から(格差社会と階級社会の真実)

日本の労働者階級を抜け出し富裕層になるには?2つの方法(労働者階級から抜け出る方法)

日本人が働きすぎる理由!戦国時代から続く過労死への対策(3つの原因)

があります。

<writer 名無き仙人>


★よく読まれている記事★
【人気】高利回りソーシャルレンディング投資とは?仕組みを解説(超高時給の投資!私が投資する理由)

【人気】FXの始め方!基礎とポイントをわかりやすく解説(為替で儲けよう!投資は大人の趣味)






バス男「愛する対象範囲の話って、どこかで聞いたような・・」


バス子「愛とは何か?名言(人生の繁栄は愛を広げること)の記事ね。」


仙人「関連記事としては、年金崩壊後は年金もらえない?(生活保護も破綻したら!?)や、インターネット投票選挙を反対する人の理由(政治が変わらない理由)もお勧めじゃよ。」


関連日本経済と世界経済の真実(スポーツと食料)
拝金主義者の意味と終焉(拝金主義の知られざるデメリット)
自由な生き方の名言/格言(相対性の罠から抜け出す)
戦争/貧困/バブル/歴史は繰り返す理由(バブル爺さん)
老後貧乏予備軍から脱出する方法(貧困層に落ちないための対策)
日本の貧困の原因(貧困ブラック大国?日本の真実)
見栄張る貧乏より身の丈にあった生活(勝ち組をアピールしたい心理が現れる8項目)
貧困の原因は合法的搾取(合法的に搾取される若者)
カップ麺より健康的な食事のメリット(食生活に生き方が現れる)
プライドが高い人の心理(実力はないのに、自己評価だけ高い勘違いしているイタい人)




お勧め超高利回りソーシャルレンディングの仕組みとリスク!体験談(超高時給の投資)
産業用太陽光発電への投資!メリット/デメリット(不動産投資より手堅い)
穴場の高額バイトお勧め7つ!知らなきゃ損するよ(穴場のアルバイトをご紹介)
結婚チャンステスト!楽天オーネット体験談(結婚チャンステストやってみたよ)
貯金ができない人の強制貯金術(貯金できない理由は「お金の預け先」を間違っているから)
お勧め派遣会社!正社員になる賢い方法も(お勧めの派遣会社はココ!)
既卒やフリーターにお勧めな就職サイトはコレ(既卒やフリーター専用の正社員就職サイト)
歯が白くなるホワイトニング歯磨き粉の効果がすごい!(ホワイトニング歯磨き粉レビュー)
職種別!おすすめ転職サイトの紹介と説明(職種別!お勧め転職サイトはコレ!)
FXの始め方!基礎とポイントをわかりやすく解説(為替で儲けよう!投資は大人の趣味)
株式投資の始め方!株は楽しいよ(株で儲けよう!投資は大人の趣味)





★ 生活費の節約術とお金を増やす方法(月5万円/年60万円の自由なお金を作る方法)

★ 見た目年齢の若い元気な人になる方法(実年齢より見た目年齢が若い人がやっていること)

★ 恋愛/婚活!出会いの方法一覧(自分に合った出会いの方法を見つけよう)


仕事仙術

恋愛・婚活仙術

その他