年金崩壊後は年金もらえない?  


スポンサーリンク




スポンサーリンク

年金崩壊後は年金もらえない?

年金崩壊後は年金もらえない?
将来、年金はもらえる?もらえない?



バス男「僕、年金なんてアテにしていないよ。」


バス子「じゃあバス男さんは将来、どうするつもり?個人年金でも掛けてるの?」


バス男「バス子ちゃ〜ん、日本には生活保護制度があるから年金を払わなくても大丈夫なんだよ。」


「もうっ。バス男さんは仙人の【年金崩壊後は年金もらえない?】の話、聞いていないの?」


「仙人様の【年金も生活保護も制度破綻したら、どうなる?】の話?」


「うん、仙人が言うにはね・・」






〜年金制度が破綻したら、どうなるの?〜

1.年金基金が解散したら?

@年金も生活保護も、あてにできない!?

■「年金って、私たちの老後時代は破綻していて、もらえないよな。」

そう言った意見を聞く機会が多いため、漠然と「でも、年金制度が崩壊した後の世の中・社会って、どんな社会になるのかな?」と不思議に思っていました。

年金を貰えない高齢者や、年金額が少ない高齢者は、生活保護に頼るのかな?
でも、少子高齢化により、働く世代が減ることで税収入は減って、高齢者の医療費や介護費で税金の支出が増えるせいで、日本の財政が破綻気味となり、年金制度が崩壊したならば、その時には生活保護費の財源も破綻気味なのでは?
すると、生活保護も需給できなかったり、生活保護費が支給されたとしても少ないせいで、生活していけないんじゃないか?

そうなると、貯金や収入がない、お金がない老後貧乏の高齢者は、どおやって生活することになるんだろう?

そんなことを、たまに疑問に思っていたのですが、その疑問に対する答えの1つが、

貧困大国アメリカにあるようにも感じました。

日本は、アメリカとは違います。
でも、日本は、アメリカの後追いをしている部分も多々あるため、今のアメリカの姿は、10年後20年後の日本の姿でも、あるそうです。

貧困大国アメリカを読み「もし、日本がアメリカの後追いをしていくなら、将来の日本は、こうなるかもしれない」という、日本の将来像の{ありえる1つの姿}が、わかってきました。

将来、私たちの日本国は、北欧のように福祉国家になるのかもしれませんし、アメリカ型の国家になるかもしれません。
もし、アメリカ型の国家になるならば、現代、働く世代で、せっせと年金を収めている私たちが老後を迎えたときには、日本社会は、以下のようになっているのかもしれません。

@財政悪化
→今後、日本では、少子高齢化により、働き税金を納める人は減っていき、医療費や介護費で税金を使う高齢者は増えていきます。
すると、財政が悪化していきますよね。
このことは家族単位で考えると、わかりやすいでしょうか。

例えば、田中さん夫婦は、子供1人に、旦那さんの両親が同居している家族です。
この場合、田中さん夫婦は、子供1人と旦那の両親の3名を養っていかねばなりません。
金銭的負担は、結構、大きいですよね。でも、なんとかやっていけるでしょう。それが現状の日本でしょうか。

一方、佐藤さん夫婦は、子供1人と、旦那の両親と、妻の両親、さらには旦那の父側の弟と妹(ともに高齢)が同居している家族です。
この場合、佐藤さん夫婦は、子供1人と{旦那両親2名、妻の両親2名、旦那の父の弟・妹2名}の合計7名を養っていかねばなりません。
夫婦共働きだとしても、金銭的負担は大きすぎて、やっていけないことでしょう。養う人が多すぎるからです。
この場合「悪いけど、もう面倒は見きれません。いや、だって、実際、無理なんだもん。無理なものは無理。道徳的には悪い!と思うけど、無理なものは無理。」となり、高齢の両親などを手厚くは介護しなくなるでしょう。

それが将来の日本でしょうか。

A年金支給額の減少
→年金は{自分たちが働いている40年の期間に納めた{お金}が老後に入ってくるシステム}ではありません。
年金は、現役世代が払う{お金}が、高齢者に支払われるシステムになっています。
そのため、現役世代が減っていき、年金を貰う高齢者が増えれば、高齢者が貰える年金の額は減っていくことになる可能性があります。
※そもそも年金は、第二次世界大戦中、大日本帝国が戦費調達のため、国民に約束した制度であり、少子高齢化のことなんて考えて作られていないシステムであり、機能するかどうか、わかっていないシステム。

もし、年金の{もらえる額}が減り、年金だけでは生活していけなくなれば、多くの人が「私たち高齢者にも、文化的な生活を送る権利がある!」といって生活保護に頼り始め(既に、そうなっているが※生活保護受給者の多くが高齢者。)、今度は、生活保護の財源が枯渇していくことでしょう。
少子高齢化が進めば、入ってくる税収入は減り、出ていく税金は医療費や介護費で増えていくからです。

すると、今度は、生活保護費用も削減されていくことでしょう。
生活保護費用も削減されると「年金と生活保護を足しても、生活をしていけない!」となり、家賃も払えず・・そうなればホームレスになるしかありません。

Bホームレスを刑務所へ
→現在、日本では、路上生活者(ホームレス)に、安いアパートへ入居してもらい、生活保護を受給してもらうことでホームレスの数を減らしているそうです。
しかし、年金制度や生活保護制度が破綻し、年金と生活保護を足しても、家賃を払えないし生活していけない・・となれば、日本にも、ホームレスが増えることでしょう。

州の財政破綻が叫ばれているアメリカでは、福祉にかけるお金がなくなったせいもあり、路上生活者が日本の何倍も多いそうです。
年金や生活保護などの制度が破綻気味になれば、路上生活者が増えてしまうわけですね。それは日本でも、そうでしょう。
日本も、そうなれば、スラム街のようなものもでき、治安も悪化していくことでしょう。

そこで、なぜかタイミング良く、テロや報復戦争などが起きて、非常事態宣言がだされ、逮捕・検挙が厳しくなると、いろいろな理由をつけてホームレスを逮捕し、刑務所に入れていくことになりそうです。アメリカでは、そうなったようです。

C刑務所の民営化
→財政が悪化しているアメリカでは民営化が進んでおり、刑務所も民営の刑務所が多いようです。
民間の刑務所では、最低賃金を大幅に下回る・・発展途上国以下の賃金で強制労働が行われ、歯ブラシなどの身の回りのものも、自分のお金で買わなければいけないようです。
そのため、出所した時には借金が増えており、出所後に再就職もできず・・・すると窃盗・万引きなどの犯罪をおかし、再度、刑務所に戻ることになるそうです。
そしてアメリカでは「スリーストライク法」というものがあり、軽犯罪であっても3回犯せば終身刑だそうです。

終身刑になれば、あとは死ぬまで、劣悪な環境の刑務所の中で、一生、低賃金労働が続くことになります。
アメリカでは、生活保護制度で助けるのではなく、刑務所に入れて、強制的に労働させる・・その方が国の財政的には効率が良い!ということなのでしょうか。
※囚人には、最低賃金も社会保険も適応されないし、労働基準法も適応されないし、刑務所内の労働では、労働団体や賃上げ要求などもないため、企業からしてみると、最高の労働者が囚人だそうです。
そのためアメリカでは囚人ビジネス(貧困ビジネス)関連が売り上げを伸ばしており、また、株価も上がっているそうです。


日本も、アメリカのようになっていけば、刑務所も民営化され、多くの人が{刑務所の中で一生、ありえない低賃金で働く労働者(囚人)}となっていくのかもしれません。

年金制度が破綻したら、どうなる?→その頃には生活保護制度も破綻し、お金がなければホームレスとなり、ホームレスは検挙され、刑務所の中で死ぬまで、ありえない低賃金で働く労働者となる・・のかもしれない。


A年金が支払われるか不安

■日本でも格差社会が叫ばれていますが、それでも日本では、生活保護制度があり、刑務所だって民営化されていません。
まだ国家の財政に、それだけの余裕がある、ということなのでしょう。

日本が今すぐ、アメリカのようになっていくとは思いませんが、アメリカのようになっていく可能性は0ではない・・とも感じています。
私たち日本人の多くが、「今さえ良ければいいんだよ!自分さえ良ければいいんだよ!金さえ手に入ればいんだよ!」という考え方や生き方になればなるほど、上記で書いたような社会に、近づいていくことになるでしょうか。

ちまたでは「年金を払わなくても大丈夫。将来は、生活保護を貰えばいい。」という意見も、あるそうですが、国家の財政がやばくなり、弱者切り捨ての方向に世論が動けば、「年金は払ってこなかったため貰えない。でも生活保護費も少ししか貰えない。これじゃあホームレスか、劣悪な環境の無料宿泊所に泊まるしかない。」となる場合もあるのかもしれませんし、最悪、死ぬまで刑務所で労働・・ということも、ありうるのかもしれませんね。

貧困大国アメリカを読むと「生活保護制度は、いつの時代にも存在する、絶対的な制度(本当に困った時には、いつでも誰でも助けてもらえる制度)」ではないことが、わかりそうです。
国の財政が悪化し、弱者切り捨ての世論となれば、生活保護制度も縮小・廃止される時代が、くる可能性も0ではないのかもしれません。

さて、今回の記事も最後まで目をとおしてくださり、ありがとうございました。
感謝しています。


<参考文献>

貧困大国アメリカシリーズは、格差社会が広がった後の世の中が、どうなるか?を垣間見せてくれる本だと言えそうです。
グローバル企業が利益追求を推し進め、政治家まで買収し、目先の利益のために環境も人の人権も破壊させていく・・そんな世の中にストップをかけるのは大多数の声・世論しかありません。
多くの人が、格差社会の真実や終焉を知れば、世論も変わっていくのかもしれませんね。

<writer 名無き仙人>


★よく読まれている記事★
【人気】高利回りソーシャルレンディング投資とは?仕組みを解説(超高時給の投資!私が投資する理由)

【人気】FXの始め方!基礎とポイントをわかりやすく解説(為替で儲けよう!投資は大人の趣味)






バス男「僕の{年金で昼キャバにいく}という老後の夢がぁ〜」


バス子「格差社会ではなく、皆で助け合う社会に向かっていけると素敵ね。」


仙人「関連記事としては、格差社会から階級社会になる日本(格差がもっと広がったら、どうなる?)や、金欠病の解決策は人間性(人間性の面で腐ったら貧困が加速する) もお勧めじゃよ。」


関連金の亡者診断チェック項目(拝金主義の洗脳にかかっていないか?)
アラフォー貧困女子の特徴6つ(貧困女子の特徴を改善するには?)
戦争/貧困/バブル/歴史は繰り返す理由(バブル爺さん)
老後貧乏予備軍から脱出する方法(貧困層に落ちないための対策)
日本の貧困の原因(貧困ブラック大国?日本の真実)
見栄張る貧乏より身の丈にあった生活(勝ち組をアピールしたい心理が現れる8項目)
貧困母子家庭の原因は甘え?(頑張れば貧困は解決する?)
自分と相手を傷つける悪い食習慣(食生活から「生き方」がわかる)
プライドの高い男女がプライドを捨てる方法(プライドを捨てるコツ)




お勧め超高利回りソーシャルレンディングの仕組みとリスク!体験談(超高時給の投資)
産業用太陽光発電への投資!メリット/デメリット(不動産投資より手堅い)
穴場の高額バイトお勧め7つ!知らなきゃ損するよ(穴場のアルバイトをご紹介)
結婚チャンステスト!楽天オーネット体験談(結婚チャンステストやってみたよ)
貯金ができない人の強制貯金術(貯金できない理由は「お金の預け先」を間違っているから)
お勧め派遣会社!正社員になる賢い方法も(お勧めの派遣会社はココ!)
既卒やフリーターにお勧めな就職サイトはコレ(既卒やフリーター専用の正社員就職サイト)
歯が白くなるホワイトニング歯磨き粉の効果がすごい!(ホワイトニング歯磨き粉レビュー)
職種別!おすすめ転職サイトの紹介と説明(職種別!お勧め転職サイトはコレ!)
FXの始め方!基礎とポイントをわかりやすく解説(為替で儲けよう!投資は大人の趣味)
株式投資の始め方!株は楽しいよ(株で儲けよう!投資は大人の趣味)





★ 生活費の節約術とお金を増やす方法(月5万円/年60万円の自由なお金を作る方法)

★ 見た目年齢の若い元気な人になる方法(実年齢より見た目年齢が若い人がやっていること)

★ 恋愛/婚活!出会いの方法一覧(自分に合った出会いの方法を見つけよう)


仕事仙術

恋愛・婚活仙術

その他