恋愛/お金の心理と行動   


スポンサーリンク




スポンサーリンク

恋愛/お金の心理と行動

恋愛/お金の心理と行動
恋愛/お金の「思い込み」を浄化する。


バス子「は〜あ。最近、恋愛運が下がっているのかなぁ。良いことがないなぁ。」


バス男「バス子ちゃ〜ん、僕なんて、恋愛運も金運も下がってて。あぁ、こんなことならダックスフンドとして生まれてきた方が良かったよ。」


バス子「それって現実逃避じゃない?」


バス男「うっ。・・どうすれば、恋愛やお金の面で、もっと上手くいくようになるのかなぁ。」


バス子「うーん、仙人に【恋愛/お金の心理と行動】を聞きにいってみる?」


「ほ〜、仙人様の【〜恋愛/お金の「思い込み」を浄化する〜恋愛/お金の心理と行動】かぁ・・」







〜恋愛/お金の「思い込み」を浄化する〜

1.恋愛/お金の心理と行動
@お金/恋愛の「思い込み」からの自由

■「貴方にとって、お金とは、なんですか?」

うーん、私にとって、お金とは、なんだろう?

書籍/スイス人銀行家の教え―お金と幸せの知恵を学ぶ12のレッスン を読んでいると、自分の「お金観」について考えてみるよう促す文章があり、私は自分の思う「お金観」について書き出してみたのでした。


〜私の「お金観」〜
・お金とは→必要なもの
・お金とは→欲しいもの
・お金とは→なかなか手に入らないもの
・お金とは→自分の思いとおりにするための力
・お金とは→なんだかかんだですぐになくなるもの
etc


「ふーむ。私は、お金について、このように感じているのかな?」
書きだしてみた自分の「お金観」について漠然と考えていると「お金のとの付き合い方と、恋愛との付き合い方は似ている」という意味のことが書かれている箇所があり、ドキっとしたのでした。

つまり当人の「お金観」と、当人の「恋愛観」は似ているそうなのです。

「えぇ?じゃあ、私は恋愛や異性について、このように思っているわけ?」
ドキっとした私は、恐る恐る、さきほど書いてみた自分の「お金観」を、恋愛に置き換えて書きだしてみました。
そうすることで、私自身が潜在的にもっている「恋愛観/異性観」がわかることになりそうだったからです。


〜私の「恋愛/異性観」〜
・恋愛/異性とは→必要なもの
・恋愛/異性とは→欲しいもの
・恋愛/異性とは→なかなか手に入らないもの
・恋愛/異性とは→自分の思いとおりにするための力
・恋愛/異性とは→なんだかかんだですぐになくなるもの
etc

「うわー。私は、恋愛や異性について、上記のような観念をもっているの!?」
自分が知らず知らずのうちにもっていた己の潜在的な「恋愛観/異性観」が明るみになり、私はショックを受けたのでした。

「あぁ、私は、恋愛や異性について「必要なものであり、欲しいものだけど、なかなか手に入らないもの。恋愛/異性は自分の思いとおりにするための力であるが、すぐになくなっていくもの」と思い込んでいるのかも・・。」
自分を客観視する方法(人生という名の夢の中で1度立ち止まる)に詳細はあるとおり。
もし、自分の無意識的な思考や想い(固定観念)が、現実の展開のされ方に影響を与えているならば。

私は、お金でも恋愛でも、「必要だし欲しいけど、なかなか手に入らない現実」を体験・経験することになるようにも思われました。
私は、そういった思考や想い(固定観念)を潜在的にもっているようだからです。

また、お金でも恋愛でも、「自分の思いとおりにするための力だから欲しいけど、すぐに失ってしまう現実」を体験・経験することになるようにも思われました。
そういった思考や想い(固定観念)も潜在的にもっているようだからです。

「あー、これはヤバい。これは問題だ。」
自分が潜在的にもっている「お金観」と「恋愛観/異性観」が判明し、「これは問題だ!」と感じました。
このような固定観念をもっている限り、お金や恋愛にて、上手くいかず悩むばかりとなりそうだったからでした。


・・お金や恋愛に関する悩み相談を見てみると。
その根底には、「上手くいかないことに繋がる固定観念(潜在的な想い)」をもっていることが原因である場合もあるよう思われました。

例えば、お金や恋愛に関して、「必要だし欲しいけど、なかなか手に入らないもの。すぐに失われてしまうもの」と潜在的に思い込んでいれば、その潜在的な想いが現実の展開のされ方にも影響を与え、上手くいかないことにも繋がりそうです。


「これはマズいかも」そう思いながら本を読み進めていると、人がもつ「お金観」について書かれている箇所があり、私は、それを恋愛にも絡めて、自分なりに考えてみたのでした。



Aお金と恋愛〜恋愛/お金の心理と行動|恋愛/お金の思い込みからの自由〜
■私達は、人それぞれで、自分なりの「お金観」や「恋愛観/異性観」を、もっているようです。

人によっては、{お金稼ぎ}をゲームのように捉えていて、お金について「投資ゲーム/ビジネスゲームで獲得する勲章・ポイント」と思っている人もいるかもしれません。
つまり、それが当人の「お金観」なわけで。

そして「お金観」と「恋愛観/異性観」は、通常、似ているため。
人によっては、恋愛についても「恋愛とはゲームであり、異性とは恋愛ゲームで獲得する勲章・ポイント」と思っている人もいるのかもしれません。


★恋愛/お金の心理と行動|恋愛/お金の思い込みからの自由★
〜「お金観」と「恋愛観/異性観」は似ている場合も多い。そのため自分の「お金観」がわかれば自分の「恋愛観」もわかるし、自分の「恋愛観」がわかれば自分の「お金観」もわかる〜


私達人間は、なぜ生まれてきたか、理由はわからないけれど。
生まれてきているからには、本能の影響もあり「食欲(まずは生きること)」と「異性欲」とを中心に、人生を生きることになりがちで、

「食欲(まずは生きること)」は、現代社会では、お金と密接に関係があるために・・つまり私達は、お金と、異性とを、中心に、人生を生きることになりがちなわけで。

だからこそ、【お金/異性/恋愛】に対する当人の固定観念次第で、当人の人生の方向性が、決まっている側面もあるのかもしれません。

「お金/異性/恋愛に何を見るか?」で、人生の種類や質は、まったく違ったものになるそうです。


@お金/異性/恋愛が、パワー・権力・影響力
→私達は、「お金持ちの人はすごい!」や「異性からモテることは価値がある!」という価値観をもっている場合があるからでしょうか。
「どれだけお金持ちか?」や「どれだけモテるか?」によって、自分自身の価値をはかることもあるのかもしれません。人は自分自身の価値観によって、自分のことも他人のことも、評価・ジャッジしていく傾向にあるからでしょうか。

つまり自己評価と「お金もち度」や「モテ度」が連動しており。
お金持ちだったり異性からモテると「私は、価値ある人間なんだ」と思えるために、自分の自己評価・自尊心・自信がアップし。
貧乏だったりモテないと「私は、無価値な人間だ」と感じてしまい、自分の自己評価・自尊心・自信が低下していく・・。

そして、自己評価基準と、他人を評価する基準も連動する傾向にあるため。
お金持ちだったり異性からモテる他人を見れば「Aさんは、すごい人だ!」と他者を高く評価することになり。
貧乏だったりモテない他人を見れば「Bさんは、無価値な人間だ」と他人を低く評価することになる・・。


そして、自分がそう、他人のことを「お金もち度」や「モテ度」で評価するから。
いつのまにか無意識のうちに「他人も、私のことを見ては「お金もち度」や「モテ度」で評価してくるハズだ!」と思い込むようになっていて。

すると、他人から、高評価を得たいがために、「お金持ちにならなきゃ!(貧乏だと見下される!)」「異性からモテるイイ男/イイ女にならなきゃ!(モテない人間だと見下される!)」と頑張り始めることもあるのかもしれません。


つまり、「お金もち度」や「モテ度」が、自分の「自己評価/パワー/権力/影響力」と連動していて、だからこそ、お金や恋愛/異性に、強い思い入れをもつことにもなる場合があるのかもしれません。


★恋愛/お金の心理と行動|恋愛/お金の思い込みからの自由★
〜人は自分の価値観に沿って自分のことも他人のことも評価する。「お金もち」や「モテる」に価値の重きを置く場合、「お金もち度」や「モテ度」で他人や自分を評価することになる〜


Aお金/異性/恋愛が、自由

→人はお金に対して、自由を見る場合もあるそうです。お金が手に入れば自由も手に入るよう感じられるからでしょうか。

しかし、多くのお金が運よく手に入っても、それらが自分の器より大きければ、失う恐怖で自由を楽しめないそうです。
また、お金を得ようと頑張るために忙しくなりストレスがたまり、逆に、自由がなくなるパターンも多く、その場合は、豊かさも自由も、感じることができないそうです。

「豊かさ」や「自由」は、物理的な何か、というよりも、たんに当人が心の中で感じている感情だからでしょうか。


恋愛に関しては、どうでしょうか。
多くの異性/恋愛が運よく手に入っても、それらが自分の器より大きければ、失う恐怖「恋人から振られる恐怖」で自由を楽しめない場合もあるのでしょうか。

また、異性/恋愛を得るために忙しくなりストレスがたまり、逆に、自由がなくなるパターンもあり、その場合は、豊かさも自由も、感じることができなくなる場合もあるのでしょうか。


Bお金/異性が、安心・安全
→人は、お金や、恋人や結婚相手に、「安心・安全」を求める場合もあるのかもしれません。
ただ、お金や、恋人や結婚相手に、己の安心を依存しすぎている場合は、「お金や恋人を失う恐怖心」が強くなっていき、そのため過剰にケチになりすぎたり、恋人を強く束縛してしまったり・・ということもあるのかもしれません。


★恋愛/お金の心理と行動|恋愛/お金の思い込みからの自由★
〜「お金を過剰にケチる深層心理」や「恋人を過剰に束縛する深層心理」→自分の安心を「お金/恋人」に依存しているから生じる「失う恐怖心」〜


つまり、モノ(お金)や、人(恋人)に、自分の幸せや安心を依存している依存状態の時ほど人は、「お金を過剰にケチる」や「恋人を過剰に束縛する」が出現しやすくなり、

自立しており、自分の幸せや安心を依存していない場合ほど、「お金を過剰にはケチらない」や「恋人を過剰には束縛しない」が出現しやすくなり、

そして、自立したうえで相互依存の状態にある人ほど「お金を分かち合う」や「愛を分かち合う」が出現しやすくなるのでしょうか。


★恋愛/お金の心理と行動|恋愛/お金の思い込みからの自由★
@依存している人→「お金を過剰にケチる」や「恋人を過剰に束縛する」
A自立している人→「お金を過剰にはケチらない」や「恋人を過剰には束縛しない」
B相互依存状態にある人→「お金を分かち合う」や「愛を分かち合う」


お金や恋人ともバランスをとりながら、生活の中心に原理原則をおき、相互依存の状態で生きるときほど、{平安/喜び/愛/感謝/幸せ}などが人生に増えていくことになるのでしょうか。→破滅原理と繁栄原則(2つの原理原則)


Cお金/異性/恋愛が「自分の価値。男/女としての価値
→自分の価値を「いかにお金があるか?異性からモテるか?イイ女|イイ男と付き合えているか?」ではかる場合。
自分の価値を上げていきたいから、一生懸命にお金を稼ぎ貯めようし、また、恋愛面も頑張ろうとする傾向にあるのかもしれません。

そして自己評価基準と、他人を評価する基準も連動する傾向にあるため。
「高収入のイケメン男性/美人女性」を前にすると「私は負けている」と劣等感を感じ嫉妬し、「低収入の見た目の良くない男女」を見ると「私は勝った」と思い相手を見下す・・ことをし始め、他人と比較し続ける地獄である【相対性の罠】にハマり込んでいくこともあるのかもしれません。
関連自由な生き方の名言/格言(相対性の罠から抜け出す)


Dお金/異性/恋愛は「汚い邪悪なもの」
→特に宗教的な環境で育った人の場合は、「欲望=悪」であり、一般的に「欲望=お金/異性」であるために、「お金/異性=悪」と思い込んでしまいやすい傾向もあるのでしょうか。

お金/異性/恋愛を「汚いもの・卑しいもの・悪いもの・低俗なもの」とする雰囲気の家庭で生まれ育った場合。

子供の頃に家庭の雰囲気から、子供ながらに敏感に、その雰囲気の意味「お金/異性/恋愛は「汚いもの・卑しいもの・悪いもの・低俗なもの」である」を感じ取り、それが潜在意識・無意識にすり込まれることになり・・そのため、お金/異性/恋愛の素晴らしい側面を、見ることが出来なくなり、

お金/異性/恋愛を、無意識のうちに遠ざけてしまったり、または、お金/異性/恋愛で、苦しんだり、嫌な目にあったりするたびに、「ほら、やっぱりそうだ。やっぱりお金/異性/恋愛は諸悪の根源であり「汚いもの・卑しいもの・悪いもの・低俗なもの」なんだ。」と己の信念を強めていくことになり・・

人生から、お金/異性/恋愛を遠ざけて生きていくことにもなる場合があるのかもしれません。


★恋愛/お金の心理と行動|恋愛/お金の思い込みからの自由★
〜家庭の影響は大きい。お金/異性/恋愛を「汚いもの・卑しいもの・悪いもの・低俗なもの」とする雰囲気の家庭で生まれ育った場合、その影響を大人になった今でもずっと引きずっている場合もある〜


「お金との付き合い方=異性/恋愛との付き合い方」であるため。
その家庭の「お金との付き合い方」を見れば、ある程度「異性との付き合い方」に関する考え方や固定観念も、わかる側面があるのかもしれません。

例えばAさんの「お金観」や「恋愛観」を知りたい場合。
Aさんの兄弟の「お金との付き合い方」や「異性との付き合い方」を見れば、その家庭自体の「お金との付き合い方|異性との付き合い方」がわかり、しいてはAさんの「お金観(お金との付き合い方)」や「恋愛観(異性/恋愛との付き合い方)」もわかることにもなる側面もあるのかもしれません。


★恋愛/お金の心理と行動|恋愛/お金の思い込みからの自由★
〜「お金観」と「恋愛観」は連動する傾向もあり、育つ家庭に影響される傾向にある。自分自身や相手(恋人)の「お金観」や「恋愛観」を知るには、自分や相手の家族や兄弟の「お金観(お金との付き合い方)」や「恋愛観(異性/恋愛との付き合い方)」を観察するとわかる場合がある〜


つまり、お金や、異性・恋愛に対して、ネガティブな意味づけをしている家庭においては。
観念の中では、「お金」も、「異性・恋愛」も、{本当は手に入れたいけど遠ざけるべき欲望の対象}であって、
※欲望に呑まれると人生が駄目になる!という考えがあるから。

だからこそ、「お金」も、「異性・恋愛」も、遠ざけようとする雰囲気・傾向が、ある場合もあるのかもしれません。


★恋愛/お金の心理と行動|恋愛/お金の思い込みからの自由★
〜「お金」や「異性・恋愛」を{欲望の対象}と認識している場合、遠ざけようとする傾向がでてくる。欲に呑まれるのが恐い心理や罪悪感より〜


Eお金/異性/恋愛が、友情

→お金に友情を見る人の場合、「この人は惜しまず驕ってくれたから友達だ」「この人はお金を貸してくれたから友人だ」などと思う場合もあるそうです。

関連して。
交際の意味合いは、人によって異なる部分もあるようです。
一般的には、男女を相対的に比べると、男性の方が{体の関係}に価値の重きをおき、女性の方が{正面から相手と向き合い、心の結びつきを深めていくこと}に価値の重きを置く傾向にあるようです。

そのため男性は{体の関係}にこだわり、浮気の定義も、そこにある場合も多く、一方、女性は、{心の繋がり}を重視し、浮気も、心の浮気に嫉妬する場合も多いようです。


★恋愛/お金の心理と行動|恋愛/お金の思い込みからの自由★
〜男女で{交際・付き合う}の意味が異なっている場合もある。「自分の{感じられ方}だけが正しい!」のではないのかもしれない。相手(異性)も正しいのかもしれない。相手への理解に努めることが相互理解と長期的な人間関係のためには大切〜
関連→意見の対立を解決する方法(第3の案 成功者の選択/レビュー)


Fお金/異性/恋愛が、愛情
→{体の関係}や{お金}が、愛を得るための「交渉のカード」になっている場合もあるのかもしれません。

ただし、見返りを求める愛は、長期的には、上手くいかない場合もあるのかもしれません。

人生で今後、一切の、要求(見返り・期待)を辞めること。無償で、相手を愛し、相手の幸せのために行動すること。
長期的には、無償の愛の方が上手くいくために、そうする方が、自他ともに幸せになれていくのでしょうか。→愛を夫婦で育むコツ(「見返りを求める愛」と「無償の愛」)


Gお金/異性/恋愛が、応援
→お金を「応援だ」と捉える場合。
「お金を相手の幸せのために使うこと」は「(相手の幸せに対する)応援の気持ち/応援の表現」ともなりえそうです。

恋愛の場合は、どうなのでしょうか。


Gお金/異性/恋愛が、感謝
→詳細は、お金とは汚い?嫌い?お金の秘密(お金は感謝の具象化)にあるとおり。

お金とは、「感謝の気持ちの表現」であり、「感謝の気持ちの代用」でもあるようです。

では、恋愛においては、どうなのでしょうか。
感謝の気持ちの表現の仕方には「チップを払う」「プレゼントを渡す」など、いろいろありそうです。
そして、その1つが、恋人や結婚相手に対する「いつもありがとう!君に感謝しています!」という気持ちから自然と派生する「相手の幸せのためにお金を使う」などでもあるのでしょうか。

‘愛’という言葉は、いろいろな意味を含んでいそうです。
そもそも愛とは、どういう意味なのでしょうか。

愛とは「貴方に感謝しています」の気持ちでもあり、「君のことが大切です」という気持ちでもあり、「貴方の幸せを願っています/応援しています」という気持ちでもありそうです。


★恋愛/お金の心理と行動|恋愛/お金の思い込みからの自由★
〜感謝=愛しています=大切です=貴方の幸せを願っています〜


お金とは、「汚いもの・卑しいもの・悪いもの・低俗なもの」なのでしょうか。
それともお金とは、「感謝の気持ちの表現」であり、愛や感謝の具現化なのでしょうか。

異性/恋愛とは、「汚いもの・卑しいもの・悪いもの・低俗なもの」なのでしょうか。
それとも異性/恋愛とは、「感謝の気持ちの表現」であり、愛や感謝の具現化なのでしょうか。


人は、自分の見たいものを見るそうです。
人生で経験してきたものをそのまま{お金/異性/恋愛}に投影することになるのかもしれませんね。



B人生と愛〜恋愛/お金の心理と行動|恋愛/お金の思い込みからの自由〜
■人は愛のために生きるのか。

愛が手に入る方法が「安定した会社の正社員になることだ」と思えるならば、そう行動するのかもしれません。

愛が手に入る方法が「起業してお金もちになることだ」と思えるならば、そう行動するのかもしれません。

愛が手に入る方法が「美容を頑張ることだ」と思えるならば、そう行動するのかもしれません。

愛が手に入る方法が「夢を追いかけることで自分が輝くことだ」と思えるならば、そう行動するのかもしれません。

愛が手に入る方法が「出会いの多そうな〜〜に就職することだ」と思えるならば、そう行動するのかもしれません。

愛が手に入る方法が「週末は出会いの場に行くことだ」と思えるならば、そう行動するのかもしれません。


人は、お金のために生きているようにも見えますが、実は、愛のために生きているものなのかもしれませんね→弱い自分を愛する方法(人は何のために生きる?)


また、人は愛のために生きるから、愛が失われたり、愛が手に入らないよう感じられると、人生に絶望すら感じる場合もあるのでしょうか。
また、人は愛のために生きるから、愛が手に入ると、舞い上がることもあるのでしょうか。



人は、自分の人生を、{個人的な世界観}や{個人的な人生観}や{セルフイメージ}に合うよう創り上げていくから、
 →→ 
{個人的な世界観}が「この世界は愛の乏しい世界。愛を獲得するのは難しいのだ!」であったり、

{個人的な人生観}が「結局、私の場合は、残念ながら、大好きな人とは両想いになれず、すぅ〜とすれ違う{悲しい切ない人生ドラマ}を送ることになる(ハズだ!)」であったり、
関連憧れの人や憧れる男女になる方法(すぅ〜とすれ違う理由|時空間仙術)


{セルフイメージ}が「私程度の男or女では、素敵な人とは巡り合えないし、運よく出会っても、相手から拒絶されてしまう(ハズだ!)」であったり、する場合。

物理的にはどんなに頑張っていても、なぜか、上手くいかない・・ということも、発生してしまうこともあるのかもしれません。


なぜなら、例えばそこに、出会いのチャンスがあっても、「この世界は愛の乏しい世界」という世界観があれば、その出会いのチャンスに意識が向かないから。
人の現実は、意識を振り向けるものだけで構成されていく→人による現実の違い(現実の成り立ち方)


また、たとえ素敵な人と運良く出会えても、「悲しい切ない失恋をすることになる」という人生観であれば、悲しい切ない失恋を無意識的に作り出してしまうから。
人は無意識で望んでいることを人生で具現化していく→幸せになれる本(人生と{人格・人間性}の関係)


さらに、目の前に素敵な人が現われても「私程度の男or女では、相手から嫌われ拒絶されてしまう」というセルフイメージであれば、拒絶を恐れ、近づくことができないから。

※上記のような話は、仕事/転職/副業/ビジネス/投資などでも同様なのかもしれない。


★恋愛/お金の心理と行動|恋愛/お金の思い込みからの自由★
〜物理的な行動より、{個人的な世界観}や{個人的な人生観}や{セルフイメージ}の影響力の方が大きいのかもしれない。人は、自分の人生を、{個人的な世界観}や{個人的な人生観}や{セルフイメージ}に合うよう創り上げていくから〜


だからこそ。
愛のために、{個人的な世界観}や{個人的な人生観}や{セルフイメージ}を変えていく・・幸せに繋がるものへと変えていく・・
そして愛を遠ざけてしまうような{制限ある思い込み}から自由になっていく・・

そうすることで、愛が、幸せが、1つづつ、1つづつ、増えていくことを願って。



〜まとめ 恋愛/お金の心理と行動|恋愛/お金の思い込みからの自由〜
@お金面でも恋愛面でも、人生で重要なことは行動というよりも。
世界観や人生観やセルフイメージ、思い込みや価値観などである。

世界観や人生観やセルフイメージや思い込みや価値観などが変わると、行動は付随的に、自然と変わるから。

例えばAさんと、Bさんとでは、普段から行動が違う。

それは、AさんとBさんでは、根底にある{世界観や人生観やセルフイメージや思い込みや価値観など}が違うからである。


人生は確かに行動に創られる側面も多分にあるが。
その行動を誘発しているものが{世界観や人生観やセルフイメージや思い込みや価値観など}であるから、行動を・・行動の結果の人生を変えていくためには{世界観や人生観やセルフイメージや思い込みや価値観など}を変えていく必要がある。

逆を言えば、{世界観や人生観やセルフイメージや思い込みや価値観など}が変わっていないのに、表面的な意思の力だけで行動のみ変えようとしても続かないのかもしれない。


A人は、思考で動いている、というよりも。
感情・・{感じられ方}で動いている。

「だって、お金より愛の方が大事であるよう感じられるから」と、そう感じられる場合は、そう感じられるのだから、もうそれはどうしようもなく、それは理論や理屈を越えており、当然、お金より愛を優先する行動をとる。

また「お金がなければ愛すらも手に入らないよ!」と感じられる場合は。
そう感じられる場合は、そう感じられるのだから、もうそれはどうしようもなく、それは理論や理屈を越えており、当然、お金を優先する行動をとる。


★恋愛/お金の心理と行動|恋愛/お金の思い込みからの自由★
〜人を動かしているもの→どう感じられるか?という{感じられ方}の部分〜


男女では、行動が多々異なるが、それは男女では、人生の{感じられ方}が違うからでもあるのかもしれない。

私達は自分の{感じられ方}しか経験したことがなく相対的に比較することが出来ないため、自分自身の{感じられ方}すらも自覚が伴いにくくわかりにくい側面もあるが。

私達は「そう感じられるから、そう行動する」というように、{感じられ方}によって、導かれるかのように半無意識的に考え行動している。

そして、その{感じられ方}を決めているのが、個人個人の{世界観や人生観やセルフイメージや思い込みや価値観など}でもある。

だからこそ{世界観や人生観やセルフイメージや思い込みや価値観など}が変わると{感じられ方}から変わってしまうため、自然と、思考も行動も変わり、人生が変わり始めることになる。


それを大袈裟に言うならば。
もし、異性側の{感じられ方}になってしまうと、自分は、そう感じられるのだから、もうそれはどうしようもなく、異性側がとっているような思考・行動を自然と、とることになり、異性側が歩んでいるような人生を生きることになる、という話でもある。

もし、今日から、{感じられ方}が変わってしまい異性側がとっているような思考・行動を自然と、とることになれば1年後、3年後。自分の人生は、それまでの○○年とは、まったく違った方向に進むことであろう。

つまり、{どう感じられているか?}{人生がどのようなものだと感じられているか?}{この世界・この現実が、どういったものだと感じられているか?}が変わると、人生も変わっていくことになるものなのかもしれない。


B私達は、{世界観や人生観やセルフイメージや思い込みや価値観など}を変えていくことができる。
だから私達は、恋愛の面でも、お金の面でも、人生を、もっと素敵なものへと変えていくことができる。

私達の人生は、きっと良くなる。もっと良くなる。
最後までありがとうございました。
感謝しています。


<writer 名無き仙人>


★よく読まれている記事★
【人気】高利回りソーシャルレンディング投資とは?仕組みを解説(超高時給の投資!私が投資する理由)

【人気】FXの始め方!基礎とポイントをわかりやすく解説(為替で儲けよう!投資は大人の趣味)






バス男「ダックスフンドとして生まれ変わった僕だよ〜。自宅警備なら任せてぇ〜。」


バス子「お金や恋愛に関しての、思い込みかぁ〜。」


仙人「関連記事としてはお金とは汚い?嫌い?お金の秘密(お金は感謝の具象化)もお勧めじゃよ。」


関連恋愛/婚活!出会いの方法一覧(自分に合った出会いの方法を見つけよう)
好きな理由は?好き/愛される(好きと愛されるのバランス)
彼氏/彼女/恋人依存症の克服方法(恋愛と依存と自立)
彼女にしたい女性の条件とは(男性が彼女に求める7つの条件)
男女の恋と彼氏彼女のすれ違い/解決策(男女ですれ違いが起きる理由)
本命彼女への行動とは(男が本命女性に対してとる7つの行動)
自分が変わる世界観の話(世界観の説明と浄化)
新しい自分になりたい(自分に対する思い込みの浄化)
人生が変化するきっかけ(そもそもの大前提を疑ってみる)
生活費の節約術とお金を増やす方法(月5万円/年60万円の自由なお金を作る方法)
見た目年齢の若い元気な人になる方法(実年齢より見た目年齢が若い人がやっていること)





お勧め超高利回りソーシャルレンディングの仕組みとリスク!体験談(超高時給の投資)
産業用太陽光発電への投資!メリット/デメリット(不動産投資より手堅い)
穴場の高額バイトお勧め7つ!知らなきゃ損するよ(穴場のアルバイトをご紹介)
結婚チャンステスト!楽天オーネット体験談(結婚チャンステストやってみたよ)
貯金ができない人の強制貯金術(貯金できない理由は「お金の預け先」を間違っているから)
お勧め派遣会社!正社員になる賢い方法も(お勧めの派遣会社はココ!)
既卒やフリーターにお勧めな就職サイトはコレ(既卒やフリーター専用の正社員就職サイト)
歯が白くなるホワイトニング歯磨き粉の効果がすごい!(ホワイトニング歯磨き粉レビュー)
職種別!おすすめ転職サイトの紹介と説明(職種別!お勧め転職サイトはコレ!)
FXの始め方!基礎とポイントをわかりやすく解説(為替で儲けよう!投資は大人の趣味)
株式投資の始め方!株は楽しいよ(株で儲けよう!投資は大人の趣味)





★ 生活費の節約術とお金を増やす方法(月5万円/年60万円の自由なお金を作る方法)

★ 見た目年齢の若い元気な人になる方法(実年齢より見た目年齢が若い人がやっていること)

★ 恋愛/婚活!出会いの方法一覧(自分に合った出会いの方法を見つけよう)


仕事仙術

恋愛・婚活仙術

その他