結婚したくない独身男女の理由と本音  


スポンサーリンク




スポンサーリンク

結婚したくない独身男女の理由と本音

結婚したくない独身男女の理由と本音
恋は相対評価なため、妥協する気がないと結婚願望がなくなる?


バス子「バス香の結婚式も、感動的だったわね。・・そういえばバス男さんは、まだ結婚したくないの?」


バス男「バス子ちゃ〜ん、僕は良い人がいれば結婚したいけど、いないから、まだ結婚したくないよ。」


バス子「またぁ。5年前から、そう言ってるじゃない。そんなことじゃあ、仙人が言っていた【結婚したくない独身男性/女性の理由と本音】のとおり・・・」


バス男「えっ!?仙人様の【結婚したくない独身男女の理由と本音】?」


バス子「うん。仙人が言うにはね・・・」







〜恋は相対評価なため、妥協する気がないと結婚願望が薄れる〜

1.結婚したくない男性/女性の理由
@男女の結婚観の違い

■【結婚したくない独身男性/独身女性の理由】には、人それぞれで「結婚したくない!」と考える様々な理由があるわけですが、究極的には「結婚するかどうか?」の問題は「どこまで妥協するか?」の問題だとも言えるのでしょうか。

「結婚するかどうか?」の問題は「どこまで妥協するか?」の問題

日本国は一夫一婦制で、男女の人口比が同じです。
だから男女とも「誰でもいいから、とにかく結婚したい!」と考えるなら婚姻率が100%近くになりますよね。

でも、男女とも未婚率が上がり続けており、3人に1人とか5人に1人は結婚しない時代になっていくそうです。
その理由は様々ですが、究極的には「結婚相手を選びたいから」であり「結婚相手が誰でもいいわけではない。」からですよね。

言い換えると「妥協して結婚するくらいなら、結婚はしくたない」というのが独身男女の本音なのかもしれません。妥協すれば婚姻率は100%近くになるからです。

昔の日本は婚姻率が90%以上のようです。ほとんどの男女が結婚していたわけです。今では考えられないですよね。でも男女の人口比が同じで一夫一婦制なら、ありえる数字です。
昔の日本は婚姻率が90%以上の理由は、みんな、妥協して結婚していたからでしょう。

結婚や結婚相手に妥協さえすれば、多くの人が結婚することは歴史が証明している。結婚するかしかないか?の問題は「どこまで妥協するか?」の問題。

当時は、女性は働き口がなく結婚しないと生きていけなかったそうです。
それらが理由で、また、社会の雰囲気的に、みんな妥協してでも結婚していたのでしょうが、現在は時代が変わりましたものね。

女性は男性に頼らなくても、働いて稼いで生活していけます。
妥協してまで、親が選んだ好きでもない男と結婚しなくてもいいわけです。すると婚姻率が下がりそうですね。

さて、一般的に、女性よりも男性の方が「結婚したくない!」と考える場合が多いようです。
その理由は、男女の結婚観の違いなのかもしれません。

男性は結婚を「損得」で考える場合もあるようです。
一方、女性は結婚を「イメージ」で捉えている場合も多いようです。

男性が「自分で自由に使える時間とお金には価値がある!」という価値観にて、結婚という制度を、頭の左脳を使い損得勘定すると・・「結婚すれば、俺が稼いだ収入を、嫁や子供のために使うことになり、自分で自由に使える時間とお金がなくなる。結婚は、損だ。墓場だ。」となるのかもしれません。
だからでしょうか。
男性には「結婚は、(少なくともまだ)したくない!」と考える男性も、少なくないようです。

一方、女性は頭の左脳を使って損得勘定にて考え、「旦那に働かせたら、私は楽が出来るから結婚したいな。」と思うから結婚したがる!というよりも、‘結婚’を、頭の右脳にて「結婚とは愛し合う2人が、幸せで暖かな家庭を築く素敵なもの」というイメージで捉えている傾向が男性より強く、だからこそ女性は「結婚したいなぁ。」と思う人が男性よりも多いのでしょう。

また女性にとっても{自分で自由に使える時間とお金}は大事ですが、それよりも女性にとっては{愛し愛され、パパと子供と、幸せで暖かな家庭を築くこと}の方が、人生において価値が高いことも影響していそうです。


このような男女の違いも原因となり、「結婚したくない」と右脳で‘思う’女性よりも、「結婚したくない」と左脳で‘考える’男性の方が多いようです。

さて、そんな男性達は、それでも1人、また1人と結婚をしていくことになるようです。
その理由も人によって様々なわけですが、結局、やはり男性としても「1人で一生、生きる」ことよりも「家族と一緒に生きる」の方が、左脳で損得勘定した場合でも、最終的には勝るからでしょう。
しかし、左脳で損得勘定をすると「なるべくギリギリまで、自分で自由に使える時間とお金を楽しみたい!」とも思う場合があるようで・・、そのことが女性の「彼氏が結婚を決断してくれない!」という不満に繋がっているのかもしれません。



A結婚したくない、もう1つの理由
■ある女性が「結婚は妥協だ。」と発言していました。
妥協にも、様々な意味合いが含まれていることでしょう。男女お互いの価値観のすり合せなども妥協の1つと、言えるかもしれません。

そして妥協には「理想の相手や条件を、どこまで妥協して諦めるか?」も含まれることになりそうです。

最高に理想な相手と出会えて、結婚出来ることは、男女ともに望んでいることでしょう。
しかし最高に理想な相手と出会うことが難しいのが、現実のようです。

そのため皆、結婚相手に対して、己が求める理想や条件を、少なからず妥協することになりそうです。
その妥協を、「どの程度まで妥協するか?」というのが、‘問題’や‘悩み’ともなりそうです。

さて、女性が思う理想な結婚相手の男性を「家事をする/イケメン/高収入/性格が良い」とします。
男性が考える理想な結婚相手の女性を「可愛い/セクシー/家庭的/仕事もする」とします。

で、ここからが重要な部分なのですが・・世界と人間の存在理由に詳細はあるとおり、私達が生きる4次元の現実世界は、相対評価によって成り立っているようなのです。

{イケメンかどうか?}も相対評価で決まるようです。
‘俺’がいかにイケメンであろうと、周りの男達がもっとイケメンであれば、女性達は‘俺’のことを「イケメン」とは評価しないわけです。

{高収入かどうか?}も相対評価で決まるようです。
‘俺の年収’がいかに多くても、周りの男達の年収と相対的に比べたら少ないのであれば、女性達は‘俺の年収’のことを「少ない!」と評価するわけです。
具体的には、‘俺の年収200万円’はアフリカの貧しい国ならば、目が飛び出るほどの高収入であり、アフリカの女性達は‘俺’のことを「高額所得者」と評価し、俺はモテモテなわけです。
しかし日本という国の中で相対評価すると、‘俺の年収200万円’は少ないため、日本人女性達からは「収入が少ない!」と評価され、モテないわけです。もちろん、物価も関係しますが・・。

{可愛いかどうか?}も相対評価で決まりそうです。
‘私’がいかに可愛くても、周りの女達がもっと可愛ければ、男性達は‘私’のことを「可愛い」とは評価しないわけです。
一方、‘私’があまり可愛くなくても、周りの女性達がブサイクだらけならば、男性達は‘私’のことを「可愛い」と評価することになるのですね。
私達が生きる4次元世界は、相対評価によって成り立っているからです。


では、ここから本題です。
日本の若い独身男性と独身女性の人数を‘200人’と少なくして考えてみます。
今、日本には100人の独身男性と、100人の独身女性がいます。

この100人の男性達が{イケメンかどうか?}は、100人を相対的に比べることで、決まっていくことになりそうです。
ですから全員が「理想のイケメン!」とは、女性からは評価されないわけです。
100人を相対的に比べ、30人は「理想のイケメン!」と評価され、残りの70人は「普通/駄目」と評価されるわけです。
この現実世界は、相対的に比べることでしか、認識出来ないからです。

また、100人の男性達が{高収入かどうか?}は、100人を相対的に比べることで、決まっていくことになりそうです。
ですから全員が「理想の高収入」とは、女性からは評価されないわけです。
100人のうち、30人は「理想の高収入!」と評価され、残りの70人は「普通/駄目」と評価されるわけです。
※たとえ年収200万円でも、周りの男達の年収が50万円くらいなら、自分は「理想の高収入!」と評価されるわけです。相対評価だからです。

女性の場合も同様です。
この100人の女性達が{可愛いかどうか?}は、100人を相対的に比べることで、決まっていくことになりそうです。
ですから全員が「理想の可愛い女!」とは、男性達から評価されないわけです。
100人のうち、30人は「理想の可愛い女!」と評価され、残りの70人は「普通/駄目」と評価されるわけです。

すると・・
100人の男性と、100人の女性のうち、100人の中で、相対的に優れている男女30人同士が、まず結婚していくことになりそうです。
お互いに「君は、理想の結婚相手だよ!だって周りを見渡してみても、他に君のようなイイ男orイイ女は、(ほとんど)いないもの!」なんて言いながら・・。
「イケメン/高収入/性格が良い」の俳優と、「可愛い/セクシー/家庭的」の女優の、芸能人同士の結婚では、お互いに「君は、理想の結婚相手だよ!だって周りを見渡してみても、他に君のようなイイ男orイイ女は、いないもの!」などと言いあっているのかもしれません。
※「周りを見渡してみても・・」との発言には、「周りを見渡し相対的に異性を比べてみても・・」という意味合いが、含まれているのかもしれません。


その次に、残っている70人の男性と、70人の女性のうち、70人の中で、結婚相手を見つけて結婚していくことになりそうです。
お互いに、心のどこかで「結婚は妥協だよ。完璧で理想な相手なんて望むのが間違いだ。」なんてことも思いながら・・。

そしてこの時に、「どの程度まで妥協するか?」ということが問題になるのかもしれません。
現代の日本では、妥協してまで結婚しなくても、働けば最低賃金が保証され、どこにでもコンビニがあり、男女とも1人で生きていける環境があります。
風潮としても、今後ますます「結婚せねばならない!」という風潮は薄れていくことでしょう。

そうなると、「理想の条件などを譲歩してまで、結婚する意味を見出せない・・。」と思う人も当然増えてきそうです。

このようなこともあり、試算では将来的に「4人〜3人に1人の男性が結婚しない」と言われているのかもしれません。
4人〜3人に1人ということは4分の1であり、100人で考えると25人です。
つまり、残っている70人のうち、25人は「理想の条件などを譲歩してまで、結婚する意味を見出せない・・。」と思うこともあって、結婚しない選択を行うのかもしれません。



B結婚したくない男性/女性の理由
■「結婚するかどうか?」は価値観の問題であり、人それぞれの選択・・とも言えそうです。

そして、私達が生きる4次元の現実世界は、常に変化し続けるようです。
そのため当然、社会も人々の価値観も変化していくことになりそうですし、社会や人々の価値観の変化に伴い、結婚に関する選択も、昔とは異なっていくことになりそうです。

また、「結婚」というのは、人生の数ある選択肢の1つのようです。
自由で平和な国に住む現代の日本人には「どこに就職するか?」「起業するか?」「転職するか?」「結婚するか?しないか?」「子供を作るか作らないか」「日本に住むか海外で暮らすか」・・などと、人生において、選択肢がたくさんありそうです。

どのような選択肢を選ぼうとも、‘心の中はいつも幸せ♪’でいられるよう、心の仙人/仙女修行の方も、精進していきたいものですよね。

<writer 名無き仙人>


★よく読まれている記事★
【人気】高利回りソーシャルレンディング投資とは?仕組みを解説(超高時給の投資!私が投資する理由)

【人気】「初心者向け」少額から始める資産運用のやり方【おすすめ運用先】儲かるよ(儲かる資産運用の始め方)






バス男「僕も結婚したいのだけど、なかなか・・。」


バス子「他の選択肢や可能性を断つ決断力も、結婚するためには必要となりそうね。」


仙人「どのような選択をしようとも、‘心の中はいつも幸せ♪’で人生を生きていけると良いのぉ。関連記事としては、結婚後に豹変する人を結婚前に見抜く方法(デートをしても相手の素の性格はわからない)や、せこいケチな男の特徴3つ(気前がいい男性とケチな男性の違いと特徴)もお勧めじゃよ。」


関連彼女と結婚/後悔しないコツ(結婚と恋愛の違い)
結婚相手の決め手(女性編/結婚相手選びで重要なこと)
社会の仕組み({なんでも出来る君}と10人の協力する村人)
男女の恋と彼氏彼女のすれ違い/解決策(男女ですれ違いが起きる理由)
憧れの男女になる方法(時空間仙術)
自分の顔/性格が変わる方法(潜在意識の影響力)
彼女が欲しい(彼女を作るコツ)
彼氏ができない(彼氏を作るコツ)




お勧めビットコインとは【わかりやすく図解で仕組みを】初心者向け簡単に(人気の理由)
産業用太陽光発電への投資!メリット/デメリット(不動産投資より手堅い)
FXの始め方!基礎とポイントをわかりやすく解説(為替で儲けよう!投資は大人の趣味)
高利回りソーシャルレンディング比較一覧!お勧めはココ(お勧めの会社はどこ?)
簡単!仮想通貨の始め方【初心者におすすめコインも】(仮想通貨の買い方)





★ 生活費の節約術とお金を増やす方法(月5万円/年60万円の自由なお金を作る方法)

★ 見た目年齢の若い元気な人になる方法(実年齢より見た目年齢が若い人がやっていること)

★ 恋愛/婚活!出会いの方法一覧(自分に合った出会いの方法を見つけよう)


仕事仙術

恋愛・婚活仙術

その他