結婚に焦る/焦りは失敗の元  


スポンサーリンク




スポンサーリンク

結婚に焦る/焦りは失敗の元

■早く結婚したい!この先、年齢的に結婚できるか不安で焦る。焦り/焦ると結婚相手選びを失敗する?恋愛・婚活講座。

結婚に焦る/焦りは失敗の元
結婚に焦る時こそ初心に戻る。「結婚の本質/結婚で大事なこと」とは?


バス子「今月、友達の結婚式が2回もあるのよ。それなのに私は全然・・。はぁ〜、もう、この歳だし、結婚に焦っちゃうなぁ。」


バス男「バス子ちゃ〜ん。大丈夫。僕なんて、未だに彼女が出来たことすらないし。」


バス子
「えー、でも・・」


バス男「だけど結婚に焦ると、、、仙人様の【結婚に焦る/焦りは失敗の元】の話、聞いていないの?」


「仙人の【結婚に焦る/焦りは失敗の元】?」


「うん。仙人様が言うにはね・・・」







〜結婚に焦ると失敗する?〜

1.結婚に焦る/焦りは失敗の元

@結婚の本質

■歳を重ねる毎に、結婚に対するプレッシャーは強くなってきて、焦りますよね。

しかし、過剰なほどに結婚に焦ると、「結婚相手選び」を失敗してしまう場合もありそうです。

結婚に焦る!焦りは失敗の原因。対処法を見ていこう。

結婚は、まったくもってゴールではなく、単なるスタートであり、結婚は、2人の愛が約束されるものでもなく、単なる制度ですよね。

結婚は、単なる民法上の制度なのです。
結婚と「2人の愛の大きさ/深さ」は、ほとんど関係なさそうです。結婚が、単なる民法上の制度だからです。

結婚すれば、税制の面で有利だったり、別れた時に配偶者の財産を貰えたりするようです。
結婚が民法上の制度だからです。

しかし結婚しても、愛が大きくなるとは限りませんし、愛が続くとも限りません。
その証拠に、離婚率は3割と言われていますし、「子供のために離婚しない/経済的理由より離婚しない」という仮面夫婦も、相当数存在するようです。

そのような意味では、結婚は、2人の愛がなければ、意味のない形だけの民法上の制度・・とも言えそうです。

結婚したから、男性は妻を今以上に大事にする?
そうならば、こんなに離婚者もいないでしょうし、仮面夫婦もいないことでしょう。
結婚というのは、単なる制度であるため、男性の気持ちにも結婚当初だけ影響を与えることでしょうが、長くは影響を与えることはなく・・{2人の愛の大きさ}には、影響を与えないのかもしれません。

大事なのは「結婚という制度によって形式上、夫婦関係になるか?」ではなく、{2人の愛の大きさ/深さ}ですよね。

「結婚しさえすれば、2人の関係が、より良いものになる!」「結婚さえすれば、幸せになれる!」というのは幻想であり・・結婚は、単なる形上の制度であって、形上の制度が、私達に長きにわたる幸福を与え続けることはなさそうですし、男女の愛の大きさにも影響を与えることは、ほとんどなさそうです。


「結婚という制度によって形式上、夫婦関係になる!」「結婚によって早く既婚者になる!」を焦るよりは、「2人の愛をコツコツと育んでいけるパートナー探し」を頑張る気持ちで婚活に励みたいものですよね。

現在の日本では、フランスのような事実婚などの制度がなく、結婚という制度しかありませんので・・2人で愛をコツコツと育んでいけるパートナーが見つかり、2人でコツコツと愛を育んでいれば、自然と「じゃあ、結婚しようか?」という話になっていくでしょうから。

付き合っているのに、自然と「じゃあ、結婚しようか?」という話になっていかないのであれば・・そのパートナーは、{残りの生涯は、2人でコツコツと愛を育んでいく!}という覚悟や決意がない!のかもしれません。
{残りの生涯は、2人でコツコツと愛を育んでいく!}という覚悟や決意があれば、なにもわざわざ、結婚という制度を利用することを躊躇ったり、先延ばしにしたりしないからです。

逆を言えば、{残りの生涯は、2人でコツコツと愛を育んでいく!}という覚悟や決意がなければ、2人の関係を、形だけ結婚という制度で固められることを、嫌がることになるかもしれません。



A結婚で大事なこと〜結婚に焦る/焦りは失敗の元〜
■大事なのは「結婚という制度によって形式上、夫婦関係になるか?」ではなく、{2人の愛の大きさ/深さ}ですよね。
2人の関係を、形だけ結婚という制度で固めても、そこに愛がなくなれば、男女とも、その結婚という制度のせいで、逆に苦労することになるかもしれません。
制度のせいで、簡単には、別れることが出来ないからです。
離婚となると、男女とも、とても苦労し心が傷つき、{お金・時間・エネルギー}が奪われることになるようです。

重要なことは、形式上の形(結婚という制度)ではなく、‘心’ですよね。


そして、‘心’で大切なことは、{感謝/尊敬/信頼/絆}などのようです。
{感謝/尊敬/信頼/絆}などにより、夫婦の‘愛’は育まれていくからでしょう。


A夫妻、B夫妻の2組のカップルがいるとします。

A夫妻は、結婚しています。
しかし、結婚を焦り、打算と妥協のみで結婚したA夫妻。
結婚15年目の現在、2人の間には{感謝/尊敬/信頼/絆}などの愛がありません。
もちろん、結婚して15年も経ちますし既に恋心もありません。

好きでもなく、尊敬も出来ない相手と、同じ家で暮らしていますと喧嘩が絶えません。

夫婦とも、お互いを利用価値で判断し、「妻は、外見が衰え、夜のフンフンもしなくなったし、家事も手抜きするし、利用価値が減ったよな。」「夫は、給料が下がって、家事も子供の世話もしないし・・利用価値のない男だわ。」と内心、無意識的に思っています。

そして夫婦とも、「どうして、利用価値もない伴侶のために、俺or私が、頑張らなくちゃならないの?」と、不満をもって結婚生活を我慢して続けています。
伴侶のことが嫌いだから、伴侶の両親とも、険悪な関係になっており、伴侶の両親とも揉めています。
結婚生活が、地獄となっています。

2人を繋いでいるのは、生まれた子供と、お金と、結婚という法制度だけのようです。
一応、制度上は夫婦ですが、結婚生活からは、まったく幸せは生まれてきていないようです。

むしろ、2人とも別れたがっており、離婚問題で、2人とも、とても苦労し心が傷つき、{お金・時間・エネルギー}が奪われ、疲れきっています。
2人とも、妥協に妥協を重ね、異性として好きでもなく、人としても好きになれない相手と焦って結婚したことを大変後悔しているようです・・。


B夫妻は、結婚という制度は利用していません。
ですから、制度上は夫婦ではなく、単なる同棲です。
しかし、同棲15年目の現在、2人の間には{感謝/尊敬/信頼/絆}などの強力な愛が育まれており、もう恋心は薄れてはいますが、未だに愛しあっておりラブラブです。

そんな2人を繋いでいるのは、お金でも、結婚という形上の法制度でもありません。
2人を結び付けているのは、愛です。

B夫妻は、結婚という法制度で関係を縛られていないため、別れようと思えば、すぐに別れることも可能です。

しかし、愛し合っていますから、別れようとはしません。

世界中の皆が、別れさせようとしても、2人は別れようとはしないことでしょう。

2人は、{感謝/尊敬/信頼/絆}などの強力な愛によって固く結ばれているからです。

制度上では夫婦ではありませんが、2人の生活からは、たくさんの幸せが生まれてきています。
2人が強力し合い、お互いを思いやり愛し合うため、そこから多くの{エネルギー}が生まれてきており、その多くのエネルギーから働く活力を得られ、多くの収入が生まれ、休日も2人でのデートにより、たくさんの思い出が生まれてきています。

2人とも、結ばれていることを大変嬉しく思っています。

「生まれ変わっても、また一緒になろうね。」・・同棲15年目、未だにラブラブな2人は、そう言い合っています。
関連疲れやすい原因(カロリーとエネルギーの違い)


・・大切なことは、「結婚という制度」ではないのですね。
結婚は、2人が愛し合っているなら、後から自然とついてくる法制度・・とも言えそうです。

大切なことは、2人の愛・・{感謝/尊敬/信頼/絆}なのかもしれません。

結婚という形式上の形に焦ることなく、2人の愛・・{感謝/尊敬/信頼/絆}を、コツコツと一緒に育んでいけるパートナー探しに、頑張りたいものですよね。
{感謝/尊敬/信頼/絆}を、コツコツと一緒に育んでいけるパートナーが見つかれば、結婚はおまけとして、自然と後からついてくることでしょう。



Bまとめ〜結婚に焦る/焦りは失敗の元〜
■2人の愛・・{感謝/尊敬/信頼/絆}を、コツコツと一緒に育んでいけないのに、焦って、もしくは若さゆえの勢いで結婚したカップルは、結婚後に、結婚という法制度のせいで、別れられずに苦労するケースもあるのかもしれません。

結婚という法制度で固めてしまえば、もうゴールだ!というわけではないですよね。
形だけ優先させても、2人で愛を育んでいけない関係ならば、将来的に、あまり良いことがなさそうです。

私達は、ついつい、結婚に憧れを抱いてしまうわけですが・・結婚は単なる法制度でもあるため、結婚が、自分を、または2人を、幸せにしてくれるわけでは、ないのかもしれません。

2人を幸せにしてくれるのは、2人の‘心のあり方’のようです。
2人を幸せにしていく力があるのは、2人の‘心のあり方’のようです。

2人の‘心のあり方’に問題があれば、結婚という法制度を利用し、形式上、夫婦となっても、2人は喧嘩ばかりとなり幸せになれないかもしれません。
一方、2人の‘心のあり方’が素晴らしいものであれば、結婚という法制度を利用しようが、しまいが、その後長いこと、2人は幸せな関係を続けていくことでしょう。


・・そして、‘私(自分)’を幸せにしてくれるのは、結婚という制度でもなく、結婚相手となる異性でもなく・・
‘私(自分)’を幸せにしてくれるのは、‘私(自分)’の‘心のあり方’です。


〜私を幸せにするもの → ‘私(自分)’の‘心のあり方’〜


「美味しいか?美味しくないか?」を決めるのは、テーブルに並ぶ料理では、なさそうです。
「美味しいか?美味しくないか?」を決めるのは、私の心が決めることになるようです。
だからでしょう。
状況や自分の心次第では、オニギリ1個でも、美味しく感じることになりそうです。

「幸せか?不幸せか?」を決めるのは、結婚という制度でも、結婚相手でも、なさそうです。
「幸せか?不幸せか?」を決めるのは、私の心が決めることになるようです。
だからでしょう。
結婚しても愚痴ばかり言っている不幸せな人もいるようですし、1人で生きていても、感謝ばかりしている幸せな人もいるようです。

〜私を幸せにするもの → ‘私(自分)’の‘心のあり方’〜

そのような意味でも、婚活を頑張るとともに、心の仙人/仙女修行の方も、精進していきたいものですよね。


さて、現代社会では、男性でも女性でも、婚活や結婚をするうえで{仕事}も重要となりますよね。

{仕事}で「どんな人か?」を判断される側面もあるし、「なんの仕事に就いているか?」が、その人の魅力となっている部分が多分にあるからです。

{仕事選び}や転職については、以下の記事が詳しいです。

@職種別!おすすめ転職サイトと転職の仕方(ハローワーク以外)(職種別!転職サイトと転職のやり方)

A既卒やフリーターにお勧め就職サイトはコレ(既卒やフリーター専用の正社員就職サイト)


また、転職に伴う収入低下の心配に対しては、投資や副業で補う方法もあり、以下の記事が詳しいです。

B副業で月3万円稼ぐ私の方法2つ!随時更新(月3〜5万円の副収入を稼ぐには?)

C月1〜2万円の副収入を手堅く投資で稼ぐ私の方法(副収入を稼ぐには?)


なお、婚活や結婚で重要な出会いについては、以下の記事で。

婚活サイトおすすめ比較ランキング!私の体験談も(実際にやってみた)


〜結婚に焦る/焦りは失敗の元〜
<writer 名無き仙人>


★よく読まれている記事★
【人気】高利回りソーシャルレンディング投資とは?仕組みを解説(超高時給の投資!私が投資する理由)

【人気】「初心者向け」少額から始める資産運用のやり方【おすすめ運用先】儲かるよ(儲かる資産運用の始め方)






バス男「僕は、形だけでも良いから結婚したいなぁ。」


バス子「愛も大切にしなきゃね。」


仙人「{感謝/尊敬/信頼/絆}を、コツコツと一緒に育んでいけるパートナーが見つかると良いのぉ。」


関連誰にも言えない!相談できない深刻な悩みの解決方法【恋愛/人間関係】(1人で抱えこむのが最もヤバい)
運命の人に出会うには?方法(運命を変えていく)
引き寄せの法則と恋愛(人間関係のバランスの影響)
彼氏/彼女/恋人依存症の克服方法(恋愛と依存と自立)
結婚相手の決め手(女性編/結婚相手選びで重要なこと)
憧れの男女になる方法(時空間仙術)
人間関係の心理(人間関係の力学/パワーバランス)
幸せになれる本(人生と{人格・人間性}の関係)
感謝の念/気持ちの力(感謝と幸せの関係)




お勧めビットコインとは【わかりやすく図解で仕組みを】初心者向け簡単に(人気の理由)
産業用太陽光発電への投資!メリット/デメリット(不動産投資より手堅い)
FXの始め方!基礎とポイントをわかりやすく解説(為替で儲けよう!投資は大人の趣味)
高利回りソーシャルレンディング比較一覧!お勧めはココ(お勧めの会社はどこ?)
簡単!仮想通貨の始め方【初心者におすすめコインも】(仮想通貨の買い方)





★ 生活費の節約術とお金を増やす方法(月5万円/年60万円の自由なお金を作る方法)

★ 見た目年齢の若い元気な人になる方法(実年齢より見た目年齢が若い人がやっていること)

★ 恋愛/婚活!出会いの方法一覧(自分に合った出会いの方法を見つけよう)


仕事仙術

恋愛・婚活仙術

その他