結婚相手の決め手  



スポンサーリンク

結婚相手の決め手

結婚相手の決め手
結婚相手に求める1番重要な条件とは?



バス子「はぁ〜、バス香も、ついに結婚しちゃった。焦っちゃうなぁ。」


バス男「うぅ、僕はバス香ちゃんが羨ましいよ。」


バス子
「・・は〜ぁ、結婚相手が見つかったらなぁ。ねぇ、仙人に【結婚相手の決め手〜1番重要な条件〜】を聞きに行ってみない?」


バス男「ほ〜仙人様の【結婚相手の決め手〜1番重要な条件〜】・・」







〜結婚で1番重要な条件〜

1.結婚相手の決め手

@恋愛と結婚の違い

■まず最初に、「恋愛と結婚の違い」を見てみましょう。
すると、【結婚相手の決め手〜1番重要な条件〜】がわかってきそうです。

結婚相手の決め手とは?

現在は恋愛から結婚していく時代ですから、恋愛の延長線上に結婚があるように認識されています。

しかし、恋愛と結婚には違いもありますよね。
それは、‘恋’と‘愛’の違いも含まれそうです。

恋愛は‘恋’ですよね。
恋愛は、「A君が好きぃ〜。」という‘恋心’によって成り立っていますから、あまり年収や家柄など関係ありません。
その証拠に、女子高生は、無収入の高校男子に恋して付き合っています 笑

恋に必要な要素は、年収や家柄ではないわけですね。
恋に必要な要素は・・{見た目/性格/雰囲気}などになりそうです。

ですから、まだ結婚する気のない20歳前後の女子達は、出会った男性の年収や職業、家柄、学歴などを男性に聞きませんし、気にもしていない場合もあるようです。

彼女らが関心があるのは、もっぱら男性の{見た目/性格/雰囲気}などになるようです。
彼女らは、結婚相手を探しているのではなく、恋する相手を探しているからです。

燃えるような恋に、「A君は次男だし、相手の親との同居は必要ないな。」なんて打算は必要ないわけですね。

燃えるような恋に必要なのは、{見た目/性格/雰囲気}、それにドキドキ感や、体の相性などの方ですよね。

そして恋のドキドキ感は、真面目で誠実でガリ勉な男性より、ちょい悪くらいの男性の方が、感じられたりします。
ですから若い頃は、見た目のカッコイイ、ちょい悪くらいの男性がモテたりするようです。

しかし、結婚適齢期に突入してきますと・・男女とも、異性を選ぶ際の基準が、少し異なってくるようです。

男女とも、結婚を本気で考え始めると、「A君は次男だし、相手の親との同居は必要ないな。」なんていう、高校生の頃の恋愛にはなかった打算が入ってくるからかもしれません 笑

打算が入ってきますと、恋するのに必要な要素である{見た目/性格/雰囲気}にプラスして、{年収/職業/家柄/学歴/親との同居の有無}なども考慮し、相手を選ぶようになってくるようです。
※つまり、{年収/職業/家柄/学歴/親との同居の有無}などは、恋するには必要のない要素ですが、結婚には必要ともなってくる要素なわけです。

すると、相手に求める条件が多くなっていきますよね。ですから、「なかなか、理想の結婚相手が見つからない!」となるのかもしれません。

恋するのに必要な要素と、結婚に必要な要素、両方を兼ね備えた男性となると、数が減ってきますし、そんなイイ男は、他の女性と、既に付き合っていたり結婚しているものですから。
関連いい女イイ男の条件(価値観と恋愛)


ですからA子も、なかなか、理想の結婚相手が見つからないことに、少し焦り始めていて・・「私も、もう若くないし、イイ男は彼女や妻子もちだし・・、そもそも出会いがないし。誰か、私のこと幸せにしてくれる男性、いないかなぁ。」と思い、婚活に取り組み始めました。
関連出会いの方法一覧

すると、Bさんと出会いました。
Bさんは、結婚相手としては、悪くなさそうです。

〜Bさんのプロフィール〜
容姿→まあまあ
性格→普通
年収→結構、多い
職業→安定してそう
家柄→問題なさそう
学歴→問題なし
同居の必要性→なし

Bさんは、結婚相手の条件を満たした、なかなかの男性のように思えました。
Bさんと付き合い始めると、A子も、だんだんBさんに恋してきました。
体の相性も、意外と良いのです。
最近は、週に3〜4日もBさんが‘私’のアパートに来て、半同棲のような感じです。
Bさんは、家事も少しだけですが、手伝ってくれます。

「Bさんのこと
@好きだし、Bさんと結婚すれば、経済的にも安泰そうだし、結婚しちゃおうかな?」
A子は、Bさんと結婚することにしました。

結婚1〜2年目、新婚生活の頃・・Bさんは、結婚後はパタっと家事を手伝わなくなったのですが、それでも2人はラブラブで、幸せな結婚生活を送っていました。
新婚の頃は、大抵の夫婦がラブラブです。

結婚4〜5年目の頃・・子供は1人生まれました。‘私’が妊娠を機に仕事を辞めたため家族の収入は減り、子供が生まれたことで出費は増え、経済的な余裕がなくなってきています。

おまけに、付き合い当初は、あんなに@好きだったのに、その‘好き’な気持ちも、なんだか冷めてきました。

それは、Bさんも同じようで・・Bさんは、あんなに私のことを「好きだよ!」と言ってくれていたのに、最近は、もう言わなくなり・・最初の頃は、ベットであんなに毎晩のように求めてきていたのに、最近はまったく、求めても来なくなり、もう何ヵ月も、夫婦の営みがありません。

経済的な余裕がなくなってきたことで、お金の使い方に関して喧嘩する機会も出始め・・好きな気持ちも冷め、夫婦の営みもない結婚生活に、少し不満も感じ始めていました。

結婚10年目・・子供はだいぶ大きくなりました。そのため、私も、パートとして働き始めました。
今では、@好きな気持ちなんてお互い皆無で、もう何年も、夫婦の営みはありません。
今では、もう喧嘩すらしません。お互い、あまり関わらないようにしています。

「愛し合う夫婦」というより、同じ家に住む「同居人」のような状態です。
旦那は、私のことを愛してもくれませんし、大切にしてもくれません。
好きでもない「同居人」にすぎない夫と一緒にいる意味なんて、もう見出せません。

でも離婚となると離婚後のお金の心配もありますし、子供のためにも離婚はしたくありません。

「はぁ〜。どうしてBさんとの結婚が、失敗しちゃったのかしら?」
隣に住む、いまだにラブラブで幸せそうな田中夫妻を見て、A子は溜め息をつきました・・。



A結婚が失敗する理由 〜結婚相手の決め手/1番重要な条件〜
■さて、A子の結婚は、どうして失敗してしまったのでしょうか?

結婚が失敗してしまう理由の1つが、
@恋心
A体
B打算
だけを重視し、結婚を決めてしまうことなのかもしれません。

まず@恋心です。
A子は、Bさんのことが@好きだから、結婚しました。
Bさんも、A子のことが@好きだから、結婚しました。

しかし、この意味での@好きとは、恋心の‘好き’なんです。
恋心での‘好き’という感情は、3年程度で薄れてくる場合が多いようです。
恋心を演出する、脳内で分泌されるPEAという物質の分泌期間が、最長で3年ほどだからでしょうか。
PEAについての詳細は彼氏/彼女との付き合い方を参考下さい。

ですから、結婚生活が長くなってくると、恋心は薄れてきて、恋心での‘好き’な気持ちは、男女ともになくなっていくのですね。
恋心がなくなった後、愛が育まれていなければ、残るのは‘情’だけです。子供が生まれている場合は、子供も残ります。

そして2人の間で、愛が育まれていれば、‘愛’としての
A好き!な感情は、恋の期間が終了しても、ずっと続いていきます。

そのため、結婚20年目の夫婦が、「うちはお互い、いまだに好き・好き同士ですよ!」なんて言う場合、それは恋心での‘好き’な気持ちを言っているのではなく、‘愛’としてのA好き!な感情について、言っているわけです。

つまり・・カップルというのは、付き合い始めは恋心で結ばれているわけですが、その、2人を結んでいる恋心は、数年で消えてしまうため、愛を育んでいないと、2人は破局してしまうことになる場合もあるのかもしれません。

2人を結びつけているものが、なにもなくなるからです。

A子とBさんは、交際始めや、新婚時は、恋心で結ばれていました。
しかし、2人でコツコツと愛を育むことをしなかったため・・恋心が薄れてきた結婚5〜10年目、2人を結び付けているのが子供しかなくなり、子供のために離婚しない仮面夫婦となってしまったのでした。


次にA体です。
体の相性が良いと、他の部分での不満も気になりにくいですし、喧嘩しても、その夜にフンフンしあえば、すぐに仲直りとなるため、カップルの関係は上手くいきやすいようです。

しかし、性欲も脳内で分泌されるPEAという物質と関係が深いため、同じパートナーとの{夜のフンフン}は、長くは続かないケースも多いようです。

ですから、A子は、「Bさんとは、体の相性も、意外と良いし!」と、体の相性の良さも結婚の決め手として結婚を決断したのに、{夜のフンフン}自体が、結婚後5年も経つとなくなってきてしまい・・

当初の、結婚理由の1つがなくなってしまい、結婚生活の現状に、不満を感じ始めることになったわけです。

関係がマンネリ化し始めると、妻側が求めていても、夫側が、ベットで頑張ろうとしなくなるケースも多いため、{夜のフンフン}の問題は、どちかが頑張っても、解決が難しい問題なのですね。


最後にB打算です。
大人ですから、男女とも、結婚相手選びに打算は入りますよね。当たり前ですし、悪いことでもなさそうです。

ただ、「Bさんと結婚すれば、経済的にも安泰そうだし・・」などの、打算が強すぎる場合は、問題もあるのかもしれません。

打算が強すぎる場合、無意識のうちに、相手を{利用価値}という判断基準で、見てしまう場合もありそうです。

男性の場合なら、「A子は、セクシーだし、結婚したら、毎晩楽しませてもらえそうだ。」などと打算で女性を選びますと・・、

A子との毎晩のフンフンに完全に飽きてしまったり、2人とも歳をとったせいで、A子の外見が、昔ほど魅力的でなくなってきたら、男性側は無意識的に{A子の利用価値が下がった}と思うようになり、A子を、昔ほどは大事にしなくなったりする場合もあるようです。

相手を{利用価値}という判断基準で見ている場合、相手の利用価値が下がってしまえば、相手を大事にしなくなるわけです。


女性の場合なら、「Bさんは、年収が多いし、結婚すれば、経済的にも安泰そうだ。」などと打算で男性を選びますと・・、

夫の年収が下がったり、夫がリストラにあったりすると、女性側は無意識的に{夫の利用価値が下がった}と思うようになり、夫を、昔ほどは大事にしなくなったりする場合もあるようです。

相手を{利用価値}という判断基準で見ている場合、相手の利用価値が下がってしまえば、相手を大事にしなくなるわけです。


・・自分の幸せのために相手を利用する心が、無意識的にもありますと、引き寄せの法則により、同じように、自分の幸せのために相手を利用する心をもっている男性と引かれあい結婚することになる場合も、あるのかもしれません。

すると、そのような夫婦は、心のどこかに、相手を{利用価値}でジャッジする傾向をもっているため、相手の利用価値が下がると相手に不満をもち始め、喧嘩が増え始める場合もあるようです。
関連自分が変わる世界観の話(世界観の説明と浄化)


なお、女性のことをパートナーとして尊敬/尊重している男性の中には、女性の職を見て結婚相手を選ぶ人もいますよね。

共働きを希望する男性も増えてきているようです。

共働きの世帯年収と生涯賃金!専業主婦世帯と比較(生涯年収には、3パターンある)

男性にとっては結婚するために{正規の仕事}が必須ですが、女性の場合も、職は重要な要素となりつつあり、賢い就職や転職の仕方含め、以下の記事が詳しいです。

@職種別!おすすめ転職サイトと転職の仕方(ハローワーク以外)(職種別!転職サイトと転職のやり方)

A既卒やフリーターにお勧め就職サイトはコレ(既卒やフリーター専用の正社員就職サイト)


また、経済的な余裕作りには以下の記事もおすすめです。

B副業で月3万円稼ぐ私の方法2つ!随時更新(月3〜5万円の副収入を稼ぐには?)

C月1〜2万円の副収入を手堅く投資で稼ぐ私の方法(副収入を稼ぐには?)



B結婚相手の決め手/1番重要な条件
■私達は、 @恋心で「好き!」と感じ、A体の相性も良い恋人が出来ると、B打算も含めて、結婚を検討し始めます。

そして、「A君は次男だし、相手の親との同居は必要ないな。」などと、打算的にもOK!と思われたら、結婚を決める場合もあります。

しかし、そこには重要な観点が、1つ、抜け落ちているのかもしれません。

結婚10年目、20年目、30年目の夫婦を結び付けているのは、恋心ではありません。体の相性でもありません。打算でもありません。

結婚10年目、20年目、30年目の夫婦を結び付けているのは、‘愛’です。

「よくもまあ、こんな私とずっと一緒に20年も夫婦を続けてくれて、ありがとう。」

「結婚してから20年間、ただの1度も裏切らず、ずっと私だけを愛してくれて、ありがとう。私も貴方のことを愛しているし、信頼してるし、尊敬してるし、感謝してます。これからも、死ぬまでよろしくね。」

「20年もの間、僕にいろいろと尽くしてくれて感謝してるよ。君のことを愛しているし、信頼してるし、尊敬してる。今後も君のために頑張るし、よろしくね。」

「結婚してから20年間。いろいろあったけど、これまでにたくさんの2人の思い出が出来たよね。またこれからも、2人での思い出を創っていけると良いよね。」

‘愛’というのは、上記のとおり{感謝/尊敬/信頼/絆}などで構成されているのかもしれません。

恋は、1時的な気分の高揚やドキドキ感などで形成されていますが、愛は、{感謝/尊敬/信頼/絆}などで創られていくのですね。

恋心というのは、時間の経過とともに、徐徐に薄れていくのですが・・愛は、{感謝/尊敬/信頼/絆}などで創られていくため、2人が協力し合って夫婦生活を送っていくならば、時間の経過とともに、益々愛は深まっていくのかもしれません。

結婚1年目の新婚カップルよりも、結婚してから20年間、コツコツと2人が協力し合って夫婦生活を送ってきたカップルの方が、2人の間にある愛・・感謝も尊敬も、信頼も絆だって、強く強力です。


長い結婚生活のなかで、夫婦を繋いでいるのは‘愛’なのですね。
だからこそ、
{感謝/尊敬/信頼/絆}などを一緒にコツコツと築いていけそうな相手か?という点が、結婚相手の決め手として重要なことの1つになるようです。


恋心は、いずれ冷めます。
性欲も、いずれ冷めます。
容姿も、いずれ衰えます。
そして打算だけでは、仮面夫婦となります。

・・結婚相手として大事な点は、恋心や体の相性や容姿、年収などもそうですが、同時に、{感謝/尊敬/信頼/絆}などを一緒にコツコツと築いていけそうな相手か?という点も、大事なのかもしれません。


様々な面に関して、「ありがたいよね。」などの発言が多い、感謝の心がある人とは、愛を育んでいきやすいことでしょう。
関連感謝の念/気持ちの力

異性を超え、1人の人間として尊敬できるような人とは、愛を育んでいきやすいことでしょう。

正直で誠実で、裏切らない人とは、愛を育んでいきやすいことでしょう。
「2人で、たくさん思い出を創っていこうね。」という姿勢で、休日に自分だけパチンコに行ったりなどをしない人とは、愛を育んでいきやすいことでしょう。

自分は自分は自分は自分は!と、自己メリットばかり求める利己的な人とよりは、相手への奉仕の心をもつ、歩み寄る姿勢のある人との方が、愛を育んでいきやすいことでしょう。

2人で、一緒にコツコツと愛を育んでいけそうな相手が、見つかるといいですよね。



Cまとめ 〜結婚相手の決め手/1番重要な条件〜
■さて、私達は結婚相手を選ぶわけですが、相手からも選ばれるわけでもあります。

より多くの「私と結婚するメリット」を提供できる人ほど、結婚相手として選ばれやすい傾向にあるようです。

そのような意味では、女磨きはもちろん、心の仙人/仙女修行をとおして、まずは「自分が幸せでいること」・・幸せ人生修行の方も、精進していけると良いですよね。

幸せになれば、私達は自然と、周りの人たちに{愛/やさしさ/笑顔/思いやり}などを与えていくことなります。

自分が幸せでいることにより、自然と{愛/やさしさ/笑顔/思いやり}などを与えることの出来る人は、1つの強力な「私と結婚するメリット」を提供することになるため、結婚相手として選ばれやすいことでしょう。

みんな、{愛/やさしさ/笑顔/思いやり}などを与えてくれる人を好むものですし、自然と{愛/やさしさ/笑顔/思いやり}などを与えている男女は、異性として、また1人の人間として、魅力的に見えますから。

結婚はゴールではなくスタートですし、人生はまだまだ長いですよね。
そのため焦ることなく、コツコツと少しづつ、精進していきたいものですね。

なお、具体的な出会いの方法に関しては、婚活サイトおすすめ比較ランキング!私の体験談も(実際にやってみた)がおすすめです。


〜追伸〜
→結婚相手に求めるものは多くありますよね。

例えば女性が男性に求めるものとして・・
「平均的な身長、平均的な収入、平均的な学歴」
「安定した職業や収入」
「性格の良さ」
「浮気をしない」

男性が女性に求めるものとして・・
「見た目の良さ」
「家庭的、料理が上手」
「性格の良さ」
「働いてくれる。もしくは家庭を守ってくれる」

などなど、いろいろとあるわけですが【結婚相手の決め手】となる1番重要なことは「人柄・人間性」と言えそうですね。

例えば、高収入で手堅い職業に就いているイケメン男性と結婚しても、その男性が、人間的には最低な人で、自分勝手すぎたり、相手の心の痛みがわからなかったり、モラハラをするような人であれば、結婚後に待っているのは、「とりあえず、お金には困らないけど、我慢やストレスばかりの幸せを感じられない結婚生活」となりそうです。

もちろん、幸せを感じられない結婚生活を続けるのに我慢の限界がきて離婚となれば、その後の人生や生活は、お金に困るケースもあるかもしれません。

結婚相手を選ぶ時に、職業は重視されがちですが、職業だけでは相手の人柄や人間性は「わからない」と言えそうです。

例えば、わがまま自分勝手がとおる家庭環境で育ち、学校でも、クラスメイトが心の広い人達のお蔭で、わがまま自分勝手でもやっていけ、卒業後に勤めた職場でも、同僚や上司が{良い人たち}ならば、自分勝手でも、やっていけるため、「わがまま自分勝手を変えるタイミング」がないため、20代、30代、40代と大人になっても・・

わがままで、自分勝手で、自分の幸せばかり考えており、相手の幸せのために何かすることはなく、相手の心の痛みがわからない・・そんな大人になってしまい、一緒に結婚生活をしていて、妻はストレスが溜まるし、嫌な気持ちになることが多いことに、なるかもしれません。

そのような男性は、妻を尊敬することはないかもしれません。むしろ妻のことを内心、見下している場合が多く「結婚、してあげる。」「結婚、してやった」と考える人が多そうです。

そこで妻が「もっと相手のことも思いやれる優しい人になって。」と旦那の性格を変えようとしても、旦那は妻の幸せのためには自分を変えようとはしないことでしょう。

なぜか?
「自分さえ良ければいいんだ」と考えて生きている、わがまま自分勝手な人は、自分のメリットのために自分を変えることはあっても、他人の幸せのために、自分を変えようとすることは、しないからです。

手堅い安定した職業の男性は結婚相手として魅力的だけど、性格や人柄まで担保されているわけではない。

一方で、たとえ収入が少ない男性であっても、相手の幸せを願う人で、また相手の心の痛みに寄り添う優しい人ならば、妻のことをリスペクトし、妻としても幸せな気持ちで、旦那と協力し合いながら結婚生活を続けることが出来そうです。

そういう意味では、結婚相手の決め手は【相手の人間性・人柄】と言えそうですね。


★追伸2★
→結婚は人生を左右する一大事なので、その分、悩みも多くなりがちですよね。

「結婚に繋がる素敵な出会いに恵まれない。」や「この人と結婚して、本当に良いのかな?」とか「結婚する時期は、本当に今なのかな?」など、悩んでしまいやすいのが婚活や結婚の特徴です。

そして、悩んだ時に重要となるのが{悩みを1人で抱えこまないこと}のようです。
1人で悩みを抱え込むと、現実離れした悪い方向の妄想が膨らんでしまいがちだからです。

他人から恋愛の悩みを相談されれば「それって、こうじゃない?」と的確にアドバイスできますが、自分事の悩みになると、難しいですよね。
その理由は、自分事の悩みは客観視が難しいからのようです。

この話の詳細は今すぐ解決!当たる占い師に悩み相談【恋愛/人間関係】(悩みを今すぐ解決する方法)にて。

私も占いをやってみて、漠然とした焦り感や、不安が消えて、心がふわっと軽くなる経験をしました。

詳しくは、

@電話占いは本当に当たる?私の「ドキっ」とした体験談

Aメール占いの当たる鑑定結果に驚愕!私の体験談

にて。

<writer 名無き仙人>





バス男「結婚相手の決め手/1番重要な条件・・かぁ。」


バス子「結婚相手を決めるときや、就職先を決めるときには、悩んでしまうこともあるわよね。」


仙人「愛を育んでいける、素敵な結婚相手が見つかると良いのぉ。関連記事としてはプロポーズさせる方法(プロポーズさせる極意)や、男性が結婚したい女性の条件(原則と恋愛/結婚)、それに結婚のタイミングが合わない理由と別れ(男女で旬の歳は異なり男女とも旬の時期に結婚したがる)もお勧めじゃよ。」


関連恋愛/婚活!出会いの方法一覧(自分に合った出会いの方法を見つけよう)
好きな人ができたら?告白される方法(好きな人から告白される5つのコツ)
男性や彼氏が嘘をつく心理(男性の心の移り変わり)
彼氏ができない!(彼氏を作るコツ)
男が恋に落ちる瞬間(男が女に惚れる時)
好きな理由は?好き/愛される(好きと愛されるのバランス)
男女の違いと比較(異性との人間関係)
雰囲気あるイイ女の特徴(愛される女性の条件)
幸せが訪れるありがとうの言葉(幸せの好循環の秘訣は感謝)
生活費の節約術とお金を増やす方法(月5万円/年60万円の自由なお金を作る方法)
見た目年齢の若い元気な人になる方法(実年齢より見た目年齢が若い人がやっていること)




お勧め超高利回りソーシャルレンディングの仕組みとリスク!体験談(超高時給の投資)
産業用太陽光発電への投資!メリット/デメリット(不動産投資より手堅い)
穴場の高額バイトお勧め7つ!知らなきゃ損するよ(穴場のアルバイトをご紹介)
結婚チャンステスト!楽天オーネット体験談(結婚チャンステストやってみたよ)
貯金ができない人の強制貯金術(貯金できない理由は「お金の預け先」を間違っているから)
お勧め派遣会社!正社員になる賢い方法も(お勧めの派遣会社はココ!)
既卒やフリーターにお勧めな就職サイトはコレ(既卒やフリーター専用の正社員就職サイト)
歯が白くなるホワイトニング歯磨き粉の効果がすごい!(ホワイトニング歯磨き粉レビュー)
職種別!おすすめ転職サイトの紹介と説明(職種別!お勧め転職サイトはコレ!)
FXの始め方!基礎とポイントをわかりやすく解説(為替で儲けよう!投資は大人の趣味)
株式投資の始め方!株は楽しいよ(株で儲けよう!投資は大人の趣味)





★ 生活費の節約術とお金を増やす方法(月5万円/年60万円の自由なお金を作る方法)

★ 見た目年齢の若い元気な人になる方法(実年齢より見た目年齢が若い人がやっていること)

★ 恋愛/婚活!出会いの方法一覧(自分に合った出会いの方法を見つけよう)


仕事仙術

恋愛・婚活仙術

その他