彼女と結婚/後悔しないコツ  


スポンサーリンク




スポンサーリンク

彼女と結婚/後悔しないコツ

■彼女と結婚して失敗しないか悩む。彼女と結婚したい!が将来が心配。彼女との結婚に不安・不満がある。結婚に向いた女

彼女と結婚/後悔しないコツ
恋愛に適した女と妻に適した女の見分け方



バス男「はぁ〜、僕も結婚したいなぁ。」


バス子「女の子は、結婚前は猫をかぶるのよ。彼女との結婚で後悔しないよう仙人に【彼女と結婚/後悔しないコツ】を聞いてみれば?」


バス男「仙人様の【彼女と結婚/後悔しないコツ】かぁ・・・」







〜恋愛に適した女と妻に適した女の見分け方〜

1.彼女と結婚/後悔しないコツ
@早く結婚したい

■恋愛結婚が主流の現在、出会い→交際→プロポーズ→結婚と、恋愛した彼女と結婚することになりそうですよね。

そして私達男性は、己の性欲に突き動かされる側面もあり、ついつい性欲のために「妻に適した女性」を冷静に探せずに・・結婚し、後に結婚を後悔する場合もあるのかもしれません。

「妻に適した女性」とは、どういった女性なのでしょうか。
恋愛と結婚には、違いもあるのかもしれません。

恋愛は短期的な関係にもなりえ、結婚は離婚しない限り死ぬまで続く長期的な関係となりそうです。

この{恋愛と結婚の違い}が、結婚で後悔しないコツの1つなのかもしれません。

では、{恋愛と結婚の違い}を見てみましょう。

彼女と結婚し後悔しないコツを見ていこう。



A恋愛と結婚の違い 〜彼女と結婚/後悔しないコツ〜
■恋愛に必要な要素と、結婚に必要な要素を検討してみます。

〜恋愛に必要な要素〜
@「好き!」という恋心
A夜のフンフンしたい欲求

B女性の可愛くセクシーな外見


恋愛には@「好き!」という恋心が必要ですよね。
それにA夜のフンフンしたい欲求も必要です。

しかし、恋心も性欲も、時間の経過とともに薄れていくことになりそうです。
その理由は彼氏/彼女との付き合い方にて。

また彼女の
B可愛くセクシーな外見も、時間の経過とともに衰えることになりそうです。

想像してみましょう。結婚して10年後・・
彼女に対して、もう恋心の「好き!」な感情はありません。

また、毎晩毎晩、同じ女性とばかりで、妻とのフンフンにも飽きています。もう3年ほど、妻とはベットでの交流はありません。

及び、当時は可愛かった彼女も10年が経ち、立派なオバさんとなりました。

太ってしまい、髪も汚くなり、胸は垂れ、家では化粧すらしません。

昔は「お姉さんの良い匂い」がしたのに、今では嫁に近づくと「オバさん臭」がします。

同じ家に住んではいますが、ベットでフンフンもしないですし・・オバさんとルームシェアしているようなものです。

彼女の下着に興奮していたのに、今じゃ俺のパンツと一緒に、オバさんっぽい下着がブラ〜ンと洗濯物として無造作に干されています。見ると逆に萎えるほどです。

それでも「妻と一緒にいる意味」を見出せるでしょうか。

結婚してからというもの、俺はお小遣い制で1日500円で我慢・我慢の生活です。毎日、頑張って働いているのですが、1日500円のお小遣いに、たまに悲しくなります。

一方、妻はパートなのに、俺より多くのお金を浪費しているようです。
たまに、「俺はなんのために頑張って稼いでいるんだろう?」と疑問に思います。

それでも「妻と一緒にいる意味」を見出せるでしょうか。
たまに、「俺はなんのために結婚したんだっけ?」と疑問に思います。


結婚して20年経つと、もっと、彼女がオバさんとなります。
それでも「妻と一緒にいる意味」を見出せるでしょうか。


つまり、見た目が綺麗で可愛くてセクシーで「最高の女だ!」と思い、心底「俺、彼女のことが好きだ!」と思って結婚しても・・
@「好き!」という恋心
A夜のフンフンしたい欲求

B可愛くセクシーな外見

という要素は、時間の経過とともに薄れ、目減りしていくため・・

これらの要素だけを理由に、結婚という長期的な制度を利用すると、5年後、10年後、20年後・・に後悔することになる可能性も0ではないのかもしれません。


男性は、見た目が可愛くセクシーな「恋愛に適した女」を好む傾向にあるようです。

色気を感じ、「あぁ、この女とベットでフンフンしたいな!」と思える「恋愛に適した女」を好む傾向にあるようです。

しかし、己の欲をもとに「恋愛に適した女」と結婚しますと・・「恋愛に適した女」の条件である、
@「好き!」という恋心
A夜のフンフンしたい欲求
B可愛くセクシーな外見
という要素は、時間の経過とともに薄れ、目減りしていくため、後悔することにもなりかねないのかもしれません。


では、結婚で後悔しないためには、どうすれば良いのでしょうか?
そのためには、時間の経過とともに価値が薄れ、目減りしない要素も考慮するのも良さそうです。

〜結婚に必要な要素〜
@「信頼/絆」
A「人として好きだし尊敬している。感謝している。」という愛


まず@「信頼/絆」です。
恋人達を繋ぎとめているものは、「@「好き!」という恋心」や「A夜のフンフンしたい欲求」なわけですが、恋心も性欲も薄れた夫婦を繋ぎとめているものは「信頼/絆」とも言えそうです。

長期的な人間関係は、男女間限らず、信頼や絆が重要となりそうです。

浮気などにより「信頼/絆」が失われた夫婦が、子供や経済的な理由により、離婚せずに夫婦を続けるケースもありますが、そのような夫婦は、愛のない仮面夫婦となるようです。

信頼や絆なしに長期的な人間関係は、成りたたないからかもしれません。

そのような意味では、{浮気しない女性}{協調性のある女性}{信頼のおける女性}{裏表のない女性}{嘘をつかない女性}{誠実な女性}を、妻として選んでいきたいものです。


次にA「人として好きだし尊敬している。感謝している。」という愛です。

恋心も性欲も薄れ、{男としてor女として}の外見の魅力もなくなってきた夫婦を、繋ぎとめているのは「伴侶を人として好きだし尊敬している。感謝している。」という愛なのかもしれません。

{胸も大きいし、女として魅力的だから好き!}というだけでなく、「1人の人間として、好きか?尊敬できるか?感謝できる相手か?」という、男女を越えた、人間性の部分も考慮して・・妻として適した女性を選んでいけると良さそうですよね。


結婚に必要な要素である、
@「信頼/絆」
A「人として好きだし尊敬している。感謝している。」という愛
は、結婚して10年、20年・・と、月日が経つにつれ、逆に増加していく可能性もある要素と言えそうです。

「信頼/絆」は、結婚年数とともに増加していく場合もありそうです。
相手に対する「人として好きな気持ち」や「感謝の気持ち」も、夫婦仲が良ければ、時間の経過とともに増加していくことでしょう。

結婚は死ぬまで続く長期的な関係であるため、時間とともに減少していく要素ではなく、時間の経過とともに増加していく要素を重視し、結婚相手を選ぶことも大切なのかもしれません。

また、月日が経っても減らないものとしては「料理の腕前」がありそうです。
「料理の腕前」が良い女は、オバさんになっても、料理が上手なままでしょう。

まとめますと・・「恋愛に適した女」とは、見た目が可愛くセクシーな女性と言えるのかもしれません。

一方、「妻に適した女」とは、ともに「信頼/絆」を築いていけ、1人の人間としても好きで尊敬できる女性とも言えそうです。おまけに料理が上手いとありがたい。


男性は欲から、「妻に適した女」ではなく、「恋愛に適した女」を求めようとする時もあるようです。
その欲を、人間の5欲コントロール方法にてコントロールし、長期にわたる幸せを手に入れられると良いですよね。



B結婚してはいけない女 〜彼女と結婚/後悔しないコツ〜
■合コンや婚活パーティーなどに行きますと、そこで会う女性達は「旦那様のために尽くしてあげたい。料理を作ってあげたい。」と言います。

そんな話を聞きますと「あ〜、こんな素敵な子と結婚したいなぁ。」と思いますよね。

しかしです。
よくよく観察してみますと、実家暮らしであり、自分の飯すら母親に作ってもらっていたりします。

そのような女性は、新婚当初は旦那のために手料理を頑張るかもしれませんが、結婚生活がマンネリし始めますと、「なんで私ばかり料理しないといけないの!?」と怒り始めるかもしれません。なんたって、お母さんに作ってもらう生活を長年続けていましたから。

また、「旦那様のために尽くしてあげたい。」と言っていたのに、新婚時期が終わると、「私のために頑張って仕事して、もっと稼いでよね!」と言い始めるかもしれません。

なんたって実家暮らしで、家にお金もいれず、自分の給料は自分の趣味や美容に使いたい放題だったりもしますから。

彼女らは「尽くしてあげたい」と言いますが、実際は今まで1人暮らしだとしても、親に家賃を少し援助したりも、してもらいながら、親に尽くしてもらって生きていたりもする場合が、あるようです。

それが結婚を機に急変してくれずに、相変わらず「誰か、私のために尽くしてよね。」となるかもしれません。
その場合、旦那様が、彼女のために尽くすことになりそうです・・。


女性は結婚するまではネコをかぶる場合もあるようです。
ですから、彼女らの発言を鵜呑みするだけではなく・・・彼女らの本性を見抜けるようになりたいものですよね。

女性は妊娠・出産のこともありますし、年齢とともに外見が衰えていくこともあり「自分の価値が下がらないうちに!」と、「早く結婚を!」と望む場合もあるようです。
これは女性ならば、そう思って当たり前のことですよね。

ただ、女性の中には、「早く結婚をしたい!・・自分が結婚によって楽したいから。」という女性も、いるのかもしれませんから、女性の本性を見抜ける目を養うのも悪くないのかもしれません。

なぜなら、「早く結婚をしたい!・・自分が結婚によって楽したいから。」という女性は、男性のことを{利用価値}で判断する場合も多いようだからです。

安定した高収入の男性は、利用価値の高い男性です。

そして{利用価値}で人様を判断すると、人様の価値が減点方式となり、「旦那の給料が下がった。旦那は役立たずだ。」「夫は年収が高いわけでもないのに、家事を手伝わない。利用価値のない男だわ。」となり、夫婦喧嘩が増えることにもなるでしょう。


一般的に、「結婚してはいけない!」と言われることが多い女性の特徴には、以下のような特徴があるそうです。

@結婚をゴールと考えている女性
→独身女性のなかには「早く結婚した〜い!」と、まるで不満や愚痴を言うかのように、言う人もいるようです。

この「早く結婚した〜い!」には、「早くゴールした〜い!」という意味が含まれている場合があり、その‘ゴール’とは、「夫の給与で生活していける、安定した保証された人生」を意味している場合があるそうです。
ゲームでいう‘あがり’を意味しているわけですね。

その場合、結婚という人生のゴールに辿り着いた女性は、もうゴールに辿り着いたわけですから、それ以降は、頑張らない場合もあるようです。
ゴール後にまで、頑張ってもしかたないからでしょうか。

そのため、結婚を機に外見の美も怠り始めることもありそうです。体型キープも辞めて食べたいだけ食べ太ったりもする場合があるかもしれません。もうゴールに辿り着いたわけですから。

結婚後はもう、旦那のお給料で、ダラダラと余生を過ごすだけなのでしょうか。

この手の女性は、夫を{利用価値}で判断する場合もあるそうです。
もし夫の給料が下がれば、利用価値の減った夫への態度も悪くなり、「夜ご飯?レトルトあるでしょ。勝手に食べて。」などとなりかねないそうです。


本来、結婚はゴールではなく、スタート地点ですよね。
結婚し、やっとスタート地点に立った2人は、これから共に協力し合いながら、夫婦生活を頑張っていくわけです。

それなのに奥さんが「結婚はゴール。もう人生は安泰。これからは夫に頑張らせて、私は楽して生きるわよ。」という姿勢ですと、結婚生活が上手くいかないのかもしれません。

彼女の、結婚後のビジョンは、どのようなものでしょうか?
「結婚後は、私は家族のために・・
ゴニョゴニョ・・
「結婚後は、私は主婦するけど、年に数回は海外旅行に・・」
などが彼女の結婚後のビジョンの場合は、彼女にとって、結婚がゴールである可能性も否定できないのかもしれません。

また、彼氏に「早く結婚したい!」と言っているのに貯金ゼロの女性は、ただただ結婚したいだけの{結婚=ゴール}な女性かもしれません。

一方、結婚をスタート地点と捉えている女性ほど、結婚後のビジョンが明確で、結婚後のことをイキイキと語る傾向にあるようです。


A感情が激しい
→妻の感情の波が激しいすぎると、夫側の精神が消耗されていくそうです。
情緒不安や、ヒステリックなどがある女性、喧嘩をした時に、感情的になり話にならないような女性、ヒステリックに泣いたり騒ぐ女性は、一般的には「感情が激しすぎる」ということで敬遠されるようです。


B劣等感
→女性側が潜在意識レベルにて、「自分は幸せに値しない人間だわ。」と劣等感をもっている場合、男性側が頑張っても、彼女側が無意識的に不幸を望むため、不幸な結婚生活となってしまう場合もあるそうです。

また、勝気な女性の中には、実は潜在意識レベルにて劣等感を感じており、その反動として勝気な姿勢となっており、男に対してライバル心をもち、夫に反感しやすいケースもあるそうです。

ちなみに、似た者同士が惹かれあう引き寄せの法則により、実は劣等感をもっている男性が、実は劣等感をもっている女性と惹かれあい結婚するケースもあり・・その場合は、本当は2人の相性は良くないことも多く、結婚後に苦労する場合もあるそうです。
関連劣等感を克服する方法



C利用しない 〜彼女と結婚/後悔しないコツ〜
■なんにしろ、素敵な女性と結婚したいものですよね。
‘俺’のことを「利用しよう!」と企んでいる女性は、避けたいものですよね。

さて、「女を利用しよう!」と考えていると、「男を利用しよう!」と企んでいる女性と惹かれあい結婚することになる場合もあるのかもしれません。

世の中、男女関係に限らず、「利用しよう!」と考えている者同士が、惹かれあい、関係をもつようになっているものですよね。
関連シンプルに生きる知恵/哲学(作用と反作用と人生の関係)


・・男性にはどうしても性欲があり、欲を満たすためには、女性側の同意と協力が必要です。

しかし、「サキちゃんと、夜のフンフンをしたいから!」と、主に性欲を目的に女性と交際したり結婚しますと、男はどうしても同じ女性とばかりフンフンし続けるのに飽きてきて・・

飽きた結果、「性格が合わないから」「他に好きな女性が出来たから」などと言い訳をつくり別れることになる場合もあるようです。

もしくは、情が湧いていて別れられないか、子供が出来ており離婚できないか、で、しかたなく交際を続ける場合もあるようです。

そんなふうに、女性を己の欲を満たす都合で利用していると、自分も女性から利用されることになるようなのです。


「女に家事をさせたい。」なども含め、女性を利用する考えを、心のどこかに持ったまま婚活すると、同じく「男を利用しよう!」と考えている女性と結婚することになり・・

始めのうちは良いのですが、交際期間や結婚生活が長くなると、お互いが、お互いのことを「夫or妻は利用価値があるか?」と{利用価値}で判断/ジャッジする夫婦となり、愛なんて育めない、喧嘩の多い夫婦となる場合もあるようです。

「利用しよう!」とする心があると、夫婦の愛を育みにくくなるのですね。
相手を「夫or妻は利用価値があるか?」と{利用価値}で判断/ジャッジする関係になってしまうからでしょうか。


男性が、心のどこかに「女性を利用しよう!」という心をもってしまうケースの大半が、性欲が絡むことのようです。

主に性欲を目的に女性と交際したり結婚すると、相手女性を苦しめ、その結果、自分も苦しむことになるようです。

女性は、男性から大切にされ愛されないと、幸せになれないそうです。
女という生き物は、「彼氏or旦那から、‘私’は愛されていて、大切にされている!」という実感がないと、幸せを感じにくい生き物だからでしょうか。

男性が、主に性欲を目的に女性と付き合ったり結婚しますと、そのうち同じ相手とばかりのフンフンに飽きてきて・・飽きてくると、彼女や妻のことを、大切にしなくなることもあるかもしれません。

付き合う前は愛の言葉を囁いていたのに、愛を与えなくなります。

すると女性側は「私は、彼氏or旦那から、愛され、大切にされていない不幸な女・・」と、無意識レベルで思い始めます。

そう感じ始めた女達は、被害者意識を持ち始め、‘私’の不幸の原因である彼氏or旦那に、強い不満を抱き始めます。

その結果が、グーグルの月間検索回数に表れているのかもしれません。

「夫 死んで」 390回/月
「夫 嫌い」 8100回/月
「旦那 嫌い」 1900回/月
「旦那 むかつく」 590回/月
「夫と離婚したい」 3600回/月

これほどまでに妻から嫌われたら、夫である自分が苦しむことになりそうですよね。

上記のワードで検索している彼女達は、旦那に、強い不満をもっているわけですが、不満の原因は、ほとんどただ1つのようです。

ただ、1つのようです。

「私、旦那から、愛されていない。大切にされていない・・。」という不満のようです。


男は「夜のフンフンをしたい!」という強い強い欲求に突き動かされながら、思春期以降、人生を生きています。

そのため、彼女や妻に夜のフンフンを拒まれますと、彼女や妻に強い不満をもち、「これじゃあ、付き合っている意味or結婚している意味を見出せないよ!」とすら感じます。

そして・・・女という生き物は、「彼氏or旦那から愛され、大切にされたい!」という欲求に突き動かされながら思春期以降、人生を生きています。

そのため、彼氏や旦那から愛されず大切にしてもらえないと、彼氏や夫に強い不満をもち、「これじゃあ、付き合っている意味or結婚している意味を見出せないわ!」とすら思うようになります。


女性達は不満を言います。
「旦那が家事を手伝ってくれない。」
「夫が、靴下を脱いだら、脱ぎっぱなしで片づけてくれない!」

しかし、これらの不満は「夫が、私のことを愛してくれない。大切にしてくれない!」という根本的な不満から派生している不満である場合も多いようです。

夫が、です。
死ぬほど妻を愛して、大切にしており、その‘揺るぎない妻への愛’が、妻にきちんと伝わっていれば・・

「旦那が家事を手伝ってくれない。けど、旦那も仕事が忙しいんだろうし・・家事を頑張ろっと。」と妻は頑張るんです。夫のために尽くすのです。1番欲しい欲求を、旦那が満たしてくれているから。

靴下を脱ぎっぱなしても、「もうっ、○○君ったら!」と怒りながらも内心は微笑みつつ、愛する旦那の靴下を片づけるのです。
なぜか?

夫が、‘私’の1番の欲求である「夫から愛され、大切にされたい!」という欲求を、充分に満たしてくれているからです。


旦那に不満をもつ女性達は、グーグルで検索を行います。その結果が・・

「夫 死んで」 390回/月
「夫 嫌い」 8100回/月
「旦那 嫌い」 1900回/月
「旦那 むかつく」 590回/月
「夫と離婚したい」 3600回/月

そしてこれらは、「私はただ、・・夫から愛されたいのに!大切にされたいのに!」という悲痛な叫びの裏返しでも、あるのかもしれません。

夫が妻を心底愛して、大切にしさえすれば・・妻は夫の悪い面には目をつぶり、夫に尽くすのです。
夫を愛し、夫のために尽くすのです。
夫が、‘私’にとって1番大事なことである「愛され大切にされたい!」を、満たしてくれているからです。


で、女性達の不満の根本原因は、「夫が、私のことを愛してくれない。大切にしてくれない!」なわけで・・男性が、彼女や妻を大切にしなくなった原因は「だってもう、夜のフンフンに飽きたから。」でもあるわけです。

つまり問題の根本原因は、男性が、「あの子と、夜のフンフンしたいなぁ。」という思いもあって女性に近づき、愛の告白をし・・女性側が愛の告白を受け入れてくれたら、ベットのうえでフンフンできるため、フンフンするようになり・・

ラブラブなうちは、彼女を「可愛いなぁ。」とも思うため、彼女を大切にし愛するわけですが・・そのうちフンフンに飽きてきて、フンフンに飽きてきたら、彼女を大切にしなくなり、愛も与えなくなり・・

彼や夫から、大切にしてもらえなくなり、愛しても、もらえなくなった彼女や妻達は、「私は、彼氏or旦那から、愛され、大切にされていない不幸な女・・」と思い始めます。

そう感じ始めた女達は、被害者意識を持ち始め、‘私’の不幸の原因である彼氏or旦那に、強い不満を抱き始めます。
その結果が、グーグルの月間検索回数に表れています。

「夫 死んで」 390回/月
「夫 嫌い」 8100回/月
「旦那 嫌い」 1900回/月
「旦那 むかつく」 590回/月
「夫と離婚したい」 3600回/月

・・ということなのです。

己の欲のコントロールが出来ずに、女性と付き合えば、結果的に、彼女や妻が不幸となり、彼女や妻が不幸になると、彼氏や旦那は嫌われ始めます。
彼女や妻に嫌われたら、自分が幸せになれませんよね。

男という生き物は、隣にいる女性が幸せそうだったら、その彼女の幸せそうな姿を見て、「ふっふっふ。俺は女を幸せにしてやっているイイ男だ!」と、自分が幸せになれる生き物のようです。

一方、隣にいる女性が不幸で不満があるようならば、そんな彼女の姿を見て、「あぁ、俺は女を幸せにしてやることが出来ない駄目男なんだ。」と、自らが不幸になる生き物のようです。

ですから、そのような意味でも、彼女や妻を大切にしないことで、彼女や妻が不幸になると、自分までもが不幸になってしまうのですね。

人間の5欲コントロール方法にて、己の欲をコントロールし・・女性を愛し大切にし、女性を幸せにしてあげることで・・‘俺’の隣で幸せそうに暮らし、‘俺’に尽くしてくれる妻を見ることで、自らも幸せになっていけると良さそうですよね。



Dまとめ 〜彼女と結婚/後悔しないコツ〜
■女性達の1番の望みは、「夫が、靴下を脱ぎっぱなしにしないこと」ではなく、「夫が、私のことを愛し大切にしてくれること」のようです。

男性が妻を愛し、大切にすれば、妻は心が満たされ・・心が満たされ幸せな妻は、‘私’のことを愛し大切にしてくれる旦那様のために、旦那がオナラをしてしまうことも大目に見てくれ、夫の給料が下がっても、夫のことを見捨てず、愛し続けてくれることでしょう。

女性は、愛され大切にされることで、幸せになり輝くのですね。
そんな、幸せで輝いている妻を見て、夫も幸せになるようです。


・・長い夫婦生活では、妻に不満をもつこともあるでしょう。
そんな時は、妻のことをないがしろにしてしまいがちなようです。

しかし、どんな時でも{愛/やさしさ/感謝}などを与えていけるよう心の仙人/仙女修行を行っていますと、不満をもつような時でも、妻を大切に思いやることが出来、その結果、妻から感謝されることとなり、夫婦円満となるケースが増えるのかもしれません。

実際に実行するのは難しさもありますが、少しづつ精進していけると良さそうですよね。

ちなみに。
「愛されたい」と願っているのは、女性だけでなく、実は男性側も、そうなんですよ。

弱い自分を愛する方法(人は何のために生きる?)にあるとおりですね。


〜追記〜
付き合っている彼女との結婚で後悔しないためには、経済的な余裕も重要ですよね。

離婚の原因は「性格の不一致」ですが、その本当の理由には、お金に余裕がないせいで、妻も夫も心の余裕を持てずに、相手に対して寛容になれず・・

それが原因で夫婦喧嘩が増えて離婚し、離婚理由を「性格の不一致」と答えるケースは珍しくないからです。

夫婦円満の秘訣でもある経済的な余裕については、{副業・投資・転職}の選択肢があり、

@副業で月3万円稼ぐ私の方法2つ!随時更新(月3〜5万円の副収入を稼ぐには?)

A月1〜2万円の副収入を手堅く投資で稼ぐ私の方法(副収入を稼ぐには?)

B職種別!おすすめ転職サイトと転職の仕方(ハローワーク以外)(職種別!転職サイトと転職のやり方)

の記事がおすすめです。

〜彼女と結婚/後悔しないコツ〜
<writer 名無き仙人>


★よく読まれている記事★
【人気】高利回りソーシャルレンディング投資とは?仕組みを解説(超高時給の投資!私が投資する理由)

【人気】FXの始め方!基礎とポイントをわかりやすく解説(為替で儲けよう!投資は大人の趣味)






バス男「彼女と結婚/後悔しないコツかぁ・・」


バス子「幸せな結婚生活になるといいわね。」


仙人「楽しい幸せな人生になるといいのぉ。」


関連結婚後に豹変する人を結婚前に見抜く方法(デートをしても相手の素の性格はわからない)
結婚のタイミングが合わない理由と別れ(男女で旬の歳は異なり男女とも旬の時期に結婚したがる)
恋愛/結婚と法則/原則の名言(「恋愛/結婚」と【法則/原則】の関係)
男女の違いと比較(異性との人間関係)
女の心理と行動(女の心理/真実)
女心・心理としぐさ(女性の本性)
男女の恋と彼氏彼女のすれ違い/解決策(男女ですれ違いが起きる理由)




お勧め超高利回りソーシャルレンディングの仕組みとリスク!体験談(超高時給の投資)
産業用太陽光発電への投資!メリット/デメリット(不動産投資より手堅い)
穴場の高額バイトお勧め7つ!知らなきゃ損するよ(穴場のアルバイトをご紹介)
結婚チャンステスト!楽天オーネット体験談(結婚チャンステストやってみたよ)
貯金ができない人の強制貯金術(貯金できない理由は「お金の預け先」を間違っているから)
お勧め派遣会社!正社員になる賢い方法も(お勧めの派遣会社はココ!)
既卒やフリーターにお勧めな就職サイトはコレ(既卒やフリーター専用の正社員就職サイト)
歯が白くなるホワイトニング歯磨き粉の効果がすごい!(ホワイトニング歯磨き粉レビュー)
職種別!おすすめ転職サイトの紹介と説明(職種別!お勧め転職サイトはコレ!)
FXの始め方!基礎とポイントをわかりやすく解説(為替で儲けよう!投資は大人の趣味)
株式投資の始め方!株は楽しいよ(株で儲けよう!投資は大人の趣味)





★ 生活費の節約術とお金を増やす方法(月5万円/年60万円の自由なお金を作る方法)

★ 見た目年齢の若い元気な人になる方法(実年齢より見た目年齢が若い人がやっていること)

★ 恋愛/婚活!出会いの方法一覧(自分に合った出会いの方法を見つけよう)


仕事仙術

恋愛・婚活仙術

その他