負の感情表現は抑圧するな   


スポンサーリンク




スポンサーリンク

抑圧された負の感情をコントロールする方法

負の抑圧された感情をコントロールするには
感情のコントロールはできないので心身の余裕をコントロールしよう。




バス子「私、感情のコントロールや感情表現が苦手だから、悩んでいるのよね。」


バス男「バス子ちゃ〜ん、仙人神社に来たんだから、仙人様に相談してみれば?」


バス子「うん。仙人に【感情をコントロールする極意】を聞きに行ってみようかな。」


バス男「仙人様の【感情を操る仙術】かー。」







〜感情のコントロールはできないので心身の余裕をコントロールしよう〜

1.負の感情表現は抑圧するな

@心と体の関係

■どうも私は感情のコントロールが苦手なようで。

すぐにイライラしてしまい、イライラを我慢できず衝動的に周りの人へ、きつい言葉を発してしまったり、苛立ちが表情にでてしまったり・・・

また、余裕がないと慌ててしまいミスをしたり、嫌なことがあったり嫌なことが控えていると、気持ちが萎えてしまい周りに嫌そうな顔をしてしまったり・・・

と、感情が激しいせいで自分自身も損をし、また周りの人に迷惑をかけているのです。

感情のコントロールは大切なことですが難しいですよね。

また、怒り・悲しみ・憎しみ・嫉妬心等、負の感情を抑圧するのも良くないそうです。

感情を抑圧しすぎると、自分の欲求や、感情がよく分からなくなったりするそうですし、また我慢にも限界がきて、どこかで爆発してしまうこともあるでしょう。感情表現を我慢すればストレスも溜まりそうですね。

そういった意味では、いつもご機嫌で生きていけるのがベストだと言えそうですが、毎日、自分の感情をご機嫌にもっていくのは難しそうですね。

今回の記事では、自分の感情をコントロールし、毎日をご機嫌に過ごす方法について、見てみたいと思います。

負の感情表現を抑圧せずにコントロールする方法を見ていこう。



A毎日を楽しく幸せに生きていきたい
■感情をコントロールするためには、以下のことも大切になりそうです。

@自覚する
精神的に不安定!原因と対処(通常時と異常時の違いとは?)に詳細はあるとおり。

私たち人間という生き物は、心に余裕のある通常状態と、心に余裕がない異常な状態では、別人のように「違った風に感じられ違った風に考え違うように判断する」ことになるようです。

心や時間、お金などに余裕がなくなると、私たちは「いつもの私」ではなくなり、別人のようになってしまい、普段とは違って、些細なことにイライラしたり落ち込んだり、してしまうことになるようです。

また、心身相関という言葉があるとおり、体が疲れてしまうと、肉体の疲労が心にも影響を及ぼし、心も負の感情をもちやすくなるようです。

人間は心身の余裕を失うと、負の感情を抱きやすくなる

よって感情のコントロールが難しくなるのは、普段の状態の時ではなく、以下のような異常な状態の時だと言えそうです。

・疲れている時
・失恋した時
・寝不足の時
・天気や気候が悪い時
・お金がないとき
・時間がなく焦ってる時

誰であっても、余裕がない異常な状態の時には、感情のコントロールが難しくなり、イライラしやすくなったり落ち込みやすくなったりするようです。

そのため、イライラし始めたり焦り始めている時は、まずは感情をコントロールしようとするのではなく「私は今、通常の状態ではなく異常な状態だ」と自覚することが大切になるのかもしれません。

例えば朝、通勤中に遅刻しそうになっている時。

前を歩く人が遅ければイライラしますよね。
そのイライラの感情をコントロールしようとするのではなく、通勤中に遅刻しそうになっている時点で、まずは「時間に余裕がないため、きっと今の私は、普通ではない異常な状態になっているだろう。」と自覚することが大事だと言えそうです。

感情をコントロールしようとするのではなく、まずは自分自身が異常な精神状態になっていることを自覚する。

そう自覚できれば、前を歩く人が遅くイライラしそうになっても「前の人が遅いからイライラしているのではなく、自分が今、異常時だからイライラすることになっている。」と考えることができ、するとイライラしているのも自分のせいだとわかるため、過度なイライラを避けることができそうです。

A原因は他にある
→前を歩く人が遅ければイライラしますよね。
しかしイライラする原因は「前を歩く人」ではなく、「遅刻しそうな自分の状況」など他にある場合が多そうです。

私たちはご機嫌で時間に余裕がある時、少々、前を走る車が遅くても気になりませんしイライラもしません。

一方、恋人や伴侶と上手くいっておらず、また時間に余裕がなければ、前を走る遅い車にイライラすることになるでしょう。

イライラする場合、原因は他にある

これは逆を言えば、誰かに理不尽に怒られた時も理由・原因は自分にない、とも言えそうですね。

他人が怒っていたりイライラしている場合、原因は{私}にあるのではなく、他にあることでしょう。

B衝動を抑え席を外す
→イライラの感情が強くなると衝動的に、暴言を言ってしまったり、表情にだしてしまったり・・してしまう場合もあるかもしれません。

しかしイライラしているのは、相手のせいではなく、【自分が通常時ではなく異常時だから】だと言えそうです。

時間が経ち異常時から通常時に戻れば、イライラもだいぶおさまっていることでしょう。

そのため、まずは通常時に戻るために、怒りが強くなっている時は衝動を抑えるためにも席を外すと良さそうです。



B体調や状況をコントロールする
■遅刻しそうな時(時間に余裕がない時)に、「せかせかしない、イライラしない」を実践するのは難しそうですね。

失恋して心に余裕がない時に、落ち込まないのは難しそうですね。
寝不足で二日酔いで頭が痛い時に、イライラせずにいるのは難しそうですね。

つまり、異常時の時に感情をコントロールするのは難しいようなのです。
それは歴史上の偉大な人物ですら、そのようです。

余裕のない異常時の時に感情をコントロールするのは難しい

米軍は水・食料の乏しい過酷な訓練をするそうです。

自分自身を追い込むことで心身の余裕を奪い、イライラしやすい状態を訓練中に作り出し、その異常の状態・・・戦地での異常時の状態にて、それでも感情をコントロールし的確な判断や行動を行えるように鍛えるそうです。

米軍が、そういった訓練をする理由は、人間は心身の余裕を失うと、別人のようにイライラしやすくなり、感情をコントロールできなくなり、的確な判断や、まともな思考が出来なくなるからでしょう。

余裕のない異常時なら、誰だってイライラしやすくなる。異常時に感情をコントロールできるわけがない!そんな訓練、受けていないのだから。

となれば「感情をコントロールする方法」は【自分自身を余裕のない異常な状態にもっていかない】になりそうです。

私たちは余裕がありご機嫌でいる時には、他人に対して寛容になれますし、前を歩く人が遅くてもイライラすることがありません。

一方、余裕がない時には、他人に対して冷たくなってしまいがちですし、前を走る車が遅ければイライラすることになるでしょう。

感情はコントロールできない。私達が人間である以上。イライラしている時に、一瞬でご機嫌になるよう感情を操れるわけがない。

{感情のコントロールは難しい}ということを覚えておき、自分でもコントロールできる部分である{自分自身を余裕のない異常な状態にもっていかない}を意識して生活すると、毎日をご機嫌で過ごすことができそうですね。

@コントロールできないこと→自分の感情
Aコントロールできること→自分の心身の余裕


自分自身を余裕のない異常な状態にもっていかないために、具体的には、以下のようなことを気をつけるといいかもしれません。
そのことがすなわち【感情をコントロールする方法(ご機嫌でいる方法)】に繋がることでしょう。

@疲れすぎない、頑張って働きすぎない、疲れが溜まってきており余裕がなくなりそうなら休む
A寝不足や二日酔いを避ける
B自分の許容度を超えるお金の使い方をしない(例 自分にとって1000万円が大金ならば、1000万円の投資は行わない(余裕がなくなるため))
C高すぎる目標や夢に固執しすぎない(余裕がなくなるため)
D恋人や伴侶、同僚や友人と喧嘩しない
E失恋しない
F予定を入れすぎない。時間に余裕をもたせる
G自分自身を追い込みすぎない
H実力がないのに独立起業しない
Iギャンブルしない(ギャンブルにのめり込み大金を賭け始めると余裕を失う)
I1つ(1人)に執着しない→執着心を捨てる方法(成さずして為す)

自分の実力以上の夢や目標の達成にこだわりすぎると、余裕がなくなってしまい、イライラしがちになってしまうこともあるようです。

例えば、自分の実力以上の、ある特定の異性との結婚にこだわれば、上手くいかないでしょうし余裕がなくなり、毎日、イライラしがちになってしまうかもしれません。

※他人の気持ちはコントロールできないのに、特定の1人にこだわれば、{無理なこと}をしようとするがために余裕を失っていくことになる

人間、感情のコントロールはできないので、心身の余裕(自分自身を余裕のない状態にもっていかない)をコントロールしよう。

心身に余裕のある状態で生活をするようしていると、余裕があるがために他人にも優しくでき、すると大抵、ご機嫌で過ごせることになりそうです。

負の感情を我慢するのではなく、負の感情を抱かなくていいように、心身の余裕をキープするよう心がけよう。

感情コントロール仙術→感情をコントロールしようとするのではなく、自分自身の心身の余裕をコントロールする

さて、今回の記事も最後まで目をとおして下さり、ありがとうございました。
感謝しています。


〜追記〜
負の抑圧された感情を解放するのは難しいですよね。

よって「負の感情を溜め込まない」も大切となりそうです。

個人的には、投資や副業によって、経済的な余裕を作り出すことで、負の感情を感じにくい状況をキープするよう心がけています。

イライラするような出来事があっても、経済的に余裕があると「ま、いっか。美味しいものでも食べよう」と思え、負の感情を溜め込まずにすみますものね。

副業や投資については、以下の記事もおすすめです。

@副業で月3万円稼ぐ私の方法2つ!随時更新(月3〜5万円の副収入を稼ぐには?)

A月1〜2万円の副収入を手堅く投資で稼ぐ私の方法(副収入を稼ぐには?)

B1000万円貯めるには?貯金方法(節約<稼ぐ)

<writer 名無き仙人>


★よく読まれている記事★
【人気】高利回りソーシャルレンディング投資とは?仕組みを解説(超高時給の投資!私が投資する理由)

【人気】FXの始め方!基礎とポイントをわかりやすく解説(為替で儲けよう!投資は大人の趣味)






バス男「女子の心・マインドをコントロールする方法を知りたいな〜ぐへへ〜」


バス子「バス男さんってホント気持ち悪いわね〜」


仙人「関連記事としては、感情をコントロールする方法(感情と思い入れ)や、怒りを沈める/抑える方法(怒り/不満時のコミュニケーション)もお勧めじゃよ。」


関連記事心の平安を保つ方法(心の平安を保つ7原則)
素直になるには?方法(素直になる秘訣は謙虚)
パニック障害の原因と克服方法(パニック症状の対処方法4つ)
家族関係/家族構成が人生に与える影響(バランスの法則ー家族編)
脱力感!肩の力を抜く方法(肩に力が入る原因と改善方法)
何も考えたくない?考えない練習方法(思考を止めるのは難しい!アホになればいい!)
人間の五欲/三大欲コントロール方法(欲を自分のために頑張らせる)


〜瞑想/気功〜
瞑想の方法/やり方!簡単(入門編!簡単な瞑想の方法/やり方)
瞑想とは?意味(瞑想とは?→姿勢と呼吸を統制することで心を統制する技術)
瞑想の危険性(瞑想の注意点)
ヨガ/ヨーガ/道教/チベット密教とは?(宗教の発生起源)
気功治療の効果(気功とは?2種類の気功治療)
気功術のやり方(簡単な気功の方法)
断食ダイエット方法/やり方





お勧め超高利回りソーシャルレンディングの仕組みとリスク!体験談(超高時給の投資)
産業用太陽光発電への投資!メリット/デメリット(不動産投資より手堅い)
穴場の高額バイトお勧め7つ!知らなきゃ損するよ(穴場のアルバイトをご紹介)
結婚チャンステスト!楽天オーネット体験談(結婚チャンステストやってみたよ)
貯金ができない人の強制貯金術(貯金できない理由は「お金の預け先」を間違っているから)
お勧め派遣会社!正社員になる賢い方法も(お勧めの派遣会社はココ!)
既卒やフリーターにお勧めな就職サイトはコレ(既卒やフリーター専用の正社員就職サイト)
歯が白くなるホワイトニング歯磨き粉の効果がすごい!(ホワイトニング歯磨き粉レビュー)
職種別!おすすめ転職サイトの紹介と説明(職種別!お勧め転職サイトはコレ!)
FXの始め方!基礎とポイントをわかりやすく解説(為替で儲けよう!投資は大人の趣味)
株式投資の始め方!株は楽しいよ(株で儲けよう!投資は大人の趣味)





★ 生活費の節約術とお金を増やす方法(月5万円/年60万円の自由なお金を作る方法)

★ 見た目年齢の若い元気な人になる方法(実年齢より見た目年齢が若い人がやっていること)

★ 恋愛/婚活!出会いの方法一覧(自分に合った出会いの方法を見つけよう)


仕事仙術

恋愛・婚活仙術

その他