ソーシャルレンディングのリスク!メリットやデメリットも



スポンサーリンク

ソーシャルレンディングのリスク!メリットやデメリットも

ソーシャルレンディングのリスク!メリットやデメリットも
クラウドファンディング投資型のリスクや危険性とは?


バス男「ソーシャルレンディングは高利回りだな〜。早速、投資しよう。」


バス子「ちょっとバス男さん。リスクやデメリットも把握してから投資すべきよ。」


バス男「それもそうだな。仙人様に【ソーシャルレンディングのリスク】を聞きに行ってみるか。」


バス子「仙人の【ソーシャルレンディングのメリットやデメリット】か〜。」







〜ソーシャルファンディング投資型のリスクとは?〜

1.ソーシャルレンディングのメリットやデメリット

@ソーシャルレンディングとは?

■お金を借りたい中小企業や個人と{お金を高利回りで貸したい個人}とを結びつけるインターネットサービスである{ソーシャルファンディング}。

今回の記事では、ソーシャルレンディングのメリットやデメリット、そしてリスクについて見てみたいと思います。

ソーシャルファンディングのメリットとデメリット、リスクに関して、まずは預金と比べることで見てみましょう。

※ソーシャルファンディングが出現するまで、お金の貸付先は基本的に「銀行」と「保険」と「証券会社」しかなかった。
ちなみに、私たちは銀行にお金を預けている・・

というより、銀行に「預金」という名目でお金を貸し付けている。


だから銀行は、私たちに利息を支払うことになっている。

この話について詳細はローンを組むな!?(世の中の成り立ち)や、銀行の収入源(銀行のやっていることにて。


@流動性
→銀行にお金を貸し付ける「預金」ですが「いつでも、お金を返してもらえる」というメリットがありますよね。

ATMで操作すれば24時間、いつでも、銀行から、貸していたお金を返してもらえます。

一方、ソーシャルファンディングでは、3か月とか半年とか1年などの{貸し付ける期限}が決められており、その期限内は、貸したお金(投資したお金)を返してもらえないことになります。
期限が終われば、貸したお金が戻ってくるわけですね。
戻ってくるまでの間、毎月、利息(配当)を受け取れます。

「いつでも、お金を返してもらえるわけではない」はデメリットですが、他の債権投資などに比べると、お金が拘束される期間が3か月とか半年などと短いメリットがあります。
日本国債/外国債券の金利・利回りの秘密(債券投資は金貸し?)

A元本の保証
→銀行に貸し付けているお金(預金)の場合は、1000万円まで元本が保証されますね。
つまり1000万円までは、銀行に貸していたお金を、確実に返してもらえるわけです。

一方、ソーシャルファンディングの場合は、元本が保証されていません。
そのため、貸付先の企業が倒産したりすると、元本割れするリスクもあります。

例えば、ソーシャルファンディングで10万円投資したけれど、貸付先の企業が倒産してしまい、倒産した企業がもっていた不動産などの担保を売っても、元本割れしてしまい、5万円しか、戻ってこなかった・・10万円を投資して、利息をもらって10万5000円にしようと思っていたのに、5万円になってしまった、、、

そういう可能性も、あるのがソーシャルファンディングなわけですね。

でも、そういった最悪の事態となる可能性は、確率的には1%もないのでは?という低い確率のようです。

今後、よりリスクの高い案件(その代わり利回りが高い)などにも投資できるようになってくれば別ですが、現状では、元本割れの可能性は非常に低い現実があるようです。

B利率
→ここまででは、預金の方がメリットが多く、ソーシャルファンディングにはデメリットの方が多いですよね。

でも、預金と比べた際のソーシャルレンディングの唯一最大のメリットは「利率が高い!利回りが高い」なのです。

利回り10%の投資案件などもあります。
これは100万円を1年間、貸していたら、1年間で10万円のお金(配当、利子)を得られるわけです。

何も労働せずに、ただ、お金を貸していただけ・・ネットでポチっと操作しただけ・・それでいて、100万円が1年間で110万円に増えたわけです。
もし投資額が1000万円なら、1年間で100万円です。

アルバイトで100万円を稼ぐのって、超大変ですよね。
それを思うと、いかに利回りが高いか、わかりそうですね。

ソーシャルレンディングのメリットは、とにかく利率・利回りが高いことだよ。

では次に、保険と比べてみましょう。


@流動性

→終身タイプの積立て生命保険では、途中解約も出来るのですが、途中で解約すると、大幅に元本割れしてしまい、それまで毎月、払ってきたお金の半額くらいしか、戻ってこなかったりしますよね。
※保険会社や保険の種類にもよるが。

そのため現実的には、1度、終身の積立てタイプの生命保険に加入すると、30年くらいはかけ金を払い続ける必要があり、現金が欲しい時に現金化できません。

流動性が、とっても低いのが終身の積立てタイプの生命保険なんですね。
※保険会社や保険の種類によっては、今まで積み立ててきた金額に近いお金を、そこそこの低利率で借りることもできるが。

一方、ソーシャルファンディングでは、お金の拘束期間はあるものの、3か月とか6ヵ月とか1年、3年など、期間が短いです。

期間が短いため「これから1年間は、大きな出費はないから、預金の50万円をソーシャルファンディングに投資してもいいな。」などと計算しやすいですよね。

流動性が高いのもソーシャルファンディングのメリットと言えそうです。

A元本の保証
→生命保険では、生命保険会社の業績が著しく悪化したり、潰れると、元本が保証されない可能性も0ではないでしょう。

一方で、ソーシャルファンディングでは、お金の貸付先が倒産すると、元本が割れてしまう可能性もあります。

ただ、土地などの不動産を担保にしている案件なども多いため、投資資金の10万円が0円になってしまう可能性などは低そうですね。

B利率
→終身の積立てタイプの生命保険では、30年後に「子供も大きくなったし、死んだ時の保証金は必要なくなった。」ということで解約したら、それまで払ってきた{総額}以上のお金を受け取れる場合がありますよね。

でも、ソーシャルファンディングの利回りは、その比ではありません。

現行の数ある投資の中でも、トップクラスに利回りが高いのがソーシャルファンディングです。

Cその他
→生命保険では、死んだ時に、プラン次第ですが{まとまったお金}を遺族に残せるメリットがあります。

ソーシャルファンディングには、そういったメリットはありませんね。

では次に、株式投資と比べてみましょう。

@流動性
→株式投資では、土日や祝日は出来ませんが平日なら株を売って、現金に戻すことができます。流動性は高いですね。

クラウドファンディングでは、数カ月から数年間、お金を拘束されてしまいます。

A元本の保証
→投資先の企業が倒産すると、元本割れするリスクがあるのは、株式投資もソーシャルファンディングも同じですね。

ただ、株式投資の場合は、日々、株価が変動します。
そのため配当利回りの高い株を買って、多くの配当金を得ても、株価下落によって、それ以上の損失を出してしまうリスクもあります。

例えば配当利回り5%の企業の株・・1株100万円を購入した場合。
1年間のうちに配当金5万円を手に出来ます。

でも、1年間の間に、株価が100万円から20万円まで値下がりした場合、売買差益で80万円も損することになります。

配当金で5万円を貰っても、売買差益で80万円損したら、大損ですよね。
そういったことが、当たり前に起きるのが株式投資と言えそうです。

もちろん、1株100万円が1年間で180万円になって、配当金5万円にプラスし、売買益で80万円儲かって、合計で85万円もプラスになることもあります。

一方、ソーシャルファンディングでは、株価変動のリスクはないため、お金の貸付先企業が倒産したりしない限り、投資したお金と、利子は、ちゃんと自分の元に戻ってくることになります。

特に株価が高い水準にある時は、株価が下がるリスクも高いため、そのような時は配当金狙いでは株に投資しにくいですよね。
そういう株高局面の、お金の運用時に、ソーシャルファンディングは重宝されそうですね。

ソーシャルレンディングのメリット→株価が高い時でも、株価変動を気にせずに高利回りで、お金を運用できること。

B利率

→配当金の高い株式でも、5%程度ですよね。
株高局面では、配当利回りは下がることになり、2%程度の株が増えるようです。

一方、ソーシャルファンディングでは、株高局面に関係なく、利回り7%とか10%とかの投資案件があるようです。
利回りが高い点は、ソーシャルファンディングの魅力の1つですね。

では最後に、賃貸アパートやマンションなどの不動産投資や、産業用太陽光発電との比較について、少し触れてみます。

不動産投資や太陽光発電投資の、表面利回りではなく実質的な利回りは、5%〜10%程度となるケースが多いようです。

不動産投資も太陽光発電も、取得までが大変だし、取得してからも管理に労力がとられます。
管理を外注していても、何かしら、でてきますよね。

また、出口戦略も考えておく必要があります。
産業用太陽光発電への投資!メリット/デメリット(不動産投資より手堅い?)

一方で、ソーシャルファンディングでは、最初にパソコンでポチっとクリックすれば、あとは何もせずに利回り5%〜10%を手に出来ます。
利回りは同程度なのに、楽だし、経営が簡単なのは圧倒的にソーシャルファンディングですね。

それでも、なぜ不動産投資や太陽光発電には、メリットがあるのか?というと・・銀行が貸してくれたお金で、投資することができるからです。

3000万円を5%でまわせたら、1年間で150万円の年収になります。
それはクラウドファンディングでも、不動産投資や太陽光発電でも、です。
でも、3000万円もの、お金を貯めるのは大変ですよね。

しかし不動産投資や太陽光発電では、その投資資金3000万円を、自分で貯めなくても、銀行が貸してくれるわけです。
ソーシャルファンディングへの投資には、銀行は、お金を貸してくれません。

この違いが、ソーシャルファンディングと不動産投資や太陽光発電投資との違いでしょうか。

ソーシャルレンディングのデメリットは「借りたお金で投資できないこと」だよ。
でも、借りたお金で投資できる株の信用取引やFX、不動産投資では、投資に失敗すると借金が出来てしまうデメリットもあるよ。

制度信用取引と一般信用取引の違い(信用取引のコツと説明)



Aソーシャルレンディングのリスク
■私たちは、どこかに、自分のお金を預けたり、貸したり、投資したりしていますよね。

タンス預金をしている人もいれば、銀行にお金を貸している(預金している)人もいるし、保険会社に、お金を貸し付けている(積立ての終身保険に入っている)人もいるし、株を買うことで上場会社にお金を貸している人もいれば、個人向け国債を買うことで、日本国にお金を貸している人もいます。

そんな中、ソーシャルファンディングの出現により、お金の貸付先の選択肢が増えました。
これは、劇的な話である!と個人的には思っています。
今まで、お金を貸したくても貸せなかった{高い利息でお金を借りてくれるのに、倒産する恐れは、ほぼない日本国内や海外の中小企業}にも、お金を貸せる・・出資できるようになったからです。
しかも、ネットでポチっと操作するだけで、あとは自動的に、利息収入(配当収入)が毎月入ってきて、期限内には、貸したお金(例えば30万円)が、そのまま(30万円のまま)戻ってきます。

個人的投資家には喜ばしいニュースだね。ソーシャルファンディングの出現は。
個人投資家になるには?方法(投資は金貸し業!)

さて、今回の記事も最後までありがとうございました。感謝しています。


〜追記〜
ソーシャルレンディングのメリットについて、実践で判明した【厳選】3つ!をクラウドファンティング投資型のメリット3つ!実践で判明(投資してわかったメリット)の記事にまとめました。

さて、ソーシャルレンディングのリスクの1つは、金融危機だと個人的には思っています。

2008年のリーマンショックのような金融危機が訪れたら、株価が暴落するのは当然のこととして、実体経済も世界的に悪化することでしょう。

すると企業の資金繰りは悪化し、ソーシャルレンディングでも遅延案件が増えるかもしれません。

最悪の場合、倒産する会社も出てきて、貸し倒れが発生するファンドも出てくるかもしれません。

ソーシャルレンディングのリスクは金融危機!
平常時は貸し倒れも遅延も、ほぼないが、金融危機が発生したら、どうなるかわからない。

そういった金融危機のリスクに対する対策としては「分散投資を徹底する」が重要となりそうですね。

分散投資については、

@ソーシャルレンディング分散投資のコツ!徹底解説するよ(分散投資の仕方)

Aソーシャルレンディングで損する投資方法と「損しない方法」はコレ(損失を出さない方法とは?)

Bソーシャルレンディングの案件/ファンドの選び方!わかりやすく解説(どれに投資すべき?)

の記事が詳しいです。

また、会社によって、取り扱っているファンド(案件)に特徴や偏りがあるため、複数の会社で、傾向の異なるファンドに投資を行っていた方が、リスクに強くなると考えます。

1つの会社で投資をしていると、その会社と繋がりの深い特定の会社ばかりに、お金を貸すことになりかねませんものね。

実践で判明した、使える会社については、

@ソーシャルレンディング利回り比較ランキング! 実践で判明【超厳選】トップ3(利回りが高い会社は?)

A実践で判明!おすすめのソーシャルレンディングの会社はココ(お勧め会社は?)

の記事が詳しいです。


〜追記2〜
ソーシャルレンディングのメリットの1つは、「不労所得なる」ですよね。

実際に投資してみると、よくわかりますが、ファンドを選んで「投資する」ボタンを押した後は、本当にやることがありません。

市場価格も市場での売買もないので、「株価チェック・為替チェック」みたいなことも存在しませんしね。

よって、仕事やプライベートが忙しい人にも、ソーシャルレンディングはおすすめですね。

関連記事には、

@不労所得生活を送る方法!お勧めはソーシャルレンディング(利息収入で生活するには?)

A資産運用の分散投資先にソーシャルレンディングがおすすめな理由3つ(分散投資先にする理由)

Bソーシャルレンディングで配当金生活はいくらから可能?本気の検証(いくらでリタイア可能?)

があります。


<writer 名無き仙人>





バス男「元本割れのリスクは恐いな〜。」


バス子「元本割れのリスクは、株やFXだと当たり前だけど、ソーシャルレンディングになると恐くなってしまうわね。」


仙人「関連記事としては、高利回り投資ソーシャルレンディング比較一覧!お勧めはココ(お勧めの会社はどこ?)もお勧めじゃよ。」


★ソーシャルレンディング投資★
クラウドファンディング投資型とは?仕組みと魅力を僕が解説します(始め方やコツも)
クラウドファンディング寄付型/購入型/投資型の違い!まとめ(クラウドファンティングとは?)
ソーシャルレンディングの今後!初心者が失敗する私の予想(投資詐欺被害への対策)
ソーシャルレンディングは怪しい?危険性や貸し倒れ率を詳しく(失敗しないコツ)
ソーシャルレンディングは超高時給の儲かる投資(ソーシャルレンディングの時給計算)
ソーシャルレンディングの市場規模が成長する理由3つ(今後の予想)


関連土地付き太陽光発電投資は中古物件がおすすめな理由3つ(中古物件のメリット)
株有料情報体験談(銘柄探しのコツ)
駐車場経営よりコインパーキング経営(コインパーキング経営の実情とは?)
FXの勝ち方「為替差益」と「金利収入」をわかりやすく解説(2種類のFXの勝ち方)
元本保証の資産運用!おすすめは生命保険の理由3つ(生命保険で資産運用するメリット3つ)
資産運用の入門本!初心者におすすめ3冊(資産運用の勉強本)
集中/分散投資のメリットとデメリット!株/fx/投資信託(集中投資と分散投資の違い)





お勧め超高利回りソーシャルレンディングの仕組みとリスク!体験談(超高時給の投資)
産業用太陽光発電への投資!メリット/デメリット(不動産投資より手堅い)
穴場の高額バイトお勧め7つ!知らなきゃ損するよ(穴場のアルバイトをご紹介)
結婚チャンステスト!楽天オーネット体験談(結婚チャンステストやってみたよ)
貯金ができない人の強制貯金術(貯金できない理由は「お金の預け先」を間違っているから)
お勧め派遣会社!正社員になる賢い方法も(お勧めの派遣会社はココ!)
既卒やフリーターにお勧めな就職サイトはコレ(既卒やフリーター専用の正社員就職サイト)
歯が白くなるホワイトニング歯磨き粉の効果がすごい!(ホワイトニング歯磨き粉レビュー)
職種別!おすすめ転職サイトの紹介と説明(職種別!お勧め転職サイトはコレ!)
FXの始め方!基礎とポイントをわかりやすく解説(為替で儲けよう!投資は大人の趣味)
株式投資の始め方!株は楽しいよ(株で儲けよう!投資は大人の趣味)





★ 生活費の節約術とお金を増やす方法(月5万円/年60万円の自由なお金を作る方法)

★ 見た目年齢の若い元気な人になる方法(実年齢より見た目年齢が若い人がやっていること)

★ 恋愛/婚活!出会いの方法一覧(自分に合った出会いの方法を見つけよう)


仕事仙術

恋愛・婚活仙術

その他