ブログ文章の書き方  


スポンサーリンク




スポンサーリンク

ブログ文章の書き方

■上手なブログ文章の書き方とは?方法。ブログやホームページHPの文章力のコツ。おもしろい文章を書くにはwebページ

ブログ文章の書き方
文章とスピーチは似ている。



バス子「バス男さん、いいかげん起きたら?・・ねぇ、バス男さん?」


バス男(むにゃむにゃ・・)あっ、バス子ちゃん。おはよ〜。」


バス子「もう。今日は頑張ってブログを書く日なんでしょ?」


バス男「はっ!そうだった・・。だけど、ブログの文章を書くのって難しくて進まないんだ。僕は【ブログ文章の書き方のコツ】を知りたいよ・・。」


バス子「だったら仙人に【ブログ文章の書き方のコツ】でも聞いてみれば?」


「仙人様の【ブログ文章の書き方のコツ】かぁ。どんな話なんだろう?・・・・」







〜文章を書くのが苦手〜

1.ブログ文章の書き方のコツ
@読まれるブログ文章とは?

■今回の記事では、【多くの人に読んでもらえるブログ文章の書き方のコツ】を見ていきましょう。

人によって、文章の書き方も異なるため、1個人の意見として、気楽に聞いて頂ければ嬉しく思います。


さて、サイト訪問者の方に読んでもらえるブログ文章の書き方の前に、まずは【皆に読んでもらえる文章について】を見ていきたいと思います。
具体的な書き方は、その後に見ていきましょう。

皆に読んでもらえる文章〜8のコツ〜

@キーワード
Awebサイトの見た目

Bフォント・行間・色使い
C文章量
Dオリジナリティー
E個人的な経験談
F説得力とわかりやすさ
G笑い
Gブランディング



まず最初に@キーワード
ブログ記事のタイトルや記事内に
検索回数の多いワードを入れない限り、検索エンジンから訪問者が来ませんから、どんなに良い文章を書いていようと、そもそも文章を読んでもらえないことになりそうです。

良い文章を書いていれば、他のブログやホームページ、ツイッターやSNS等から「あのブログは良かったよ。」とリンクを貼られ、リンク経由でアクセスが増えるイメージもありますが、それもやはり、自分の書いた記事が多くの方の目に触れることで徐徐に起きてくる現象であるため、検索エンジンからのアクセス数は大事なのです。

これはアクセス数アップに関係することですよね。詳しくはアクセス数アップupの方法で。


次に Awebサイトの見た目です。
ブログの外観やwebサイトの見た目が古すぎたり質素すぎると、多くのサイト訪問者は「このサイトは駄目サイトだ。」と文章を読む前に左上の戻るボタンを押す傾向にあるようです。
ですので文章の内容以前に、サイトの見た目も大切なようです。

といっても、そこそこの見た目ならば問題なさそうです。様々な見た目のブログやサイトを運営していますが、ぱっとみが常識範囲ならば直帰率には差がでない傾向にあるようです。→名無き仙人の運営サイト


次にBフォント・行間・色使いです。
これまた、直接文章の内容には関係ないことですが・・大切なことです。

フォントが小さかったりフォントが変だったら読んでもらいにくいようです。経験上、直帰率が上がります。

フォントはお硬い難しい感じのフォントより、温かみのあるフォントがお勧めです。

また行間をあけることで読みやすさが増します。これはメール文章でも同様ですね。

そして
大事な部分は赤文字にするなど、色使いを工夫することも大切かもしれません。

これらは「表現力に関すること」とも言えそうです。webサイトやブログは、基本的には文字のみで相手に情報を伝えなければなりませんから、文字使いを最大限工夫することも重要なのかもしれません。


次に
C文章量です。
文章量は短すぎると読み手側は消化不良になり、長すぎると飽きてしまう場合もあるようです。

「どの程度が理想か?」というのは、文章を書くジャンルにもよりますが、現在の私は、当HP程度の文章量にしています。

他のサイトの記事より少し文章量は多いようですが、文章が多くなることで、説得力やわかりやすさが増すならば、文章量は多くなっても構わないと感じます。


次にDオリジナリティーです。
8つのコツのうちD・E・F・Gは、サイト訪問者の
リピートも意識してのことです。

ブログやwebサイトにオリジナリティーがないと、どんなに正論や素晴らしい文章を書いていても、検索エンジンから訪れたサイト訪問者は興味のある記事だけ読んで、「良い情報を得られた。ラッキー!」と思っただけで、その後は2度と、自分のサイトを訪れてはくれない場合もあるようです。

良い情報を発信しているサイトなら、自分のサイト以外にも、web上には、たくさんあるからです。

個性的なサイトでないと、サイトや文章にオリジナリティーがないと、訪問者の印象に残らず、リピート訪問が起きないのかもしれません。

また、個性的でオリジナリティーの濃い文章を書くことは、文章をコピーされる盗作の防止にも繋がるようです。

そして情報のオリジナリティーも重要かもしれません。
例えば、他のサイトやブログを読んでも、こんな情報を書いているサイトはない!というサイトやブログ・・・オリジナルな情報を発信するサイトやブログを運営することは、リピートに繋がるようです。


次にE個人的な経験談です。
通常の個人ブログには、パターンが2通りあるようです。

1つは、自分の気持ちや感情、自分の日常などを、書くパターンです。いわゆる自己満足の日記のようなブログですね。
このような自己満足の日記のようなブログは、有名な芸能人以外である私達一般人が書いても、誰も読んでくれない傾向にあるようです。

そしてもう1つは客観的事実だけを羅列・箇条書きするパターンです。
客観的事実を羅列したり、それをまとめて過剰書きしたりすることは、誰にでも出来ることかもしれません。

むしろ、そういったことは個人でやるより会社等組織でやった方が、質の高い情報・文章を提供できるでしょう。
そのため、客観的情報をまとめたり過剰書きするようなブログやwebサイトで成功しているのは、個人ではなく会社ぐるみでブログやサイトを運営しているところのようです。

客観的事実だけを羅列・箇条書きするパターンでブログやサイトを運営しても、個人では、組織や会社に太刀打ち出来ないのかもしれません。


そこで重要になるのが
個人的な経験談とも言えそうです。

個人が運営するサイトやブログを訪れる人が期待しているのは「あなた個人の事例や体験談は、どうだったの?」「あなたの意見は?」という部分であることも多いようです。
それに、個人的な経験談はすべて、当ブログでしか手に入らないオリジナルな情報になりますしね。
客観的事実なら、個人ブログを読まずに大手のwebサイトを見ることでしょう。

また、客観的事実以外に「私個人の意見」も記載しています。意見に関しては、押し付けがましくない程度に、ほどほどが良いかもしれませんが・・。


次にF説得力とわかりやすさです。
文章に説得力やわかりやすさを出すには、文章を書く自分自身が、文章を書くジャンルやテーマに関して、よく理解しておく必要があるようです。

自分でもあまり理解できていないことを文章化し、相手に文字のみでわかりやすく情報を伝えることは、難しいからです。

ですからまずは、自分自身が文章を書くジャンルやテーマに関して、よく理解しておくことが重要になりそうです。

そしてどうしても文章のみで情報を伝えることが難しい場合は、イラストをもちいることも効果的です。

私の描くようなハイクオリティーな絵を目指す必要は、ないと思うのです。
伝わることが大事なのですから、下手でも良いので、イラストの方が読み手に伝わる場合は、絵を描くのも良さそうです。


次に
G笑いです。
ブログのテーマにもよりますが、文章にはユーモアーや笑いがある方が、読み手は読んでいて飽きませんしリピートが起きやすい傾向にあるようです。

無理して頑張ってまで笑いを文章に入れ込む必要は、なさそうですが、笑いを入れることの出来る場面に遭遇したら、文章内に笑いも入れると良いかもしれません。

ちなみに・・笑いを勉強するには漫画が参考になるようです。
私はたまに漫画喫茶に行き、笑いの多い漫画を読むことで笑いについて勉強しています。
笑いのツボは人それぞれですが・・個人的なお勧めはピューと吹く!ジャガー1 「ふえとポエムと、時々、オトン」 [DVD]


最後にGブランディングです。
結局、ブラックバスや仙人にこだわるのも、オリジナリティーを出すのも個人的な経験談を書くのも、イラストを使用するのも、文章内に笑い入れるのも、私にとってはすべて
パーソナルブランディングでもあるのです。

【名無き仙人】をブランディングしているわけです。
【名無き仙人】をブランディングすることで、サイト訪問者のリピートに繋がります。

地道にブランディングを行ってきた結果、今では

「名無き仙人」
「名も無き仙人」
「ななし仙人」
「バラックバス 仙人」
「バス男 仙人」

などの月間検索数は、案外多いのです。まあ、きとんと覚えられていない現状がありますが 笑

つまりブランディングというのは検索数の多いキーワードを、ゼロから自分で作り出す行為でもあるわけです。これならライバルがいませんから、そのワードで必ず検索結果の表示順位で1位になれます。


そして、文章でも発言でも同様なのですが・・

大事なのは「なんと書いてあるか?」ではなく「誰が書いたのか?」なんですよね。

文章の中身よりも、「書いた人は誰か?」の方が重要なのです。

例えば愛の告白にしても、告白された時に重要なのは、告白の言葉よりも「誰に告白されたか?」でしょう?

それと同じなのです。

文章の中身 < 誰が書いた文章か?

だからこそ、ブランディングは重要なのです。
ブランディングを行うことで「誰が書いた文章か?」の部分に強みが出てくるようになるからです。

以上が、 【皆に読んでもらえる文章〜8のコツ〜】になります。



Aブログ文章の書き方のコツ
■では次に、ブログ文章の書き方のコツです。
※ちなみに・・文章を書く際にはブラインドタッチは出来た方が良さそうです。ブランドタッチはゲームをしながら覚えましょう。
→【ブラインドタッチ ゲーム 無料】で検索


ブログ文章を書く際には2つの方法がありまして・・・。

〜ブログ文章の書き方〜
A論理的にまとめて書く文章

B気持ちで書く文章


の2つの方法があるのです。


まず最初にA論理的にまとめて書く文章です。
この方法は簡単。

文章を書く前の段階で、サイト訪問者である読み手に伝えたい重要事項だけを簡潔に箇条書きします。

例えば今回の記事でしたら、以下のように、まず最初に、記事を書く前の段階で重要事項だけを箇条書きしました。


@個人的な経験談が含まれる
(客観的正論は大手企業が組織ぐるみで書く)

A文章量(長すぎず短すぎない)

B読みやすい(フォント・行間・色使い)

Bオリジナリティーがある(他のサイトでは手に入らない情報)

C書いていることに説得力があり、わかりやすい
(理由・根拠。


〜書き方〜
A論理的にまとめて書く文章

B気持ちで書く文章

紙の写メ
→2日前からこの写メのように構成を練り始める

↑これ自体を論理的な骨組みとしてそのまま紹介する

※骨組みまで書いてから、1度席を立ち休憩する。そこで勝手に潜在意が構成を考える



以上のようにです。

文章を書く前に、このように重要事項だけを箇条書きしておいて、あとはその重要事項を文章で繋いでいくのです。今回の記事は、そのようにして書いています。

簡単でしょ?・・簡単じゃない?まあ、慣れれば簡単になることでしょう。

このように、あらかじめ重要事項を箇条書きしてから文章を綴り始めれば、文章の焦点がブレずに、論理的な文章を書くことができるようです。


そしてもう1つの方法がB気持ちで書く文章です。
例えば「生まれてきた方が良かったかどうか?」なんてことは、メリットとデメリットを論理的に説明しても、読み手は「は?だからなに?」となるだけです。

こういったテーマの記事は、論理的に説明するより感情に訴えることに重きをおいて書いた方が、読み手の心に響くようです。

ブログ文章を論理的に書こうとすると、どうしても文章に
勢いが出てきません。

それはスピーチの際に、手元の原稿を読みながらスピーチしても、言葉に魂がこもらず、人の心を動かし感動を与えるようなスピーチが出来ないのと同じかもしれません。

人の心を動かすような感動を与えるスピーチは、手元の原稿なんて読まずに、そのときの気持ちをありのまま、言霊に込めて話すことに限ります。

それと同じで、文章で人の心を動かすには、最初に重要事項だけを箇条書きして、その重要事項を文章で繋いでいくのではなく、そんな小細工せずに、ありのままの感情や気持ちを文章に綴っていくことが大事なのです。
言い換えると、ありのままの感情や気持ちを、書き殴っていくことが大事なのです。
そうすることで、文章に勢いが出るようです。


そして、この
B気持ちで書く文章を書く際のコツですが・・
「次はあれを書いて、最終的にはこのような結論にもっていって・・」などの計算高い思考を抜きに、気持ちで書いていくのに・・・それでもある程度は論理的な文章に仕上げていくには、潜在意識レベルで文章の構成をある程度は考えておく必要がありそうです。

そして潜在意識レベルで文章の構成を作り上げておくには、事前に、記事を書くテーマについて、潜在意識にテーマを与えておく必要があるようです。

ですから私の場合でしたら、2日前ほどから、2日後に書くテーマに関して、1度いろいろと考えてみます。

正確に言うと・・・私の場合はインスピレーションが湧いてきて、「おっ。インスピレーションが湧いてきた。メモを取らねば。」と湧き上がったインスピレーションをメモに取ってから、2日間ほど期間をあけて、それから記事を書き始めることが多いです。

期間あけることで、文章の構成まで、潜在意識が練ることが出来るからです。
この辺の感覚は経験したことがないと理解しにくいかもしれませんね・・。


こうして文章の構成まで潜在意識が把握した状態で、あとは私は‘気持ち’で文章を黙々と書いていくのです。


とまあ、ここまでがブログ文章の書き方のコツです。

そして後は、1度web上に記事をアップロードし、読んでみることで、誤字脱字も含め1回目の訂正を行います。

その後、半年〜1年程度たったら、再度読み直し2回目の訂正を行うのも良いかもしれません。

〜ブログ文章の書き方のコツ〜
<writer 名無き仙人>


★よく読まれている記事★
【人気】高利回りソーシャルレンディング投資とは?仕組みを解説(超高時給の投資!私が投資する理由)

【人気】「初心者向け」少額から始める資産運用のやり方【おすすめ運用先】儲かるよ(儲かる資産運用の始め方)






バス男「ブログ文章の書き方のコツは・・・えぇ〜と・・。」


バス子「いっぱいありすぎて覚えきれないわねぇ。」


仙人「ワシもいちいち、覚えてやっていることではないのじゃよ。これらは、無意識のうちに自分がやっておることを自己分析し、記事にしただけじゃからのぅ。取り組みながら、1つづつ、体で覚えていくのが良さそうじゃのぉ。」


関連パソコンでお金を稼ぐ方法
上手で賢い貯蓄方法(以前の記事からわかること)




お勧めビットコインとは【わかりやすく図解で仕組みを】初心者向け簡単に(人気の理由)
産業用太陽光発電への投資!メリット/デメリット(不動産投資より手堅い)
FXの始め方!基礎とポイントをわかりやすく解説(為替で儲けよう!投資は大人の趣味)
高利回りソーシャルレンディング比較一覧!お勧めはココ(お勧めの会社はどこ?)
簡単!仮想通貨の始め方【初心者におすすめコインも】(仮想通貨の買い方)





★ 生活費の節約術とお金を増やす方法(月5万円/年60万円の自由なお金を作る方法)

★ 見た目年齢の若い元気な人になる方法(実年齢より見た目年齢が若い人がやっていること)

★ 恋愛/婚活!出会いの方法一覧(自分に合った出会いの方法を見つけよう)


仕事仙術

恋愛・婚活仙術

その他