子供へのお金教育の仕方!経済的に自立させるコツ



スポンサーリンク

子供へのお金教育の仕方

子供へのお金教育の仕方/方法
子供が幸せになるお金教育の方法とは?


バス男「は〜ぁ。親が金持ちだったら、僕は今頃・・」


バス子「まぁまぁ。親が金持ちではなく貧乏なメリットも、あるんだから。」


バス男「え?それはどういうこと?」


バス子「それがね、仙人が【子供へのお金教育の仕方】で言ってたんだけど・・」







〜子供が幸せな大人に育つには?〜

1.子供へのお金教育の仕方・コツ

@子供とお金
■子供に対して、‘お金’について教えていく際、どのような点に気をつけるべきなのでしょうか?

生まれ育つ家庭環境の影響は大きいため、子供が幸せな大人に育っていけるよう【お金の教育】も、しっかりと行いたいものですよね。

では、子供に対する【お金の教育】で「気をつけるべき点」を見てみましょう。

すると、子供へのお金教育の仕方や、子供を経済的に自立させるコツもわかってくるようです。


A気をつけるべき点 〜子供へのお金教育の仕方〜
■子供に対する【お金の教育】で「気をつけるべき点」は、以下の4点のようです。

@お金を与える
→可愛い子供が「お金に苦労することがないように!」と、親はついつい、子供に現金を与えてしまう場合もあります。

小学生・中学生・高校生・大学生でも、毎月、親からお小遣いを貰っている子供もいます。

お金というのは「世の中への貢献(労働)」の対価であるのに、親が無償で子供に現金を渡していくと、子供は無意識のうちに「お金はタダで楽して手に入るもの」と勘違いし始める場合もあるでしょう。

そのように、親から無償で現金を貰いながら育った子供が社会に出ますと、仕事の対価として給料を貰ったさいに、「あれだけ仕事を頑張って、たったコレだけの給料!?」と不満をもつことになる場合も、あるのかもしれません。

親ATMからはタダで現金が出てきていただけに、働いてお金を稼ぐために{奉仕/我慢/忍耐/努力}を行うのが、バカらしくなってしまうのです。

たとえば、親から毎月15万円の仕送りをしてもらっていた大学生A君。
大学時代は、親ATMから毎月15万円が自動的に自分の銀行口座に振り込まれていたわけです。1秒たりとも労働せずに、楽して、現金15万円を手に入れていたわけですね。

それが社会人になりますと、1日8時間、月に22日間働きまして、やっとこさ毎月20万円の給料です。手取りは10万円代です。

A君は当然、このように考えます。
「働くより、親から金を貰っていた方が楽だし、賢い金の得方だよな。親からお金を引っ張り出すには、どうすれば良いだろう?」

そしてA君は、親からお金を引っ張り出そうと、親に車を購入したい旨を伝えます。可愛い子供であるA君が「利息のある借金を抱えないように!」と、親はついつい、A君に車購入資金の100万円を無利子で貸しました。

A君は、親から借りた100万円で車を購入しました。そして、このように思いました。
「親への借金なんて踏み倒せば良いだけだから、タダで100万円貰ったようなものだよな。俺が頑張って1年間働いても年収300万円なのに、親にねだれば、ポンと4か月分の給料である100万円が出てくる。俺、なんで安月給で我慢して毎日働いているんだろう?働くのがバカらしいな・・。」

そんなA君は「安月給で我慢して毎日働くのはバカらしい」と感じながら、でも世間体や将来のために一応は働きながら、親が死んだ後の遺産をアテにしながら期待しながら、毎日仕事のストレスにイライラしながら生きています。


親としては、ついつい可愛い子供のために、自分が稼いだお金をあげてしまうことがあります。しかし、お金を子供に与えることは、子供のためになるのでしょうか?

麻薬を欲している麻薬患者に麻薬を与えれば、麻薬患者は喜びます。しかし、その援助は1時的な喜びを麻薬患者に与えるだけで、麻薬に対する依存度を高めることとなり、長期的には麻薬患者を苦しめます。

お金を欲している子供に現金を与えれば、子供は喜びます。しかし、その援助は1時的な喜びを子供に与えるだけで、親からの援助や、お金そのものに対する依存度を高めることとなり、長期的には子供を苦しめることになるのかもしれません。

子供へのお金教育では「現金を安易に渡さない」が重要となる。
楽して手に入るお金は、子供にとって麻薬である。


食料に困っている人に、魚を与えれば、困っている人は助かります。しかし、その援助は1時的な効果しかありません。
食料に困っている人には、魚を与えるのではなく「魚の取り方」「魚を取る喜び」を教える必要があるのかもしれません。その方が、長期的には食料に困っている人を幸せに導いていくことでしょう。

お金を欲している子供には、現金を与えるのではなく「お金の稼ぎ方」「働く喜び」を教える必要があるのかもしれません。その方が、長期的には子供は幸せになっていきやすいでしょう。

お金を渡すのではなく、「お金の稼ぎ方」や「働く喜び」を教えよう。

「世の中への貢献(労働)」の対価がお金であるのに、親が無償でお金を子供に与えていけば、子供は「働くのはバカらしいな。」と労働意欲を阻害されてしまうことになるようです。

生活保護は、無償で現金を貰えるため、1度生活保護を貰い始めると、労働意欲を阻害されることになり、受給者はその後、仕事に就くことが減ってしまうそうです。

発展途上国のアフリカには、多額の金銭的援助が世界各国から送られています。
しかし書籍/アフリカ 苦悩する大陸にあるとおり、援助として無償でお金ばかり貰っていると、援助金への依存度がどんどん高まり、労働意欲を阻害され、真面目に働き発展を望むことがバカらしくなってしまうのかもしれません。

真面目に働き、コツコツと発展を成し遂げていくよりも、援助金を待っているほうが楽で、目先は潤うからです。


待っているだけで、親からお金が与えられる状態になると、子供は労働意欲を失い、真面目に働きコツコツと経済的に自立していくことがバカらしく思えてくる場合もあるようです。

そのため、働くこと自体にストレスを強く感じるようになり、子供が毎日の仕事によって苦しむことになるかもしれません。及び子供は、経済的に自立する機会を親から奪われることになり、いつまでも自立していない自分自身に、心の深い部分では自信をもつことが出来ずにいることになってしまう場合もあるようです。

子供へのお金教育のコツ・基本は、安易に現金をあげないこと。


A高い生活水準が当たり前
→終身雇用に守られた親が、ある程度お金もちの場合、将来の経済的不安は少ないため、給料で得られるお金にて、高い生活水準を楽しみます。

ローンを組んで立派な家に住み、高級車に乗り、年に1〜2度は家族で海外旅行に行きます。毎日の食事も豪華で、服だって高価な服を着ます。

そんな高い生活水準で育つ子供達は、そのような高い生活水準を「当たり前」だと思い込み始めます。

そして子供を私立の学校に通わせ、留学にだって行かせます。
留学中、親の金にて海外でリッチな生活を楽しむ子供は、そのようなリッチな生活を「当たり前」だと思い込み始めます。

そして子供が社会に出てみますと・・親の時代とは違い、もう終身雇用は崩れ始めており、昇給の保証もなく、増税によって手取り収入は少ない現実が待っています。
親の時代のように、ローンを組むことで立派な家や車を買い、生活水準を上げることも難しい。いつ、リストラに合うか?倒産するか?が、わからないため長期の多額ローンは組みにくいのです。
関連ローンを組むな!

で、なにより、子供が親並の給与の職に就けなかった場合、子供は苦しむことになるでしょう。
親並の給与の職に就けなかった子供は、社会人になって働いてみると、今まで「当たり前」だと思っていたリッチな生活水準を維持していくことが、自分の給料では不可能である現実を知ることになります。

自分の給料では、海外旅行も不可能ですし、立派な家も高級車も不可能です。
自分の給料では、質素な生活をまわしていくことがやっとです。

リッチな生活水準を「当たり前」だと思い込み育った子供は、質素な生活をまわしていくことがやっとな現実に、「苦しい!辛い!幸せでない!」と嘆くことになるでしょう。

そんな子供を見た親は「可愛そうだ。」と、子供に金銭的援助を行います。社会人になっている子供に、お金を渡すわけです。

すると、前述した@お金を与えるにあるとおり、子供は労働意欲を阻害されることになり「こんな安い給料で働くのはバカらしい。親から金を引き出した方が効率が良いよ。でも世間体もあるし、働かないわけにはいかない。あ〜仕事が辛い。」と、子供が苦しむことになります。

また、親並の給与の職に就けなかった子供に対し、「可愛そうだから。」と金銭的援助を行っていくことで、子供の生活水準を高めていきますと

・・子供は、いつまでも親の金に依存して生活することになり、経済的に自立する機会を失い・・親が死んだり、退職したりで、親からの金銭的援助が途絶えると、30代・40代・50代になって、始めて「自分の収入に合った生活水準」を強いられるようになり、その年齢から現実を直視することになり、「苦しい!辛い!幸せでない!」と嘆くことになるようです。

親は「良かれ」と思って、子供にリッチな生活を送らせてきました。
しかし、それは子供のためになるのでしょうか?

特に、子供が親並の給与の職に就けなかった場合、子供は己の思い込み・・「リッチな生活水準で暮らすのが当たり前」と、現実・・「リッチな生活水準で暮らすだけの給料がない」の狭間で苦しむことになる場合もあるようです。

親まで生活水準を下げなさいというわけではありませんが、子供には、生活水準を下げなさいの教えも必要となるでしょうか。

節約できるかどうか?は美学の問題である。
節約は素晴らしい!という美学を子供に教えること。


お金を使う楽しさと、ともに、節約の美学も子供に教えてあげたいものですよね。

節約の美学については、生活水準を下げなさいの記事が詳しいです。


Bお金で子供をコントロールする
→「勉強を頑張ったら、お小遣いをあげよう!」と、親は子供を、お金によってコントロールしようとする場合があります。

子供が社会人になってからも「老後の面倒を見てくれるなら、二世帯住宅を建てる費用の大半を、出してあげよう!」と、親は子供を、お金によってコントロールしようとする場合があります。

親がお金によって、子供をコントロールしようとすればするほど、子供は親のお金に対する依存度を高め、自立する機会を失っていくことになります。

子供を経済的に自立させるには、親の金に依存させないよう注意するのが1番だよ。

そして親子が、お金を元に、互いに利用しあう関係となり、子供は親のことを愛するのではなく、親のことを「金銭的に利用価値があるかどうか?」でジャッジ/判断するようになる場合もあるようです。

そのようになれば、遺産の相続を受けたいばかりに、子供は親が早く死ぬことばかりを願い始める場合もあるようです。親子愛ではなく、お金で繋がる親子は、そうなってしまうこともあるんですね。

お金は「パワー」であり「権力」でもあるから、お金で子供をコントロールできる側面もあるよ。
でも、お金で子供をコントロールすればするほど、親も子供も、不幸になっていくよ。


Cお金を卑しいものとして扱う
→「お金は卑しいもの」として、子供にお金の教育を行わず、子供からお金を引き離してばかりの親もいます。

しかし子供達は、いずれ大人になり、大人になればお金を扱うようになります。

お金に対する教育を受けなかった子供や、「お金は汚いもの」と教えられて育った子供達は、お金の教育を受けて育った子供達より、金銭面で苦労することになるのかもしれません。

お金には「感謝の形」という綺麗な側面もあります。
詳細はお金とは汚い?嫌い?お金の秘密(お金は感謝の具象化)にて。



B子供へのお金教育の仕方
■では、上記の点を踏まえた上で、子供へのお金の教育の仕方を考えてみます。

@環境が人を洗練させていく
→岩石も人間も、環境によって洗練されていきます。
「かわいい子には旅をさせよ」という諺のとおり、可愛い子だからこそ、あえて甘やかさないで世間に出した方が、長期的には子供の幸せのためになるのかもしれません。

教師時代、とある家庭の中3のお子さんが、家から離れた高校に進学し1人暮らしを行うことになりました。その家庭の方針だそうです。
当時、私は「子供が可愛そうだ。」と思ったものです。

しかし、今にして思えば、その家庭方針のお陰で子供は自立した大人となりやすく、長期的には子供の幸せに繋がるのかもしれません。

子離れ出来ない親は「子供を手放したくないから」と、子供が成人してもお金を子供に与え続けることで子供をコントロールし、手元に置こうとする場合もあるようです。

すると、自立する機会を奪われた子供は、いつまでも親のお金に依存した状態で生きていくことになります。そして親が年金暮らしとなったり、死んだ後、親からの金銭的援助が途絶えた子供は、いい歳して、始めて自立を迫られ困惑し、子供が苦しむことになります。


「子供に、リッチな生活水準が当たり前だと思い込ませない」ことにより、子供はどんな生活水準の中でも、幸せを見出して生きていきやすくなることでしょう。
己の‘幸せ’を、リッチな生活水準に依存することのない、どんな環境や状況でも幸せに生きていける{幸せ力}の高い人間となることでしょう。
関連生活水準を下げなさい

「お金を子供に与えない」ことにより、子供は労働意欲を阻害されることなく、自分で働きお金を稼ぎ、経済的に自立した大人になっていくことでしょう。そのことが、親の金に依存させるよりも、長期的には子供を幸せにしていくことでしょう。

自立に関しては、精神的に大人になるには環境を変えること(人は環境によって変わる)の記事が詳しいです。


Aお金と幸せを切り離す
→子供は親の背中を見て育ち、親から価値観を受け継ぎます。

親が「お金があったら幸せ。なければ不幸せだ。」「生活水準が高ければ幸せ。低ければ惨め。」という価値観で生きていますと、子供も「お金や生活水準が、人間の幸せを決定していくんだ。」と思い込むようになります。

そのような価値観になればなるほど、子供はお金の奴隷となり、お金ばかりを追いかけ、お金に振り回されながら人生を生きていくことになります。「幸せになるには、たくさんのお金と、リッチな生活水準が必要なんだ!」と信じ込んでいるからです。

一方、親がお金や生活水準に、己の幸せを過度に依存することなく、お金がたくさんあろうとなかろうと、生活水準が高かろうと低かろうと、いつも笑顔で楽しんで生きていれば、子供達は無意識的に「幸せになるには、お金や生活水準は関係がないんだな。幸せになるには、‘心のあり方’の方が大切なんだ。」と思うようになります。親が、生き証人なわけです。

すると子供は、お金の奴隷となることなく、お金以外にも大切なこと・・{愛・感謝正直・誠実・奉仕・他者の幸せ・家族の絆・友人との絆・仕事のやりがい}などを、大切にしながら生きていきやすくなることでしょう。そして、そのことは、長期的には子供の幸せへと繋がっていきやすいことでしょう。
関連→心の仙人/仙女修行


「幸せかどうか?」は、お金では決まりません。
生活水準でも決まりません。

底辺職の生活と人生の幸せ(幸せって、なんで決まるの?)にあるとおりですね。


Bお金の教育
自己責任の概念(幸福/幸せと不幸の原因)を、しっかりと子供に教えていけば、お金の教育を親がせずとも、子供は大人になるにつれ「親も学校も会社も政府も、誰も私の人生の責任をとってくれない。お金に関して学ばずに苦労することになっても、それは私の自己責任となる。」と考えるようになり、「お金に関して学ばずに苦労したくない!」と思えば、勝手に自分で学んでいくことでしょう。

教育が「受けるもの」であるのは義務教育期間である中学生までで、それ以降の教育は「自ら学ぶもの」ですから、親が無理やりお金について教えようとしても子供は学ばないこともあるでしょうし、親が教えずとも、学ぼう!と思った子供は勝手に学んでいくことでしょう。そのような意味では、親が細かいお金の教育を子供に行う機会は少ないのかもしれません。

もし教えるとしたら、以下のような事柄でしょうか?

@複利の力
→お金は複利で運用すると、大きく増えていきやすいですよね。
例えば、100万円を年率10%で運用した場合、30年後は単利運用ならば400万円ですが、 複利運用すれば約1700万円にもなります。複利運用は元本が雪だるま式に増えるていくんですね。

複利の力を利用するには、目先の欲を先送りしコツコツと節約に励み、時間を見方につけながら生きていく‘生き方’が必要となります。上記の例も、30年後の話ですから。

複利の力を活用するには、目先の「コレが買いたい!」「旅行に行きたい!」などの欲を先送りする欲のコントロール力が必要なんですね。

複利の力に関しては、20代30代の資産形成の方法は「種銭を増やすこと」(資産形成のコツ)の記事が詳しいです。

Aお金を自分のために働かせる(投資)
→普通は就職し「お金のために働く」をするわけですが、「お金を自分のために働かせる」という投資を覚えますと、お金の扱いにて選択肢が増えます。

若い頃からの「稼いだお金を、何に使うか?」の積み重ねで、将来の経済状況は決まっていく面もありますよね。

働いて稼いだお金を・・ある人は娯楽に費やし、ある人は貯金に費やし、ある人は投資に費やします。

「稼いだお金を、何に使うか?」は、人それぞれの価値観や生き方の問題であり、唯一正しい正解などはありません。

ただ、「お金を自分のために働かせる」という選択肢もあることを、子供に教えてあげることも、方法の1つなのかもしれません。

稼いだお金を貯金や投資に使う場合にも、やはり目先の娯楽を先送りする欲のコントロール力が必要となります。

投資に関する記事としては、投資の本当の意味や、投資(株・FX・不動産等)があります。

B借金
→「今すぐ欲を満たしたい!」と思えば、選択肢の1つに借金が現れます。お金を借りれば、今すぐお金が手に入り、今すぐ欲を満たすことも出来ますから。

しかし、その借金は、利息分も含めその後コツコツと返済していかねばなりませんよね。
安易な気持ちで借金をすれば、その後に苦労する可能性があることを、子供に教えてあげるのも、1つのお金教育となるのかもしれません。

借金に関しては、ローンを組むな!?(世の中の成り立ち)や、マンション投資で失敗?借金で破産する前に(投資/ビジネスで借金することの意味と本質)の記事があります。


C収入と支出のバランス
→個人でも会社でも国家でも、財政状況というのは、収入額で決まるのではなく、収入と支出のバランスによって決まります。

そのため、収入が多くても、収入以上に支出が多いハデな暮らしをしていれば、いずれ経済的な苦境に立たされることになりますし、収入は多くなくても、支出がさらに少なければ、経済的な問題を抱えることはないでしょう。

節約術も駆使しながら、収入の範囲内で幸せに暮らしていく術を教えてあげるのも、子供へのお金の教育の1つなのかもしれません。

関連記事としては、貧乏生活を楽しむ知恵(生活水準を下げて幸せに暮らそう)があります。


「とりあえず、今さえ良ければ良いんだ。金さえあればいいんだ。」と考える子供に育つと、その子供は破滅していくことになるでしょう。

破滅原理と繁栄原則(2つの原理原則)にあるとおり、長期的に繁栄する原則についても、子供に教えてあげたいものですね。



Cまとめ 〜子供へのお金教育の仕方〜
■親が何気なく子供に対して行う金銭的援助や、親が何気なく当たり前に行うお金の扱い方や生活水準が、親を見て育つ子供に多大な影響を及ぼす場合もあるのかもしれません。

子供は、過保護に育てれば育てるほど、精神的にも経済的にも自立する機会を失い、いつも親が責任をとってくれるため自己責任の概念(幸福/幸せと不幸の原因)が欠如することになり、ワガママ自分勝手な人間となり・・

しかし社会に出れば、精神的にも経済的にも自立せず、自己責任の概念が欠如していると子供本人が苦しむことになりやすく、過剰にワガママで自己中心的すぎますと周りから敬遠され、友人も出来ずに子供本人が苦しむことになります。

日本社会は豊かになってきており、少子化が進んでいます。
そのため過保護に育てられる子供も増えてきているのかもしれません。そして過保護に育てられれば育てられるほど、社会に出た後、子供本人が苦しむことになる場合もあるようです。

豊かな社会になったからこそ「かわいい子には旅をさせよ」という諺がもつ意味・・【我が子が可愛いなら、親の元に置いて甘やかすことをせず、世の中に出して自立させたほうがよい】が、より重要になってきているのかもしれません。

★参考文献★

→「書籍/となりの億万長者」では、アメリカの多くの億万長者を取材した結果、資産家は徹底した支出管理と投資で資産を蓄積していることを示し、誰も金持ちと思わないような大変慎ましい暮らしをしているとしています。

書籍の後半部分では「子供へのお金教育の仕方」「自立した子供に育てるには?」などに関して、興味深いデータや話が書かれています。

{親がもっているお金が、子供に与える影響}について・・{環境が人間を創り上げていく}ということについて、考えさせられる良書です。


〜追記〜
子供にお金の教育をするためには、まずは、親が「お金の勉強」をする必要もありますよね。

お金の勉強に関しては・・

@金持ち父さん貧乏父さんの内容要約は僕がします(書籍「金持ち父さん貧乏父さん」レビュー)

A資産運用の入門本!初心者におすすめ3冊(資産運用の勉強本)

Bお金の勉強本!お勧め3冊(コレを読んでおけば間違いなし!お金の本編)

の記事も人気です。


〜子供へのお金教育の仕方〜
<writer 名無き仙人>





バス男「僕もお金教育を受けて育ちたかったなぁ。」


バス子「親世代の方が、お金をもっている時代だものね。」


仙人「子供は親の背中を見て育つからのぉ。関連記事としては、子供の大学費用!4年間でいくら必要?賢い貯金方法は?(大学費用はいくら必要?)がおすすめじゃよ。」


関連家族愛の意味(カタルシス{浄化}を経験する)
お金を浪費する彼女/夫|貯める彼氏/妻(お金と人間関係のバランス)
ラブラブ夫婦と仮面夫婦の違い(信用・感謝・尊敬・絆)
愛を夫婦で育むコツ(2種類の愛)
月1〜2万円の副収入を手堅く投資で稼ぐ私の方法(副収入を稼ぐには?)
幸福/幸せと不幸の原因(幸不幸の原因は他人や環境?)
幸せになれる本(人生と{人格・人間性}の関係)
金運アップ/金運を上げる方法(物理学の法則)




お勧め超高利回りソーシャルレンディングの仕組みとリスク!体験談(超高時給の投資)
産業用太陽光発電への投資!メリット/デメリット(不動産投資より手堅い)
穴場の高額バイトお勧め7つ!知らなきゃ損するよ(穴場のアルバイトをご紹介)
結婚チャンステスト!楽天オーネット体験談(結婚チャンステストやってみたよ)
貯金ができない人の強制貯金術(貯金できない理由は「お金の預け先」を間違っているから)
お勧め派遣会社!正社員になる賢い方法も(お勧めの派遣会社はココ!)
既卒やフリーターにお勧めな就職サイトはコレ(既卒やフリーター専用の正社員就職サイト)
歯が白くなるホワイトニング歯磨き粉の効果がすごい!(ホワイトニング歯磨き粉レビュー)
職種別!おすすめ転職サイトの紹介と説明(職種別!お勧め転職サイトはコレ!)
FXの始め方!基礎とポイントをわかりやすく解説(為替で儲けよう!投資は大人の趣味)
株式投資の始め方!株は楽しいよ(株で儲けよう!投資は大人の趣味)





★ 生活費の節約術とお金を増やす方法(月5万円/年60万円の自由なお金を作る方法)

★ 見た目年齢の若い元気な人になる方法(実年齢より見た目年齢が若い人がやっていること)

★ 恋愛/婚活!出会いの方法一覧(自分に合った出会いの方法を見つけよう)


仕事仙術

恋愛・婚活仙術

その他