20代30代の資産形成の方法は「種銭を増やすこと」



スポンサーリンク

20代30代の資産形成の方法は「種銭を増やすこと」

20代30代の資産形成の方法は「種銭を増やすこと」
20代30代の若いうちは「運用資金」の額を増やすことに注力すること!


バス子「老後資金が心配だから、今の20〜30代のうちから資産形成を始めたいけど、どうすれば良いのかな?」


バス男「僕も資産運用を始めたいけど、運用するほどの資産(貯金)もないし・・。」


バス子「資産形成のやり方が、わからないわね。やっぱりマイホームは買った方がいいのかな?」


バス男「うーん。仙人様に【20代30代の資産形成の方法】を聞きにいってみる?」


バス子「仙人の【20代30代の資産運用のコツ】の話かぁ〜・・・・」







〜20代30代のサラリーマンの資産形成のコツ〜

1.資産運用・資産形成の始め方がわからない

@20代30代の男性/女性が資産運用を始めるメリット

■「老後資金が心配だから」「年金は、あてにならないから」などの理由より、20代や30代の若い男女でも、

老後の資産形成のために資産運用を始めている人も多いですよね。
年金崩壊後は年金もらえない?(生活保護も破綻したら!?)

例えば、将来、年金のように受け取れる仕組みとなっている積立タイプの生命保険に20代のうちから加入している人もいるようです。

資産運用方法の種類一覧!特徴やリスクなど(資産運用!初心者編)に詳細はあるとおり。
将来に向けて、資産を形成していくには、資産を運用していくことになりますが、

資産運用の種類には{実物資産}と{紙の資産}とがあり、{実物資産}は管理が大変なため、一般的には{紙の資産}での資産運用が行われることが多く、

{紙の資産}には、主に「銀行(預金)」「保険(積立タイプの生命保険)」「証券(株や債券など)」の3種類があります。

なので「もしもの時に、残された家族のために」と思って入った生命保険も、実は、資産運用の1種類だったりするわけですね。
掛け捨てより貯蓄型!生命保険の見直しポイント(ライフプランナーから聞いた{生命保険の有効活用方法})

さて、20代や30代の若いうちから資産形成のために資産運用を始める場合、若いうちはリスクもとりやすいので株式投資や、債券への投資など「投資」も選択肢の1つとなりやすいようです。

で、投資で、お金を増やしていく場合、「投資元本額」「利回り」「投資期間」の3つが結果を決めていくことになります。

@投資元本額(投資資金・軍資金・種銭の額)
A利回り
B投資期間

まず「@投資元本額」ですが、いくら長期間、利回りの高い運用方法でお金を運用しても、最初の投資資金額が1000円なら、たいしてお金は増えないことでしょう。

例えば、ソーシャルレンディングの{利回り10%}の案件で1年間、運用したとしても、運用資金が1000円なら、1年で100円しか増えません。
手数料で損することになりそうですね。
そもそも、そんなに投資額が少ないと投資すら出来ない現実があります。
超高利回りソーシャルレンディングの仕組みとリスク!体験談(超高時給の投資)

一方、投資額が1000万円なら、利回り10%の場合、1年間で100万円もの儲けとなります。

資産運用においては、最初の投資額がいくらか?が、結果を大きく左右することになるよ。

次に「A利回り」です。
同じ100万円を1年間、運用する場合でも、利回りが2%の運用方法なら、年間で2万円しか、お金は増えません。
一方、利回りが10%なら、年間で10万円も、お金が増えることになります。
投資額と投資期間が同じならば、あとは投資対象の利回りの高低によって、結果が決まるわけですね。

例えば高配当株やソーシャルレンディングなど利回りが高い投資対象で資産運用をすると、資産を増やしていきやすいよ。
ただ、利回りが高い投資対象ほど、リスクも高くなりやすいよ。


最後に「B投資期間」です。
最初の投資額は100万円、運用利回りは10%とします。
運用益は再投資します。
30歳から資産運用を始めて60歳まで30年間、資産運用をする人の場合は・・

1年目 110万円
2年目 121万円
3年目 133万円
4年目 146万円
5年目 160万円
6年目 176万円
7年目 193万円
8年目 212万円
9年目 233万円
10年目 256万円
11年目 281万円
12年目 309万円
13年目 340万円
14年目 374万円
15年目 411万円
16年目 452万円
17年目 497万円
18年目 546万円
19年目 600万円
20年目 660万円
21年目 726万円
22年目 798万円
23年目 877万円
24年目 964万円
25年目 1060万円
26年目 1166万円
27年目 1282万円
28年目 1410万円
29年目 1551万円
30年目 1706万円

なんと、30年目の60歳には1700万円もの金額になります。
100万円から始めた資産運用で、老後の資産形成が出来ていますね。

実際には、税金も関係するし、投資には元本が減るようなリスクもあるので、この通りになるわけではありませんが、それでも、すごいことですよね。

特に、25年目くらいから、増える勢いが加速していますよね。年間100万円以上、資産運用の運用益だけで稼げています。

最初の投資資金は100万円なのに、その100万円が、毎年、作り出される状態になるわけですね。

もし、投資期間が5年間とか10年間ならば、これほどまでに最初の投資資金は増えないことでしょう。
30年間で約17倍です。
もし、最初の投資額が1000万円なら、1億7000万円になる計算です。

投資では、投資額と利回りが同じなら、あとは「投資期間・運用期間」の長さが結果を左右することになるよ。

このような理由から、「資産運用を始めるなら、20代や30代など、なるべく若い時から始めた方がいい」と言われることになるし、「生命保険に加入するなら、20代の若いうちに入った方が得だよ」と言われることになるのかもしれませんね。
※生命保険会社も、保険加入者が支払う保険金の運用で利益を出しているので、長い期間、支払った保険額を運用した方が保険加入者にもメリットがでやすい。

株式投資によって世界1の金持ちになったウォーレンバフェットは、ウォーレン・バフェット投資本/スノーボール書評(バフェットの公式自叙伝レビュー)によると、20代の頃から資産運用(株式投資)を始めています。

少しでも長い期間、運用した方が、資産運用にはプラスとなるので、若いうちから始めているわけですね。

20代30代の資産形成の方法は投資資金額を増やすこと



A資産形成のコツ
■さて、100万円を利回り10%で30年間、運用益を再投資しながら運用した場合、30年後には(税金を考えない場合は)1700万円にお金が増える計算となるわけですが・・

それならば、2000万円の貯金を早く作ってしまい、2000万円で資産運用を行ってしまうのも1つの方法ですよね。
もし、スタート時の資金が100万円ではなく、2000万円ならば、30年後の60歳の時には2000万円が17倍となっており、3億4000万円となります。

今から30年後、60歳過ぎの老後に、お金の余裕が出来ても・・「少しでも若いうちから、お金に余裕をもちたい!」という場合は、特に、そうですね。

2000万円を利回り10%で運用できたら、年間200万円の儲けとなります。利回りが5%なら、資産運用の年収100万円です。

老後資金として必要な金が2000万円ならば、2000万円の資産運用で入ってくる運用益に関しては再投資する必要がありません。
今、もう好きなことに使って良いわけですね。

そのため今の収入にプラスして、年間100万円〜200万円・・月々8万円〜16万円の副収入が資産運用から入ってきたら、大変、助かることになりそうです。

投資期間も大事だけど、結局のところ、投資額が大きければ、それが1番、効率が良いみたい。
資本主義経済の世界では、資本力(投資元本)が大きい人ほど、儲けやすいし、お金を増やしていきやすいみたい。


20代や30代の資産形成・資産運用の方法→少しでも種銭を増やすこと


で、ここで問題となるのが「じゃあ、どおやって2000万円のキャッシュ・現金を作るか?」という問題ですよね。
代表的な解決策は3つ。

1つは、仕事をしながら、副業に取り組み、総収入・総年収を増やしていき、節約をして貯金をコツコツと貯めて2000万円の現金を作り出す方法です。
ここで言う副業には、起業(例えば週末起業など)も含みます。

2つめは、脱サラして起業し、社長となって大金を稼いで、2000万円のキャッシュを作る方法です。
ただ、現在社会では、仕事は1つである必要がないため、社長業もしつつ、会社員もしつつ、投資家の顔もあって・・ということでも良いのかもしれませんね。
月収70万の小金持ちになる方法(収入源を堅実に積み重ねていくコツ)

3つめは、投資です。
「低利で金を借りて、高利でまわす」という投資を行うことで、2000万円の現金を作り出すことも可能でしょう。
例えば、サラリーマンをしながら、銀行から低利で3000万円を借りて、中古のアパート一棟を3000万円で購入し、アパート一棟の大家になったことで得られる家賃収入を貯めていくことで2000万円の現金を作る選択肢もありそうです。

上記のように、起業や投資を行うことで、2000万円の現金ができるかもしれませんね。
起業や投資が成功すれば、会社員の給料額以上にお金が入ってくることになるようです。
その理由には、税金も関係しているそうです。サラリーマンは税金の対策(節税)が出来ないからでしょうか。

さて、今回の記事も最後までありがとうございました。感謝しています。


〜追記〜
20代や30代のうちに、少しでも早く、そして少しでも多い資金で資産運用を始めると、複利の力が、より働き、より多くの資産を早く築けることになりますよね。

投資資金を作る方法としては、

@副業で月3万円稼ぐ私の方法2つ!随時更新(月3〜5万円の副収入を稼ぐには?)

Aサイドビジネス種類一覧!稼げるおすすめ副業はコレ(サイドビジネス一覧)

Bスマホで月4万円を安全に稼ぐ方法5つ(スマホでの稼ぎ方)

の記事がおすすめです。

また、稼いだお金を運用で増やしていく方法としては、クラウドファンディング投資型・・別名ソーシャルレンディングもおすすめです。

にあるとおり。
投資初心者含む、多くの人が、トータルの収支をプラスに出来る可能性が高い投資だからです。

少額から投資可能であり、利回りも7〜8%程度と高いソーシャルレンディングについては、

@高利回りソーシャルレンディングとは?仕組みを解説!体験談も(超高時給の投資)

Aソーシャルレンディングは怪しい?危険性や貸し倒れ率を詳しく(失敗しないコツ)

Bソーシャルレンディングのリスク!メリットやデメリットも(ソーシャルレンディングのリスクとは?)

の記事が詳しいです。


<writer 名無き仙人>





バス男「2000万円の話は、どこかで聞いたような・・」

バス子「貯金2000万円を資産運用で1億円にする運用方法(2000万を1億に増やすには?)や、年収2000万円の手取り額!職業と副業編(副業と本業の合算収入で年収2000万円を達成するには?)の記事ね。」

仙人「関連記事としては、資産運用!利回り目標10%!私の高利回り投資法(利回り10%以上の投資法とは?)や、お金の貯め方増やし方初心者編!副業と投資で増やす(給料だけでは金が貯まらない)もお勧めじゃよ。」


関連個人投資家の9割が負ける理由(株やFXで勝てない理由)
株主優待生活の必要資金量は?メリットやデメリットも!(株主優待生活まとめ)
株価が高い安いの判断と株高局面の投資法(株価が高くて株を買えない対処法)
100万円の資産運用!初心者にお勧めのポートフォリオはコレ(100万円の運用の仕方)
人格を変える方法!人格者になるには?(人間関係の悩みが途切れない原因)
見栄張る貧乏より身の丈にあった生活(勝ち組をアピールしたい心理が現れる8項目)
生きづらい人の原因!生きやすい性格とは?(生きづらい性格と生きやすい性格の特徴)





お勧め超高利回りソーシャルレンディングの仕組みとリスク!体験談(超高時給の投資)
産業用太陽光発電への投資!メリット/デメリット(不動産投資より手堅い)
穴場の高額バイトお勧め7つ!知らなきゃ損するよ(穴場のアルバイトをご紹介)
結婚チャンステスト!楽天オーネット体験談(結婚チャンステストやってみたよ)
貯金ができない人の強制貯金術(貯金できない理由は「お金の預け先」を間違っているから)
お勧め派遣会社!正社員になる賢い方法も(お勧めの派遣会社はココ!)
既卒やフリーターにお勧めな就職サイトはコレ(既卒やフリーター専用の正社員就職サイト)
歯が白くなるホワイトニング歯磨き粉の効果がすごい!(ホワイトニング歯磨き粉レビュー)
職種別!おすすめ転職サイトの紹介と説明(職種別!お勧め転職サイトはコレ!)
FXの始め方!基礎とポイントをわかりやすく解説(為替で儲けよう!投資は大人の趣味)
株式投資の始め方!株は楽しいよ(株で儲けよう!投資は大人の趣味)





★ 生活費の節約術とお金を増やす方法(月5万円/年60万円の自由なお金を作る方法)

★ 見た目年齢の若い元気な人になる方法(実年齢より見た目年齢が若い人がやっていること)

★ 恋愛/婚活!出会いの方法一覧(自分に合った出会いの方法を見つけよう)


仕事仙術

恋愛・婚活仙術

その他