アパート探しの注意点は1つ!【防音】だよ



スポンサーリンク

賃貸物件探しの注意点は1つ!【防音】だよ

部屋探しの注意点は1つ!【防音】だよ
部屋探しで失敗する人の理由は「防音」面だよ。


バス子「彼氏と一緒に部屋を借りることになったんだけど、結婚を前提に恋人と同棲する場合の部屋探しの注意点とか、ある?」


バス男「バス子ちゃ〜ん。僕は1人暮らしの部屋探しをしているんだけど、いい部屋が見つからないんだ。」


バス子「じゃあ仙人に【賃貸物件探しの注意点】を聞きに行ってみる?」


バス男「仙人様の【部屋探しの注意点は1つ】の話かぁ・・・」







〜部屋探しの注意点は、たった1つ〜

1.アパート探しで注意することは?
@借りたアパートの部屋に防音対策がないと・・

■学生や社会人の男性や女性が、1人暮らしのアパートの部屋探しをする場合も、同棲予定のカップルや、新婚夫婦が部屋探しをする場合も・・

駅から近い場所がいい
コンビニが近いアパートがいい
築年数が新しいアパートがいい
外観や室内が綺麗なアパートがいい
間取りは広い方がいい
家賃は安い方がいい
ウォシュレットやインターホンなどの設備は最新のものがいい

などの条件で部屋を探すことになりますよね。

しかし、1人暮らしで合計5回以上も引っ越しを経験した小生の個人的な結論は【防音が最も重要】です。

1人暮らしの部屋探しのコツは【防音】だよ。

どうして、部屋の防音が、とても重要か?と言うと、「コンビニが近くにないから」とか「トイレがウォシュレットじゃないから」では、「もう、こんな部屋には住めない!」と言って、また敷金を払って、面倒で金のかかる引っ越しをすることにはなりませんが・・

防音面でストレスが溜まると、その部屋に住めなくなり、敷金を払って、面倒で金のかかる引っ越しをしてまで、またアパート探しをすることになりがちだからです。今度は防音を重視して・・。

隣の部屋の住民の生活音が気になるタイプの人は、防音対策のない部屋を借りると、ストレスから、また引っ越しをすることになりがち。

特に1人暮らしの場合は、自分が、隣の部屋の人の生活音が気にならなければ大丈夫ですが、彼氏や彼女、妻や夫と一緒に住む場合、恋人や伴侶が、気になる人であれば、{隣の部屋の生活音問題}は重要な問題となってしまうことでしょう。

恋人と同棲する場合や、新婚で一緒に住む場合、相手が{隣の部屋の生活音}が気になってしまうタイプだと、防音対策は、賃貸物件探しの1番の条件となるよ。

アパートの部屋探しで防音が重要な理由としては・・


@生活音が気になる
→アパートによっては、隣の部屋とは木の壁がある、という程度の部屋もありました。
木造ではなく、鉄筋コンクリート作りなのに、隣の部屋との仕切りは、木の壁だったんですね。

すると、どうなるか?
隣の人の生活音が、丸聞こえになってしまうのです。

「あ、隣の人が部屋に帰ってきた」
(ドアがガチャっと開いてバターンと閉まる音が聞こえる)

「tvつけた。音楽を流し始めた。」
(TVの音が聞こえたり、音楽の音が聞こえる)

「台所に行った後、トイレに行ったっぽいな」
(歩く足跡や、トイレの流す音が聞こえる)

そんな感じで、いちいちの隣の住民の足音からtvの音まで、丸聞こえです。
もちろん、電話がかかってくれば、会話の内容までは聞き取れませんが会話しているのも聞こえてきます。

一応、部屋は区切られているけど、全然知らない人と、しかも生活リズムの異なる他人と一緒に住んでいる感じですよね。

で、逆を言えば、こちらの生活音も相手に丸聞こえなわけです。
そのため、歩く時も気を使うし、ドアを閉める時も気を使うことになります。部屋で電話もしにくいし、tvの音量も音楽の音量も隣の人が帰ってきたら、ギリギリまで下げる必要があります。
私は、ヘッドホンを使っていました。

毎日、毎日、来る日も来る日も、隣に人に気を使いながら生活を続け、しかも隣の部屋からの生活音がうるさければ、家にいてストレスが溜まってしまいますよね。

防音対策の弱い部屋に住むと、たとえ自分が{隣の人の生活音}が気にならなくても、自分が出す生活音が、隣の人の迷惑にならないよう、気をつかう必要があるよ。

お金が貯まる人の方法(ストレスは支出)にあるとおり。
現代社会ではストレスは支出となるため、家賃をケチって、防音のない部屋に住んで、ストレスを溜めて、他で散財したら、節約にもなりませんよね。

いろんな部屋に住んでみたけど、経験上、アパートの部屋探しでは防音が最も重要なように個人的には感じています。
特に、隣の人の生活音が気になるタイプの人は、防音が重要となりそうです。

部屋探しの注意点は「防音の面で大丈夫か?」を入居前に確認すること。

では、防音対策に優れた部屋の探し方です。
賃貸アパートや賃貸マンションには、木造と鉄骨と鉄筋コンクリートの3種類があります。

@木造(木で作られたアパート)

A鉄骨(鉄骨で作られたアパート)

B鉄筋コンクリート(コンクリートで作られた家)

防音面で優れているのは鉄筋コンクリートです。

部屋と部屋の間にコンクリートがあるので、音が遮断されるわけですね。
また、同じ鉄筋コンクリートのアパートでも、部屋と部屋の間のコンクリートの厚さは物件によって異なるそうです。
もちろん、コンクリートの厚さが厚い方が、より防音に優れています。

何千万円もだして買うことになるマンションなどが、防音に優れている理由は、マンションは鉄筋コンクリートで作られているからなんですね。

実際に不動産屋の方と部屋を見に行って、部屋の壁を叩いて確認したり、部屋の中にいて、隣から生活音が聞こえてこないか?を確認すると失敗を減らせそうですね。

同じ鉄筋コンクリート造でも、物件によって防音能力の高さに違いもあるみたい。

ただ、鉄筋コンクリート造のアパートやマンションであれば、基本的には防音面は大丈夫でしょう。

失敗しない部屋の選び方は鉄筋コンクリート造のアパートや賃貸マンションの部屋を借りること。

しかし、鉄筋コンクリート造は防音で優れているため人気で、家賃が高い傾向にあります。
新築の鉄筋コンクリート造のアパートやマンションを借りようとすると、とても家賃が高くなりますよね。

そこで、家賃の安い鉄筋コンクリート造のアパートやマンションを借りるために、

@築年数の古い鉄筋コンクリートの部屋を探す
→築年数の古い鉄筋コンクリート造のアパートやマンションで、部屋探しを行います。
築年数が古いと人気がなくなり家賃が低くなるからです。

ただ、鉄筋コンクリート造の建物は40年はゆうにもつので、築20年を過ぎて、室内が古臭くなったアパートやマンションは、オーナー(大家)が「この鉄筋コンクリートで作られたアパートにも、後、20年は活躍してもらわないとな」ということで、内装をリフォームする場合も多いため、築25年で外観は古くても、内装リフォーム済みのために、部屋の中は今風で、設備も新しく、綺麗な物件も探せばあることでしょう。

築20年ほどのマンションが、内装が全面リフォームされて、お洒落なリノベーション物件として売られていたりしますよね。

あんな感じで、築年数は古いものの、鉄筋コンクリート造のリフォームされた賃貸アパートや賃貸マンションがあるわけですね。

部屋探しのために不動産屋に行くなら「鉄筋コンクリート造のアパートやマンションで、築年数は20年以上でも構わないので室内リフォーム済みの物件を探しています」とお願いする感じでしょうか。

安くて良い部屋の探し方は築年数の古いリフォーム物件、リノベーション物件を探すこと

鉄骨コンクリート物件は地震にも強いのでお勧めです。

A人気な立地を外す
→駅から近い、などの立地の良い物件は、人気のため、家賃が高くなりがちです。
そこで、人気の立地を外して賃貸物件を探すことで家賃の安い鉄筋コンクリート造のアパートやマンションを見つける方法もあります。

不便にはなりますが、家賃の安さと、部屋の防音対策を重視するなら、それもありかもしれません。

ちなみに木造のアパートでも、間取りによっては防音に優れているアパートもあるようです。

隣の部屋との間は、互いに押入れになっており、隣の部屋の音が聞こえにくかったり、隣の部屋とは階段で仕切られており、隣の部屋の音が聞こえにくかったり、、、
ただ、その場合も上の階の足音や、音量の大きい音楽の音、携帯のバイブ音(床に携帯を置いている場合)などは聞こえることになるようです。

「私は、隣の部屋の人の生活音が聞こえてきても、気にしないよ」という場合には関係ないですが、隣の部屋の生活音が気になりそうな場合は、鉄筋コンクリート物件で部屋探しをすると良さそうですね。



B部屋探しで失敗しないコツ
■私たちは、自分が住む部屋は選べますが、「隣にどんな人が住むか?」は選べません。

周りに住んでいる人たちに気を使いながら、迷惑にならないよう暮らす良い人が隣に住んでくれれば問題になりませんが、賃貸アパートでは、引っ越しによる人の入れ替わりも多いので、半年後や1年後に、どんな人が隣の部屋に住むことになるか?は、わかりませんよね。

もし、大音量でtvや音楽を流す人が隣に引っ越してきたら、、、
もし、隣の部屋が、いろんな大声で喋る人が頻繁に出入りする感じの部屋になったら、などのリスクも考えると、誰が隣に住んでも防音面では問題がない部屋を選ぶようにすると失敗や後悔がなくなりそうです。

部屋探しの注意点→「隣の部屋に、どんな人が住むか?」は選べない。
隣の部屋に、どんな人が住んでも問題になりにくいのは防音に優れた物件を借りること。


「このアパートはコンビニが遠いから。」では「部屋探しを失敗した!引っ越さないと。」と強い後悔をもつことはないですよね。

部屋探しで強い後悔をもち、また、わざわざ引っ越しをすることになるパターンは、防音のないアパートで、隣にうるさい人が住み始めるパターンなのかもしれませんね。

ちなみに。
防音が優れているRC(鉄筋コンクリート)の物件は人気のため家賃が高い傾向にあります。

入居するためには収入アップも大切となりそうですよね。

収入アップのためには、{仕事選び}と{投資/副業}が効果的であり、以下の記事が詳しいです。

@職種別!おすすめ転職サイトと転職の仕方(ハローワーク以外)(職種別!転職サイトと転職のやり方)

A既卒やフリーターにお勧め就職サイトはコレ(既卒やフリーター専用の正社員就職サイト)

B副業で月3万円稼ぐ私の方法2つ!随時更新(月3〜5万円の副収入を稼ぐには?)

C月1〜2万円の副収入を手堅く投資で稼ぐ私の方法(副収入を稼ぐには?)


さて、今回の記事も最後までありがとうございます。感謝しています。


〜追伸〜
→住まいに関すること・・電気代やガス代などは固定費となるので、賢く、上手に節約できると、お得ですよね。

電気代の節約に関しては、簡単!冬の電気代の節約方法(電気代を安くするコツ)の記事が詳しく、ガス代については、冬のガス代の節約方法!ガス料金の節約グッズも(ガス代の節約術)の記事が詳しいです。

また、携帯電話代などの通信費は、不必要なお金を払い過ぎている人が多い固定費なので、見直すと、節約に繋がる場合が多いようです。

通信費の節約に関しては、通信費の節約方法!月5000円は節約できる?(スマホ代やネット代の節約術まとめ)の記事が詳しいです。


〜追伸2〜
→入居決定で引越し祝い金が必ずもらえる賃貸情報サイトの祝い金がもらえる賃貸情報サイト-キャッシュバック賃貸- も、祝い金が貰えるので人気なようです。

物件数は業界最大級で、全国の賃貸マンション・アパートの情報をのせています。
他の部屋探しのサイトに載っている物件も多いのですが、キャッシュバック賃貸サイト経由で申し込むと、祝い金が貰えることになるようです。

<writer 名無き仙人>





バス男「僕は、女子限定のアパートに住みたいな〜。」


バス子「女性には、女子限定のアパートも人気みたいね。」


仙人「関連記事としては、家賃が安い部屋の探し方(激安賃貸物件の探し方)や、持ち家か?賃貸か?一生賃貸のメリット(持ち家と賃貸、どっちが得か計算してみた!)もお勧めじゃよ。」


関連クレジットカードで節約する方法(誰でもできる節約方法)
お勧め安全!簡単にお小遣いを稼ぐならココ!(お勧めお小遣い稼ぎサイトの紹介)
給料の使い道と割合!お金を増やす私の方法(お金を増やす給料の使い方)
車にかかるお金は軽自動車が安い!維持費を安くする私の方法(車両費の節約術)
貧乏生活を楽しむ知恵(生活水準を下げて幸せに暮らそう)
生きづらい人の原因!生きやすい性格とは?(生きづらい性格と生きやすい性格の特徴)
20代30代の資産形成の方法は「種銭を増やすこと」(資産形成のコツ)





お勧め超高利回りソーシャルレンディングの仕組みとリスク!体験談(超高時給の投資)
産業用太陽光発電への投資!メリット/デメリット(不動産投資より手堅い)
穴場の高額バイトお勧め7つ!知らなきゃ損するよ(穴場のアルバイトをご紹介)
結婚チャンステスト!楽天オーネット体験談(結婚チャンステストやってみたよ)
貯金ができない人の強制貯金術(貯金できない理由は「お金の預け先」を間違っているから)
お勧め派遣会社!正社員になる賢い方法も(お勧めの派遣会社はココ!)
既卒やフリーターにお勧めな就職サイトはコレ(既卒やフリーター専用の正社員就職サイト)
歯が白くなるホワイトニング歯磨き粉の効果がすごい!(ホワイトニング歯磨き粉レビュー)
職種別!おすすめ転職サイトの紹介と説明(職種別!お勧め転職サイトはコレ!)
FXの始め方!基礎とポイントをわかりやすく解説(為替で儲けよう!投資は大人の趣味)
株式投資の始め方!株は楽しいよ(株で儲けよう!投資は大人の趣味)





★ 生活費の節約術とお金を増やす方法(月5万円/年60万円の自由なお金を作る方法)

★ 見た目年齢の若い元気な人になる方法(実年齢より見た目年齢が若い人がやっていること)

★ 恋愛/婚活!出会いの方法一覧(自分に合った出会いの方法を見つけよう)


仕事仙術

恋愛・婚活仙術

その他