上手で賢い貯蓄方法    


スポンサーリンク




スポンサーリンク

上手で賢い貯蓄方法

■「家系を助ける貯蓄方法とは?」「簡単な貯蓄方法を教えて」「貯金を増やす賢い簡単な方法とは?」「貯金を貯めたい」

上手で賢い貯蓄方法
お金が貯まらない。貯蓄するにはコツがあるようです。



バス子「はぁ〜。なかなかお金って、貯まらないなぁ。」


バス男「バス子ちゃ〜ん、僕なんて、今まで貯金なんてしたことないよ〜。」


バス子「駄目男なバス男さんと比べたくないわ。・・はぁ〜、お金を貯蓄するのって難しいわよねぇ。私にはお金を貯蓄する才能はないけど、お金を使う才能はあるから、だから困っちゃうのよ・・。」


バス男「だったら出会いの方法一覧で稼ぎの良い伴侶を見つけて結婚するしかないよぉ。僕も逆玉を狙っているんだぁ〜。」


バス子「・・はぁ〜。バス男さんと喋ると疲れるわ。・・仙人に【上手で賢い貯蓄方法】でも聞いてみようかしら?」


バス男「僕は仙人様に{逆玉に乗れる方法}を聞きたい・・。」








※この記事の前半部分は、以前書いた記事をそのまま残している記事となります。
重要な部分は、記事の後半部分からとなります。


〜上手で賢い貯蓄方法〜

1.銀行の口座残高を増やす現実的方法とは?

@貯蓄が上手くいかない理由

■お金を貯めようと頑張って貯蓄をしていても、お金ってなかなか貯まりませんよね。
それに、頑張って貯蓄をして少しお金が貯まってきても、なぜか急に予想外の出費があり、貯めたお金が出て行くことはよくありますよね。

その理由は紙幣・貨幣・お金の真実に書いたとおり、
お金はエネルギーの一種だからです。

エネルギーであるお金は、日本円やドル、株や電子マネーと絶えず形を変えながら世界中を循環しますので、一箇所に留まっていることが出来ないのです。だから・・・「お金をただ貯め続けることは失敗する」のです。


このようなお金の性質がありますから、
生活を切り詰めて節約してお金を貯める貯蓄方法は上手くいかない場合が多いのです。

「お金を貯めたい!だから貯蓄方法を探そう!」とした人の大半は、節約方法をネットで検索し、生活を切り詰めて節約で浮いた小額のお金を、コツコツ貯めようとします。

しかし、そのように節約して貯めていくお金は貯まらないのです。
お金はエネルギーだからです。

私も以前、ケチケチして節約して貯めた100万円を結局無くす経験を2度もしています。

100万円くらいまでなら、なんとか節約で貯めることは可能ですが、貯めたとしても、その節約で貯めた100万円はすぐに思いもよらぬ出費でなくなっていくのものなのです。

お金を本当に貯めたいのなら、お金の性質を上手く利用して貯める方法が賢く上手な貯蓄方法です。

では、以下より【お金の性質を利用した賢く上手な貯蓄方法】を説明していきます。


A支出と収入
■お金を貯めようと思ったら、節約に走ってはいけません。

‘お金’というものは、生活を質素に切り詰めて節約し、貯めていけるものではありません。

お金を貯めようと思ったら、支出を減らすことを考えるのではなく、収入を増やすことを考えるべきなのです。

生活を切り詰めてお金を貯めて、しかもその貯めたお金をもち続けたり、増やしたりするのは難しい。

しかし、収入を増やすことでお金を貯める方法は、算数の足し算くらい簡単です。

節約で貯蓄することが出来なかった私ですが、収入を増やすことを行った結果、意識して節約をしているわけではないのに、どんどん銀行口座の貯蓄算高が増えていきました。
まあ、私の場合は、各種の欲が薄れてしまった影響もあるんですけどね・・。

そうです。
収入が増えれば、嫌でも貯蓄金額がどんどん増えていくのです。

毎月毎月、節約なんてなにもしていないのに、どんどん銀行預金残高が増えていきます。その増え方は、節約の比ではありません。

普通の人は、小さい頃から【お金の節約の仕方】【お金の貯め方】は教わってきました。子供の頃に貯金箱を使った経験のある日本人は多いです。

しかし私達日本人は、小さい頃から【お金の稼ぎ方】は1度も教わったことがありません。子供の頃に金稼ぎを経験したことのある日本人は少ないです。

ですから多くの人は、貯蓄しようと思った際に、「よし!貯蓄したいからもっとお金を稼ごう!」という発想になりません。
「よし!貯蓄したいからもっと節約しよう!」となってしまいます。間違った方向に発想が向いてしまうのです。

しかしですね・・・・
お金を節約することより、お金を稼ぐことの方がよっぽど簡単なのです。

現在の日本には「お金を稼ぐことは難しい」と、勝手に思い込んでいるのかもしれません。

お金を稼ぐことは、節約することよりも簡単です。
その根拠/理由はお金を稼ぐコツの章の各記事に書いてあります。




・・・・・・・・・
自由形式の文章には、その文章を書いた人間の、人間性や人格面が表れる時もあるようです。

自由形式の文章というのは、当人の思考がアウトプットされたものになります。
「そもそも、どんなことを文章として書こうか?」と考え、「どのように表現していこうか?」と考えて書かれた結果が、上記のような自由形式の文章だからです。

そして幸せになれる本のとおり、思考というのは、人格や人間性に根ざしているようなのです。
「そもそも、‘思考’は、どこから生まれてくるか?」と言いますと、その当人・・・つまり、その人間から生まれてきます。
だからこそ、思考を行う人間の人間性や人格次第で、「なにを考えるか?どう考えるか?」が決まっていくようです。
具体的に言うと「そもそも、どんなことを文章として書こうか?」ということや、「どのように表現していこうか?」ということに対して、「どう考えるか?」が、人間性や人格によって決まっていくようなのです。

今もそうですが、「自分さえ良ければ良いんだ!今さえ良ければ良いんだ!お金さえ手に入れば良いんだ!」という破滅原則に根付いて生きていた私は、人間性や人格面に、「自分さえ!今さえ!お金さえ!」が染み付いており、だからこそ・・・

「そもそも、どんなことを文章として書こうか?・・とりあえず目先、自分が儲かる記事を書こう。」と考え、「どのように表現していこうか?・・とりあえず、自分の好き勝手に自由に書こう。」と考えて、その結果、上記のような文章が書かれることになったのでした。

もし、繁栄原則「正直/誠実/感謝/奉仕/謙虚/他者の幸せを願う心」に関して少しでも理解があるならば、以下のような書き方となっていたことでしょう。
関連繁栄原則と破滅原則(2つの原理原則)

青色は、訂正した後の文章で、茶色は、コメントとなります。


1.銀行の口座残高を増やす現実的方法とは?
@貯蓄が上手くいかない理由
■お金を貯めようと頑張って貯蓄をしていても、お金ってなかなか貯まりませんよね。
それに、頑張って貯蓄をして少しお金が貯まってきても、なぜか急に予想外の出費があり、貯めたお金が出て行くことはよくありますよね。
その理由は<紙幣・貨幣・お金の真実>に書いたとおり、お金はエネルギーの一種だからです。
→その理由は<紙幣・貨幣・お金の真実>にあるとおり、お金はエネルギーの一種だから・・かもしれません。
「書いたとおり」・・という表現は、「私が書きました!私が書いたのです。」という{私が私が私が私が!}という、過剰なほどの、自我意識から、無意識のうちに、なされていた表現だったのです。そのことに対する、自覚すらないまま、ずっと「私が書きました!私が書いたのです。」という表現の仕方をし続けていたのでした。
重要なことは、私が書いたことをアピールすることではなく、記事を読んで下さる方が、気持ちよく記事を読めることであるのに、潜在的にもっている{自分を主張したい気持ち}が、無意識のうちに、節々で表れているのです。

また、「エネルギーの一種だからです。」と断定しているのは、その考え方に対して、納得していない方に対する{思いやりの欠如}と言えるでしょう。



エネルギーであるお金は、日本円やドル、株や電子マネーと絶えず形を変えながら世界中を循環しますので、一箇所に留まっていることが出来ないのです。
→エネルギーであるお金は、日本円やドル、株や電子マネーと絶えず形を変えながら世界中を循環しているようで・・一箇所に留まっていることが出来ないのかもしれません。

だから・・・「お金をただ貯め続けることは失敗する」のです。
→ですから「お金を、ただ貯め続けること」というのは、案外難しい場合も、あるのかもしれません。

このようなお金の性質がありますから、生活を切り詰めて節約してお金を貯める貯蓄方法は上手くいかない場合が多いのです。
→お金には、このような性質があるため、生活を切り詰めて節約し、「ただ、お金を貯め続けること」を行う貯蓄方法は、上手くいかない場合もあるようです。

「お金を貯めたい!だから貯蓄方法を探そう!」とした人の大半は、節約方法をネットで検索し、生活を切り詰めて節約で浮いた小額のお金を、コツコツ貯めようとします。
→私達は、「お金を貯めたい!だから貯蓄方法を探そう!」と考えた場合、節約方法をネットで検索し、生活を切り詰め、節約で浮いたお金を、コツコツ貯めようとします。
既存の書き方は、「私は今、上手くやれている!」けど、 「お金を貯めたい!だから貯蓄方法を探そう!」とした人の大半は、上手くやれていない・・・というニャアンスでもある。
「私はすごいから、今は上手くやれていている。私は大半の人とは違うんだ!私は私は私は私は私は・・」という、そのような{精神構造・思考回路・心のあり方}が、既存の書き方を無意識のうちにさせているのです。
自由形式の文章には、このように、些細な点に、文章の書き手の、{精神構造・思考回路・心のあり方}が表れるようです。
名無き仙人は、どうしてもこうも利己的なのでしょう!
そのことにすら、長いこと気がついていなかったのです・・。



しかし、そのように節約して貯めていくお金は貯まらないのです。
お金はエネルギーだからです。
→しかし、そのように節約しても「お金が、なかなか貯まらない!」となる場合も、あるようです。
お金が、エネルギーだからかもしれません。



私も以前、ケチケチして節約して貯めた100万円を結局無くす経験を2度もしています。
100万円くらいまでなら、なんとか節約で貯めることは可能ですが、貯めたとしても、その節約で貯めた100万円はすぐに思いもよらぬ出費でなくなっていくのものなのです。
→ 私は以前2度も、節約して貯めた100万円を、結局無くしてしまう経験をしました。
100万円まで、なんとか節約で貯めることが出来たのですが、その節約で貯めた100万円は、2回とも不思議なことに、すぐに思いもよらぬ出費でなくなってしまったのです。

「100万円くらいまでなら、なんとか節約で貯めることは可能ですが・・」それは、個人的な事例にすぎないのに、それが絶対的な基準であるような表現の仕方となっている。
過剰なほどに自己中心的すぎるため、自分中心のこのような表現方法となっているのでしょう。



お金を本当に貯めたいのなら、お金の性質を上手く利用して貯める方法が賢く上手な貯蓄方法です。
では、以下より【お金の性質を利用した賢く上手な貯蓄方法】を説明していきます。
→ 今までの貯金方法で上手くいかない場合、お金の性質を上手く利用して貯金する方法も、検討してみる価値があるのかもしれません。
では、以下より【お金の性質を利用した貯蓄方法】を見てみましょう。

「〜〜するのが正しいのだ。正しい方法を私は知っているから、説明してあげよう。」という文章表現となっている。あまりにも上から目線で、謙虚さが欠如しており、「記事を読んで下さっている。ありがとうございます。」という感謝の気持ちも欠如している。
‘心のあり方’や人格面が、文章に滲み出ているのです。



A支出と収入
■お金を貯めようと思ったら、節約に走ってはいけません。
‘お金’というものは、生活を質素に切り詰めて節約し、貯めていけるものではありません。
お金を貯めようと思ったら、支出を減らすことを考えるのではなく、収入を増やすことを考えるべきなのです。
→貯金額というのは、収入額から支出額を引いた金額となるため、貯金額を増やしていくには、節約して支出額を減らす方法だけではなく、収入額自体を増やす方法も、あるようです。
そして、お金の性質からすると、「節約して支出額を減らす方法」よりも「収入額自体を増やす方法」の方が、容易である場合も、あるようです。



生活を切り詰めてお金を貯めて、しかもその貯めたお金をもち続けたり、増やしたりするのは難しい。
しかし、収入を増やすことでお金を貯める方法は、算数の足し算くらい簡単です。
節約で貯蓄することが出来なかった私ですが、収入を増やすことを行った結果、意識して節約をしているわけではないのに、どんどん銀行口座の貯蓄算高が増えていきました。
まあ、私の場合は、各種の欲が薄れてしまった影響もあるんですけどね・・。
→私達は普段から、節約も意識して生活をしているため、節約に努めても、これ以上は大きく支出額を減らすことが出来ない場合もあるようです。
そのため、節約のために多大な時間やエネルギーを費やしても、月に5000円ほど支出額が減るだけ・・というケースも、あるようです。

一方、ネット副業など、収入額自体のアップに取り組み、それらが軌道にのってくると、月に3万円〜5万円・・10万円と、収入額自体が増えていくことになります。
すると、節約のために多大な時間やエネルギーを費やしていた頃よりも、貯金が早く貯まるようになる場合も、あるようなのです。

「収入を増やすことでお金を貯める方法は、算数の足し算くらい簡単です。」・・確かに、{お金を稼ぐことは簡単!}と思い込めるようにした方が、副業では有利になるのです。しかし、だからといって、この場で、このような書き方をするのは、あまりに軽率で・・自分は良いかもしれませんが、記事を読んで下さった方に誤解を与えることになるかもしれません。
さらには、その話が「私は私は私は私は!」と、私の自慢話に繋がっていくのですから、もうどうしようもありません。
私の人間性や人格面は、その程度のものなのです。
自分のことばっかりで、自分の自慢をしたい気持ちばっかりなのです。



そうです。
収入が増えれば、嫌でも貯蓄金額がどんどん増えていく
のです。
→つまり、貯金額を増やしていくためには、収入額を増やしていくことも、1つの有効な方法のようなのです。


毎月毎月、節約なんてなにもしていないのに、どんどん銀行預金残高が増えていきます。その増え方は、節約の比ではありません。
→収入額自体が増えると、無理してまで節約に努めなくても、貯金額が増えていくことになるようです。

普通の人は、小さい頃から【お金の節約の仕方】【お金の貯め方】は教わってきました。子供の頃に貯金箱を使った経験のある日本人は多いです。
しかし私達日本人は、小さい頃から【お金の稼ぎ方】は1度も教わったことがありません。子供の頃に金稼ぎを経験したことのある日本人は少ないです。
→私達は、小さい頃から【お金の節約の仕方】【お金の貯め方】は教わってきたのですが、【お金の稼ぎ方】は、教わっていません。


ですから多くの人は、貯蓄しようと思った際に、「よし!貯蓄したいからもっとお金を稼ごう!」という発想になりません。
「よし!貯蓄したいからもっと節約しよう!」となってしまいます。間違った方向に発想が向いてしまうのです。
→そのため私達は、貯蓄しようと思った際に、「よし!貯蓄したいからもっとお金を稼ごう!」という発想にはならず、「よし!貯蓄したいからもっと節約しよう!」と無意識のうちに思ってしまうようです。
「普通の人は・・」「多くの人は・・」という書き方には、裏を返すと「私は、普通の人や多くの人とは、違うんだ!」という、あまりに強い‘我’が表れています。こういった文章表現の仕方は、まったく意識せずに、無意識のうちに、行われていたのです。己の潜在意識レベルにある、あまりに強い‘我’が、そのまま文章に表れているようです。



しかしですね・・お金を節約することより、お金を稼ぐことの方がよっぽど簡単なのです。
→しかし、今ですら節約をしているのに、さらにもっと無理して節約をすることよりも・・・お金を稼ぐことの方が、容易である場合も、あるのかもしれません。

現在の日本には「お金を稼ぐことは難しい」と、勝手に思い込んでいるのかもしれません。
お金を稼ぐことは、節約することよりも簡単です。
その根拠/理由はお金を稼ぐコツの章の各記事に書いてあります。
→私達は「お金を稼ぐことは難しい」と、思い込んでいるところがあるのかもしれません。
今ですら節約をしているのに、さらにもっと無理して節約をして月に3000円節約するよりも・・・例えば、ポイントサイトなどで月に3000円を稼いだり、商品に関する記事をブログに書いて3000円/月稼ぐ方が、容易である場合も、あるのかもしれません。

「根拠は・・に書いてあります。」は、「書いてあるから、読んでおけ。」という意味でもあり、それはつまり、謙虚さや感謝の気持ちの欠如した放漫な心の姿勢の表れであるとも言えるでしょう。
全てにおいて、読んで下さっている方に対する、思いやりの心や、配慮の心がないため、文章表現の仕方が、自分さえ良ければいんだよ!と1人よがりの「言いたい放題・書きたい放題」の記事となっているようです。




・・上記のように、自由形式の文章には、当人の人間性や人格面が、反映されるようなのです。
そして、文章の書き手が破滅原則に根ざしている人物であれば、思考自体が、利己的なものであるため・・思考がアウトプットされた結果である文章自体も、利己的な文章となるようでした。

そして、このような利己的な文章によって書かれているのは、この記事だけではなく、ほぼ全ての記事が、同様の状態だったのです。

文章で、この状態ですから、私は自覚がなかったのですが、普段の生活にも、節々に過剰なほどの利己的な姿勢が現れているハズです。
人は普段、思考の結果、行動を起こすことになるからです。
利己的な思考は、利己的な行動をひき起こすことでしょう。

そして、そのことに自覚すらなく、自覚すらないため反省も改善もしないのですから・・・あとは当然の結果として、皆から嫌われ、さらには法則のもと、自分自身が苦しむことになって「どうして、私は運が悪いんだ?最悪だ!」となっていたのも、仕方がないことであるとも、言えるかもしれません。

個人的には悲しいことではあるのですが、名無き仙人は、その程度の人間性や人格面の人間だったわけです。

もともと私は、他者を批判し、他者の足をひっぱり、自分ばかりが得をしようとし・・・と、そのような破滅原則に沿った生き方を長くしていたせいで、我欲マイナススパイラルの人生に陥っており、人生に絶望感すら感じるほど、どうしようもない状態だったわけで、そこから、少しづつ改善させながらのスタートであるため、自分なりには全力投球で記事を書いているのですが、背伸びしても己の人間性以上の記事を書くことは出来ず、このような記事となっているのです。

今でも、ご迷惑をかけてしまっている点が多々あると思われます。
大変申し訳ございません。

少しでもお役に立てる記事を書いていけるよう、少しでも繁栄原則「正直/誠実/感謝/奉仕/謙虚/他者の幸せを願う心」に沿った生き方をしていけるよう、精進していきたいと思っています。
いつもありがとうございます。
今後ともよろしくお願い致します。

〜上手で賢い貯蓄方法〜
<writer 名無き仙人>


★よく読まれている記事★
【人気】高利回りソーシャルレンディング投資とは?仕組みを解説(超高時給の投資!私が投資する理由)

【人気】FXの始め方!基礎とポイントをわかりやすく解説(為替で儲けよう!投資は大人の趣味)






バス男「・・文章を書くのって、恐いなぁ。」


バス子「自由形式の文章には、人間性や人格面も、反映されることもあるのねぇ。」


仙人「・・少しづつ精進していくしかないのぉ。すまぬのぉ・・」


関連繁栄原則と破滅原則(2つの原理原則)
人生で失敗しないコツ(行動は価値観/結果は原則)
幸せになれる本(人生と{人格・人間性}の関係)




お勧め超高利回りソーシャルレンディングの仕組みとリスク!体験談(超高時給の投資)
産業用太陽光発電への投資!メリット/デメリット(不動産投資より手堅い)
穴場の高額バイトお勧め7つ!知らなきゃ損するよ(穴場のアルバイトをご紹介)
結婚チャンステスト!楽天オーネット体験談(結婚チャンステストやってみたよ)
貯金ができない人の強制貯金術(貯金できない理由は「お金の預け先」を間違っているから)
お勧め派遣会社!正社員になる賢い方法も(お勧めの派遣会社はココ!)
既卒やフリーターにお勧めな就職サイトはコレ(既卒やフリーター専用の正社員就職サイト)
歯が白くなるホワイトニング歯磨き粉の効果がすごい!(ホワイトニング歯磨き粉レビュー)
職種別!おすすめ転職サイトの紹介と説明(職種別!お勧め転職サイトはコレ!)
FXの始め方!基礎とポイントをわかりやすく解説(為替で儲けよう!投資は大人の趣味)
株式投資の始め方!株は楽しいよ(株で儲けよう!投資は大人の趣味)





★ 生活費の節約術とお金を増やす方法(月5万円/年60万円の自由なお金を作る方法)

★ 見た目年齢の若い元気な人になる方法(実年齢より見た目年齢が若い人がやっていること)

★ 恋愛/婚活!出会いの方法一覧(自分に合った出会いの方法を見つけよう)


仕事仙術

恋愛・婚活仙術

その他