人生に疲れた時   


スポンサーリンク




スポンサーリンク

人生に疲れた時

■疲れた時に読んで欲しい生きることに疲れた人に届いて欲しい物語。心が疲れて仕事の人間関係になんか疲れた時は

人生に疲れた時
人生に疲れた人に届いて欲しい。



バス子「バス男さん。今日は年に1度の仙人神社のお祭りの日よ。楽しみねぇ〜。」


バス男「バス子ちゃ〜ん。フンドシ姿の男が神輿を担いで川を渡るお祭りの、どこが楽しみなんだい?」


バス子「ちょっとぉ、神社の境内でそんなバチ当たりなこと言わないの。それより、団塊世代の男性が神輿を担げなくなっていて、神輿の担ぎ手が減ってて、この800年も続いている【フンドシ神輿担ぎ祭】も、継続が危ういらしいわよ。地元の若者は、少ない人数で重い神輿を担ぐわけだから、大変らしいわよ。」


バス男「へ〜。なんだか、少ない人数の若者が重い税金を払う、現代の日本みたいだなぁ。」







〜人生に疲れた時〜

1.重い神輿と税金
@神輿を担ぐ祭り

■地域によっては、神輿を担ぐお祭りがありますよね。

関係ない人からすると、どうでも良い話ですが、この【神輿を担ぐ祭り】は、人生に疲れた時のヒントに繋がる話ですから、良かったら最後まで。


この【神輿を担ぐ祭り】は、傍から傍観者として見る分には楽しめる祭りなのですが、実際に神輿を担ぐ人には過酷な祭りです。

神輿はとても重いため、神輿の重さから肩が腫れたり、肩がおかしなことになったりもします。

この祭りが近づくと、私の友人は、だんだんうつ病気味になっていました。それくらい、この【神輿を担ぐ祭り】は過酷だからです。私も【神輿を担ぐ祭り】が嫌でした。

ちなみに、この【祭り】に参加するメリットはゼロ。

【祭り】に参加しても、1500円が支給されるだけです。


こんな祭りであるため、「俺、祭りに参加したくない。」と、神輿を担がない若者も当然でてきます。

また、人数の多い世代はどんどん歳をとり、神輿を担げなくなっていますので、神輿の担ぎ手不足が深刻な問題になっています。

神輿を担ぐ人数が少ないと、単純に、神輿を担ぐ1人当たりの負担が大きくなります。

そして、1人あたりの負担が大きくなったことで、神輿の担ぎ手の若者には負傷者が出やすくなっており、また、1人当たりのプレッシャーも大きくなっていますから、そのプレッシャーから、祭り前にうつ気味になる人も増えてきました。

ですから、神輿を保管してある神社の地区では、「他の地区の若者にも応援に来てもらい、神輿を担いでもらったほうが良いのでは?」「いやいや、ずっと今まで、この地区の人間だけで神輿を担ぐ伝統を積み重ねてきたんだ。他の地区の助けは借りないほうが良い。」などと、話し合いがもたれるまでになっていました。



A日本と【神輿を担ぐ祭り】
■上記の【神輿を担ぐ祭り】の話は、現在の日本の状況に似ているようなのです。
‘神輿’を{税金}に例えてみます。

現在の日本では、重い税金を払う、若い働き手が不足しています。
税金を払う人数が少ないと、単純に、税金を払う1人当たりの負担が大きくなります。

そして、1人あたりの負担が大きくなったことで、納税者の若者には仕事のストレスが出やすくなっており、また、1人当たりのプレッシャーも大きくなっていますから、そのプレッシャーから、仕事でうつ気味になる人も増えてきました。

ちなみに、この日本の税金システムに参加するメリットはゼロ。

日本の税金システムに参加しても、人数の多い老人世代の年金と高額な医療費を負担させられるだけです。

「将来年金を貰える」と言っても、社会保険を25年間、払っていない人でも、将来生活に困ったら、生活保護を支給して貰えるわけですから、年金を貰えても嬉しくありません。

若いときは年金の掛け金を納めずに、老人になったときに生活保護を貰えば良いだけの話ですから。


こんな日本の税金システムですから、「俺、税金納めたくない。日本は税金の無駄使いが多いし・・。」と、日本の税金システムに嫌気がさし、税金の安い国外(他国)にでていく企業や富裕層もでてきます。

納税額の多い、企業や富裕層が国外にでていくことで、普通に日本で働く会社員の、1人当たりの納税額は、さらに多くなっていきます。

ですから、日本では「他の国の若者にも応援に来てもらい、日本で働いてもらい税金を納めてもらったほうが良いのでは?」「いやいや、ずっと今まで、日本人だけでやってきたんだ。他の国の人間の助けは借りないほうが良い。」などと、話し合いがもたれるまでになってきそうです。



さて、このように見ていくと、【祭り】も【日本の税金システム】も、お先真っ暗であり、解決策がないようにも思われます。
日本の若者は貧乏クジを引かされ、重い神輿と税金を担がされるしかないのでしょうか?



B解決策
■私達は、重い神輿と税金に悩まされています。

しかし、
神輿や税金が重いなら、単純に軽くすれば良いのかもしれません。

神輿が重いなら、神輿を軽くすれば良い・・とも思うのです。
神輿を、軽量素材のプラスチックで作れば、そしらた神輿は軽くなり、【フンドシ祭り】は、もっとマシな祭りになりそうです。

税金が重いなら、税金を軽くすれば良いのかもしれません。
と、言いましても、税金を軽くすることは個人ではできません。

では、どうすれば良いのでしょうか?
神輿を【生活レベル・幸せの基準】に置き換えてみます。

今までは、「この重い神輿を担がないといけない!」と、勝手に思い込んでいました。

つまり・・今までは、「この生活レベル・幸せの基準を守らなければいけない!」と、勝手に思い込んでいました。

しかし、神輿を担ぐのに疲れた時は、神輿を軽くするのも良さそうです。
重い神輿を担ぎ続ける必要性はないのかもしれません。もう、時代は変わっているからです。昔とは違うのです。

人生に疲れた時などは、生活レベル・幸せの基準を下げれば良いのかもしれません。
高い生活レベル・幸せの基準を守り続ける必要性はなさそうです。
もう、時代は変わっているからです。昔とは違うのです。


【祭り】の参加者は増えていきません。
ですから、神輿の重さを軽くするのも選択肢の1つなのかもしれません。

インターネット選挙を反対する人の理由にあるとおり、日本の政治は変わらない可能性もあるため、働き手の若者の負担は、今後、どんどん増えることも予想されます。

政治が変わらないなら、自分で、自分の生活レベル・幸せの基準を変えていくのも良さそうです。

自分で自分の幸せの基準をコントロールする方法に関しては幸せになる方法の記事で。


<writer 名無き仙人>


★よく読まれている記事★
【人気】高利回りソーシャルレンディング投資とは?仕組みを解説(超高時給の投資!私が投資する理由)

【人気】FXの始め方!基礎とポイントをわかりやすく解説(為替で儲けよう!投資は大人の趣味)







バス男「僕も人生に疲れてきたなぁ。」


バス子「そういう時もあるわよね。幸運が訪れるといいわね。」


仙人「時代によって生き方や価値観を変えて生きていくのは当然のこと・・とも言えるのかもしれぬのぉ。明治維新や戦中・戦後など、生き方や価値観をガラっと変えなければいけなかった時代というのは、日本の歴史の中でも、何度もあるのじゃよ。今は、そのときなのかもしれぬのぉ。その時代に生きておる当事者は、なかなか気がつけぬものじゃが・・。」





お勧め超高利回りソーシャルレンディングの仕組みとリスク!体験談(超高時給の投資)
産業用太陽光発電への投資!メリット/デメリット(不動産投資より手堅い)
穴場の高額バイトお勧め7つ!知らなきゃ損するよ(穴場のアルバイトをご紹介)
結婚チャンステスト!楽天オーネット体験談(結婚チャンステストやってみたよ)
貯金ができない人の強制貯金術(貯金できない理由は「お金の預け先」を間違っているから)
お勧め派遣会社!正社員になる賢い方法も(お勧めの派遣会社はココ!)
既卒やフリーターにお勧めな就職サイトはコレ(既卒やフリーター専用の正社員就職サイト)
歯が白くなるホワイトニング歯磨き粉の効果がすごい!(ホワイトニング歯磨き粉レビュー)
職種別!おすすめ転職サイトの紹介と説明(職種別!お勧め転職サイトはコレ!)
FXの始め方!基礎とポイントをわかりやすく解説(為替で儲けよう!投資は大人の趣味)
株式投資の始め方!株は楽しいよ(株で儲けよう!投資は大人の趣味)





★ 生活費の節約術とお金を増やす方法(月5万円/年60万円の自由なお金を作る方法)

★ 見た目年齢の若い元気な人になる方法(実年齢より見た目年齢が若い人がやっていること)

★ 恋愛/婚活!出会いの方法一覧(自分に合った出会いの方法を見つけよう)


仕事仙術

恋愛・婚活仙術

その他