将来が不安な人へ   


スポンサーリンク




スポンサーリンク

自分の将来が不安

■将来の不安を克服するには?方法。将来の不安を無くすには?方法。自分の将来が不安で心配な場合の対処方法。

将来が不安で心配
「将来が不安・・」就職・結婚・年金・老後・生活・・将来の不安をなくすには?方法。将来の不安から解消されたい!



バス子「ついに友達のバス香も結婚しちゃったわねぇ。素直に嬉しいけど、私は自分が将来結婚できるか不安になっちゃった・・。」


バス男「僕なんて、将来自分が結婚できるか?も不安だし、自分の今の仕事の給料で、家族を養っていけるかも不安だよ。」


バス子「そうよねぇ。今の日本は将来がわからないし、将来に希望がもてないものね〜。あ〜、将来が心配だわぁ。」


バス男「・・そういえば、今日、仙人様が【将来が不安な人へ〜将来の不安への対処方法〜】っていうセミナーを仙人神社で行うらしいよ。一緒に聞きに行ってみる?」


バス子「そうね。仙人の【将来が不安な人へ〜将来の不安への対処方法〜】のセミナーを聞きに行きましょ。仙人のセミナーはいつも無料だし。」


「よし、さっそく聞きに行こう♪自分の将来のために!」







〜仕事も、お金も将来が不安!〜

1.この4次元世界に‘安定’は存在するか?
@安定と安心を求める人間

■将来に不安をもっている人は多いようです。

ですので、インターネットでも【将来 不安】というキーワードを検索窓に打ち込み、将来の不安に対する情報を求める人は毎月、月間1万人ほどもいるようです。

将来が不安であり、将来が恐くてしかたがないから、人は安定した職業を求め、保険に加入し、生活を切り詰めて将来のために貯金をするようです。

私もずっと将来を不安に思って生きてきました。心配性であり、取り越し苦労も多々しました。

将来を不安に思うから、安定した職業である公務員をずっと目指していましたし、「手に職を持とう!」とスキルを高めたり、資格を求めた時期もありました。

就活・転職のコツ

しかし、どんなに策を練って、不測の事態に備えをしても将来が不安であることには変わりないのですよね。私の場合は、どんなに策を練っても、将来の不安は解消されませんでした。

では、どうして将来に対する不安はいつまで経っても解消されないのでしょうか?まずはその理由から見ていきましょう。

将来が不安になる原因や対処方法を見ていこう。



A諸行無常 〜将来が不安〜
■この目の前に広がる痛いほどリアルな4次元世界の現実は、つねに変化していくようです。
ですので、仏教では{諸行無常}なんて言葉がありますし、{栄枯盛衰}なんて言葉もあります。

この4次元世界が常に変化していく理由は、エネルギー問題の解決策のとおり、そもそもこの4次元世界自体が、超微細な光エネルギーの具象化だからかもしれません。

私達人間も、本質はエネルギーなのかもしれません。
詳細人間の本性

そして本質を見てみると、地球もエネルギーですし、地球上のすべてのものも本質はエネルギーのようなのです。

たとえば
お金も、本質はエネルギーのようです。
詳細
紙幣・貨幣・お金の真実


そしてエネルギーは、【エネルギー不滅の法則】のもと、絶えず形を変えながら循環し続けるようです。
ですから、超微細な光エネルギーの具象化である、この4次元世界の現実は、常に形を変え続けるのでしょう。

【一定のままずっと変わらないもの】なんて、この4次元世界では存在しないようです。人間も【赤ちゃん→子供→大人→老人】と、絶えず変化し続けます。

さて、このように常に変化する現実世界を生きている私達ですが、私達はいつも【安定・安心】を求めます。

そして【安定・安心】を求めるがゆえに、変化を嫌います。新しいことにチャレンジすること、未知のものにチャレンジすることを‘恐い’と感じます。

当然ですよね。現在の状況が変化すると、現在の【安定・安心】が崩れてしまう心配がありますし、未知のものにチャレンジすれば、心や体を傷つけてしまうリスクが増えますから。


しかし、ここから重要なのですが・・・

私達は、この4次元世界の現実は常に変化し続けるのに、【変わらない安定・安心】を求め変化を嫌っている側面もあるようなのです。

「必ず変化するのに、変化を嫌う」のですから、矛盾がありますよね。

【一定のままずっと変わらないもの】にしがみつき、安心して暮らしていたい気持ちがあるのですが、残念ながら【一定のままずっと変わらないもの】が、この4次元世界の現実には存在しないようなのです。

そのため、そもそも・・
【一定のままずっと変わらないもの】にしがみつき、安心して暮らしていく方法が存在しないようなのです。

私達は、【一定のままずっと変わらない、安心していられるもの】、たとえば・・
・安定した職業
・国からの年金
などをアテにするわけですが、ソレらは、「一定のままずっと変わらないもの」なのでしょうか?


人類が地球上に誕生して、これまでの数百万年間の間、ただの1度も、
・絶対に定年までずっと雇用し続けてくれ、給料を保証してくる職業
・絶対に必ず支給される老後の手当て(年金など)
などは、存在しなかったのです。


第二次大戦後すぐに生まれた、団塊世代の人達だけが特殊な時代の恩恵を受け、
・定年まで雇用し続けてくれ、給料を保証してくれる職業
・必ず支払われる年金
を享受できたのかもしれません。

団塊世代の人達は長い歴史で見た場合、ちょうどラッキーな世代だったのかもしれません。将来、そのように歴史の授業では、子供達に教えることになるかもしれません。


現在の【労働世代がお年寄りを支える】年金制度は・・・まだ100年すらも続いたことのない、海外においても実績のない精度であり、戦時中、戦費を調達するために、机上の理論のもとに、「年金制度なんて、こんなんで良いんじゃない?・・なんか、下手すると将来問題が起きるかもしれないけど、その時はもう、俺は生きていないし・・。」と作成したものなのかもしれません。


そんな、保証のない{年金制度}という制度をアテにし、しがみつき、大企業のお偉いさんの本音ですら「本当のことを言うと、5年先すらわからないんだ・・。」という、どの企業が、いつ潰れるかわからない状況において、会社のお給料をアテにし、しがみついていたら・・
不安は、解消されないのかもしれません。


現在の国の年金制度や、会社からの給料だけをアテしていれば、将来の不安は、老人になって死ぬ半年前まで続くかもしれません。
その証拠に、60歳をすぎている方へのアンケートでも、「将来が不安」と答える方も多いようです。

年金については、年金崩壊後は年金もらえない?(生活保護も破綻したら!?)の記事が詳しいです。

では、将来の不安をなくす方法として、いったいどんな方法が存在するのでしょうか?



B将来の不安から解消されるには? 〜将来が不安
■将来の不安をなくすには、様々な方法があるのでしょうが、以下の2つの方法もあるようです。

@お金を得る手段を増やす
A幸せの基準を自分でコントロールする



まず、@お金を得る手段を増やすです。
お金の価値のとおり、現代社会はお金で成り立っています。

「腹が減る→お金で食べ物を買う→仮にお金がないと食べていけない→食べていけないと、生きていけない」ですので、お金がないと生きていけないのです。

その{人間の生命線であるお金}を得る手段を、たった1つの会社だけに頼るのは、リスキーなことでも、あるのかもしれません。

大手大企業ですら、本音を言うと、「5年先すら見えない」というのが本音・・とも聞く機会もあります。

たいていの企業は、1年間を無事に黒字で乗り切ることに精一杯なようです。店舗などの現場で働いていると考える機会は少ないのですが、会社の本部の社長や役員の本音としては、そうなのかもしれません。
そのような発言を、公ではしませんが・・。

そんな状況であるにも関わらず、1つの会社からのお給料だけをアテにし、お給料にしがみついていれば、不安は解消されにくいのかもしれません。

そもそも、人間が地球上に誕生して以来、1つの会社にしがみついていれば生きていけたのは、世界中を見渡しても、日本という特殊な島国における、ほんの数十年間だけの、特殊な時期だけ・・とも聞く機会もあります。

【1つの会社にしがみついていれば生きていける状況】は、この先は、ずっと続かないのかもしれません。

関連
将来予想の仕方

ですから、会社の給料だけに自分の収入源を頼るのではなく、自分でお金を稼ぐ手段を身につけておくのも良さそうです。

自分でお金を稼ぐ手段としては、ネット副業投資(株・FX・不動産等)など、探せばいろいろとありそうです。

私達の先祖は、戦前までのずっと長い間、自営業者として農業や商売をして生活している人も多かったようです。私達の先祖は、経営セミナー等に参加しているわけでもないのに、「自分でお金を稼ぐ」をしていたわけですね。
大学で経営学を学んだわけでもないのに、立派に農業や商業の自営業者として、家族を養っていたのですね。

そのように考えると、インターネットがある分、自分で稼ぐことが容易な現在社会において、自分でお金を稼ぐことは、現実的な1つの選択肢とも言えるのかもしれません。

収入源を増やすことは、将来の不安を減らすことに繋がるようです。
関連→お金を稼ぐコツ

仕事も収入源も1つである必要がないよ。

収入源を増やす方法については、副業で月3万円稼ぐ私の方法2つ!随時更新(月3〜5万円の副収入を稼ぐには?)の記事が詳しいです。

次にA幸せの基準を自分でコントロールするです。

「今の生活レベルを落としたくない」
「現在のステイタスある仕事を変えたくない」
「老後も年金をたくさん欲しい」
「結婚して子供が出来ても、生活の質は落としたくない」
「周りから、「良い立派な生活・人生を送っているなぁ〜」と思われていたい。」

などを、自分の幸せの基準にしていると、将来への不安が続きやすいのかもしれません。

なぜなら、現在働いている会社がいつ倒産するかわかりませんし、リストラに合うかもわかりません。人事異動で嫌な上司の下に配属され、うつ病になり、仕事を辞めないといけなくなるかもしれません。

それに、今後数年〜数十年で日本の国力自体が弱くなり、日本円の通貨価値が下がれば、現在と同じ仕事をしていても、自然と輸入品が高くなり、現在の生活レベルはキープできなくなる可能性もあるそうです。

病気になって働けなくなる可能性もありますし、交通事故の可能性もゼロではありませんし、地震などの災害に合うかもしれません。運悪く、なんらかの詐欺に合い、多額のお金を騙し取られる可能性もゼロではありません。

このように、この4次元世界に生きていれば、【絶対安定で安心で変わらないもの】は存在しないのですから、

「今の生活レベルを落としたくない」
「現在のステイタスある仕事を変えたくない」
「老後も年金をたくさん欲しい」
「結婚して子供が出来ても、生活の質は落としたくない」
「周りから、「良い立派な生活・人生を送っているなぁ〜」と思われていたい。」

などの幸せの基準をもっていれば、その幸せの基準以下の生活をすることになる可能性・心配からは開放されないのかもしれません。

いつも、今現在の幸せレベルを失わないように、ビクビクしながら生きていくことになるのかもしれません。

ですから、幸せの基準を自分でコントロール出来ると良いですよね。

生活水準については、生活水準を下げなさい(文明生活を諦める)の記事で。

そもそも・・・
「今の生活レベルを落としたくない」
「現在のステイタスある仕事を変えたくない」
「老後も年金をたくさん欲しい」
「結婚して子供が出来ても、生活の質は落としたくない」
「周りから、「良い立派な生活・人生を送っているなぁ〜」と思われていたい。」

などの幸せの基準は、私達が熟考した結果、導きだされた‘私個人’にとっての幸せの基準ではなく、社会一般的な幸せの基準である!とも言える側面があるのかもしれません。

社会一般的な幸せの基準に、‘私個人’が従わないといけない理由は、どこにもありませんよね。

私達にとって大事なのは、「自分が幸せだ!」と感じる基準を社会一般的な幸せの基準に合わせることではなく・・自分自身の幸せの基準を、自分でコントロールすることなのかもしれません。

自分で自分の「幸せだ!」と感じる基準をコントロール出来ることは、幸せでい続けることの出来る方法の1つのようです。
将来の不安からも開放されやすくなるようです。

自分の幸せのコントロールについては、幸せになる方法の記事で。


〜追記〜

お金や経済面での将来の不安への対処法では{仕事選び}と{投資/副業}が重要となりますよね。

{仕事選び}や{投資/副業}については、以下の記事が詳しいです。

@職種別!おすすめ転職サイトと転職の仕方(ハローワーク以外)(職種別!転職サイトと転職のやり方)

A既卒やフリーターにお勧め就職サイトはコレ(既卒やフリーター専用の正社員就職サイト)

B副業で月3万円稼ぐ私の方法2つ!随時更新(月3〜5万円の副収入を稼ぐには?)

C月1〜2万円の副収入を手堅く投資で稼ぐ私の方法(副収入を稼ぐには?)


また、将来が不安な理由が、「結婚できるか不安」など、

恋愛/婚活/結婚にある場合は、以下の記事もおすすめです。

@誰にも言えない!相談できない深刻な悩みの解決方法【恋愛/人間関係】(1人で抱えこむのが最もヤバい)

A婚活サイトおすすめ比較ランキング!私の体験談も(実際にやってみた)


〜追記2〜
→中学生や高校生、大学生など、学生までもが将来の就職や仕事、お金、恋愛や結婚に対して不安を抱いている時代です。

若い人が将来に期待や夢を抱けず、不安をもっているのですから{社会のあり方}に問題がありそうですね。

ただ、インターネット投票選挙を反対する人の理由(政治が変わらない理由)にあるとおり。

高齢者天国である日本では、しばらく状況が変わりそうにありませんね。
インターネット投票選挙を反対する人の理由(政治が変わらない理由)は、もう何年も前に書いた記事ですが、まったくネット投票が解禁される雰囲気はありません。

他人は{私の幸せのため}には変わってくれないよ。
他人達の集合体である社会も、{私の幸せのため}には変わってくれない厳しい現実があるみたい。


将来の不安を克服するには、いろいろな意味での覚悟が必要となりそうですね。
「働く覚悟」や「生活水準を下げる覚悟」、「幸せの基準を下げる覚悟」など覚悟がないと、漠然とした将来への不安が続くことになりそうです。

幸せになる方法/私の経験談(「幸せ」の基準を下げる恐怖)

生活水準を下げなさい(文明生活を諦める)

結婚も仕事も覚悟ができない理由と対処法(「理由」はいらないが「覚悟」はいるよ)

ただ、将来を悲観しすぎたり、不安に思いすぎるのも問題です。
楽観するのではなく、悲観をするでもなく、現実的に見ることが基本となりそうですね。

将来が不安!対処法の1つは覚悟をもつこと。
そして悲観しすぎることなく現実を直視すること。


ちなみに、将来の最悪の事態について知っておくと「最悪、こうなるのか。」と逆に安心感が増すことになるようです。

で、将来、起こりうる最悪の事態が国家破綻です。

国家破綻については、

@財政破綻日本(財政破綻の可能性)

A日本国家の財政破綻への対策(破綻後の日本を歩く)

B日本国家が財政経済破綻したらどうなる?

の記事が詳しいです。

<writer 名無き仙人>


★よく読まれている記事★
【人気】高利回りソーシャルレンディング投資とは?仕組みを解説(超高時給の投資!私が投資する理由)

【人気】FXの始め方!基礎とポイントをわかりやすく解説(為替で儲けよう!投資は大人の趣味)






バス男「将来の不安が解消されるといいなぁ。」


バス子「不安は、物理的なものではなく、心の中にある感情だから、心のコントロールも大切になりそうね。」


仙人「将来の不安は、{世の中は必ず変化し続ける}という大前提を無視するから生まれてくる側面もあるのかもしれぬのぉ。世の中は変化し続けるのじゃから、世の中の変化に合わせて、自分もその変化に対応し続けるしかないのかもしれぬのぉ。それなのに、{変わらないもの}を信じて、それにしがみつこうとするため、将来がずっと不安なのかもしれぬのぉ。」


関連一人暮らしの老後資金必要額をシュミレーションしたよ(老後の必要額)
好きなことを仕事にする私の方法(ネットがあるから好きなことは現金化できるよ)
自分が何をしたいのかわからない人へ就職/仕事編(やりたいことは見つけるものではなく「出会うもの」)
働きたくないけど仕事する私の心理6つ(人が働く理由6つ)
生きるのに疲れたら人生のバランスをとろう(義務感だけで生きると疲れるよ)
向上心がない人の特徴は仕事で苦労する点(向上心のメリットとデメリットとは)
大学に行く意味がわからない?私の経験談(大学を卒業するメリットとデメリット)
勉強する意味!私の勉強する理由(将来、役に立たない勉強を学校でする理由)





お勧め超高利回りソーシャルレンディングの仕組みとリスク!体験談(超高時給の投資)
産業用太陽光発電への投資!メリット/デメリット(不動産投資より手堅い)
穴場の高額バイトお勧め7つ!知らなきゃ損するよ(穴場のアルバイトをご紹介)
結婚チャンステスト!楽天オーネット体験談(結婚チャンステストやってみたよ)
貯金ができない人の強制貯金術(貯金できない理由は「お金の預け先」を間違っているから)
お勧め派遣会社!正社員になる賢い方法も(お勧めの派遣会社はココ!)
既卒やフリーターにお勧めな就職サイトはコレ(既卒やフリーター専用の正社員就職サイト)
歯が白くなるホワイトニング歯磨き粉の効果がすごい!(ホワイトニング歯磨き粉レビュー)
職種別!おすすめ転職サイトの紹介と説明(職種別!お勧め転職サイトはコレ!)
FXの始め方!基礎とポイントをわかりやすく解説(為替で儲けよう!投資は大人の趣味)
株式投資の始め方!株は楽しいよ(株で儲けよう!投資は大人の趣味)





★ 生活費の節約術とお金を増やす方法(月5万円/年60万円の自由なお金を作る方法)

★ 見た目年齢の若い元気な人になる方法(実年齢より見た目年齢が若い人がやっていること)

★ 恋愛/婚活!出会いの方法一覧(自分に合った出会いの方法を見つけよう)


仕事仙術

恋愛・婚活仙術

その他