執着心を捨てる方法   


スポンサーリンク




スポンサーリンク

執着心を捨てる

■愛情・失恋・お金・結婚・仕事・食べ物/執着しない生き方とは?執着心を捨てるには?方法。愛情・失恋・お金・食べ物

執着心を捨てる方法
「成さずして為す」・・執着心を捨てるには?



バス男「はぁ。僕の好きな子が振り向いてくれないかなぁ。」


バス子「バス男さんは振られたんでしょ。いい加減、執着を捨てたら?」


「うっ!・・先日負けた分、パチンコで勝たないかなぁ。」


「もうっ。お金への執着心も捨てなさいよ。仙人の【執着心を捨てる方法】の話、聞いていないの?」


「仙人様の【執着心を捨てる方法】の話?」


「うん。仙人が言うには・・・・」







〜執着心を捨てる方法〜

1.「成さずして為す」・・執着心を捨てる方法
@執着心を捨てるには?

■愛は偉大ですが・・たとえ‘愛’だとしても、その‘愛’に執着心があると苦しむことになりますよね。

言い換えるならば、たとえ‘愛’だとしても利己的な‘愛’は苦しみを生むようです。

自分は自分は自分は自分は!と自分のメリットのためだけに行う利己的な‘愛’は、見返りを期待している分、最終的には苦しみを生む場合があるようなのです。

ですから、人生に期待するのは辞めなさいのとおり見返りを期待せず見返りを諦めなさいのとおり見返りを諦め、ただただ与えっぱなすことで、その‘愛’は利己的なものではなくなり・・
‘愛’が相手に受け入れられようと、受け入れられまいと・・与えた‘愛’の見返りがあろうと、なかろうと・・自分も他人も幸せに導いてくれる‘愛’になるわけです。


つまり、‘愛’でも他のことでも、執着心があるから苦しみを生むわけで、執着心を捨てることが出来れば、幸せに繋がっていきやすいようなのです。


では、執着心を捨てるにはどうすれば良いのでしょうか?

執着心を捨てる方法とは

それは、自分の‘幸せ’を、自分以外の【他人(恋人)/モノ/名声/地位/お金】などに依存しないことのようです。
自分の‘幸せ’を、自分以外の【他人(恋人)/モノ/名声/地位/お金】などから得ようとするから、ソレらに執着心が生まれます。

自分の‘幸せ’が【他人やモノ/名声/地位/お金】に依存しているならば・・【他人/モノ/名声/地位/お金】がないと、幸せになれないわけです。
すると、幸せになりたいから、どうしても【他人/モノ/名声/地位/お金】に執着することになるでしょう。

そして【他人(恋人)/モノ/名声/地位/お金】を手に入れれば、‘幸せ’を手に入れることになるわけですが・・と、同時に
【他人(恋人)/モノ/名声/地位/お金】を失う恐怖も手にすることになるようです。

{失うこと}は恐いですから「失わないように!」と、さらに執着心が強くなっていきます。
それは、信用/信頼も同様ですよね。
周りの目を気にしすぎるあまり、信用・信頼を積み重ねてばかりですと、

築いた信用/信頼の山が崩れることが恐くなり、どんどん自由が失われ恐怖心が増えていく場合もあるようです。
関連
信用・信頼を諦めなさい


ですから執着心を手放すには、自分の‘幸せ’を、自分以外の【他人(恋人)/モノ/名声/地位/お金】などに依存しないことも大切なのかもしれません。

‘幸せ’は、いつも自分の心の中にあります。
4次元世界の現実に現れる諸現象・・【他人(恋人)/モノ/名声/地位/お金】と、{心の幸せ}は、連動させる必要はなさそうです。

恋人がいても不幸せな人もいますし・・恋人がいなくても幸せに生きている人もいます。

高い生活水準の生活をしているのに不幸せな人もいますし・・家賃の安いアパートに暮らしつつも幸せに生きている人もいます。

4次元世界の現実に現れる諸現象と{心の幸せ}は連動しなくても良いわけですね。
だからこそ・・物理的には銀行残高に1億円あっても良いですし、恋人や伴侶がいても良いのですが、ただ、【他人(恋人)/モノ/名声/地位/お金】に、自分の幸せを依存する必要はないようです。

しかし普通の場合は、4次元世界の現実に現れる諸現象・・【他人(恋人)/モノ/名声/地位/お金】と、{心の幸せ}が連動してしまい、「幸せになりたい!」と願うからこそ、【他人(恋人)/モノ/名声/地位/お金】に対して過度に執着するようになるようです。

その理由は、己のアイデンティティも【他人(恋人)/モノ/名声/地位/お金】に依存しているから・・かもしれません。



A執着とアイデンティティ 〜執着心を捨てる方法〜
自分とは何か?にあるとおり、アイデンティティとは「自分が自分である理由」、「自分を自分ならしめているもの」のことを言うようです。

具体的には、

・自分の外見
・自分の内面(性格や考え方、知識等)
・自分の職業
・自分の家族
・自分の乗っている車
・自分の友人
・自分の過去
・自分の将来のビジョン
・趣味

等です。

私達はこのように、主に自分以外の他者や世界との繋がりを通して、‘自分自身アイデンティティ’を形成しています。

そしてさらに【他人(恋人)/モノ/名声/地位/お金】に、己の‘幸せ’を依存している場合もあるようです。

だからこそ、【他人(恋人)/モノ/名声/地位/お金】を失うと大変心が痛みます。
例えば失恋。
大好きなAさん別れますと・・「Aさんの彼氏or彼女である自分」という‘自分自身のアイデンティティ’が、



崩れてしまいますし・・己の‘幸せ’を依存していたAさんがいなくなるわけですから、‘幸せ’までも失ってしまいます。
ですから、失恋によって日常生活に支障が出るほど心が痛むわけで、だからこそ人は、「恋人を失わないように!」と異性に対して過度に執着します。
関連異性を意識し好きになる理由


一方で・・‘自分自身のアイデンティティ’を、外界のものに過度に依存することなく、

‘自分自身の幸せ’を、外界のものに過度に依存することがなければ、執着心が自然と薄れていくようです。


【他人(恋人)/モノ/名声/地位/お金】に、‘自分自身のアイデンティティ’や‘自分自身の幸せ’を依存していないのであれば、執着心の生まれようもありません。

たとえば、私達はスポンジやゴキブリに対しては執着心がないでしょう?
それは、私達がスポンジやゴキブリに、‘自分自身のアイデンティティ’や‘自分自身の幸せ’を依存していないからです。
だから、スポンジやゴキブリが手に入ろうと、失おうと、どうでも良いでしょう?
【他人(恋人)/モノ/名声/地位/お金】に‘自分自身のアイデンティティ’や‘自分自身の幸せ’を依存しているから、ソレらが手に入ると喜び、失うとショックを受けるのです。

「私、ゴキブリがいないと幸せになれない!」
「スポンジあっての、俺なんだ!」
という状況ならば、スポンジやゴキブリに対しては執着心が生まれるでしょうが、普通はそんなものに、‘自分自身のアイデンティティ’や‘自分自身の幸せ’を依存しませんからね。


「しかし、‘自分自身のアイデンティティ’や‘自分自身の幸せ’を【他人(恋人)/モノ/名声/地位/お金】に依存しないわけにはいかないだろ?」
→そう思いますよね。
しかし、【他人(恋人)/モノ/名声/地位/お金】に依存しなくても人間は生きていけるのかもしれません。

上写真の修行僧の方は‘自分自身のアイデンティティ’や‘自分自身の幸せ’を【他人(恋人)/モノ/名声/地位/お金】に依存していないことでしょう。
そして、ソレらに依存しないことは、難しいことではないのかもしれません。



B執着心を捨てる具体的な方法 〜執着心を捨てる方法〜
■‘自分自身のアイデンティティ’や‘自分自身の幸せ’を【他人(恋人)/モノ/名声/地位/お金】に依存することなく生きていくことで、執着心をもたずに生きていくことが可能になるようですが、そのためには以下の3つのコツがあるようです。

@頑張るモチベーション
A‘幸せ’を外界の現象や他人に頼らない

B真実を深く理解することで自我・我欲(利己心)を薄める



まず@頑張るモチベーションです。
私達はついつい、「大好きな○○さんのために、頑張るんだ!」「夢のために、頑張ろう!」などと、特定の人やモノなどを頑張るモチベーションに利用する傾向があるようです。
しかし、特定の人やモノなどを頑張るモチベーションに利用し頑張りますと・・
「私は、貴方のために頑張ったのよ?」
「俺は、夢のために頑張ったのに・・」
と、頑張るモチベーションとして利用した特定の人やモノなどに対して執着心が強くなってしまうようです。

「私、優輝君のために頑張ったのに・・。」と、優輝君のために頑張りますと、優輝君に対する執着心が強くなってしまうようです。

ですから、誰か特定の個人のために見返りを期待して頑張るのではなく・・
誰かに認められたいわけでもなく・・(承認欲求を諦めなさい
誰に対しても、何の言い訳をすることもなく・・
ただただ運命の大いなる流れを背に受けて、淡々と為すのです。
そうすることで、執着心をもたなくて済みそうです。

今、貴方様は誰のために頑張っていますか?
‘誰か’のために頑張っていますと、その‘誰か’に対して、執着心が強くなってしまうのかもしれません。
人生に期待するのは辞めなさいのとおり‘誰か’からの見返りを期待せず見返りを諦めなさいのとおり‘誰か’からの見返りを諦め、ただただ淡々と為すことです。
それが‘誰か’のためにもなります。その‘誰か’のことを精神的に縛らずに、ただただ与えっぱなすのです。

もし仮に、私が貴方様のために記事を書いており、貴方様に対して、
「こっちは貴方のために頑張って記事を書いているんだぞ?」
「貴方のために記事を書いたのだから、見返りとして何か頂戴!!」
と直接言わなくても、そのような雰囲気があれば、貴方様も記事を読んでいて窮屈に感じますでしょ?

そして、その雰囲気というのは、「○○のために頑張るだー!!」と、特定の‘誰か‘のために頑張りますと、自然と嫌でも湧いてきて、相手に伝わってしまうようなのです。
そして相手が窮屈に感じ・・それが恋愛ならば、「彼女の愛は嬉しいんだけど、なんだか‘重い‘んだよね。」という表現になるようです。

見返りを諦め、ただただ与えっぱなすことです。
誰かのために見返りを期待して頑張るのではなく・・
誰かに認められたいわけでもなく・・(承認欲求を諦めなさい
誰に対しても、何の言い訳をすることもなく・・
ただただ運命の大いなる流れを背に受けて、淡々と為すのです。


次にA‘幸せ’を外界の現象や他人に頼らないです。
自分の‘幸せ’が【他人やモノ/名声/地位/お金】に依存しているならば・・【他人/モノ/名声/地位/お金】がないと幸せになれないため、幸せになりたいから【他人/モノ/名声/地位/お金】に執着することになりそうです。

そして【他人(恋人)/モノ/名声/地位/お金】を手に入れれば、‘幸せ’を手に入れることになるわけですが・・と、同時に【他人(恋人)/モノ/名声/地位/お金】を失う恐怖も手にすることになり、失う恐怖心からさらに執着を強くするようです。

これらのことは言い換えますと・・現実のコントロールが出来ないと、幸せになれない状況なわけです。

大好きなAさんの気持ちをコントロール出来ないと幸せになれないわけです。
お金もちになれなければ、幸せになれないわけです。
しかし、他人の自由意志をコントロールすることは不可能なため、大好きなAさんに振られる時は振られてしまいます。
また、お金の方はお金を稼ぐコツなどにより、ある程度はコントロール可能かもしれませんが、時間がかかります。

このように、自分以外の外界のものに己の幸せを依存していると現実のコントロールが上手くいかない場合は‘幸せ’になれないため、幸せになりたいからこそ【他人(恋人)/モノ/名声/地位/お金】に対する執着心が過度に強まってしまうようなのです。

しかし、仙人/仙女修行者は、たとえ現実のコントロールが上手くいかなくても・・
世の中の状況がどうであろうと・・
現実世界がどうであろうと・・
自身の心をコントロールし、どのような状況でも‘幸せ’を感じながら生きていけるよう{心のコントロール方法}を学びますので、自分以外の外界のものに己の幸せを依存する割合が減ります。
そのため、幸せになりたいからこそ【他人(恋人)/モノ/名声/地位/お金】に対して執着するのではなく・・幸せになりたいからこそ{自身の心をコントロールする}を頑張ります。

恋人がいても不幸せな人もいますし・・恋人がいなくても幸せに生きている人もいます。
高い生活水準の生活をしているのに不幸せな人もいますし・・家賃の安いアパートに暮らしつつも幸せに生きている人もいます。

これらの違いは、当人の‘心のあり方’の違いとも言えそうです。
当人が‘心のあり方’や‘価値観’、それに‘幸せの基準’などをコントロールすることで、どんな状況でも、幸せを感じながら生きていくことが可能となり・・そうなれば、過度に【他人(恋人)/モノ/名声/地位/お金】に対して執着しなくなります。
【他人(恋人)/モノ/名声/地位/お金】がなくても、幸せに生きていけるからです。

【他人(恋人)/モノ/名声/地位/お金】がなくても、幸せに生きていけるのに・・どうして【他人(恋人)/モノ/名声/地位/お金】なんてものに、過度に執着するでしょうか?
{心のコントロール方法}に関しては仙人/仙女修行を参考下さい。


最後にB真実を深く理解することで自我・我欲(利己心)を薄めるです。
冒頭にもあるとおり、たとえ‘愛’だとしても利己的な‘愛’は、苦しみを生む場合があるようです。
自分は自分は自分は自分は!と自分のメリットのためだけに行う利己的な‘愛’は、見返りを期待している分、最終的には苦しみを生む場合があるわけです。
そして愛を与えた相手に対して執着心をもつようになります・・。

結局、執着心とは、利己的な想いや考えにのみ発生する心の状態でもあり、利己的な心である自分は自分は自分は自分は!という自我が消滅すれば、自然と全ての{人・モノ・出来事}に対して執着心が薄れていくようなのです。

そして「自分は自分は自分は自分は!」という自我は錯覚にすぎないため、真実の情報を深く理解すると、自然と‘自我’なる錯覚は消滅していき・・自然と、様々な事柄に対して執着をもたなくなっていくようです。
仙人/仙女修行などをとおして、真実の情報に関する理解を深めていけると良いですよね。



C成さずして為す 〜執着心を捨てる方法〜
幸せになれる本のとおり、植物は発芽や成長を為しますが、自分の個人的な意思の力によって発芽や成長を成すのではなく、ただ為しているようです。
宇宙の天体は規則的に周期運動を繰り返していますが、天体の個人的な意思の力によって規則的な周期運動を成しているのではなく、ただ為しています。

「成さずして為す」
仙人道と関係が深い道教の創始者と言い伝えられている老子の言葉です。

仙人/仙女修行者は天人合一・・天、つまり大自然や宇宙そのものとの合一を遂げ、強い意志の力で「自分の欲を満たすんだ!」と自分は自分は自分は自分は!と自然破壊をしつつ頑張るだけではなく、大自然や宇宙と溶け込む中で、成さずして為していきます。
自分の個人的な意思によって成すのではなく、ただ、為していきます。

人間は自由意志が与えられているため、大自然や宇宙に反して、自分は自分は自分は自分は!と自然破壊をしつつ頑張ることも出来ます。
その場合、行為者である当人にはカルマの法則が適応されます。

一方、自分の個人的な意思によって成すのではなく、大自然や宇宙と溶け込む中で・・運命の大いなる流れの中で成さずして為す場合、その場合は当人1個人には行為の責任がないためカルマの法則すら適応されません。
周りから見れば、当人が行為者のように見えるでしょうが、行為しているのは当人ではなく‘宇宙の意’だからです。
関連幸せの定義/基準(宇宙の意図とは?)

行為を行っているように見える当人を媒介として、そこに‘宇宙の意‘が表出されているだけなのです。
‘宇宙の意’が、行為を行っているように見える当人を媒介として働いているだけなのです。


生きるの辛い理由にあるとおり、昔の中国における仙人/仙女修行者は
「人は、無為より生じ、無為を知るため有為を経て、無為を自覚し、無為に至る」という言葉を使ってきました。

私達は物心つく前の子供の頃、たいてい、なにをしても許されてきました。
なぜなら、まだ大自然や宇宙と溶け込んでいる純粋意識状態の小さな子供が行う行為は、個人的な意思や我欲によって成されているのではないからです。
それが思春期以降、 私達は自由意志でもって大自然や宇宙に反し自分は自分は自分は自分は!と己の我欲を満たすために頑張り始めます。
すると、行為者である当人に責任があるためカルマの法則が適応され始めます。


「人は、無為より生じ、無為を知るため有為を経て、無為を自覚し、無為に至る」
言い換えますと、「人は純粋意識より生じ、純粋意識を知るために思春期以降は自由意志を‘宇宙の意’に反して使用し、そのことで純粋意識を相対的に理解し、また純粋意識に戻ることで成さずして為していくようになる・・」ということです。


「成さずして為す」

「成さずして為す」は、自己メリットばかりを追求しないために損な生き方なのでしょうか?
それとも、執着も失う恐怖もカルマもない、自由で楽しい極地なのでしょうか?

どっちが、幸せに近づく「生き方」なのでしょうか?

自分の表面的な意思の力に頼り、周りの目を気にしつつ肩に力を入れ頑張り、己の欲望の奴隷となり、欲を満たすためにひたすら頑張り続け、手に入れたものを失うことにビクビクしながら生きる一生と・・

五欲/三大欲をコントロールすることで欲を{自分/他人/世の中}のために働かせ、運命の大いなる流れを背に受けて心の中ではゆる〜い生き方をしていく一生と・・、どちらが、幸せに近づく「生き方」なのでしょうか?



Dまとめ 〜執着心を捨てる方法〜
■偉そうなことを書いてきましたが、私自身、本当は執着心の塊で・・すみません。

心が執着していないのであれば、物質的には所有していても良さそうです。
1億円でも100億円でも立派なマイホームでも高級外車でも・・心が自分のお金(貯金)や所有物に過度に執着していないのであれば、物理的には所有していても良さそうです。

エネルギー問題の解決策にあるとおり、自他は本来同一のため、他人のためにお金を使用することは自分の幸福度を高めることにもなりますから・・1〜100億円もあるなら世の中に投資した方が自分の幸せ度も上がりそうですが・・。
関連投資(株・FX・不動産等)


さて、仙人/仙女修行を行うことで少しづつ「成さずして為す」の極地に入っていきますと、時空間仙術である憧れの人や憧れの女性/男性になる方法の影響もあり、自然と悪い人とはすぅ〜っとすれ違うようになる一方、素晴らしい人との出会いも増えていき・・引き寄せの法則の効果もあり、人生に‘良いこと/嬉しいこと’が増えてき始めるようです。

それら幸運を強運になる方法にあるとおり、セーブ/制御せずにありのまま受け入れ、幸せ人生仙術により、幸せになることを自分自身に許してあげることで幸せな人生を生きていけたら素敵ですよね。

人生は長い夢でもあり、だからこそ・・
人生の全てを感謝しつつありのまま享受し、心の中では何も所有せず・・
自由でいなさい。
自然体でいなさい。
{自分にとっての幸せ}を大切にしなさい。→幸せの定義/基準
幸せな人生を生きなさい。


★追伸★
→私たちは、恋人や結婚相手、自分の仕事などを、自分自身のアイデンティティにしているようです。
そしてアイデンティティを失うと、精神的に不安定になってしまうので、それが嫌で、恋人や結婚相手、仕事などに、執着をしてしまう場合もあるようです。

ただ、{新しい自分}になり、前に進むためには、過去の{元恋人}や{以前の仕事}などの執着をすて、アイデンティティが一部、欠如した精神的に不安定な期間を乗り越える必要があるようです。
恋愛で失恋した時などは、そうですよね。

一番辛い時期は最初の1〜2か月のため、その期間を、頑張って乗り越えることができれば、過去への執着も薄れ、精神面も安定し始め、新しく前に進めることになるようです。

失恋や嫌なことを忘れたい!過去を振り返らない私の方法(今と「これから」を生きる方法)


〜追記2〜
人間として普通に社会生活を送る以上、執着心を完全に消し去ることは難しいですよね。

ただ、余裕があるほど執着心は薄れ、余裕がないほど執着してしまう傾向があるため「常に余裕をキープしておくこと」が大事だと考えています。

その1つが、経済的な余裕です。

経済的に余裕があると、「まあ、なんとかなるよ〜」と思えるし、心に余裕が生まれて、お金に対しても、恋愛や仕事に対しても、人生に対しても、強い執着心が薄れる傾向にあるようです。

経済的な余裕を保つには{仕事選び}と{投資/副業}が効果的であり、以下の記事が詳しいです。

@職種別!おすすめ転職サイトと転職の仕方(ハローワーク以外)(職種別!転職サイトと転職のやり方)

A既卒やフリーターにお勧め就職サイトはコレ(既卒やフリーター専用の正社員就職サイト)

B副業で月3万円稼ぐ私の方法2つ!随時更新(月3〜5万円の副収入を稼ぐには?)

C月1〜2万円の副収入を手堅く投資で稼ぐ私の方法(副収入を稼ぐには?)


<writer 名無き仙人>


★よく読まれている記事★
【人気】高利回りソーシャルレンディング投資とは?仕組みを解説(超高時給の投資!私が投資する理由)

【人気】FXの始め方!基礎とポイントをわかりやすく解説(為替で儲けよう!投資は大人の趣味)






バス男「執着心を捨てるのも難しいなぁ。」


バス子「執着心の強さは、人によっても異なるみたいね。」


仙人「我欲が薄れると楽しみが減るのでは?という疑問もあるようじゃが、そんなことはないのじゃよ。ただ、「楽しい!」と感じる事柄が変わっていくのじゃよ。」


関連失恋や嫌なことを忘れたい!過去を振り返らない私の方法(今と「これから」を生きる方法)
婚活サイトおすすめ比較ランキング!私の体験談も(実際にやってみた)
将来の安定・安心を諦めなさい(安定を求めると?)
他人の目が気になる(他人からの高い評価)
良い人を諦めなさい(良い人になろうとする理由は?)
愛とは何か?名言(人生の繁栄は愛を広げること)
幸せが訪れるありがとうの言葉(幸せの好循環の秘訣は感謝)





お勧め超高利回りソーシャルレンディングの仕組みとリスク!体験談(超高時給の投資)
産業用太陽光発電への投資!メリット/デメリット(不動産投資より手堅い)
穴場の高額バイトお勧め7つ!知らなきゃ損するよ(穴場のアルバイトをご紹介)
結婚チャンステスト!楽天オーネット体験談(結婚チャンステストやってみたよ)
貯金ができない人の強制貯金術(貯金できない理由は「お金の預け先」を間違っているから)
お勧め派遣会社!正社員になる賢い方法も(お勧めの派遣会社はココ!)
既卒やフリーターにお勧めな就職サイトはコレ(既卒やフリーター専用の正社員就職サイト)
歯が白くなるホワイトニング歯磨き粉の効果がすごい!(ホワイトニング歯磨き粉レビュー)
職種別!おすすめ転職サイトの紹介と説明(職種別!お勧め転職サイトはコレ!)
FXの始め方!基礎とポイントをわかりやすく解説(為替で儲けよう!投資は大人の趣味)
株式投資の始め方!株は楽しいよ(株で儲けよう!投資は大人の趣味)





★ 生活費の節約術とお金を増やす方法(月5万円/年60万円の自由なお金を作る方法)

★ 見た目年齢の若い元気な人になる方法(実年齢より見た目年齢が若い人がやっていること)

★ 恋愛/婚活!出会いの方法一覧(自分に合った出会いの方法を見つけよう)


仕事仙術

恋愛・婚活仙術

その他