自分が嫌いになったとき    


スポンサーリンク




スポンサーリンク

自分が嫌いになったとき

■自分が嫌いだ!嫌いすぎる!自分を否定する人の心理と特徴とは?自分を好きになりたい!肯定したい!

自分が嫌いになったとき
受け入れがたいことを受け入れる勇気とは?


バス男「僕ってさぁ、泳ぐのも苦手だし、ブラックバスに向いてないよね。はぁ。」


バス子「私も自分のことが嫌いで悩んでいるのよね。もっと可愛い顔で生まれたかったな。」


バス男「うーん、仙人様に【自分が嫌いになったとき】って相談に行ってみようかな。」


バス子「仙人様の【自分が嫌いになったとき】か・・」







〜受け入れがたいことを受け入れる勇気とは?〜

1.自分が嫌いになったとき

@自分が嫌いになったら?嫌いすぎる
■毎日、イライラしながら過ごし、あまりのストレスから放心状態となってしまったり、している人もいるのではないでしょうか。
私たちのストレス原因の1つは「理想/希望と現実とのギャップ」によるものだそうです。
理想は高いのに、現実がイケてなかったら、自分のことも嫌になるしストレスが溜まりそうですよね。

理想と現実のギャップを埋めるには理想の自分になる方法(理想と現実の調整術)に詳細はあるとおり。
理想を下げて現実を高めていくことが大切になるわけですが、現実を高めていくのは時間がかかるうえに難しいため、理想や希望を下げていき{受け入れがたい現実を受け入れる}ことが「理想と現実のギャップ」を埋めるうえで大切になってきそうです。

今回の記事では、受け入れがたい現状の自分や現実を受け入れて、理想と希望を下げて、「理想と現実のギャップ」を減らしストレスを軽減させ、嫌いな自分を受け入れる方法について見てみたいと思います。



A自分の顔/性格/声/子供/名前/親が嫌いになったとき
■受け入れがたい現実や現状、受け入れがたい現在の自分を受け入れ、理想と現実のギャップを埋めていくには、以下の事柄も大切になりそうです。

@家庭の身分
→世の中は不公平ですよね。
お金持ちの家庭に生まれるか?貧乏の家庭に生まれるか?次第で、また両親の能力や身分が高いエリート家庭に生まれるか?次第で、人生が大きく変わってしまいます。
また、生まれつきの顔や声、体型・身長なども、その後の人生に大きな影響を与えることでしょう。

世の中には、家系がエリートであるため子供の頃から英才教育を受けることができ、もって生まれた能力も高いため、一流大学に進学し一流企業に入社し、尚且つ、親から多くのお金をもらえ大きな苦労や挫折を経験することなくリッチで不自由ない暮らしをできる人もいるようです。

そのような恵まれた人に比べれば、スタート地点から不利なわけですから、頑張っても出し抜くことは難しい場合もあるのかもしれません。
自分自身の生まれ育った家庭の現実を受け入れて・・・受け入れがたい現実を直視し受け入れて、その状況や環境の中で幸せに生きていく術を見出していくことも大切なのかもしれません。

学校では「人は皆、平等です」と教わるわけですが、現実的に言って、過去何千年と昔から「生まれ育った家庭環境」や「生まれつきの顔」は平等ではなく、スタート地点から不平等な現実がありそうです。
それは「受け入れがたい現実」と言えそうですね。
その「受け入れがたい現実」を受け入れることは、理想と現実のギャップを埋めるうえで重要なことでもあるのかもしれません。

A現状の身分
→何不自由のない幸せな暮らしをしたい理想や夢がある一方で、現実は、冴えない企業の1社員にすぎないかもしれません。
自分自身の現状の身分を受け入れて、身分相応の幸せに満足する心も状況によっては必要なのかもしれませんね。

もし「私はもっと幸せになってやる!現状の身分から脱却したい!」と強く願うならば、それ相応の努力をし現状から抜け出すのも悪くはなさそうです。
ただし、その場合は理想と現実のギャップが大きいがために、現状の身分を抜け出せるまでの間、強いストレスを感じ続けることになる場合もありそうです。

B能力相応
→世の中には、ズバぬけて能力が高い人もいるようです。
また、ズバぬけて見た目が優れている人もいますよね。
そういった能力の高い人に比べれば、自分は、平均的だったり平均以下だったりするかもしれません。

自身の能力を受け入れて・・受け入れがたい現実を受け入れて、その中で、結果をだしていく方法を模索したり幸せになる方法を探したりすることも大事なことなのかもしれません。

C仕事
→一流企業の社員や公務員になり働こうと考えていたのに、実際には今現在、冴えない企業の1社員であるならば、理想と現実のギャップに悩まされることになっているかもしれません。

「自分が今からでも就ける仕事」は、もう限られており、ホワイト企業には転職できない現実がある場合もありそうです。
仕事・職の面でも受け入れがたいことを受け入れて、現実を直視し受け入れて、その中で、どうやって幸せになっていくか?を考えることも大事なのかもしれません。

D恋人/パートナー
→私たちは誰しも「イイ男orイイ女と付き合いたい!結婚したい!」と希望をもっています。
しかし自分自身の能力や見た目、仕事・職業や年齢、出会いのチャンスの多さ等によっては、もう、一般的に理想とされるようなイイ男やイイ女とは自分自身は釣り合わない現実があり、異性と付き合い結婚したいならば、理想や現実を下げなければ無理である【受け入れがたい現実】がある場合も、あるのかもしれません。

受け入れがたい現実を受け入れることは精神面・心の面できつい・辛いものがありますが、特に恋愛や異性や結婚においては、感情面で納得できにくいがために、「異性と付き合い結婚したいならば、相手に対する理想や現実を下げなければ無理である」を受け入れることに葛藤が伴いやすいようです。


〜自分の顔/性格/声/子供/名前/親が嫌いになったとき〜
受け入れがたいこと→異性/恋愛/結婚の面で相手を妥協すること


しかし、受け入れがたい現実を受け入れ、理想と現実のギャップが少なくなれば、恋人も見つかり結婚も近づくかもしれませんね。


自分自身の能力が高くない現実を受け入れて・・・
自分の顔や見た目が良くない現実を受け入れて・・・
生まれた家庭に恵まれなかった現実を受け入れて・・
良いところに就職できなかった現実を受け入れて・・・
イイ男・イイ女とは付き合えない結婚できない現実を受け入れて・・

辛い現実を受け入れることは辛いものがあり、現実逃避し、いつまでも理想を追いかけ、空想・妄想の中で生きていきたい気持ちをもってしまう場合もありますが、厳しい受け入れがたい現実を受け入れ、その厳しい現実を直視しないと、生きていく全ての面で判断を誤ってしまいやすいようです。

受け入れがたい現実を受け入れずに、現実逃避している状態で、現実の中で生きていきながら判断を行えば、判断ミスが続くことになりそうですよね。


〜自分の顔/性格/声/子供/名前/親が嫌いになったとき〜
受け入れがたい現実を受け入れておかないと判断ミスが続くことになる


例えば、努力はしているものの能力的に短期間での大成功は難しい男性が、自分自身の能力が平均的に過ぎないことを受け入れず、「俺は努力しているのだから若くして大成功しウハウハな人生を送るんだ!」と現実を受け入れずにいるならば、いろいろな部分で判断ミスがでてきて将来的に失敗をして「こんなハズじゃなかった!」と後悔することになるかもしれません。


〜自分の顔/性格/声/子供/名前/親が嫌いになったとき〜
自分自身の能力が平均的にすぎないことを受け入れるのは難しい


また例えば、美容等に関して努力はしているものの、もって生まれたモテ要素的にイイ男との結婚は難しい女性が、自分自身のモテ要素が平均的に過ぎないことを受け入れず、「私は努力しているのだから素敵なイイ男と結婚できるはず!」と現実を受け入れずにいるならば、いろいろな部分で判断ミスがでてきて将来的に「こんなハズじゃなかった!」と後悔することになるかもしれません。


〜自分の顔/性格/声/子供/名前/親が嫌いになったとき〜
自分がたいしたことないことを受け入れるのは難しい


「自分は、たいしたことない」と現実を受け入れることは自己否定にもつながりかねないため、「自分は能力は高くないしモテない。」と受け入れがたい現実を受け入れることは難しい側面もありますが、「自分は能力は高くないしモテない。」と受け入れることによって、現実的な判断ができるようになり、的確な判断によって幸せが近づいてくることもあるようです。

例えば。
「自分は能力は高くないしモテない。」と周りの人には謙遜して言うものの、内心は「自分はそこそこ能力は高いしモテる」と思っていて、{能力は高くないしモテない}という受け入れがたい現実を受け入れることができずにいる場合は、「私は、もっと素敵な人と結婚できるハズだし、するべきだ!(だって自分はそこそこ能力は高いしモテるから。)」と判断ミスをしてしまい、その判断ミスのせいで、いつまでも恋人ができない場合もあるのかもしれません。

一方、「自分は能力は高くないしモテない。」と周りの人には謙遜して言い、実際に、謙虚に自分のことを客観視し「自分は能力は高くないしモテない」と受け入れがたい現実を受け入れていて、{能力は高くないしモテない}という受け入れがたい現実を受け入れることができている場合は、「私は、そこそこの異性で満足すべきだ!(だって自分は能力は高くないしモテないから。)」と現実的な判断をすることになり、その的確な判断のお蔭で、恋人ができ結婚する場合もあるのかもしれません。


〜自分の顔/性格/声/子供/名前/親が嫌いになったとき〜
受け入れがたい現実を受け入れるメリット→現実的な判断ができるようになる



B自分の顔/性格/声/子供/名前/親が嫌いになったとき

■私たちは、他人のことは客観視できるものの、自分自身のことを客観視することが難しいようです。
私たちの意識が、肉体から抜け出ることが出来ないからでもあるでしょうし、私たちの意識が、「自分」という自我意識から抜け出ることが出来ないからでもあるでしょう。
嫉妬心の克服方法(私は、私1個人の人生を体験/経験する他ないだろう)

私たちは、自分のことを客観視できないために、ときに自分自身の置かれている{受け入れがたい現状や現実}・・

自分自身の能力が高くない現実、
自分自身の見た目が優れていない現実、
生まれた家庭に恵まれなかった現実、
良いところに就職できなかった現実、
イイ男・イイ女とは付き合えない結婚、

から都合良く目をそむけてしまい、そのせいで、つまり現実を直視していないせいで現実世界の中で判断ミスをし幸せから遠ざかっていってしまっている場合もあるのかもしれません。

受け入れがたいことを受け入れることは辛いものがありますが、受け入れがたいことを受け入れることで、初めて、現実的な的確な判断ができるようになるのかもしれません。

モテない自分や、能力の低い自分のことを受け入れることは辛いものがありますが、そんなダメな自分のことを受け入れてあげて、ダメな自分でも幸せになれる方法を模索しコツコツと努力をしていくこと。
そうすることで理想と現実のギャップが少なくなっていき、嫌いな自分のことも好きになっていけるものなのかもしれません。

さて、今回の記事も目をとおして下さり、ありがとうございました。
感謝しています。

〜自分の顔/性格/声/子供/名前/親が嫌いになったとき〜
<writer 名無き仙人>


★よく読まれている記事★
【人気】高利回りソーシャルレンディング投資とは?仕組みを解説(超高時給の投資!私が投資する理由)

【人気】「初心者向け」少額から始める資産運用のやり方【おすすめ運用先】儲かるよ(儲かる資産運用の始め方)






バス男「自分のことを好きになっていけるといいな〜」


バス子「受け入れがたいことを受け入れる大切さかぁ。」


仙人「関連記事としては、理想の自分になる方法(理想と現実の調整術)や、劣等感を克服する方法(劣等感と価値観)もお勧めじゃよ。」


関連自分を好きになる方法(進化論を疑う)
弱い自分を愛する方法(人は何のために生きる?)
人生経験値を積む方法(人生は「知識・技術・経験」が全て)
交渉術!本当の交渉力(交渉とは互いにwinできる方向を話合いで見つけること)
毒親が嫌い?対処方法(両親とwin-winの関係を築くコツ)
なりたい自分になる方法(相対的に秀でていれば成功できる)
パニック症候群を治す方法(妄想と現実を区別しパニックを回避する方法)





お勧めビットコインとは【わかりやすく図解で仕組みを】初心者向け簡単に(人気の理由)
産業用太陽光発電への投資!メリット/デメリット(不動産投資より手堅い)
FXの始め方!基礎とポイントをわかりやすく解説(為替で儲けよう!投資は大人の趣味)
高利回りソーシャルレンディング比較一覧!お勧めはココ(お勧めの会社はどこ?)
簡単!仮想通貨の始め方【初心者におすすめコインも】(仮想通貨の買い方)





★ 生活費の節約術とお金を増やす方法(月5万円/年60万円の自由なお金を作る方法)

★ 見た目年齢の若い元気な人になる方法(実年齢より見た目年齢が若い人がやっていること)

★ 恋愛/婚活!出会いの方法一覧(自分に合った出会いの方法を見つけよう)


仕事仙術

恋愛・婚活仙術

その他