感情のコントロール   



感情のコントロール

■すぐに感情的になり冷静になりたい人へ。自分や他人の感情をコントロールするには?方法。他人の気持ちを操る方法。

感情をコントロールする方法
感情をコントロールする方法とは?



バス子「うぇ〜ん。バス男さん、聞いてよ?私の彼氏、実は私以外に彼女がいて・・私、振られちゃったの。うぇ〜ん。」


バス男「ふ〜ん。ところで僕はネット副業が順調で、今月は7万円の副収入が入ってきてねぇ〜♪いやぁ〜、嬉しい感情を押さえきれないなぁ〜。」


バス子
「さ、最低!人が悲しんでいるときに!私は悲しみの感情をコントロール出来ない状態なのよ?それなのに・・」


バス男「だ、だって、僕だって嬉しい気持ちを押さえきれないんだもん。じゃあ仙人様に【感情をコントロールする方法】を聞きに行ってみる?」


バス子「仙人の【感情をコントロールする方法】を聞いても、バス男さんに対する腹立たしい感情はコントロール出来ない気がするわ・・・・」







〜自分や他人の感情をコントロールしたい〜

1.感情をコントロールする方法

@感情が湧く理由

■私達、人間は感情の生き物であるため、
「あの人のことが好き!」
「上司がムカつく!」
「はぁ〜毎日が辛い。最悪。」
「貧乏は惨めだな・・お金を稼ぐコツが知りたいよ。」
などと、毎日、なにかしらの感情を感じながら生きています。

人間は考える葦であり、また感情の生き物でもあるからでしょうか。

今回の記事では、ネガティブな感情が湧き上がってきた時に、そのネガティブな感情をコントロールする方法について見ていきたいと思います。



A感情をコントロールする方法/感情をコントロールしたい
■辛い感情・怒りの感情・悲しい感情・・ネガティブな感情が強く湧きあがってくることも、人生ではありますよね。
それらネガティブな感情に人生が飲み込まれてしまわないように、感情をコントロールする方法について見てみます。


@深呼吸
→ネガティブな感情が強く湧き上がってきたときには、衝動的に、なにかマイナスな行動をとってしまう場合もあるかもしれません。
衝動的にネガティブな感情のままに行動をすれば、自分や他人を、傷つけてしまうことにもなる場合があるかもしれません。

それを防ぐためには、時間をあける必要があり、時間をあけるための方法の1つが「深呼吸をする」となりそうです。
怒りの感情や、嫉妬の感情、悔しい感情、悲しみの感情・・ネガティブな感情が強く湧き上がってきて、衝動的に、なにか行動をしてしまいそうになった時には、ゆっくり大きく息を吸い、ゆっくり息を吐き出すことで深呼吸し、 「そう行動をすることは、長期的に考えて、自分と他人のためになるか?」と自問をしてみるのも良さそうですよね。

たいていの場合、怒りなどの感情のままに衝動的になにかしようとすれば、それは長期的には、自分もしくは他人にとって、マイナスなこととなりそうです。


★感情をコントロールする方法/感情をコントロールしたい★
〜ネガティブな感情が強く湧き上がった時には深呼吸をし「そう行動をすることは、長期的に考えて、自分と他人のためになるか?」と自問してみる〜


A時間をあける

→悲しみの感情や怒りの感情など、ネガティブな感情は、時間の経過とともに薄れていく傾向があるようです。
そのため、感情のままに行動をしないためには、時間をあける必要がありそうです。

衝動的に、なにかをしてしまうのではなく、「時間が感情を癒してくれるよ」と自分に言い聞かせ、時間をあけるようにするのもいいのかもしれませんね。
関連→怒りを沈める/抑える方法(怒り/不満時のコミュニケーション)


B長期的に考える
→強いネガティブな感情が湧きあがっている時には、近視眼的になっていることが多そうです。
そのため長期的に見たならば「すべきではないこと」まで、してしまいやすい状態になっている場合もありそうです。

深呼吸をし、「時間が感情を癒してくれるよ」と自分に言い聞かせ、そして長期的に考えてみることも感情をコントロールすることに繋がりそうですね。

短期的には嫌なことでも、長期的に考えてみるとプラスな出来事である場合も多そうです。


C感謝する
→「起きる現象は中立であり、その現象を、どう捉えるか?次第で経験する感情が決まる」というような話を聞いたこともあります。

陰陽に分かれる、この相対性の世界(現実世界)では、全ての物事に「肯定的な側面」と「否定的な側面」とがあるようです。

大きく深呼吸をし、1度落ち着き、長期的に考えて感謝するよう心がけると、最悪に思える出来事でさえ、肯定的な側面が見えてくるものなのかもしれません。


★感情をコントロールする方法/感情をコントロールしたい★
〜相対性の世界である現実世界では、全ての物事に「肯定的な側面」と「否定的な側面」とがある。常に感謝を選択するよう心がけることで、起きた事象の肯定的な側面にも意識が向かうようになる〜


どのように現実世界が展開されていこうが、常に感謝と平安を選択するよう、心がけていきたいものですね。
実際に、嫌な出来事、辛い出来事、ショックな出来事が起きたときに、感謝と平安を選択するのは難しさもありそうですが・・



B感情の抑圧/メリットとデメリット
■感情をコントロール出来るようになると、感情や気分、気持ちに振り回されることなく、淡々と物事を遂行していけるようになるメリットもあるようです。

しかしながら、自分の感情を常に抑圧し続けていると、それは歪となって、他の面に現れたり・・・後に、バーンと一気に抑圧していた感情が表出することになったり・・とすることもありそうです。


感情をコントロールすることも、時に、大切となりそうですが、いつも感情を抑圧して生きていると、それはそれで、問題もあるのかもしれませんね。

自分や他人を傷つけてしまいかねない感情はコントロールする必要もある場合があるのかもしれませんが、普段は、泣きたいときは泣き、嬉しい時は喜び・・・自然体で感情とも付き合っていけると良さそうですね。


★感情をコントロールする方法/感情をコントロールしたい★
〜感情のコントロールも時に必要となるが、感情を抑圧しすぎていると、それは後に歪となってしまいマイナスにもなりかねない〜
※ネガティブな感情のコントロールの多くは、感情を抑圧することで、コントロールしようとすることになるため。


〜感情をコントロールする方法/感情をコントロールしたい〜
<writer 名無き仙人>






バス男「僕も自分の感情をコントロールできるようになりたいなぁ。」


バス子「感情や思考をコントロールすることは、自分や、自分の人生をコントロールすることにも繋がるものね。ただし、感情の抑圧には気をつけないとね。」


仙人「自分の感情とも上手く付き合いながら、楽しい幸せな人生を生きていけると良いのぉ。」



仕事仙術

恋愛・婚活仙術

その他