家族関係/家族構成が人生に与える影響   


スポンサーリンク




スポンサーリンク

家族関係/家族構成が人生に与える影響

■家族関係/家族構成/兄弟姉妹の影響が性格や能力、特性に影響を与える。家族の心理学と家族問題の悩み。家族の絆

家族関係/家族構成が人生に与える影響
バランスの法則ー家族編。


バス子「すっごい高級マンションねぇ。こんなマンションに住んでみたいなぁ。」


バス男「しかし、こんな高層マンションに住めたら、家賃の支払いが大変そうだな。」


バス子
「・・うん。それに1人で住むには広すぎるかぁ。家族向けの物件だものね。」


バス男「家族・・そういえばこの前、仙人様が【家族関係/家族構成が人生に与える影響】の話をしてたなぁ。」


「仙人の【家族関係/家族構成が人生に与える影響〜家族間で働くバランスの法則〜】の話?」


「うん。仙人様が言うにはね・・」







〜家族間では「バランスの法則」が働いている〜

1.家族関係/家族構成が人生に与える影響

@家族問題の悩み/不満

■AさんとBさんの話です。

なんでもAさんは、旦那の稼ぎが悪いため、自分が外に出て一生懸命に働きお金を稼ぎ、家族を養っているそうです。

Aさんは、忙しく働く充実した日々を送りながらも、こう言っていました。
「どうして私が、家族の生活費の大半を頑張って働き稼がなければならないの?普通は旦那が家族を養うものなのに!専業主婦をしているBさんが羨ましい。」


一方、専業主婦のBさんは、旦那が高所得を稼ぐため、自分は家にいて主婦業に専念しているそうです。

Bさんは、家の中から窓の外を見つつ、こう言っていました。
「はぁ。毎日家にいて・・私も外に出て輝いてみたい気持ちもあるけど、(お金には余裕があるし、旦那が「君は家にいろ!」と言うから)働く意欲も頑張る意欲も、いまいち湧いてこない。輝きながら、活力溢れる人生を生きているAさんが羨ましい。」


Aさんは、家族の事情により、必要に迫られ、外に出て働かれているそうでした。
一方、Bさんは、家族の事情により、必要に迫られ、家の中で専業主婦をされているそうでした。

ともに、家族の事情により、異なる人生を歩んでおり、そしてともに、現状に不満も感じているそうでした。


「両者の不満は、もっともだよな〜。うーん。」
両者とも{異なる種類の不満}を感じていて、それらの不満は、ともに、もっともなことでも、あるように思えました。


「家族の事情で・・の不満かぁ。【{今の自分}と{家族の状況}はセット】なのかな?家族間ではバランスの法則が働くようだから・・」
私達は、家族の事情によって不満も感じる時があるのかもしれません。
が、家族間ではバランスの法則が働くため、【{今の自分}と{家族の状況}はセット】であるようにも、思えたのでした。



A家族問題の悩み〜家族関係/家族構成が人生に与える影響〜
■旦那の稼ぎが悪いため、外に出て働き、家族を養っているAさんは「旦那が、もっと稼いでくれれば良いのに!」という不満をもっているそうでした。
が、もしかすると、旦那がもっと稼ぐのであれば、お金には余裕が生まれ、また、旦那から「君は家にいろ!」と言われることになったりし・・働く意欲も頑張る意欲も、いまいち湧かなくなったり、もしくは専業主婦をすることにもなる場合があるのかもしれません。

Aさんが専業主婦を希望であれば良さそうですが、「私は外で働いていたい!」と思っている場合。
旦那が、もっと稼いでくれるようになると、逆の不都合も、生まれてくるのかもしれません。


★家族の事情でAさんが手にしたもの★
・働くモチベーション
・外で働く自由


「旦那が、もっと稼いでくれれば良いのに!」
しかし、もし旦那が高給を稼ぐような人であれば、今のAさんは、存在しないのかもしれません。

つまり【{今の自分}と{家族の状況}はセット】なのかもしれません。
どちらか、一方だけを変えることは、難しかったりもするのかもしれません。


一方で。
旦那が高所得を稼ぐため、自分は家にいて主婦業に専念しているBさんは「輝きながら、活力溢れる人生を生きたい」という不満をもっているそうでした。
が、もしかすると、旦那の稼ぎが悪くなり、必要に迫られ外で働かねばならなくなると、「どうして私が、家族の生活費の大半を頑張って働き稼がなければならないの?普通は旦那が家族を養うものなのに!専業主婦に戻りたい!」とも、不満をもつことになるのかもしれません。

Bさんが、外で働くことを希望していれば良さそうですが、内心は「働きたくない!」と思っている場合。
旦那の稼ぎが悪くなると、逆の不都合も、生まれてくるのかもしれません。


★家族の事情でBさんが手にしたもの★
・裕福な生活
・家に居れる自由


「輝きながら、活力溢れる人生を生きたい」
しかし、もし旦那の稼ぎが悪いのであれば、今のBさんの生活は、存在しないのかもしれません。

つまり【{今の自分}と{家族の状況}はセット】なのかもしれません。
どちらか、一方だけを変えることは、難しかったりもするのかもしれません。



<家族間ではバランスの法則が働くため、【{今の自分}と{家族の状況}はセット】>

Cさんの両親は頼りない人で、貧乏で借金を抱えていて。
そのためCさんは、親に頼れないから、必要に責められ若い頃より精神的にも経済的にも自立し、一生懸命に働き続け、今では職場でも重宝される存在となって高給を稼いでいるそうです。

そんなCさんは、忙しく働く充実した日々を送りながらも、こう言います。
「どうして私が、親の借金を返済してあげなきゃいけないの?親の借金の返済があるせいで、私は未だに貧乏暮らしだ。世の中には、親から金銭的な援助を受ける人たちの方が多いのに!」


★家族の事情でCさんが手にしたもの★
・働くモチベーション
・自立心


「親が金持ちだったらな〜」
しかし、親が裕福であれば、今の自立した、職場でも重宝される存在となり高給を稼ぐCさんは、存在しないのかもしれません。

つまり【{今の自分}と{家族の状況}はセット】なのかもしれません。
どちらか、一方だけを変えることは、難しかったりもするのかもしれません。


<家族間ではバランスの法則が働くため、【{今の自分}と{家族の状況}はセット】>

Dさんの両親は自立した人で、働き者のお金持ちであり。
親に頼れるから、自立する必要がないから、Dさんは精神的にも経済的にも両親に依存しており、自立できずにいる自分に悩んでいるそうでした。

そんなDさんは、両親とともに高級マンションに住んでおり、親に買ってもらった車の、運転席側の窓から外を見つつこう言います。
「はぁ。私は、精神的にも経済的にも両親に依存していて・・。自立して生きているCさんが羨ましいなぁ。」


★家族の事情でDさんが手にしたもの★
・両親からの援助
・裕福な生活


「自立したいな〜」
しかし、親が頼りない人で、貧乏で借金を抱えていれば、今の生活も、乗っている車も、存在しないのかもしれません。

つまり【{今の自分}と{家族の状況}はセット】なのかもしれません。
どちらか、一方だけを変えることは、難しかったりもするのかもしれません。


・・・・・・・
一般的には、精神的にも経済的にも自立している人は「偉い!」とされ、精神的にも経済的にも家族(主に両親)に依存している人は「悪い!」とされる傾向にあるようです。
が、それは、自立or依存、どちらにしろ当人だけの責任ではなく、{家族の状況}も関係しているのかもしれません。

なぜなら、家族間ではバランスの法則が働くため、【{今の自分}と{家族の状況}はセット】でもあるようだからです。


が、どちらにしろ。
破滅原則{今さえ良ければ良いんだ/自分さえ良ければ良いんだ/金さえ手に入れば良いんだ}的に、自分が自分が自分が自分が!と、自分のことだけを考えていると、「どうして私が、親の借金を返済してあげなきゃいけないの?最悪!」もしくは「親が金持ちなせいで、私は自立できずにいる!最悪!」と、イライラすることになり、自分自身が不幸になってしまうのかもしれません。

一方で、繁栄原則{正直/誠実/感謝/奉仕/謙虚/良心/他者の幸せを願う心}的に考えれば「貧乏な家庭のお陰で、今の自立した私がいる。感謝だよね。」もしくは「親にお金があるお陰で、今の生活がある。感謝だよね。」と、感謝することになり、自分自身が救われることになるのかもしれません。


つまり、【{今の自分}と{家族の状況}はセット】であるならば。
セットであることを受け入れ、感謝することにより、そうでないよりかは、周りも自分自身も、幸せになっていきやすいのかもしれません。



B家族の繋がりと絆〜家族関係/家族構成が人生に与える影響〜
■スピリチャル的な観点から言うと、家族はエネルギーで繋がっているそうです。
そのため普通は、多かれ少なかれ、家族の影響を受けることになるそうです。

例えば、家族の中で誰かに良いことがあると。
子供の受験合格・父親の昇給・兄弟の結婚・・・など、家族の中で誰かに良いことがあると。
家族の皆にも、プラスのエネルギー(幸運etc)が広がっていくことになるそうです。

そして逆もまた、しかりだそうです。

そのような、深い繋がりをもつ家族間では。
お金を浪費する彼女/夫|貯める彼氏/妻(お金と人間関係のバランス)にもあるとおり、経済面においてもそうですし・・家族間ではバランスの法則が働いており、その家族の中で育つことにより、自分の特性等が決まっていく側面もあるそうです。


例えば。
今現在、カウンセラーとして活躍されているA子さんの場合。

A子さんのご両親は、父親、母親ともに楽観的/ポジティブな人であり、またA子さんのお姉さんも、両親に負けず劣らず、楽観的/ポジティブな人であったそうです。
親も姉も、他者の悩みに対しては「大丈夫♪大丈夫♪気にしすぎたよ。あはは〜」と、楽観的な答えを返すような人だったそうです。
そのような、楽観的/ポジティブな人ばかりの家庭の中で。
A子さんは、まるで家族間のバランスをとるかのように、内にこもりがちな、ネガティブな性格となっていき、10代〜20代の期間を生きることになったそうです。

子供の頃は、他者の気持ちに深く感情移入しすぎてしまったり、物事を深く考え込みすぎてしまったり・・将来を悲観的に考え行動できなくなってしまったり、、、で、悩み、「はぁ。私は駄目ね。心が傷つきやすくって・・どうして私は、両親や姉のように楽観的になれないのかなぁ?」と自分に劣等感を感じたりもしたそうです。

しかし、そういった{家族間の中で育まれた特性}のお陰で。
今では他者の悩みに深く感情移入できる、人の心の痛みに共感してあげることができる、人の悩みを癒せるカウンセラーとして、ご活躍されることになっているそうです。
関連癒されたい!癒される方法(人を癒すことは自分を癒すことにも繋がる。‘癒し’は共同作業)


<家族間の中で特性が育まれる>
他にも例えば。

今現在、営業マンとして活躍されているB男さんの場合。
B男さんのご両親は、父親、母親ともにネガティブ/静かな人であり、またB男さんのお兄さんも、両親に負けず劣らず、ネガティブ/静かな人であったそうです。
親も兄も、慎重に物事を考え、食事の席でも、あまり会話をしないような人だったそうです。

そんな、ネガティブ/静かな人ばかりの家庭の中で。
B男さんは、まるで家族間のバランスをとるかのように、「僕が、楽しく振舞い、家族の雰囲気を明るくしなきゃ!」と楽観的/ポジティブな性格になるよう努め、10代〜20代の期間を生きることになったそうです。

子供の頃は、楽観的に軽率に、物事に取り組むために失敗する機会も多く、「はぁ。僕はまた失敗をしてしまった。慎重派の兄は失敗する機会がほとんどないのに。・・どうして僕は、両親や兄のように、もっと慎重にやっていけないのだろう?」と自分に劣等感を感じたりもしたそうです。

しかし、そういった{家族間の中で育まれた特性}のお陰で。
今では、失敗(相手からの拒絶)を恐れず、明るい笑顔で新商品をお客様にご提案できる営業マンとして、ご活躍されることになっているそうです。



上記のような、<家族間の中で特性が育まれる>も含め、【{今の自分}と{家族の状況}はセット】でも、あるのかもしれません。

だからこそ。
生きていれば、家族に対して不満をもつ機会もあるけれど、その家族なくして、今の自分もないのかもしれません。

もし、自分の両親が頼りがいある自立した人で、もっとお金持ちだったら・・今の自分はないかもしれません。
もし、自分の両親が頼りない依存がちな人で、もっと貧乏だったら・・今の自分はないかもしれません。

もし、兄弟/姉妹が、もっとしっかりとした、自立した人であれば・・今の自分はないかもしれません。
もし、兄弟/姉妹が、もっと頼りない依存がちな人であれば・・今の自分はないかもしれません。

人間関係の心理(人間関係の力学/パワーバランス)にもあるとおり、私達は相手のあり方次第で、自分が{ポジティブ}に偏ったり、{ネガティブ}に偏ったり・・{自立}に偏ったり、{依存}に偏ったり・・となる傾向があり、だからこそ自分以外の家族の‘あり方’によって、今の自分が形成されることになっている側面も、あるのかもしれません。


【{今の自分}と{家族の状況}はセット】
そのため、今の自分に満足できないのであれば、家族を責め、家族に愚痴を言うことにもなるのかもしれません。
その家族だったから、今の(不満ある)自分となっている・・から。

一方、今の自分に満足できているのであれば、家族に感謝することになるのかもしれません。
その家族だったから、今の(満足できる)自分となっている・・から。


そしてもし、家族に対して不満がある場合。
家族に対して「貴方たちが、私の幸せのために変わってよ!」と言っても、家族は変わってくれないのかもしれません。
しかし、自分を変えることはできそうです。

自分が変わり、自分が{今の自分}に満足できるようになれば、家族にも感謝できるようになるのかもしれません。
その家族だったから、今の(満足できる)自分となっている・・と、思い始めるからでしょうか。


そのため家族に感謝できるように、なるために、家族に向かって「あなた達が変わってよ!(私の幸せのために!)」という必要はないのかもしれません。
自分が変わり、自分が{今の自分}に満足できるようになれば、家族自体は変わっていなくても、家族に感謝できるようになるから・・。



C自分を変える〜家族関係/家族構成が人生に与える影響〜
■今の自分に満足できるようになり、そして家族に対して「家族の皆、ありがとう!あなた達が家族であったお陰で、私は、今の(自分でも自分に満足できる)私となっている。」と感謝できるようになるためには。
以下のようなことも大切となるのかもしれません。


@原理・原則〜家族関係/家族構成が人生に与える影響〜
人生で失敗しないコツ(行動は価値観/結果は原則)にもあるとおり。
原理・原則は絶対であり、普遍的なものであって、また変えられないため。

私達は誰であっても、破滅原則{今さえ良ければ良いんだ/自分さえ良ければ良いんだ/金さえ手に入れば良いんだ}に沿って生きていれば、長期的には人生が衰退していき、その結果、「最悪!どうして、私の人生は上手くいかないの!?」と、今の自分や今の状況に、不満をもつことになるのかもしれません。

一方で、私達は誰であっても、繁栄原則{正直/誠実/感謝/奉仕/謙虚/良心/他者の幸せを願う心}に沿って生きていれば、長期的には人生が繁栄していき、その結果、「ありがたいな〜。みんな、本当にありがとう!」と、今の自分や今の状況に、満足し感謝することになるのかもしれません。

また、行動を変える方法(「見え方」「思い込み」「あり方/行動」の関係性)にもあるとおり。
この原理・原則は、己の世界観とも関連が深いようで。

同じ境遇/環境であっても、破滅原則に沿って生きていると、その境遇/環境に不満を感じることになり「最悪!」と嘆くことになり、今の自分や今の状況に、不満をもつことになるのかもしれません。

一方、同じ境遇/環境であっても、繁栄原則に沿って生きていると、その境遇/環境に感謝を感じることになり「ありがとう!」と感謝することになり、今の自分や今の状況に、満足し感謝することになるのかもしれません。

「{今の自分}に満足するかしないか?」は、外部的な状況{銀行残高/就いている職業/乗っている車/住んでいる家の家賃/異性にモテるモテないetc}よりも、当人の、心次第なのかもしれません。

人生は夢(人生の正体)にもあるとおり、外部的な状況がどうであれ、当人が、自分自身に満足できれば、自分自身に満足し感謝することになるし、たとえ外部的な状況が良くても、当人が不満をもてば、自分自身に不満を感じることになるのかもしれません。

この当人の、心の中で行われている{満足or不満の判断}に、当人が採用している原理・原則が、大きな影響を与えているのかもしれません。


A自己責任〜家族関係/家族構成が人生に与える影響〜
→「{今の自分}に満足するかしないか?」には、「誰の人生を生きているか?」も関係しているのかもしれません。

「周り(親や友人、恋人)・・・周りが、自分に望んでくる人生を、しかたなく生きている」場合は、{今の自分}に満足できずに不満をもつこともあるのかもしれません。

一方、周りではなく、「自分が自分に望む人生を能動的に生きている」場合は、{今の自分}に満足しやすいものなのかもしれません。

そして、「自分が自分に望む人生を能動的に生きる」ためには、自己責任の概念をもつ必要があるのかもしれません。

自己責任の概念がないと、自分が自分に望む人生を生きることが難しいのかもしれません。人生の責任を引き受けたくない場合、「だって、周り(親や友人、恋人)が、そう言ったから」などの言い訳が必要となるからでしょうか。


自分が自分に望む人生を生きると、外部的な状況がどうであれ、周りからはどう見えようと、当人は心の中に満足感を感じつつ、今の自分に満足しながら生きることになるようです。
関連幸福/幸せと不幸の原因(幸不幸の原因は他人や環境?)
自分を大切にする方法(価値観の明確化)


B継続〜家族関係/家族構成が人生に与える影響〜
→「自分が自分に望む人生」を生きるためには、「自分の望む人生」・・つまり【理想】と、現在の【現実】のギャップを埋めるために、コツコツと取り組む必要があることも、あるようです。

〜「自分が自分に望む人生」を生きるためには、理想と現実のギャップを埋めるために継続した努力が必要となる場合もある〜

関連
理想の自分になる方法(理想と現実の調整術)


C自分にとっての幸せ〜家族関係/家族構成が人生に与える影響〜
→「周り(親や友人、恋人)・・・周りが、自分に望んでくる人生を、しかたなく生きている」場合は、周りの人たちに、承認を求める傾向もあるようです。

「貴方は、頑張っていて偉いですよね」
「貴方は、幸せそうな人生を生きていますね」
そういった、周りの人たちからの承認を求めて、背伸びして競争に勝ち抜くために頑張り続け・・とし、でも、心の中には空虚感があって、今の自分に満足できなかったりもすることがあるようです。
自分の人生にあるのは{周りからどう思われるだろうか?}という漠然とした不安であり、人生で{自分にとっての幸せ♪}が軽視されているからでしょうか。

一方。
「自分が自分に望む人生」を生きる場合は、周りから、「貴方は、頑張っていて偉いですよね」「貴方は、幸せそうな人生を生きていますね」と言われたくて、人生を生きているわけではないので。
{周りからどう思われるか?}よりも{自分にとっての幸せ}を大切にしながら、生きていくことになるようです。

そして、{自分にとっての幸せ}を大切にしながら生きていると、今の自分に満足できることも増えるようです。
{自分にとっての幸せ♪}が、自分の人生に増えていくからでしょうか。



D家族も過去も変えられないけど〜家族関係/家族構成が人生に与える影響〜
■自分の家族に、不満をもっていた人がいました。

「親が貧乏だから、私は苦労させられている。親が金持ちなLさんが羨ましい!」
そう家族に不満をもちながら、また自分の過去に対しても「私の過去は、不幸ばかり。どうして私だけ、こんなに不幸を経験しないといけないの?最悪!」と不満をもちながら・・・

家族を責め、過去を悔やみ、今の自分に対しても不満をもちながら、生きていました。


しかしもう、家族を責めたり、過去を悔やんだりするのは辞め。
不満だらけの自分を、変えていく決意をしました。

すぐに自分が変われるわけではありませんでしたが、コツコツと精進を続けることにより、今の自分に、少しづつ満足ができるようになっていきました。

すると不思議なことに、家族に対しても感謝できるようになっていったのでした。
また不思議なことに、過去に対してすらも、感謝できるようになっていったのでした。

家族は、なに1つ、変わっていないのでした。
過去も、なに1つ、変わっていないのでした。

変わったのは、自分自身なのでした。


家族含む他人は変えられない。
過去も、変えられない。

でも、自分が変わり、自分が{今の自分}に満足できるようになると。

「家族の皆、ありがとう!あなた達が家族であったお陰で、私は、今の(自分でも自分に満足できる)私となっている。」
「あの過去があって、今の(自分でも自分に満足できる)私がある。最悪に思えた過去も、今の自分を形成するためには必要だったんだ。過去にも感謝だ。」

自分が変わり、自分が{今の自分}に満足できるようになると、家族や過去にも、感謝できるようになるのかもしれません。

あの過去があったから、今の自分がある。
この家族であったお陰で、今の自分がある。

そう思うようになっていき・・。
つまり今の自分に満足できるようになれば、同じ過去でも、その過去全てが輝き始めるのかもしれません。

言い換えると、過去が「どう思えるか?」は、今の自分に満足できているか?で決まる・・のかもしれません。

過去は変えられないけど。
自分が変わることで、変えられない過去を、愛おしいものにすることもできるのかもしれません。


世の中には、家族に満足している人もいて・・私は、そういった自分の家族に満足している人たちが不思議であり、また「良い家族に生まれて・・Aさんはラッキーだよね。良いなぁ。」と羨ましくも思っていたのでした。
その人たちはきっと、今の自分にも、なんだかんだで満足しているから、自分の家族に感謝できているのかもしれない・・。

また、世の中には、自分の過去に満足している人もいて・・私は、そういった人に対して「生まれもった能力や容姿が良いから、楽しい思い出が多いんだろ?・・Aさんはラッキーだよね。良いなぁ。」と羨ましく思っていたのでした。
しかし、その人たちはきっと、現状が周りからどう見えようと、今の自分に、なんだかんだで満足しているから、自分の過去にも満足しているのかもしれない・・

言い換えると、過去に満足している人たちは、「自分が自分に望む人生」を生きていて、現状の自分に満足しているから、{あの過去あって、今の自分がある}と思っていて・・その過去自体は辛いものでもあるのですが、その{辛い過去}にすら感謝もしている・・

そういったことを、なんとく思うようになってもきているのでした。



「私はこんなに不幸なんです!」と、周りの人達に対して不幸自慢をしながら生きても、あと数十年すれば、この人生も終わり・・
楽しんで生きても、あと数十年すれば、この人生も終わる。

「私の人生は不幸だ」と今の自分に不満を感じながら生きても、あと数十年すれば、この人生も終わり・・
(半分無理やりにでも)今の自分に満足できるよう「ありがたいな〜、運がいいよね〜、きっと良くなるよな〜」などと自分に思い込ませながら生きても、あと数十年すれば、この人生も終わる。

思いどおりにいかないことや上手くいかないこともあるし、不満や悩みや問題が出てくるときもあるけれど。

{なんとか感謝できる側面を見つけだし(無理やりにでも)感謝するようにして、笑顔になる!}など、なんとか、かんとか、(少し痛い/ダサい感じもするけれど)やっていきつつ 笑 楽しみつつもコツコツと、ともに精進してまいりましょう。


私達の人生は、きっと良くなる♪
この世界は、もっと良くなる♪
私はそう、信じています。



〜まとめ 家族関係/家族構成が人生に与える影響〜
@家族間ではバランスの法則も働いているのかもしれない。
家族は互いに繋がり影響し合っているため、家族の中での、誰か1人の‘何か’が、家族皆に影響を与えるのかもしれない。


A家族構成や家族関係、兄弟姉妹の影響が、個々の性格的傾向や、能力の特性などに、影響を与えている場合もあるのかもしれない。
その家族の中で育ったから、今の自分が、ある・・という側面も、あるのかもしれない。


B家族構成や家族関係、兄弟姉妹、両親、子供達に感謝できるようになるには、兄弟姉妹、両親、子供達を変えようと試みるのではなく。
まずは自分自身が変わり、自分が自分に満足できるよう、コツコツと精進することも大切なのかもしれない。

家族が1つのチームであるならば。
チームの1員として、まずは、自分は、チームの中で、自分のなすべきことをコツコツと淡々と成していくことが大切なのかもしれない。

サッカーでも野球でも。
チームの中で、それぞれが、それぞれの役割・・なすべきことを成すことで、チームは成り立つ。
チームの中で、それぞれが、自分の役割をせずに、チームメイトの悪口ばかり、批判ばかりをしていたら、そのチームは崩壊してしまうのかもしれない。

サッカーにしろ、野球にしろ。
どんなに優秀なトッププレーヤーであっても。
まずは、チームの中で、自分に与えられたポジションにて、自分の役割をきっちりこなすよう努めるものなのかもしれない。
「まずは、チームの中で、自分に与えられたポジションにて、自分の役割をきっちりこなすこと」が、チームへの貢献に繋がるからだろうか。


〜家族関係/家族構成が人生に与える影響〜
<writer 名無き仙人>


★よく読まれている記事★
【人気】高利回りソーシャルレンディング投資とは?仕組みを解説(超高時給の投資!私が投資する理由)

【人気】「初心者向け」少額から始める資産運用のやり方【おすすめ運用先】儲かるよ(儲かる資産運用の始め方)






バス男「僕は、大金もちの家族に生まれたかったなぁ〜。」


バス子「世の中には、いろいろな家庭があるわよね。」


仙人「楽しい、幸せな人生を生きていけるようになるといいのぉ。」


関連家族愛の意味(カタルシス{浄化}を経験する)
感謝の念/気持ちの力(感謝と幸せの関係)
疲れやすい原因(カロリーとエネルギーの違い)
生きるのがつらい理由(大人になるとは?)
継続の方法とコツ(諦め)
怒りを沈める/抑える方法(怒り/不満時のコミュニケーション)
幸せの定義/基準(宇宙の意図)





お勧めビットコインとは【わかりやすく図解で仕組みを】初心者向け簡単に(人気の理由)
産業用太陽光発電への投資!メリット/デメリット(不動産投資より手堅い)
FXの始め方!基礎とポイントをわかりやすく解説(為替で儲けよう!投資は大人の趣味)
高利回りソーシャルレンディング比較一覧!お勧めはココ(お勧めの会社はどこ?)
簡単!仮想通貨の始め方【初心者におすすめコインも】(仮想通貨の買い方)





★ 生活費の節約術とお金を増やす方法(月5万円/年60万円の自由なお金を作る方法)

★ 見た目年齢の若い元気な人になる方法(実年齢より見た目年齢が若い人がやっていること)

★ 恋愛/婚活!出会いの方法一覧(自分に合った出会いの方法を見つけよう)


仕事仙術

恋愛・婚活仙術

その他