職場の人間関係改善方法!厳選2つ  


スポンサーリンク




スポンサーリンク

職場の人間関係改善方法!厳選2つ

■職場、仕事、会社、同僚、家族、友人との人間関係を改善するには?人間関係のストレスと心理学、距離感と悩み相談。

職場の人間関係改善方法!厳選2つ
人間関係を改善する、たった2つのコツ。



バス子「は〜ぁ。明日からの仕事が憂鬱だわぁ。あの職場、人間関係が悪いから・・。」


バス男「バス子ちゃ〜ん。僕の会社の人間関係なんて最悪・最低だよ?」


バス子「みんなも職場の人間関係で悩んでいるわよね。・・そうだ!仙人に【職場の人間関係の改善方法】を聞いてみよ〜。」


バス男「仙人様の【職場の人間関係の改善方法】かぁ・・・・」







〜職場の人間関係で悩んでいる人へ〜

1.職場の人間関係を改善するには

@他人のコントロール?
■今回の記事では、主に職場の人間関係の改善方法について見ていきましょう。

しかし、本質的には
現実のコントロール方法について、見ていくことになりそうです。
他人様はコントロール不可能だからです。

他人様は、他人様のご意思のもと、生きているようです。
私達は、他人からコントロールされたくないし、他人からコントロールなんてされません。

それと同じで、{職場・会社・仕事}の同僚達や、家族、友人等の他人も、「他人からコントロールされたくない!」「他人からコントロールされないぞ!」と思って生きていることでしょう。

それに、私達が「どうして私が、嫌いな‘あの人’のために、自分を変えなきゃいけないの?我慢しなきゃいけないの?」と思うように、他人様も、「どうして私が、好きでもない‘貴方’のために、わざわざ、貴方が納得するように自分をを変えなきゃいけないの?」と思っていることでしょう。

お互いに、「なんで‘あの人’との人間関係を改善するために、あの人が納得するように、わざわざ自分を変えなきゃいけないの?」と思っているのですね。

これは、皆、そのようなのです。
自己中心的な性格の人のとおり、みんな、人間なら誰しもが自己中心的・・と言えそうです。

「私は自己中ではない!」と頑張って、他人様に合わせるために我慢して生きて・・その結果、ストレスばかり溜まって・・。
本当に自己中でなければ、他人に合わせてばかりでも、我慢の必要はなく、ストレスも溜まらないのかもしれません。

しかし、他人に合わせてばかりだと、譲ってばかりだと、誰だってストレスが溜まっていくことでしょう。その理由は、みんな、誰しもが自己中心的だから・・かもしれません。

人間は自己中心的な存在だからこそ、他人に合わせたり、他人に譲ってばかりだと、無意識のうちにストレスが溜まっていくのかもしれません。

「私は別に、自己中じゃないもん!」と、無理に否定する姿勢が、人間関係で悩み始める元凶だったりもするようです。→良い人を諦めなさい


「私は別に、自己中じゃないもん!」と、無理に否定することは「私は人間ではありません。」と、言っているようなものなのかもしれません。
もしくは「私は人間ではなく、自分は自分は自分は自分はから解放されたマスター仙人/仙女です。」と、言っているようなものなのかもしれません。

人間なら誰しもが、自己中心的だからです。

そして、自己中心的な性格の人にあるとおり、自己中心的なことが悪いわけでもなさそうです。

さて、みなが自己中心的であり、自分のためには他人は変わってくれない状況の中で、人間関係を改善するためにはどうすれば良いのでしょうか?
そのためには現実のコントロールが必要となってきそうです。

職場の人間関係を改善するには、相手の性格や態度を変えようとしてはいけない。
他人は変えられないし、変わらないから。

勤め先の会社は、他人が創業した他人たちが働いている【他人の会社】である。

他人である同僚は変わらないし、変わってくれない。
他人たちの集合体である職場の雰囲気も変わってくれない。
変われるのは、自分だけ。



A現実のコントロール 〜人間関係の改善方法〜
■職場の人間関係を改善するために、現実をコントロールしていきましょう。

人間関係改善に関する現実をコントロールするためには、以下の2つのポイントも含まれることになりそうです。

職場の人間関係改善方法!厳選2つを見ていこう。

〜ポイント〜
@状況を改善しようとするのではなく、状況に対する見方を変える

A関心の向け方


まず@状況を改善しようとするのではなく、状況に対する見方を変えるです。
仙人/仙女たるもの、状況を改善しようと、現実自体をいじくりまわすために、アタフタと頑張るのではなく・・・

{人間関係が上手くいかない}などの‘状況’というのは、‘結果’でもあります。

そして、世の中には、原因があって、結果が存在するようです。

世の中には原因があって結果が存在する

そして、この目の前に広がる・・目の前に映し出されている現実というのは、‘結果’のようです。

現実 ⇒ 結果

結果を一生懸命にイジくりまわしても、結果は変わらないのかもしれません。結果を変えたいのなら、原因を変える必要がありそうです。
原因が変われば、結果は、必然的に変わります。

たとえば・・
中学生の時、運動会で赤組が優勝しました。
この場合「赤組が優勝した」が結果なわけです。

白組の私は「こんな現実(結果)は嫌だ!改善したい!」と腹を立てます。

そして、現実(結果)を変えようと一生懸命に努力します。

誰か、お偉い校長先生や、担任の先生に、相談にいったりもします。
そして・・相談に行ったのに、逆に、校長先生や、担任の先生から「白組の貴方の、努力が足りないから負けたんだ!」と説教されます 笑
説教されたあげく、結果も変わりません。
結果をイジくっても、結果は変わらないからです。

結果を変えるには原因を変えなければならないのに、そんな基礎基本を忘れてしまっている私は、「はぁ〜。どうして現実は変わらないの?私の頑張りが足らないのかしら・・。」と悩み続けます。


たとえば・・
大人になった現在、仕事・職場の人間関係で悩んでいます。
この場合「人間関係で悩んでいる現状」が結果なわけです。

私は「こんな現実(結果)は嫌だ!人間関係を改善したい!」と腹を立てます。
そして、現実(結果)を変えようと一生懸命に努力します。

誰か、お偉い人間関係カウンセラーの人や、人間関係コンサルタントの人に、相談にいったりもします。

そして・・相談に行ったのに、逆に、人間関係カウンセラーや、人間関係コンサルタントから「他人は変わりません!だから、貴方が変わるべきなんです。貴方が悪いんです。自分を変えなさい!」と説教されます 笑

説教されたあげく、結果も変わりません。
自分は、そんなに簡単には、気軽には、変われないから・・かもしれません。

結果をイジくっても、結果は変わらないようなのです。
結果を変えるには原因を変えなければならないのに、そんな基礎基本を忘れてしまっている私は、「はぁ〜。どうして人間関係が改善しないの?私の頑張りが足らないのかしら・・。」と悩み続けます。



つまり、現実である結果を変えるためには、原因を変えなければならないようなのです。

その原因は、確かに自分自身であるケースも多いため、自分を変えることで、結果である人間関係が、改善されることもあるようです。

しかし、他にも{現実を変える方法}がありそうです。

現実を変えるには・・現状を変えていくには
現状に対する{見方・認識の仕方・見る側面}を変えることも有効なようです。


「現状をどう感じるか?」ということは、本人の現状に対する{見方・認識の仕方・見る側面}が影響しているようです。
「現状の人間関係をどう感じるか?」ということは、本人の他人に対する{見方・認識の仕方・見る側面}が影響しているのですね。


たとえば・・‘私’がどうしても好きになれないAさんがいるとします。
私はAさんを、尊敬もできないし、性格も好きになれないし、良い部分が少ないように感じています。

でも、そんなAさんにも、Aさんなりの友人や家族等がいるようでした。
そして、Aさんの友人や家族のなかには、Aさんのことを好きな人だっているようでした。

なぜ、このような違いが生まれるか?

それは、Aさん自体は変わらないのに、Aさんに対する{見方・認識の仕方・見る側面}が、人によって違うため、そのような違いが生まれるようでした。

つまり、「Aさんは嫌な人だ!」と感じるのはAさんの性格等、Aさん自体が原因なのではなく、Aさんに対する‘私’の{見方・認識の仕方・見る側面}が原因であるようなのです。

原因は、自分の人・モノ・出来事に対する見方・認識の仕方・見る側面

そのため、原因である自分の、他人に対する{見方・認識の仕方・見る側面}を変えれば、状況は改善するのかもしれません。
原因を変えれば、結果である【現実世界に映し出されている人間関係】も、必然的に変わっていくからです。


たとえば{見方、見る側面}で言えば・・
Aさんの嫌な面ばかりに注目していれば「Aの奴は、嫌な部分しかない最低人間だ。」と感じ、Aさんとの人間関係が悪化しそうです。

一方、Aさんの良い面ばかりに注目していれば「Aさんって、良い部分の多い素敵な人だよね。」と感じ、Aさんと良好な人間関係を築くことが出来そうです。

プラス思考になるには?のとおり、世の中すべての{人・もの・出来事}には、必ず{良い面・悪い面}の両面が存在するため、「どっちの面を見るか?」は、自分で選ぶのも良さそうです。
※本質的な{良い・悪い}は存在しないようで・・人それぞれの価値観が「良い!と感じる面」と「悪い!と感じる面」を、作りだしているようなのです。


他にも、たとえば{認識の仕方}で言いますと・・Aさんを「最低人間だ。」と認識しますと、引き寄せの法則も働き、{Aさんが最低人間だと感じてしまう事件・事象}が、現実世界で現れ始めるようです。

一方、Aさんを「素敵な人だ。」と認識しますと、引き寄せの法則も働き、{Aさんが素敵な人だと感じてしまう事件・事象}が、現実世界で現れ始めるようです。

このように、原因である自分の、他人に対する{見方・認識の仕方・見る側面}を変えれば、状況は改善し始めていくようなのです。

ちなみに。
「同僚のAさんや、上司のBさんのせいで、職場の人間関係で苦労している!」と責任転嫁すると、どんどん無力で無気力になっていくようです。

職場の人間関係を改善する方法は「自分に責任がある。この程度の問題、自分で解決できる」と自己責任と捉えること。
すると、やる気や、元気や、エネルギーが湧いて出てくることになる。


この件に関して詳細は人のせいにする人の心理と私の対処法(責任転嫁への上手な対処法)にて。


次にA関心の向け方です。

「僕、パンダ。」



今、頭の中に

こういう、奇妙な生き物が頭の中に浮かんだでしょう?
2秒前までは、頭の中には、こんな奇妙な生物は存在しなかったハズです。

言い換えますと・・貴方の現実には、「パンダ」なんて存在しなかったのに、今は、急に存在しているでしょう?


それは、「パンダ」に関心を向けたからです。

つまり・・私達の現実というのは、関心を向けたものだけが存在する世界なのです。

今日、1日部屋の中で、ずっと目をつぶっていたとします。

すると、今日1日の私達の現実には、私達の頭の中に浮かび上がったものだけが存在するわけで・・ペットの犬のことを頭の中で思えば、ペットは存在しますが、ペットのことを1日中忘れていたら、今日1日には、ペットは、私達の現実には存在しないことになるのです。

目を開けていても同様です。
私達が、左側を歩くイケメンお兄さんや、セクシーなお姉さんに目を向けると・・つまり関心を向けると・・右側にある公園に視界が向わず、そこの公園には木もベンチも砂場も存在しているのに、【私達の現実】には存在していないことになるわけです。

そう。
私達は自分が関心を向けたものだけで構成されるている世界の中で生きているのですね。

だからこそ、理想を現実化する方法のとおり、同じ地球に生きているのに、人によって現実が異なるようなのです。


そして、これは人間関係も同じです。
好きになれない同僚のAさんに関心を向ければ、いつもAさんは私達の現実の中に存在することになり、そしてイライラさせられます。

仕事が終わり、お風呂でゆっくりしているときに、今日の仕事中のAさんの腹立たしい態度を脳内で思い出し、またイライラします。

もう、家に帰っていて、Aさんは物理的には存在しないのに、頭の中でAさんに関心を向けるから、自分の現実の中ではAさんが存在してしまい、それでイライラしてしまいます。


一方で・・どうしてもの時以外、一切、Aさんに関心を向けずに仕事をしていれば・・仕事以外でも、一切、Aさんに関心を向けなければ、・・Aさんは物理的には、今日もどこかにいるのでしょうが、自分の現実の中には存在しませんから、Aさんにイライラさせられることがなくなります。

ですから、どうしても好きになれない人には、関心を向けないことも、1つの選択肢なのかもしれません。
「なにに関心を向けるか?」の自由は、私達は保証されています。
自分の見たいもの、考えたいもの、に関心を向ければ良いのですね。

わざわざ、好きになれない人に関心を向ける必要は、ないのかもしれません。

この
「関心を向ける対象」を、自らコントロールすることで、現実はコントロールされていく側面があるため、好きになれない人に関心を向けないだけでも、人間関係は少しづつ改善されていくようです。

好きになれないAさんに関心を向け、心がイライラした状態で、Aさんと接すると、どうしても悪い態度でAさんに接してしまうことでしょう。すると、人間関係が悪化しそうです。

一方・・いつも自分が良い気分になれる{人・モノ・出来事}に関心を向け、心がハッピーな状態でAさんと接すると、自分に余裕がある分、Aさんにも寛大な態度で接することが出来ることでしょう。すると、Aさんとの人間関係も改善することになりそうです。

また、休日や仕事終わりには、職場の面倒な人間関係について考えないのが1番ですよね。
自分1人で、頭の中でグジグジ考えても状況は変わらないうえストレスは溜まるからです。

他人も会社も変えられないため、職場の人間関係の、ややこしい問題については、改善策を悩み過ぎないことがコツみたい。

この件に関しては、考えない人の特徴と考えないようにする私の方法(考えすぎないコツ)や、失恋や嫌なことを忘れたい!過去を振り返らない私の方法(今と「これから」を生きる方法)の記事が詳しいです。



B人間関係の改善方法〜まとめ〜
■上記のように、
〜ポイント〜
@状況を改善しようとするのではなく、状況に対する見方を変える

A関心の向け方
を意識すると、人間関係も改善されていくのかもしれません。

と、偉そうに書いてきましたが、実践はまた難しいですよね。

私は、実際は、てんで駄目で・・。
しかし、少しづつでも改善していけたら、とも思っています。

ともに楽しみながら精進してまいりましょう。


〜追伸〜

→職場の人間関係が悪い場合は、社内に友達も作りにくいですよね。
でも、社内に友達ができないからって悩み過ぎないことも大切になりそうです。

詳細は職場の同僚と仲良くなれない理由は1つ( 社会人の「友達の作り方」 )にて。

また、会社の人間関係が改善しない場合は、転職も有りですよね。

私は転職経験者ですが、「転職して良かった」と感じている1人です。

賢い転職の仕方含め、転職については、以下の記事がおすすめです。

@職種別!おすすめ転職サイトと転職の仕方(ハローワーク以外)(職種別!転職サイトと転職のやり方)

A既卒やフリーターにお勧め就職サイトはコレ(既卒やフリーター専用の正社員就職サイト)


と同時に、{副業/投資}もおすすめです。

副収入があると、「給料が下がっても大丈夫」と思えるため、職場の人間関係が悪い時に、転職しやすくなるからです。

副業や投資については、以下の記事がおすすめです。

@副業で月3万円稼ぐ私の方法2つ!随時更新(月3〜5万円の副収入を稼ぐには?)

A月1〜2万円の副収入を手堅く投資で稼ぐ私の方法(副収入を稼ぐには?)


<writer 名無き仙人>


★よく読まれている記事★
【人気】高利回りソーシャルレンディング投資とは?仕組みを解説(超高時給の投資!私が投資する理由)

【人気】FXの始め方!基礎とポイントをわかりやすく解説(為替で儲けよう!投資は大人の趣味)






バス男「パンダって、奇妙な生き物だよね。」


バス子「バス男さんも人のこと言えないわよ。」


仙人「会社の人間関係を改善し、楽しい幸せな人生を生きていけると良いのぉ。」


関連仕事がつまらない!辞める以外の選択肢3つ(つまらない仕事への対処法は3つあるよ)
職場の雰囲気が悪い時(社内の派閥争いや対立に巻き込まれない方法)
月曜朝が仕事で憂鬱!解消(我慢して仕事を続けながら状況を改善していくコツ)
仕事量が不公平!対処法(勤め先の会社は私の会社ではなく‘他人’の会社)
会社が辛い?相談するな(プロ会社になる方法)
職場モラハラ対策!治療法も対処法もない?(モラハラ職場の特徴と対策)
会社の飲み会の断り方4つ(飲み会に参加するのが当たり前のキャラにならない方法)





お勧め超高利回りソーシャルレンディングの仕組みとリスク!体験談(超高時給の投資)
産業用太陽光発電への投資!メリット/デメリット(不動産投資より手堅い)
穴場の高額バイトお勧め7つ!知らなきゃ損するよ(穴場のアルバイトをご紹介)
結婚チャンステスト!楽天オーネット体験談(結婚チャンステストやってみたよ)
貯金ができない人の強制貯金術(貯金できない理由は「お金の預け先」を間違っているから)
お勧め派遣会社!正社員になる賢い方法も(お勧めの派遣会社はココ!)
既卒やフリーターにお勧めな就職サイトはコレ(既卒やフリーター専用の正社員就職サイト)
歯が白くなるホワイトニング歯磨き粉の効果がすごい!(ホワイトニング歯磨き粉レビュー)
職種別!おすすめ転職サイトの紹介と説明(職種別!お勧め転職サイトはコレ!)
FXの始め方!基礎とポイントをわかりやすく解説(為替で儲けよう!投資は大人の趣味)
株式投資の始め方!株は楽しいよ(株で儲けよう!投資は大人の趣味)





★ 生活費の節約術とお金を増やす方法(月5万円/年60万円の自由なお金を作る方法)

★ 見た目年齢の若い元気な人になる方法(実年齢より見た目年齢が若い人がやっていること)

★ 恋愛/婚活!出会いの方法一覧(自分に合った出会いの方法を見つけよう)


仕事仙術

恋愛・婚活仙術

その他