俗世間との付き合い方  


スポンサーリンク




スポンサーリンク

俗世間との距離感

■変わり者な貴方へ。世間や世の中/他人との付き合い方・関わり方・距離感。上手な世間・世の中・他人との付き合い方とは

俗世間との付き合い方
俗世間との距離感〜バランス〜



バス男「はぁ。世の中や社会との関わり方に悩むなぁ。」


バス子「バス男さんは常識がないから、社会との関わりに疲れるのかもしれないわね。」


「そうなんだ。僕、常識がない変わり者だから【世の中との上手な付き合い方】【世間/他人との距離感】がわからず悩んでいるんだ。」


「だったら仙人に【世の中との上手な付き合い方】【世間/他人との距離感】を聞いてみれば?」


「俗世間とは馴染みようがなさそうに見える仙人様の【世の中との上手な付き合い方】【世間/他人との距離感】かぁ〜。どんな話なんだろ?・・・」







〜変わり者で俗世間に馴染めない〜

1.他人/俗世間との上手な付き合い方・距離感

@社会との関わり方

■とある冬の早朝、私は久し振りにスーツに着替えていました。
今日は、仕事の取引先にお世話になりに行くのです。

スローライフとは?意味にあるとおり、普段はスーツなど着ずに、私服にて家でパソコン作業をしていますから、スーツを着るのが久し振りなのです。

名無き仙人道とか言いつつ心の中ではゆる〜い生き方をしている私にとって、スーツやネクタイというのは、あまり好きな服装ではありません。

ポリシー的な観点で言えば「スーツなど着たくない」という思いもあります。

自称ではありますが、仙人なのに「スーツ」って・・うーん。

そして・・
「取引先に行く」と言いましても、私は取引先にお金を払う側の{お客様}でもあるため、別に私服で行っても構わないわけです。
ジャージ姿で取引先の事務所に行ってもいいわけです。私は{お客様}なのですから。


しかし・・ここは【世の中との上手な付き合い方】【世間/他人との距離感】のバランス感覚が現れる部分でもあるようなのです。

スーツなんてものは、別に皆が勝手に着ている習慣的な服装であり、西洋文化の真似でもあって、法律によって「ビジネスの現場ではスーツを着なければならない。」という決まりはないのです。

が、【世の中との上手な付き合い方】【世間/他人との距離感】のバランスで言えば、初めて新しいビジネスパートナーと面会するわけですから、常識的に言えば「スーツ」なんです。


こんな話をしますと、「いろいろ言わずにスーツを着ればいいだろ?」なんて声が聞こえてきそうでそうが、この【世の中との上手な付き合い方】【世間/他人との距離感】のバランス感覚に関する問題は、私にとってはバカに出来ない問題なのです。



A他人/俗世間との上手な付き合い方・距離感
■普通は、「いろいろ言わずにスーツを着ればいいだろ?」と言って、なんの疑いももたずにスーツを着ることになるようです。

学生時代も、「いろいろ言わずに学校に通えばいいだろ?」と言って、なんの疑いももたずに学校に通います。

それが常識だからでしょう。

しかし、社会常識と非常識を科学するにあるとおり
常識とは自分以外の人達の考えの集合体とも言えそうです。

社会常識とは、自分が作り出すものではありません。
自分以外の、他の他人達が作り出すものが常識のようです。
自分は、この4次元世界の現実に生まれ落ちた瞬間には、常識がありませんでした。自分は、生まれたばかりの頃は非常識人でした。
それが、大人になっていく過程で、常識を少しづつ取り入れるようになっていきます。
これは言い換えると、 【大人になっていく過程で、他人達の意見に少しづつ流されていくようになっていった】 とも言うことが出来そうです。

そして、世界と人間の存在理由にあるとおり、人は皆、それぞれで違いがあるようです。
ですから、世に存在する【常識】すべてが、自分の元々の性質/特質に合うことには、ならないようです。

誰しも、世に存在する【常識】のうち、いくつかは、自分には合わない【常識】が存在しているのかもしれません。

それなのに、なんの疑いももたずに世間の【常識】に従ってばかりいれば、自分には合わない【常識】によってストレスを溜め、イライラさせられ、苦しめられることにもなるかもしれません。

常識とは自分以外の人達の考えの集合体であるならば、自分には合わない【常識】が、誰しもにありそうです。


私の人生にとって大切なことは「他人達の考え(常識)」ではなく「自分の考え」です。他人の人生ではなく私の人生なのですから・・。

また、私にとって重要なことは、残り数十年も続く余生を楽しく生きることであり、「常識に従って生きること」ではありません。


・重要で大切なこと→「楽しく生きること」
・どうでもいいこと→「常識(他人達の考え)に従って生きること」


そのため、たかが「スーツ」であったとしても、俗世間的には常識である「スーツ」ですが、その常識が自分には合わない【常識】であるならば・・

「スーツ」という俗世間の常識に合わせることで、自分の幸せに暮らすことが脅かされるのであれば、たとえ「スーツ」が常識であったとしても、個人的には、スーツは着るべきではないのかもしれません。

私にとって重要なことは、残り数十年も続く余生を楽しく生きることであり、「常識に従って生きること」ではないからです。


・重要で大切なこと→「楽しく生きること」
・どうでもいいこと→「常識に従って生きること」


言い換えますと・・私にとっての判断基準は「その行為は常識的かどうか?」でなはなく、「その行為は楽しく生きることに繋がるか?」なのです。

以前の、過度/過剰なほどに人の目/他人からの評価ばかり気にしていた私の判断基準は、「私の行為は常識的かどうか?」でした。
そして、常識的な言動ばかりするよう気を使っていました。

当時は{常識知らず}などと思われ批判されるのが恐かったのです。
そんな当時は、幸せではありませんでした。
なぜなら、自分には合わない【常識】にも従うことでストレスを溜め、イライラさせられ、苦しめられていたからです。


現在の良い人を諦め信用・信頼すらも諦めた私の判断基準は、「この行為は楽しく生きることに繋がるか?」です。
自分の行う行為が、常識的な行為であろうと、非常識な行為であろうと、それはどちらでも構わないのです。

別に肩肘張って、「俺は非常識な人間なんだよ!だから常識なんて絶対に従わねぇ!!」と頑張ることもしませんし、「常識的な立ち振る舞いや言動をしないと・・。」と、ビクビクすることもなさそうです。

そのため、楽しく生きることに繋がるのであれば、たとえ周りから「非常識だ!」と批判されてしまう、嫉妬心すら抱かせてしまう、常識レベルを超えたハイクオリティーなイラストでもwebサイト内に載せるのです。

私の判断基準が、「常識的かどうか?」ではなく、「楽しく生きることに繋がるか?」だからです。



前述の例で言いますと、初めてお会いする取引先の方と出会う場面において、判断基準が、「常識的かどうか?」ならば、迷わずスーツを着るでしょう。

しかし判断基準は「楽しく生きることに繋がるか?」ですから、{迷わずスーツ}というわけにもいかないのです。

と、言うのも、1度得た他人からの評価/期待を裏切る行為は、誰しも抵抗があるものだからです。

私が取引先の方にスーツでお会いした場合、相手は「名無きさんは常識ある良い人だ!」と、私のことを評価するでしょう。

すると、です。
私は相手の評価/期待を裏切るわけにも行かず、その後も、その相手の前では{常識ある良い人}を演じ続けなければならないわけです。

私は{常識ある良い人}ではありません 笑

それなのに{常識ある良い人}を無理して演じ続けると、ストレスが溜まりますし、相手に会うことすら、なんだかおっくうになります。
相手の前では、素の自分を出せないわけですから、会っていても疲れてしまうため、会うのがおっくうになるのです。


一方で・・私が私服で取引先の方に会えば、相手は「名無きさんは、非常識な駄目男だな。」と、私のことを評価するでしょう。

すると、です。
私は相手から期待をされない分、その後も、その相手の前では{非常識な駄目男}のままでよく、気が楽なわけです。

面会中、ミスしてオナラをしてしまっても、「名無きさんは、非常識な駄目男だから、オナラもするよね。」と、たいした問題にならないわけです。
これならば気が楽で、心の中ではゆる〜い生き方のままで良いですから、相手に会っていても疲れず、会うのがおっくうにはなりません。


これは【世の中との上手な付き合い方】【世間/他人との距離感】のバランス感覚に関する問題なのかもしれません。

あんまり非常識ですと、それはそれで、メンドウなことにもなりそうです。
今回お会いすることになっていた方は、知人に紹介してもらった方でした。
私があまりに非常識な身なり/態度であれば、紹介してくれた知人にも迷惑がかかるでしょう。
しかし、だからといって過度・過剰なほどに俗世間に合わせて常識人を演じると、つじつまを合わせないといけないため、その後、どんどんストレスが溜まっていきそうです。


上記で述べたようなことを考慮し、今回のケースでは、その他の検討項目も含め、スーツを着ることにしたのです。



Bまとめ 他人/俗世間との上手な付き合い方・距離感
人間について現実を科学する名無き仙人道お金についてなどの記事を書く私のような変わり者にとっては、俗世間との付き合い方や距離感というのは、バランスを取りながらやっていかねばならぬことでもあります。

ヒマラヤ等の山奥に篭って完全に俗世間を断ち、仙人/仙女修行を行うだけならば、俗世間との付き合い方や距離感なんてものは必要ないのかもしれませんが、俗世間の中で生活をしつつ、毎日の暮らしを桃源郷にする暮らしをしていくならば、どうしても【世の中との上手な付き合い方】【世間/他人との距離感】のバランス感覚が必要になってきそうです。
他人との人間関係


あんまり非常識ですと、それはそれで、メンドウなことにもなりそうです。
しかし、だからといって過剰に俗世間に合わせて常識人を演じると、つじつまを合わせないといけないため、その後、どんどんストレスが溜まっていくことにもなるかもしれません。


・・・・
俗世間の中にて、「楽しく生きることに繋がるか?」という判断基準をもち、常識に縛られ捉われることなく、常識に流されることなく・・

他人様に振り回されることなく、大衆マインドの影響に振り回されることもなく・・
それでいて、世間ともボチボチ折り合いをつけながなら、自分は自分で心の中ではゆる〜い生き方をしつつ幸せに暮らすをしていく・・。
※大衆マインドとは?夢/目標/願望を実現する方法

そのような「生き方」も、素敵なのかもしれません。

〜世間/他人との距離感〜
<writer 名無き仙人>


★よく読まれている記事★
【人気】高利回りソーシャルレンディング投資とは?仕組みを解説(超高時給の投資!私が投資する理由)

【人気】「初心者向け」少額から始める資産運用のやり方【おすすめ運用先】儲かるよ(儲かる資産運用の始め方)






バス男「世間/他人との距離感かぁ。」


バス子「世の中には、いろいろな考え方もあるのね。」


仙人「俗世間とも、ボチボチ折り合いをつけつつ、残り数十年も続く余生は、誰に認めてもらいたいでもなく、誰にもなにも言い訳をするでもなく、自分の信念に基づき「良かれ」と思う「生き方/生き様」を、のんびりとしていくのも、悪くはないのかもしれぬのぉ。楽しい幸せな人生を生きていけると良いのぉ。」




お勧めビットコインとは【わかりやすく図解で仕組みを】初心者向け簡単に(人気の理由)
産業用太陽光発電への投資!メリット/デメリット(不動産投資より手堅い)
FXの始め方!基礎とポイントをわかりやすく解説(為替で儲けよう!投資は大人の趣味)
高利回りソーシャルレンディング比較一覧!お勧めはココ(お勧めの会社はどこ?)
簡単!仮想通貨の始め方【初心者におすすめコインも】(仮想通貨の買い方)





★ 生活費の節約術とお金を増やす方法(月5万円/年60万円の自由なお金を作る方法)

★ 見た目年齢の若い元気な人になる方法(実年齢より見た目年齢が若い人がやっていること)

★ 恋愛/婚活!出会いの方法一覧(自分に合った出会いの方法を見つけよう)


仕事仙術

恋愛・婚活仙術

その他