首都直下地震はいつ?被害予想と対策も


スポンサーリンク




スポンサーリンク

首都直下地震はいつ起きる?予言

東京で大地震が起きる時期
将来、関東での大地震が起きる可能性。その場合の東京の被害とその後の日本という国家のあり方の変化。



バス子「今日は良い天気ねぇ〜。アイスが美味しいわぁ。」


バス男(このアイスはう○こっぽい・・)・・そうだね。しかし仙人様は何を考えているのかなぁ?こんな平和な毎日なのに、今から【関東での大地震被害のシュミレーションセミナー】を行うらしいよ。」


バス子「ふ〜ん。それって、将来的に関東地方で大地震が起きるってことかしら?・・なんだかよくわからないけど、無料セミナーだし、聞きに行ってみようかしら?」


バス男「仙人様が予想する【首都直下地震の予言】かぁ〜。」








〜地震予知 関東での大地震〜

1.関東での大地震の被害
@地震の周期はあてにならない?


未来の予想・・特に時間や時期を当てる予想は難しいので【首都直下地震が起きる時期】の予想は難しいですね。

ただ、
現実世界の物事には周期・サイクルがあるので、悪いことが重なる時期に東京での大地震は起きる予想をしやすいところでしょうか。

具体的には
{金融危機}の前後と予想するのが普通でしょう。

最悪のケースは日本国の
経済破綻の前後ですが、そこまで最悪が重なるか・・

日本の財政破綻はいつ?【地方自治体の破綻は起きるよ】シナリオを公開(財政破綻の可能性)

首都直下地震の発生時期の予言→金融危機の前後

バス男
「2011年に起きた3.11の東日本大震災は、2008年のリーマンショックの後だったな〜」

バス子「経済が順調で、世界的な事件のない平和な時期は発生確率が低そうね」

「悪循環」という言葉が存在する通り、悪いことが続く時期は首都直下地震も気をつける必要がありそうですね。


A首都直下地震がヤバい理由
関東での大地震は、正式な記録として残っているものとしては1923年の【関東大震災】と1703年の【元禄関東地震】があるようです。

関東での地震の周期は200年〜400年以上に1度とされているため、常識で考えれば、今後100年以上は関東では大きな地震はなさそうです。


しかし、もし仮に、東京を中心とした関東地方での大地震が起きた場合は、
‘日本’という国事態が麻痺し壊滅状態になり、国のあり方そのものが変化してしまうかもしれません。

これだけ科学や世の中が発展していても、都市の基盤である大地が、文字通り揺れ動くと、地震と津波で街や都市は、壊滅状態になる可能性もあるのかもしれません。

そして日本の人口の半数近く、特に生産年齢の多くは東京や関東にいます。

その東京や関東が壊滅状態になり、数十万人単位の多くの死傷者がでて、さらに各企業や政治の本部機能が集中する東京が壊滅状態になると、国のあり方そのものが変わってしまいそうです。

{日本}という国のあり方すら、根本的に変えてしまう影響力がある、関東での大地震。

では、その関東での大地震について、詳しく見てみましょう。



A東京での地震災害
■1923年の【関東大震災】では、10万人以上の人が亡くなられました。

もし仮に、現在にて関東での大震災が発生した場合、死傷者数もさることながら、政治や経済の機能が麻痺してしまうことにも、なるかもしれません。

1996年「阪神淡路大震災」
2007年「新潟県中越沖地震」
2011年「東北沖大地震」
などは、日本という国家自体が、麻痺状態にまでは、なりませんでした。
政治・経済の本部機能が集中する東京は無傷だったからです。

本部機能が正常に働いている限り、指揮系統はしっかり機能しますから、混乱状態は迅速に対応できます。

しかし仮に、東京を中心とした関東地方で大地震が発生し、日本の内閣総理大臣も国会議員もマスコミ各社も、大手銀行の本店や大手企業の本社も被災し、被災者となって救助を求める側になってしまった場合は、大変な混乱状態に陥ってしまうことも予想されます。

電力会社やガス会社、水道なども被災してしまうわけですから、ライフラインも壊滅状態になり、電車や飛行機なども運行されず、交通機関も麻痺するかもしれません。。

移動するにも、ガソリンスタンドも停電していますから給油が出来ず、車も電車もタクシーも飛行機も使えません。徒歩しか方法がありません。
実際、2011年「東北沖大地震」では、東京の都心でも多くの人が徒歩で家や会社に帰りました。


また、人口が密集する関東地方での大災害は電話へのアクセスが集中するでしょうから、電話も使えなくなってしまうかもしれません。おまけに停電しますから、ネットも携帯電話も充電が切れたら使用が出来なくなりそうです。

警察や消防、自衛隊などの救助隊も、日本全国から来たとしても人数が限られています。それなのに、東京や関東地方が被災すると、救助して欲しい被災者の人数が非常に膨大ですので、

1996年「阪神淡路大震災」
2007年「新潟県中越沖地震」
2011年「東北沖大地震」
などのときのように、簡単には自分の避難所までには救援物資も届いてこないかもしれません。

関東が被災すると、助けてもらいたい被災者が膨大な人数にのぼるのです。救援隊ではすべての人に対応できないかもしれません。


また、
2007年「新潟県中越沖地震」
2011年「東北沖大地震」
などは田舎で起きた地震ですから、被災後は近所のお付き合い同士での助け合いなどが行われましたが、東京などの大都市での被災後は、助け合いも行われるでしょうが、混乱に紛れて暴動や略奪なども起きるかもしれません。
大都市にはいろいろな人が住んでいますから。

1923年の【関東大震災】のときは、混乱に乗じていろいろな事件も起きたようです。

2011年「東北沖大地震」でも、枝野幸男官房長官は12日、首相官邸で記者会見し、東日本大震災をきっかけにインターネット上などで出回っている出所不明のチェーンメール(「有害物質が雨などと一緒に降るので注意」など)への注意を呼びかけたりもしています。

大災害の後は、混乱に乗じて、様々な事件がおきる場合もあるようです。


そして東京、関東での地震が起きると、日本の経済活動が中断されかねません。
生産活動を行うことが出来ずに、数日間は逆に消費する一方で、その後は復旧にお金が必要になるでしょう。

地震直後の数日間は、経済活動どころではなくなるようです。

これは、2011年「東北沖大地震」発生時の、運営するwebサイトのアクセス数です。(グーグルアナリティクスより)

当時、運営するサイトには、平常日、約4000人/日の人が訪れて下さっていたのですが、この日は2000人/日ほどにアクセス数が半減しました。
このような状態が数日間続きました。
東北の田舎で起きた地震ですら、これほど影響があるのです。

これが仮に、人口が集中する東京や関東地方で起きた場合、東京や関東地方は地震により壊滅状態になることも予想されます。

首都圏が被災すると、首都圏での売り上げが収入の大半を占める企業は大打撃を受けるかもしれません。

そして大手企業の多くは、東京を中心とした関東地方が売り上げの大半を占めますので、大手企業や大手企業が取引先の企業も、軒並み大打撃を受けてしまうかもしれません。
そうなると関東以外の地方にも、経済的な大打撃がいくことになりそうです。


関東地方での大地震が起きたら、国会なども運営できませんし、政治機能は麻痺するかもしれません。
そして経済も麻痺するかもしれません。
被災者の救出や復興のために、どれだのお金が必要になるか検討もつきません。

日本という国が、経済的に破綻してしまうかもしれません。

日本の国家破産への対策【破綻後の東京を歩く未来予想】を公開(破綻後の日本を歩く)

仙人「東京湾を津波が襲えば、被害はさらに拡大するからのぉ」

首都直下地震だけでも被害は甚大ですが、
津波まで襲ってくると、被害予想が大きすぎて出来ません。

政府もマスコミも、首都直下地震と津波の両方の被害予想まですると、日本が壊滅する予想となるため、大々的には行っていないようです。

タブー・・触れてはならぬ状態です。


日本は海に囲まれた平和な国です。
対外的には、隣国とは海を挟んでいるため、他の国よりは安心ですが、地震や津波のリスクは常にある・・とも言えそうです。

そして日本人の平均年齢は約80歳です
今までの歴史の中で、80年間、ずっと大災害や戦争、大きな事件、経済的な大災害など、日常生活を脅かす【想定外のこと】が1度も起きなかった時期はないようです。

つまり、人間は80年生きていれば、どこかで日常生活を脅かす【想定外のこと】を1度や2度は経験することになるようなのです。

もしかしたら、私達が経験するこになる人生で1度か2度は経験する【想定外のこと】が、関東での大地震になるかもしれません。

東京や関東での大地震の可能性は、現在のところは低いとみていますが、仮に起きたら、時代や歴史が大きく変化することになるでしょう。

東京や関東を中心とした大震災が、起きないことを祈るばかりです。


C東京の大地震の対処法

東京での巨大地震への対策は「
資産運用による外貨収入の獲得」となります。

首都直下地震によって、日本国も日本の企業も壊滅的な被害を受けたら、日本円の価値は暴落する可能性があります。

その時に、世界各国へ分散投資をしていれば・・例えば、アメリカの高配当株を持っていれば、外貨収入として配当金がドルベースで入ってきます。

すると生活に困らないばかりか、
安値で叩き売られている日本の土地や日本企業の株を買える投資チャンスになります。

仙人「日本の富裕層は、既に、この対策をしておるからのぉ」

海外への資産運用の仕方は以下の記事のとおり簡単です。

海外に分散投資する方法!比較一覧おすすめはコレ(国際分散投資のやり方)

問題は運用資金作りであり、運用資金を作るためには収入アップが必須となります。

収入を増やす方法については以下の記事が詳しいです。

@職種別!おすすめ転職サイトと転職の仕方(ハローワーク以外)(職種別!転職サイトと転職のやり方)

A既卒やフリーターにお勧め就職サイトはコレ(既卒やフリーター専用の正社員就職サイト)

B副業で月3万円稼ぐ私の方法2つ!随時更新(月3〜5万円の副収入を稼ぐには?)

C月1〜2万円の副収入を手堅く投資で稼ぐ私の方法(副収入を稼ぐには?)


<writer 名無き仙人>


★よく読まれている記事★
【人気】高利回りソーシャルレンディング投資とは?仕組みを解説(超高時給の投資!私が投資する理由)

【人気】「初心者向け」少額から始める資産運用のやり方【おすすめ運用先】儲かるよ(儲かる資産運用の始め方)






バス男「関東での地震だけは辞めて欲しいなぁ。」


バス子「そうね。日本という国そのものが麻痺してしまうでしょうね。」


仙人「精神面でのリスクヘッジとして、「地震」も想定内に入れておく必要も、あるのかもしれぬのぉ。→日本人のリスクマネジメント


関連地震の前に目が覚める理由
高利回り投資先はコレ!資産運用利回り比較(利回りランキング)
絶対負けない投資はコレ!負ける理由は株やFXだから(勝てる投資先とは?)
日本国家が財政経済破綻したらどうなる?【破綻後の予想】(財政破綻後の予想)
年金が破綻しない理由【生活保護と本質は同じだから】豊かな老後に備える私の方法も(年金制度を考える)





お勧めビットコインとは【わかりやすく図解で仕組みを】初心者向け簡単に(人気の理由)
産業用太陽光発電への投資!メリット/デメリット(不動産投資より手堅い)
FXの始め方!基礎とポイントをわかりやすく解説(為替で儲けよう!投資は大人の趣味)
高利回りソーシャルレンディング比較一覧!お勧めはココ(お勧めの会社はどこ?)
簡単!仮想通貨の始め方【初心者におすすめコインも】(仮想通貨の買い方)





★ 生活費の節約術とお金を増やす方法(月5万円/年60万円の自由なお金を作る方法)

★ 見た目年齢の若い元気な人になる方法(実年齢より見た目年齢が若い人がやっていること)

★ 恋愛/婚活!出会いの方法一覧(自分に合った出会いの方法を見つけよう)


仕事仙術

恋愛・婚活仙術

その他