読まれる記事の書き方   


スポンサーリンク




スポンサーリンク

読まれる記事の書き方

■多くの訪問者の方に読んでもらえる記事の内容とは?読まれる記事を書くには?方法。人を惹き付ける文章の書き方、方法

読まれる記事の書き方
読んでもらえる記事を書くには?



バス子「ねえねえ、バス男さん?私、今ブログを書いてるんだけど、全然アクセス数が増えなくて・・。」


バス男「へぇ〜。アクセス数を増やしたいの?僕もブログのアクセス数が増えなくて・・」


バス子
「うーん・・私はみんなに読まれる記事を書くことで人気ブログを作りたいんだけど、、」


「人気ブログかぁ。どうすれば良いのかなぁ?」


バス子「・・ねぇ、仙人に【読まれる記事の書き方】を聞いてみない?」


「仙人様の【読まれる記事の書き方】かぁ・・」







〜読まれる記事の書き方〜

1.読んでもらえる記事とは?

@ブログやホームページの記事を書くコツ

■「サイト訪問者の方に読んでもらえるHPやブログ記事の書き方」ですが、まず最初に、大切になるのは ‘記事タイトル’ のようです。

人にはそれぞれ「好き・嫌い」の好みがありまして、100人がサイトを訪れた場合、その100人の方皆に記事を楽しく読んでもらえることは、難しいようです。
これはアクセス解析の
直帰率という項目からもわかります。

人気サイトでも、直帰率は50%程度・・とも聞いたことがあります。

つまり、サイトを訪れた方が100人いた場合、50人は1記事読んだだけで、もしくは記事を読まずに、左上にある「戻るボタン」を押して直帰して、他のサイトに移動しているわけです。

その直帰率、普通のサイトでは7割程度のようです。


つまり、インターネットは、チャンネルの数が限られているTVと違って、見ることのできるサイトがたくさんあるため、少しでも好みに合わなければ、皆、直帰していくようなのです。

「なんだよこのサイト?ブラックバス男?戻るボタン押そう。」のような感じでしょうか 笑


すべての人に好感をもってもらえることは難しく、サイト訪問者の半分以上の方が、たいして記事も読まずに直帰していくのですから、もともとのアクセス数自体、つまり分母数が多くないと、多くの人に記事を読んでもらえないことになるようです。

ですから、記事タイトルが大事!となるようです。
HPやブログを作成する際、肩書きや知名度がゼロからスタートの場合、自身の運営するサイトを訪れる方のほぼ100%が検索エンジンからになるようです。

まったく無名の人の記事が、ツイッターや他のブログで取り上げれて、そこからリンクを貼られ、アクセス数が急増していくことは、特にブログやHPを作り初めの頃は、ほとんど期待できないようです。

ツイッターやSNS、他のブログからリンクを貼られ、そのリンク経由で人が訪れる現象がおき始めるのは、サイト作成を始めて、1年程度経過した後から・・となる場合が、多そうです。


ですので、ヤフーやグーグルの検索窓で、多くの方が打ち込むキーワードを探して記事タイトルを付けることで、検索エンジンからのアクセス数を増やすことも、大切となるようです。

そのことが、まずは第1段階の「サイト訪問者の方に読んでもらえるHPやブログ記事の書き方のコツ」と言えそうです。


ですので、記事を書く際に、「書きたい内容を考えてから記事を書く」だけではなく、「書きたい内容で、尚且つ、検索窓に打ち込まれる回数の多いキーワードから記事を書く」ようにするのも、良いかもしれません。


では次に大切なことです。
それは、自己満で好き勝手に記事を書いても良さそうですが、結果的に、読んだ人の【ためになる記事】や【おもしろい記事】、読んだ人の【感動の感情が湧く記事】を書くことも、大切になるようです。

例えば、意味のない、テキトーな日記のような、自己満のような記事を書く場合・・そのような自己満記事や日記を書いても、読んだ人は、ためにもなりませんし、おもしろくもありませんし、感動も起きないかもしれません。

そんな記事を読まされた人は、「このブログ(HP)は、2度読まない!時間を無駄にした!」と思うのかもしれません。

日記でアクセス数を集めることができるのは、有名人くらい・・とも聞きます。
肩書きや知名度がゼロからスタートの場合、日記や自己満記事だけを書いていき、{多くの人に訪れてもらえるサイト}を作成するのは、難しいのかもしれません。

ひたすら、サイトを訪れてくださった方のためになる情報を書いた記事や、おもしろい記事、感動をよぶ記事を書くことに、徹するのも良さそうです。

そのようなこともあり、名無き仙人の運営サイトは1000記事以上ありますが、日記は1記事もないのです。

実際には出来ていないのですが・・気持ち/意識の面では、すべての記事において、サイトを訪れてくださった方のためになる情報を書いた記事や、感動をよぶ記事を書こうと思っています。
自己満で好き勝手に記事を書いてはいるのですが、心のどこかで、無意識レベルで、読んで下さった方の【ためになる記事】を書くことを、意識しているようなのです。
そういった意識も、大切なのかもしれません。


では、「読まれる記事の書き方のコツ」。最後です。
それは、パーソナルブランディングをしていくことです。

ためになる記事や素晴らしい記事、感動をよぶ記事は、web上に多くあります。
ですので、なにも考えずに、ただ【ためになる記事や素晴らしい記事、感動をよぶ記事】を書くだけでは、web上で埋もれてしまうかもしれません。

web上で埋もれないためには、記事内容だけではなく、自分や自分の運営サイトをブランドとして育てていくことが必要なのかもしれません。


ブランドの力は偉大です。
例えばお茶やコーヒー。
どこのメーカーでも、お茶の味やコーヒーの味はたいして変わらないのに、コカコーラのお茶やコーヒーは売れるようです。
それは、コカコーラがブランドとして確固たる地位を築いているから・・かもしれません。

例えば某アイドルグループ。
某アイドルグループのメンバーとして歌って踊っているのは、一般人の素敵な方と比較して、スバ抜けて、素敵な方ばかりではないのかもしれません。
にも関わらず、売れているの{某アイドルグループ○○}というブランドの力のお陰でも、あるのかもしれません。


・・読まれる記事を書きたい場合、記事内容もさることながら、自身や自身の運営するブログやHPのブランド化も視野に入れると、良いのかもしれません。

美味しいハンバーガーを作ることのできるお店はたくさんありますが、ブランド化に成功しているマクドナルドが、もっとも多くの方にハンバーガーを提供しているようです。

読まれる記事を書くは、記事内容だけではないのかもしれません。

自身のブランドを育てる意識もあると、より多くの方に、読んでもらえることに繋がるのかもしれませんね。

〜読まれる記事の書き方〜
<writer 名無き仙人>


★よく読まれている記事★
【人気】高利回りソーシャルレンディング投資とは?仕組みを解説(超高時給の投資!私が投資する理由)

【人気】「初心者向け」少額から始める資産運用のやり方【おすすめ運用先】儲かるよ(儲かる資産運用の始め方)






バス男「僕も「バス男のブログ」を作ろうかなぁ。」


バス子「どんなブログになるか、気になるわね。」


仙人「読まれる記事を書くための文章力は、記事をたくさん書いていくと、自然と少しづつじゃが、身についていくようじゃのぉ。ワシも最初の頃に書いておった記事の文章と、現在の文章では、違うからのぉ。」


関連上手で賢い貯蓄方法(以前の記事からわかること)




お勧めビットコインとは【わかりやすく図解で仕組みを】初心者向け簡単に(人気の理由)
産業用太陽光発電への投資!メリット/デメリット(不動産投資より手堅い)
FXの始め方!基礎とポイントをわかりやすく解説(為替で儲けよう!投資は大人の趣味)
高利回りソーシャルレンディング比較一覧!お勧めはココ(お勧めの会社はどこ?)
簡単!仮想通貨の始め方【初心者におすすめコインも】(仮想通貨の買い方)





★ 生活費の節約術とお金を増やす方法(月5万円/年60万円の自由なお金を作る方法)

★ 見た目年齢の若い元気な人になる方法(実年齢より見た目年齢が若い人がやっていること)

★ 恋愛/婚活!出会いの方法一覧(自分に合った出会いの方法を見つけよう)


仕事仙術

恋愛・婚活仙術

その他