20代30代で遊びより仕事するメリット  


スポンサーリンク




スポンサーリンク

20代30代で遊びより仕事するメリット

20代30代で遊びより仕事するメリット
若い時期に遊ぶ?それとも仕事に打ち込む?




バス男「はぁ〜仕事ってめんどくさい。僕は働きたくないよ。」


バス子「私も。仕事人間の人っているけど、そういう人を見ると、ぞっとするわ。」


バス男「うん。あ〜はなりたくないよね。若いうちは遊ばなきゃ。」


バス子「でも、そういえば仙人が【20代30代で遊びより仕事をするメリット】の話の中で・・」


バス男「仙人様の【若いうちに仕事を頑張るメリット】の話・・」







〜25歳30歳35歳の時に、何に時間を使うか?〜

1.20代30代で遊びより仕事するメリット

@25歳、30歳でニート/フリーターをするデメリットとは?

■「仕事における旬の時期・・か。」

結婚のタイミングが合わない理由と別れ(男女で旬の歳は異なり男女とも旬の時期に結婚したがる)にあるとおり。

結婚における男女の旬の時期(結婚適齢期)については意識している人も多いですが、仕事における旬の時期については、意識している人は少ないかもしれません。

結婚適齢期があるように仕事にも旬の時期がある。

私は仕事における旬の時期(仕事の能力や実力を身につける適齢期)なんて、ほとんど意識していなかったのですが、最近、{仕事における旬の時期}について見聞きする機会が増えていて、真剣に考えてみることにしました。

20代30代で遊びより仕事するメリットとは?


<仕事における旬の時期>
仕事における旬の時期とは、最も、仕事を覚え、仕事に関する実力や能力が伸びる時期・・と言えるでしょうか。
普通、人は、仕事における旬の時期に仕事に関する{技術・知識・経験}を身につけ、その身につけた技能にて、後は定年まで働くことになるそうです。

例えば野球選手。
野球選手は、子供の頃から野球の技術・知識・経験を身につけ、その身につけた技能にて18歳から30歳〜35歳くらいまでプロ野球の世界で活躍し、引退後は、野球の解説者や指導者として働きます。

では、野球選手の{仕事における旬の時期(最も、仕事である野球のことを覚え野球の実力や能力が伸びる時期)}とは、いつでしょう?

個人差はあるでしょうが、3歳とか6歳とか、遅くても10歳くらいから18〜22歳くらいまでの間の10〜20年ほどでしょうか。

26歳にして、野球を始めた人が、28歳から実力が伸び始め、33歳になってからプロ野球に入団し35歳からプロ野球で活躍する!なんて、聞いたことがありませんよね。

「野球選手として仕事ができるかどうか?」は、18歳〜22歳くらいまでの、子供の間に決まってしまう!と言えそうです。

逆いえば、プロ野球選手は、子供の頃に身につけた技能で、その後、残りの何十年もの人生、働き食べていっているのかもしれません。

プロ野球選手は10代で身につけた{技術・知識・経験}で、その後を生きていく。

では、日本国の中で、その年、生まれた何百万人もの日本人の中で3本の指に入るほど運動神経や体格に恵まれていたAさんがいるとします。

そんなAさんなら、頑張ればプロ野球選手になれそうですね。

では、Aさんが、3歳から25歳まではぐうたらし運動せずに過ごし、26歳からプロ野球選手を目指し頑張り始めたら、どうでしょうか?

おそらく、プロ野球選手にはなれないでしょう。旬の時期(3歳から22歳の間)に、野球に、本気で取り組んでいないからです。

どんなに優れた人でも、旬の時期に取り組まず、旬の時期を逃してしまうと、成功するものも、成功せずに終わってしまうわけですね。

では、私達、普通の仕事に就く、普通の会社員/サラリーマンの場合は、どうでしょうか。

会社員にとって仕事の旬の時期とは?

私達は、18歳〜22歳から働き始め、仕事に関する{技術・知識・経験}を身につけ、その身につけた技能にて定年まで働くことになります。
では、普通のサラリーマン・会社員の{仕事における旬の時期(最も、仕事を覚え、仕事の実力や能力が伸びる時期)}とは、いつでしょう?
個人差はあるでしょうが、20代、30代の間の10〜20年ほどでしょうか。

ずっとニートだった人が41歳にして初めて就職し、43歳から実力が伸び始め、46歳になってから昇進し部長になる・・なんて、あまり聞きませんよね。
「仕事できる人になれるかどうか?」は、20代、30代の10〜20年間の間に決まってしまう!とも言えるのかもしれません。
逆いえば、私達会社員は、若い20〜30代の頃に身につけた技能で、その後、定年までの何十年もの間、働き食べていっているのかもしれません。

では、日本国の中で、その年、生まれた何百万人もの日本人の中で3本の指に入るほど能力等に恵まれていたBさんがいるとします。
そんなBさんなら、頑張れば会社の部長にくらいなれそうですし、独立起業して社長にもなれるかもしれません。

では、Bさんが、20歳から40歳まではぐうたらして働かずに過ごし、41歳から就活を始め、部長を目指し頑張り始めたら、どうでしょうか?

おそらく、部長にはなれないでしょう。旬の時期(20歳から40歳の間)に、仕事に、本気で取り組んでいないからです。

現実的には、40歳にもなると、頑張る気力が薄れてしまっていることもあり、「今更、頑張ったって」と頑張って働こうとはしないことでしょうし、
そもそも就職先が見つからないかもしれません。

どんなに優れた人でも、旬の時期に取り組まず、旬の時期を逃してしまうと、成功するものも、成功せずに終わってしまう

江戸時代の頃は、就活なんてありませんでした。転職もありませんでした。
農家の子供は子供の頃から家業を手伝いながら農業の{技術・知識・経験}を身につけ、そのまま農家となり、一生、農家として生きていました。

商人の子供は子供の頃から家業を手伝いながら商売に関する{技術・知識・経験}を身につけ、そのまま商人となり、一生、商売人として生きていました。
他の職業も同様です。

30代や40代、50代で転職して、新しい仕事の{技術・知識・経験}を身につけていく・・なんて、なかったわけですね。

人間という生き物は、長い間、子供の頃に職能を身につけ、10代のうちに身につけた職能にて、後は死ぬまで食べていっていたのですね。

元々人間は、過去何百年〜何千年と、10代の頃に身につけた職能のみで、後は死ぬまで食べていっていた

人間は、そもそも、本来は、そういう生き物であり、30歳から、新しい仕事を覚えたり、40歳から、新しい仕事の技能を取得したり、45歳から資格取得に取り組んだり・・するような生き物では、ないのかもしれません。

ですが、変化の激しい現代社会では、20代の頃に身につけた職能が、20年後の40代の時には、古くなり役立たなくなってしまい、40代にして、新しく職能を身につけなければいけない事態も発生しがちです。

また、40代にしてリストラや倒産にあい、20代の頃に身につけた、その会社でのみ役立つスキル・知識・経験などが意味をなさなくなってしまい、40代にして、1から構築しなければいけない事態もありそうです。

そのため「変化に柔軟に対応しながら一生、学び続ける」という働く姿勢が大切になってきているようですし、「その会社でのみ役立つ{スキル・知識・経験}のみ高めるのではなく、ビジネスマンとして基本的で普遍的な{スキル・知識・経験}高める」ということが大切になってきているのかもしれません。

そして、{学び続ける姿勢/働く姿勢/よく働く習慣}や、{ビジネスマンとして基本的で普遍的な{スキル・知識・経験}}は、20代や30代の時に身につけると良いようです。
20代〜30代が、ビジネスパーソンの{仕事における旬の時期}だからでしょう。


「20代のうちは仕事を頑張った方がいいよ」
→20代の頃、偉い立場にあるお医者様より頂いた言葉です。
その時には「そういうものなのかな?」と感じて終わりでしたが、今にして思うと、20代の頃の頑張りで、その後の人生を生きることになるケースが多いことから、このようなアドバイスを下さったのかな、とも感じます。

「何歳になっても、頑張れば、なんでも出来るだろ。頑張り次第だ。」と20代の頃は思うわけですが、現実的には、30代、40代、、、と歳をとればとるほど、人は、頑張らなくなっていく、否、頑張れなくなっていく傾向があるようです。

多くの場合、20代の頃に身につけた仕事に関する{技術・知識・経験}をベースに、残り、定年まで働いていくことが多そうです。
歳をとればとるほど、新しい技能や知識を身につけるのは気持ちの面で「今更、出来ないよ」となっていくのですね。
そういう意味では、20代の10年間、「仕事、めんどくさいな。仕事なんて覚えなくていいよ。手抜きしよう」とサボってばかりいるのと、前向きに働くのとでは、その後の30年間に大きな影響を与えそうですね。

「35歳を過ぎたら、絶対、なにもしなくなるぞ。」
→20代の頃、すごい起業家の方から頂いた言葉です。
その時には「はて?」と思考が進まなかったのですが、今では、よく意味がわかります。

20代の頃は「何歳であろうと、当人の頑張り次第だ。若い時期は遊んで、歳をとって仕事を覚えなきゃいけなくなったら、資格を取得したくなったら、その時に、頑張ればいい」と感じるわけですが、歳をとると、主に、以下の2つの理由より、頑張れなくなっていくようです。

@気の低下
→「歳をとると体力が低下するから、きつくて頑張れなくなる」と、よく聞きますよね。
しかし、年齢とともに体力は低下しますが、仕事で使う体力なんて、しっかりと定期的に運動をする習慣を身につけておけば、40代になっても、どうにもならないほどに低下することはなさそうです。40代で活躍しているプロ野球選手もいるくらいですものね。

問題は、体力の低下ではなく{気の低下}でしょう。
詳細は、気とは?本当の意味(‘気’について知ると毎日が変わる!)にあるとおり。
私達の{元気}や{やる気}は、体力よりも{気(生命エネルギー)}に連動しているようです。

そのため、年齢とともに{気(生命エネルギー)}が低下してしまうと、たとえ2連休でゆっくり休んで体力は回復しても、「頑張って新しい仕事を覚えよう!」などの、やる気や、元気が、20代の気に満ち溢れていた頃に比べると、湧いてきにくくなるようです。

「35歳を過ぎたら、絶対、なにもしなくなるぞ。」というのは、体力面のことを言っているのではなく、気のことを言っているのでしょう。
歳をとって気が低下していくと「なんとなく、頑張る{やる気}が起きない・・」となりがちなわけですね。

A時間の逆算からの自分の限界
→20代の頃は将来に残された時間の方が圧倒的に長いため「今、頑張っておけば将来、役立つ」とか「将来、〜〜になれるかもしれない」などと、将来の希望の方が多いため頑張りやすい!と言えそうです。

しかし、歳をとると、将来に残された時間が、どんどん減っていき、「今更、頑張ったって」と思うことになりやすくなり、また、過去の経験が増えることから「今までの35年間で、これだけのことしかできなかったのだから、今後の35年では、たいしたこと出来ないだろうな」と自分の限界を感じ、頑張れなくなってしまうこともあるようです。

以上の理由より、「歳をとると頑張りにくくなる(絶対に頑張れないわけではないが)」ということを知っておくと人生計画を立てやすくなるかもしれませんね。
個人的には、歳をとると、ここまで気が低下してしまい{やる気}等が、若い時期に比べるとですが減ってしまうことは想定外でした。
怠けているわけではなく、そもそも「頑張ろう」とすら思わなくなる・・若い頃のように、がむしゃらに頑張ろうと、しなくなってしまう感じでしょうか。

頑張る理由に欲・欲望が関係しているのであるならば、欲や欲望が、低下してしまう感じでしょうか。
人間の五欲/三大欲コントロール方法(欲を自分のために頑張らせる)

「若い時期は遊ばなきゃ!」と若い頃には感じますよね。
20代前半の時などは、退屈な仕事に1日の大半の時間を使うことが、もったいなくて、もったいなくて・・・私は、そのことが苦痛で仕方ありませんでした。
女の子とも遊びたいし、友達とも遊びたいし・・遊びたい盛りなのが若い頃なのでしょう。

しかし、だからといって、仕事に関する技術・知識・経験が身につく20代や30代の頃、仕事をサボってばかりいれば、そのつけが、40代、50代になって現れるかもしれません。

現在、公務員だったり大企業に努めており、定年まで勤め先で働くなら話は別ですが、定年まで、今の勤め先で働けるかわからない場合は特に、若いうちに{なんの仕事をしても、仮に転職することになっても、十分にこなせる仕事に関する{技術・知識・経験}}を身につけておくと良さそうですね。

もしくは{今の職種のエキスパート・プロフェッショナルになれる{技術・知識・経験}}を身につけておくと良さそうです。

具体的には、同僚達がやりたがらない難しい面倒な仕事や責任の重い仕事を、自ら引き受け、こなす経験を若いうちから行っておくと良さそうですね。
仕事は、自分が実際にやったことしか身についていきませんから。

難しい面倒な仕事をしても給料は変わらないため「損だ」と感じるわけですが、目先のお金(給料)ではなく、将来役立つ{無形資産(仕事に関する技術・知識・経験)}を獲得するために働くわけです。

関連記事にはなんのために働くか?私の事例(無形資産【技術・知識・経験】獲得のために働く)があります。

若い今こそ、職場内で難しい面倒な仕事を進んで行おう。難しい面倒な仕事に取り組めば失敗やミスをするため損するし、上手くこなしても評価されないが、確実に{無形資産}は積み重なっていく

若い時期に、面倒で難しい仕事から逃げてばかりいれば、40代、50代になった時、{仕事のできない、使えないリストラ候補の社員}になってしまいそうですし、年齢的に管理職になっても、難しい面倒な仕事上の問題を解決する実力がないために自分自身が苦労することになりそうです。

また、もし現在、アルバイトやフリーター、ニートをしているなら、若い今のうちに、{誰でもできる簡単・単純作業の仕事}ではない仕事・・技能が必要になる仕事についたり、資格を取得し、資格が必要となる仕事に就いておくと良いかもしれません。
40代になってから、新たに技能を身につけ、技能が必要な仕事につくのは厳しそうですね。
技能や資格がない状態で40代、50代になったら、仕事の面で苦労するかもしれません。

「20代 仕事」の月間検索回数(1ヶ月にネット上で検索されている回数)は、200回くらいですが、「50代 仕事」の月間検索回数は880回もあり、「20代 転職」の月間検索回数は1000回で、「50代 転職」の月間検索回数は3600回もあります。

20代以上に多くの50代の方が、再就職先や転職先、仕事先を探しているわけですね。

私達が思っている以上に、40代後半や50代になってリストラや勤め先の倒産にあい、その歳から再就職先を探したり、再就職先が見つからないから、仕方なく独立起業したり・・することになっている人が、日本にはたくさんいるのかもしれません。

「若い今は遊べばいいよ。50歳で仕事に困ったら、50歳から仕事の技能を身につければ良いんだ」とも思うわけですが、人間に結婚適齢期や恋愛適齢期があるように、人間には、仕事の適齢期があるようです。
そして、仕事の適齢期は20代や30代のようです。

遊びも大切であり、遊べるだけ遊べば良いでしょうが、仕事の適齢期は20代や30代ですから、若い時期に、何に時間やエネルギーを費やすか?は重要なのかもしれませんね。
少なくとも、勤務時間は、「仕事に関する技能や経験を身につけたい」という前向きな姿勢で働いた方が、将来の自分のために、良いのかもしれません。



A若いうちに遊ぶ?仕事する?
■人間はそもそも、若い頃に身につけた職能や仕事に関する技術・知識・経験で、その後、老いるまで食べていく生き物であることを思うと、20代や30代の時期に、仕事を覚え、ビジネスや投資に関する技術・知識・経験を高めておくことが重要になりそうですね。

もし、もう30代ならば「仕事は面倒だな。楽してサボって給料だけ貰おう」なんて言っている場合ではないかもしれません。
あと数年間でも頑張り、仕事の実力を身につけておくことは、残りの20年〜25年の間、ずっと役立ってくれそうです。

しかし、現実的には「仕事ばかりを頑張ってられない現実」がありますよね。
20代や30代の時期は、恋愛の面でも旬の時期だからです。また遊びたい盛りでもあります。

仕事においても、旬の時期を逃してしまうと(旬の時期に仕事を覚え仕事に打ち込むことで実力をつけることを逃してしまうと)、40代、50代になった時に苦労しがちなわけですが、恋愛においても、婚期である旬の時期を逃してしまうと、40代、50代での婚活に苦労するかもしれません。

20代、30代は、自分探しもしないといけませんし、遊ばないといけませんし、仕事も旬の時期であり、恋愛や結婚においても旬の時期であるため忙しいですよね。

その分、悩みは多くなりそうですが、頑張りがいのある時期だとも言えるかもしれませんね。

さて、今回の記事も最後まで目をとおして下さり、ありがとうございました。
感謝しています。


〜追記〜
現実的に言って、20代をずっとフリーターで過ごすと、30代から正社員で頑張る!と言っても、そもそも正社員になれない現実がありますよね。
書類選考で落ちてしまうでしょう。
ブラック企業なら正社員で雇ってもらえるかもしれませんが・・。

よって20代のうちは、遊んだり、世界一周をしたい気持ちも、あるものの、将来のことを考えれば「少しでもホワイトな会社に正社員として就職しておく」を選んだ方が、後々は、楽になりそうですね。

転職するにしても、就職するにしても、日本では年齢が若くないと厳しい現実がありますものね。

本人としては、30代からでも「私は頑張りますから!」と、やる気があっても、企業としては「やる気のある新卒を採用するから、貴方はいらない。」ということで書類選考で落ちてしまうので、どうしようもありません。

20代で仕事より遊びをするデメリットは正社員になれなくなること。

就職・転職に関しては、賢い就活/転職の仕方含めて、

@既卒やフリーターにお勧め就職サイトはコレ(既卒やフリーター専用の正社員就職サイト)

A職種別!おすすめ転職サイトと転職の仕方(ハローワーク以外)(職種別!転職サイトと転職のやり方)

Bニートからいきなり正社員になった私の体験談(ニートやフリーターから正社員になるコツ)

の記事が詳しいです。

また、経済的な面でも、男も女も25歳で生涯の貯金額が決まる(25歳で貯金できるかどうか決まる理由)にあるとおり。

かなり早い段階で「どんな経済状況で生きていくことになるか?」が決まるケースが大半のようです。

高齢化社会なので20代や30代は、「まだ若い」と感じますが、実際は「もう時間が残されていない!今後の人生が、あと数年で決まってしまう!」という側面もあるわけですね。

人生は80年〜100年と長いけど、35歳くらいまでで「どんな人生を歩むことになるか?」の大方が決まってしまうケースが多い。
そういう意味では20代や30代は「もう時間が残されていない!」とも言える。


よって少しでも若いうちから、お金の面でも準備を始めると良さそうですね。

関連記事には、

@20代30代の資産形成の方法は「種銭を増やすこと」(資産形成のコツ)

Aスマホで月4万円を安全に稼ぐ方法5つ(スマホでの稼ぎ方)

B20/30代で年収1000万円以上稼ぐ方法(異性欲)

があります。

<writer 名無き仙人>


★よく読まれている記事★
【人気】高利回りソーシャルレンディング投資とは?仕組みを解説(超高時給の投資!私が投資する理由)

【人気】「初心者向け」少額から始める資産運用のやり方【おすすめ運用先】儲かるよ(儲かる資産運用の始め方)






バス男「なるほど。20代のうちは給料は安いのだから、テキトーに働きサボっていればいいのか。」


バス子「だ・か・ら、サボっていても給料は貰えるけど、それじゃあ無形資産が獲得されないのよ。無形資産がないまま40代・50代を迎えたら地獄をみるわよ?」


仙人「関連記事としては、結婚のタイミングが合わない理由と別れ(男女で旬の歳は異なり男女とも旬の時期に結婚したがる)や、20/30代で年収1000万円以上稼ぐ方法(異性欲)もお勧めじゃよ。」


関連私の働きたい仕事したい理由(働くことが楽しくなる「ためになる話」)
男性/女性の多様な新しい働き方(会社員だけど会社員じゃない働き方とは?)
簡単!精神的に楽な仕事にする方法(能力やセンスより<知識・技術・経験>が大事)
彼氏/彼女への不満解決方法(恋人への不満解決)
愛を夫婦で育むコツ(2種類の愛)
心に余裕がない人の特徴(心に余裕をもつ5つのコツ)
さりげない優しさの本当の意味(本当の優しさとは?意味)
クラウドファンディング投資型比較一覧!初心者におすすめは?実践談(初心者におすすめの会社)
クラウドファンディング投資型とは?仕組みと魅力を僕が解説します(始め方やコツも)
20代前半でやるべきこと4つ(これから30歳までに貴方の人生で起きる変化とは?)





お勧めビットコインとは【わかりやすく図解で仕組みを】初心者向け簡単に(人気の理由)
産業用太陽光発電への投資!メリット/デメリット(不動産投資より手堅い)
FXの始め方!基礎とポイントをわかりやすく解説(為替で儲けよう!投資は大人の趣味)
高利回りソーシャルレンディング比較一覧!お勧めはココ(お勧めの会社はどこ?)
簡単!仮想通貨の始め方【初心者におすすめコインも】(仮想通貨の買い方)





★ 生活費の節約術とお金を増やす方法(月5万円/年60万円の自由なお金を作る方法)

★ 見た目年齢の若い元気な人になる方法(実年齢より見た目年齢が若い人がやっていること)

★ 恋愛/婚活!出会いの方法一覧(自分に合った出会いの方法を見つけよう)


仕事仙術

恋愛・婚活仙術

その他