正社員の本当のメリットとデメリット  


スポンサーリンク




スポンサーリンク

正社員の本当のメリットとデメリット

正社員の本当のメリットとデメリット
正社員なら安泰?


バス男「アルバイトも大変だし、かといって正社員も責任が重く地獄。はぁ。ビール飲んでる時が1番幸せ。」


バス子「まぁまぁバス男さん。でも、私も仕事のことで悩むなぁ。」


バス男「仙人様の【正社員でもアルバイトでもない新しい働き方】の話、もう1回、聞いてみようかな。」


バス子「仙人の【新しい働き方を始めよう】の話?」


バス男「うん、仙人様が言ってたんだけど・・」







〜正社員でもアルバイトでもない新しい働き方とは?〜

1.正社員のメリットって?

@正社員とパート/アルバイトの違いとは?

■「そもそも、正社員ってなんだろう?」

正社員職は人気ですが、正社員もパートもアルバイトも派遣も、自営業者でも、仕事をしなければ報酬(給料)を得られません。
正社員だから働かなくても出社しなくても、安定してお給料が貰える!ということはありませんよね。

たとえば、病気やケガで長期間、仕事が出来なければ、正社員でも休職という形となり無収入になります。
それが続けば退職となるでしょう。

正社員だろうと、アルバイトだろうと自営業だろうと、働かなければ収入は入らない。

パートでも社会保険に入れますし、有休もありますし、会社によってはボーナスや退職金も出ますし、時給の高いパート職(主に専門職)もあり、時給の高いパート職の場合、零細企業の正社員よりも年収が高い場合もあるようです。
そういった意味では、正社員の良いところは、首になりにくいところから派生する社会的な体が良い部分となるでしょうか。

正社員のメリット→給料が高いことでも安定していることでもない。社会的な体がいいところ。特に婚活中の男性にとっては、とても重要となる。
※正社員でも会社の業績が悪化すればリストラもあるし、人員削減・給与削減により会社がブラック化して精神的に疲れ辞めることも起こりうる。会社の倒産もある。


では、自営業者と比較した際に、正社員のメリットとは何でしょう。
「正社員の方が安定している」という回答が多そうですね。
しかし、正社員だろうと自営業者だろうと、仕事をしなければ報酬(給料)を得られません。

仕事をしなければ報酬(給料)を得られないのは、正社員でも自営業者でも同じなのに、どうして正社員の方が安定しているのでしょうか。

その理由は、正社員は、勤め先の会社・・ここでは例として「(株)名無き仙人」としますが、勤め先である(株)名無き仙人より、毎日、毎月、安定して仕事をもらえるから!と言えそうです。
正社員は、勤め先の会社から、安定して仕事をもらえるから、収入も安定しているわけですね。

正社員が安定している理由(正社員のメリット)→勤め先の会社から、安定して仕事を受けれるから

一方、自営業者の場合、「(株)名無き仙人」から仕事を依頼され、その仕事を受注し、仕事をこなせば報酬を貰えますが、毎日、毎月、定期的に仕事を貰えるとは限りません。
他の自営業者に外注されたり、「(株)名無き仙人」の業績が悪化し、仕事を外注にださなくなれば、収入は0になってしまうかもしれません。

自営業者が不安定な理由(自営業のデメリット)→安定して定期的に仕事を受けれるとは限らないため

つまり、正社員だろうと、自営業者だろうと、「収入が安定するかどうか?」は、「安定して毎月、定期的に仕事を貰えるかどうか?」にかかっているわけです。

収入が安定するかどうか?→正社員とかアルバイトとか自営業とかは関係なく「安定して毎月、定期的に仕事を貰えるかどうか?」次第。

そのため、たとえ正社員であっても、勤め先の会社の業績が悪化し、勤め先の会社で利益がでる仕事がなくなれば、正社員は日中、やることがなくなり・・・正社員だろうと、仕事をしなければ報酬(給料)を得られないため{仕事をしなければ利益はでず、利益がでないのに正社員に給料を払い続けていては会社が赤字倒産する}正社員は仕事を失う・・・言い換えるとリストラにあって職を失うことになるわけですね。

正社員だろうと自営業者だろうと仕事を受注できなくなれば、そのうち収入が0になる

逆を言うと、自営業者であっても、「腕がいい/信頼できる/技術力がある」などの理由より、優良な取引先企業が20社あり、20社から仕事を定期的に安定的に受けいれば、正社員なみに収入が安定することも普通にありそうですね。
また、その場合、仮に取引先の1社の業績が悪化しても、残り19社から仕事を貰えるので、収入がいきなり0になる心配はなさそうですね。

「そう考えると、就職先企業や、取引先企業は、複数あった方が収入は安定するのかな。」
例えばA社にのみ勤める田中さんと、A社に勤めつつ、夜はバーを経営しているB社のアルバイトとしてバーテンダーをし、週末は自分で週末カフェ経営をしている佐藤さんとでは、収入の安定性から言えば佐藤さんの方がありそうです。
佐藤さんの場合、仮にA社の業績が悪化しても、B社からの給料とカフェからの収入があるためです。

収入の安定&アップ方法→取引先企業を勤め先/アルバイト先/副業での取引先/などと増やしていくこと

終身雇用制度が長らく続いた日本では、馴染みの薄い考え方ですが、「A社に勤める私」ではなく、「私は1人社長であり、私は平日の昼間はA社、夜はB社で働くことでA社とB社から売上(給料)を入金してもらい、尚且つ、週末は自分で行っているビジネスから収入を得ている」というような<働き方>や<働き方に関する考え方>も、悪くはないのかもしれません。

具体的に言うと。
平日の昼間はA社の正社員として働きつつ、夜は知り合いがやっている飲食店でアルバイトとして働き、週末は月に2回、知り合いの商売のお手伝いをする・・とか、

平日の昼間はA社の正社員として働きつつ、夜はインターネット副業を行い、週末は月に2回、不動産投資のため物件を見てまわるとか、いろいろとありそうですね。

耳にしないだけで、実際にされている方も、ちらほらいるかもしれません。
複数の収入源をもっていても、普通は親しい人にしか話さないからです。



A新しい働き方を始めよう
男性/女性の多様な新しい働き方(会社員だけど会社員じゃない働き方とは?)の話の中で、A君との会話の時には話さなかったのですが、前述したような働き方・・・「私は1人社長であり、私は平日の昼間はA社、夜はB社で働くことでA社とB社から売上(給料)を入金してもらい、尚且つ、週末は自分で行っているビジネスから収入を得ている」というように、実際には会社員なのに{1人社長/自営業者}のつもりで働くと、以下のようなメリットもあるのかもしれません。

@濃い人間関係に巻き込まれなくてすむ
→実際には会社員なのに、{1人社長/自営業者}のつもりになり、職場には出向/外注/派遣として行っている!と考えるようにすると、勤め先の会社が、自分の中で{取引先の1つの会社}にすぎなくなり、勤め先の会社が「お客様」になりそうですね。

すると、勤め先の会社や、勤め先の会社の同僚達と心理的な距離ができるため、職場のドロドロとした面倒な濃い人間関係に、気持ちの面で巻き込まれなくてすむことになりやすいのかもしれません。

訪問先の会社の1つ(取引先の会社の1つ)で、人間関係がどうなっていようが、そんなこと、{1人社長/自営業者}の自分には、あまり関係がないことですものね。
ましてや、派閥争いや、出世争いや、足のひっぱり合いの話なんて、自分には関係のない話です。
職場の雰囲気が悪い時(社内の派閥争いや対立に巻き込まれない方法)
出世する人の特徴(アホな人ほど愛されて出世する!?)

自分としては、仕事を請けて、仕事をこなし、そして確実に入金してもらえるなら、それで良いからです。

A危機感から向上心をもつ
→このように考えるようになると、勤め先の会社は、あくまで「自分に仕事をふってくれる取引先」の1つにすぎなくなり、将来的に、勤め先の会社の業績が悪化すれば、自分に仕事をふってくれなくなる可能性があるわけで、そうなれば自分は、窓際族かリストラか、大幅な減給か・・になりそうです。
仕事がなく、仕事をしないのに、正社員だからって給料は貰える、、、なんて甘い話は通用しないことでしょう。特に業績が悪化した時には。

そうなった時、悪い現状を打破するため{1人社長/自営業者}である自分は、新たな取引先を探すことになりそうですね。
転職することで、「自分に仕事をふってくれる取引先」を変えることになるかもしれませんし、独立起業し、取引先を自分で開拓していくことになるかもしれません。

どちらにしろ、「いつまでも仕事があるとは限らない!」という危機感から、「今のうちにスキルや知識・経験を高めておこう」などと向上心をもつことになりそうですね。
稼いでいる自営業者の方は仕事に対する意識/マインドが高いですが、それは危機感も影響しているようですよ。

業績好調な大企業に勤めていたり公務員だったら別かもしれませんが・・・「私は正社員だから大丈夫。正社員は首にならないから」なんて言いながら、ぬるま湯の中で、なんとなく過ごす人よりも、スキル・知識・経験は高まっていき、そのことはいざ、本当に勤め先の会社の業績が悪化した時に大きな違いをもたらしそうですね。
人生経験値を積む方法(人生は「知識・技術・経験」が全て)

B同僚に優しくなれる
→この考え方の場合、自分が毎日通っている職場は、あくまで、自分に仕事をふってくれているお客様(取引先の会社)の事務所や店舗であり、そこにいる人達は、お客様(取引先の会社)の人達であるため、すると、「丁寧で親切な対応を心がけなきゃ」と思うことになりそうですね。

同僚に対して冷たく接したり、雑に接するのは、「同じ会社に勤める同僚」と思っているからであり、「自分は1人社長であり、今、毎日通っているのは、私に仕事を与えてくれている取引先企業様のオフィスなのだ!」と思うならば、同僚(オフィスの中にいる人達)は、取引先企業の方々となり、すると丁寧で親切な対応を自然とし始めることになりそうです。

そして、お客様に接するように、暖かで丁寧な態度で接していると、職場の人間関係も上手くいくことになりそうです。

C不平不満が減る
→「私とAさんとでは、仕事量はたいして変わらないのに、Aさんの方が給料が多い!不公平だ!」などの不平不満を感じてしまうのは、同僚のことを、同僚だと思っているから、とも言えそうですね。

オフィスで、隣の席に座るAさんも、前の席に座っているB部長も、同僚ではなく、私に仕事を与えてくれている取引先企業様の部長様と従業員様です。

彼ら彼女らが、いくらの給料をもらっていようが、どれだけの仕事をこなしていようが、私には関係がありません。
なぜなら、世の中に無数にある他社のことにまで首を突っ込むほど、私は暇ではないからです。

私は私で、私に仕事を与えてくれている取引先企業様から命じられた仕事を一生懸命にこなすだけです。
一生懸命にこなしていれば、来月も再来月も、その先も、大きな何かがない限り、ずっと定期的に仕事をふってくれ、毎月、給料という名の売り上げを入金してくれることでしょう。1社でも、そのように確実に毎月、定額を入金してくれる取引先があるだけで、随分と違いますよね。

「仕事を受注する/仕事をとってくる」というのは、とても難しい大変なことであり、毎月、確実に、仕事をとってくるのは至難の業ですから。

それなのに、毎月、確実に仕事をふってくれ、毎月、確実に一定額を入金してくださるのですから、取引先企業様(勤め先の会社)は、ありがたいですよね。

と、考えるようになると、同僚に対する不平不満も減ることになりそうですね。

同僚とは?→取引先企業様の従業員様

D能動的に働ける

→1会社員として、命じられた仕事を仕方ないから・・と行っていると、仕事に対するやる気は出ない場合もありますよね。
しかし、「自分は自営業者で、取引先の会社(勤め先の会社)から仕事を受注して働いている」と思うならば、少しはやる気も出てきそうですね。
この場合、仕事を命じてくる上司はお客様(取引先)となるため、お客様が喜ぶであろう仕事っぷりを披露しようと頑張ることになりそうです。
そうすると上司(お客様)からの評価も上がり、また仕事をまわしてくれることになりそうですね。

E首になってもいい、という安心感
→「A社の社員である私」という考え方だと、A社がなくなると・・つまりA社からリストラされたり、人間関係の悪化でA社を辞めることになったりすると、私には、何も残らないことになりそうです。それは、リスキーなことだと言えそうですね。

一方、「A社はあくまで、取引先企業の1つ」という考え方だと、「A社から仕事を受注できなくなったら(リストラされたら)、違う会社から仕事を受注すればいいや。」と思うことになり、そう思うならば、首やリストラ・倒産による解雇などに対する不安も和らぎそうです。



B正社員でも自営業者でも
■何年か勤めていると気持ちもマンネリ化してしまい、仕事に対するモチベーションも下がってしまいがちですよね。
しかし、「自分は自営業者で、取引先の会社(勤め先の会社)から仕事を受注して働いており、私が毎日通っているのはお客様(他者)の事務所/店舗である」と考え、将来にわたり、仕事を頂き続けることができる自分になろうと、スキルアップや経験値の取得に励もうとすれば、少しは、仕事に対する姿勢や気持ちにも変化がでるかもしれませんね。

仕事さえ安定して受注できるならば、なにも正社員にこだわる必要もないわけですね。
自営業者でも、仕事を安定して受注できる実力や信頼を身につければ、安定した収入を得れるわけです。
また、昼間はアルバイトをしつつ、ネット副業や農業副業、週末カフェ副業、不動産投資や株式投資など副業を行い、副業で本業以上に稼ぐパターンもありそうですし、そういった話も、たまに見聞きしますよね。

将来的に独立起業も視野に入れているなら、このような<働き方に関する考え方>を取りいれ、毎日のマンネリ化している仕事を、意味・意義ある仕事に変えていくのも悪くはないのかもしれません。
会社員として働いているうちに、スキル・技術・経験を身につけていこう。

さて、今回の記事も最後まで目をとおして下さり、ありがとうございました。
感謝しています。

<writer 名無き仙人>


★よく読まれている記事★
【人気】高利回りソーシャルレンディング投資とは?仕組みを解説(超高時給の投資!私が投資する理由)

【人気】「初心者向け」少額から始める資産運用のやり方【おすすめ運用先】儲かるよ(儲かる資産運用の始め方)






バス男「なんか良いアルバイトないかな〜。」


バス子「楽しく働ける仕事なら頑張りやすいよね。」


仙人「関連記事としては、男性/女性の多様な新しい働き方(会社員だけど会社員じゃない働き方とは?)や、私の働きたい仕事したい理由(働くことが楽しくなる「ためになる話」)がお勧めじゃよ。」


関連給料が高い年収が多い仕事の探し方!正社員編(月20万円の事務職の方が月30万円の営業職より給料が高いカラクリ)
したい仕事が見つからない理由(世界がもし100人の村だったら〜仕事版〜)
面白い仕事/職業にしてしまう方法(仕事=作業の理由)
採用就職面接のポイントとコツ(採用される人の共通点)
第二新卒の転職/メリットとデメリット(転職のメリットとデメリットを知ろう!)
ニート/主婦/フリーター就職で失敗しないコツ(給与額だけで選ぶとブラック企業に就職しがちな理由)
株取引初心者は相場サイクルを学べ(株式市場の定期的な周期を知ろう)
不動産投資!サラリーマン大家の失敗(ココを間違うと失敗する!)
無料!不動産投資セミナー(不動産投資は営業力がキーサクセスファクター)
生活費の節約術とお金を増やす方法(月5万円/年60万円の自由なお金を作る方法)
見た目年齢の若い元気な人になる方法(実年齢より見た目年齢が若い人がやっていること)
恋愛/婚活!出会いの方法一覧(自分に合った出会いの方法を見つけよう)





お勧めビットコインとは【わかりやすく図解で仕組みを】初心者向け簡単に(人気の理由)
産業用太陽光発電への投資!メリット/デメリット(不動産投資より手堅い)
FXの始め方!基礎とポイントをわかりやすく解説(為替で儲けよう!投資は大人の趣味)
高利回りソーシャルレンディング比較一覧!お勧めはココ(お勧めの会社はどこ?)
簡単!仮想通貨の始め方【初心者におすすめコインも】(仮想通貨の買い方)





★ 生活費の節約術とお金を増やす方法(月5万円/年60万円の自由なお金を作る方法)

★ 見た目年齢の若い元気な人になる方法(実年齢より見た目年齢が若い人がやっていること)

★ 恋愛/婚活!出会いの方法一覧(自分に合った出会いの方法を見つけよう)


仕事仙術

恋愛・婚活仙術

その他