ニート増加の原因   


スポンサーリンク




スポンサーリンク

ニート増加の原因

■働かない若者・ニートやフリーターが増加している原因とは?なぜニートは増えている?ニート増加の原因と対策。

ニート増加の原因
ニートやフリーターが増えている理由。



バス男「くっはぁ〜。ビールが上手いなぁ。」


バス子「良い飲みっぷりね、バス男さん。ニートのクセに。働いていないのに居酒屋で飲んじゃって。」


バス男「うっ。・・僕だって、そろそろちゃんと働こうと思っているよ、バス子ちゃん。だけど就活・転職のコツって言っても、なかなか条件の良い職場がないし・・。」


バス子「またぁ。バス男さんは2年前からそう言ってて、未だにニートなのよ。・・でもどうして、ニートな若者が増加しているのかしら?」


バス男「う〜ん。【ニートが増加している原因】か。仙人様に聞いてみる?」


バス子「仙人の【ニートが増加している原因】かぁ・・」







〜働かない若者が増えている理由〜

1.人類の歴史は積み重ね

@ニートが増加している原因

■現在、ニートと呼ばれる{働かない若者}が増えているようです。正社員に就けない{フリーター}の若者も増えています。
そして、そのことが社会問題として取り上げられています。

ではなぜ、現代社会では働かない若者が増えてきたのでしょうか?

それは人類の文明の歴史と関係があるようです。
100人村仕事バージョンにあるとおり、現在社会はもう、昔とは違うのです。生きていくのが必死だった頃とは違うのです。

産業革命を経験して以来、人類はそれまでは違う次元に到達してしまったのです。

現在は機械化やIT化が進み、機械やITが仕事や生産活動を行いますから、少ない人員でも、たくさんの富を生産できるのです。
さらに1970年代から、【勤労婦人福祉法(後の男女雇用機会均等法)】が制定され、また家電の発達で家事労働が軽減され、それまで人口の半数の女性の大半は外で働いていなかったのに、女性がどんどん外で働くようになってきました。

人口の半数の女性が働き始め、働き手は2倍に増えたのに、機械やITが仕事や生産活動を行いますから、仕事に必要な人員の数は、どんどん少なくなっています。

ですから、仕事に就けない人も増えてきているのかもしれません。

人類の文明の歴史が、新たな次元に到達し始めたのでしょうか?
現状を分析してみましょう。



A現状を分析する
■現在の文明は、ついに一定水準を超えてしまったのかもしれません。

産業革命以前は、すべての労働が手作業であったため【働かなくても食べていける人の人数】は限られていました。

それが19世紀に産業革命が起きて、生産性は増加していってはいましたが、当時から第二次世界大戦が終るまでは、【働かなくても食べていける人の人数】は限られていました。

当時は生産性は拡大していましたが、ビルや建物等、農地や農機具、車や工場等、文明が作られては戦争によって破壊され、毎回一旦ゼロ(0)の状態に戻っていたからです。
ゼロから作り上げる作業は、たくさんの時間・お金・エネルギーが必要となります。

それが現在、ニートや年配者など【働かなくても食べていける人の人数】が増加しているようです。

その理由の1つは
第二次世界大戦以降は戦争がないため、ビルや建物等、農地や農機具、車、家電、工場等、先人達が時間・お金・エネルギーを費やして作った文明が、破壊されずに積み重なってきているからかもしれません。

親が金持ちだと、子供は働かなくても親の遺産で生きていけます。

その状態が、現在の日本では、社会全体として成り立ち始めているのかもしれません。

戦後の日本人は、焼け野原からスタートしましたから、住む家を建てるところから全部、自分達で頑張って行わないといけませんでした。

現在の日本の若者は、住む家なんて、先人達が建てた家が日本国中に無数に存在しますから、わざわざ自分が頑張って家を建てる必要がありません。

戦後の日本人は、焼け野原からスタートしましたから、工場を作ったり、発電所を作ったり、電柱や信号を立てたりと、全部、自分達で頑張って行わないといけませんでした。

現在の日本の若者は、工場も発電所も電柱も信号も、全部既に先人達が作ってくれたものがありますから、わざわざ自分が頑張る必要がないのです。

現在の日本の若者は、必死で働いて家を建てたり、家電を買ったりする必要がないのです。生まれたときから、大抵のものなら、すべて自分家にあるからです。

現在は、先人達の積み重ねレベルや、機械化やIT化のレベルが、ついに一定水準を超えてしまったのかもしれません。
そのため、働かなくても若者が、繁華街で遊んだり、居酒屋で飲んだり、異性とデートしたり、自分の車やパソコンをもっていたりするのかもしれません。働かなくても、文明生活がおくれるのです。


結局、現代社会では、機械化やIT化がすすみ、さらに第二次世界大戦以降、先人達の積み重ねがキチンと積み重なってきているため、社会として余裕があるのです。社会として余裕があるから、ニートは増えてきているのかもしれません。

アフリカの貧困国のように、社会に余裕がないのに働かないニートが増えれば、飢え死にする人がでてき始めますものね。
ニートの存在は、ついに私達の文明が、一定水準を超えてしまったことの表れなのかもしれません。


<writer 名無き仙人>


★よく読まれている記事★
【人気】高利回りソーシャルレンディング投資とは?仕組みを解説(超高時給の投資!私が投資する理由)

【人気】「初心者向け」少額から始める資産運用のやり方【おすすめ運用先】儲かるよ(儲かる資産運用の始め方)






バス男「時代が変わってきているのかなぁ。」


バス子「日本社会が豊かになってきているのねぇ。」


仙人「働かなくても食べていけるようになると、働く意味を自分なりに見つけ出していかねばならなくなるからのぉ。楽しみながら仕事をして、楽しく幸せに生きていけると良いのぉ。」





お勧めビットコインとは【わかりやすく図解で仕組みを】初心者向け簡単に(人気の理由)
産業用太陽光発電への投資!メリット/デメリット(不動産投資より手堅い)
FXの始め方!基礎とポイントをわかりやすく解説(為替で儲けよう!投資は大人の趣味)
高利回りソーシャルレンディング比較一覧!お勧めはココ(お勧めの会社はどこ?)
簡単!仮想通貨の始め方【初心者におすすめコインも】(仮想通貨の買い方)





★ 生活費の節約術とお金を増やす方法(月5万円/年60万円の自由なお金を作る方法)

★ 見た目年齢の若い元気な人になる方法(実年齢より見た目年齢が若い人がやっていること)

★ 恋愛/婚活!出会いの方法一覧(自分に合った出会いの方法を見つけよう)


仕事仙術

恋愛・婚活仙術

その他