ブラック企業の特徴と見分け方  



スポンサーリンク

ブラック企業の特徴と見分け方

■求人/面接/転職/新卒/既卒/ホームページ/求人票/説明会/アパレル/飲食/中小企業/同族会社

ブラック企業の特徴と見分け方
ブラック企業を見分ける方法とは?


バス男「僕の会社、ブラック企業の特徴に当てはまってる!」


バス子「私はブラック企業には就職したくないわね。ブラック企業の見分け方を知りたいな。」


「仙人様に【ラック企業の特徴と見分け方】を聞きに行ってみる?」


「仙人の【ラック企業の特徴と見分け方】か〜。」







〜ブラック企業を見分ける方法とは?〜

1.ブラック企業の特徴と見分け方

@ブラック企業の特徴/求人や面接

■「仕事が嫌で仕方ない」「仕事が辛い。辞めたい」と、仕事で悩んでいる人が多いのは中小企業だと言える側面が大きいのかもしれません。

中小企業はビジネスの基盤が弱いため、弱いビジネス基盤のまま利益をあげようとすれば、社員にしわ寄せがいくことになりがちだからです。

※公務員は叩かれやすいが、その理由の1つは、公務員が最もビジネス基盤の強い大企業であり、ゆえに余裕をもって働いていると思われている場合があるから。

公務員は全国民から税金という名目のもと確実に集められる税収入・お金の中から給料が確実に支払われ、ノルマもなく、また赤字(国や市町村の収支が赤字)に対する責任も誰もとらなくていいため、余裕ある人員配置にて緩い職場環境で働くことができると思われがち。

一方、中小企業の場合は、会社の収支が赤字になれば社長が莫大な額の借金を背負い自己破産することになるため、社長が利益を出そうとし経費削減の一環として人員を減らし、そのしわ寄せが社員にきて、ぎりぎりの状態で働くことになりがち。


今回の記事では、ブラック中小企業の特徴とともに、ブラック中小企業に就職してしまった場合の対策について見てみたいと思います。

ブラック企業の特徴と見分け方とは?



Aブラック中小企業の特徴
■ブラック中小企業の特徴には、以下のような特徴がありそうです。

@離職率が高い
→「こんな良い会社、他にはないよね。長く勤めたいな」と入社した多くの人が思うならば、その会社の離職率は低くなることでしょう。

一方「こんな美味しい会社、他にはないから長く働き続けたいな」と思うのは、会社内で美味しいポジションに居座っている少数の人達で、その他、多くの社員が「こんな酷い会社、長くは働けないな。早く辞めたい。」と思っているなら、その会社の離職率は高くなりそうです。


〜ブラック企業の特徴と見分け方とは?方法〜
離職率は職場環境を表わすバロメーター。「こんな良い会社、他にはないよね。」と多くの社員が思うなら辞める人は少なくなり、「こんな酷い会社で働くなら、別の会社で働いた方がましだ」と多くの社員が思うなら辞める人が多くなるため。


ブラック中小企業では、安い人件費で社員を酷使し、それで利益を出していくことになるため、採用試験・面接では「この人は、安い人件費で酷使しても文句を言わず働くか?」という基準で社員を採用し・・・

その後、「こんな仕事をさせられるのに給料は少なく休日も少ないなら、他の会社で働いた方がマシだ!」と言い始め酷使労働について来れない人は辞めさせていき、ついて来れる労働者が見つかるまで面接を繰り返すことになりがちなようです。


〜ブラック企業の特徴と見分け方とは?方法〜
@ブラック企業に採用されやすい人→安月給で過剰労働させられても文句を言わなそうな人。
Aブラック企業の特徴→求人が頻繁にでる



ハローワークに求人がいつもでている会社は、もしかするとブラック中小企業なのかもしれません。

ブラック企業の特徴としては「残業時間が長い/残業代が支払われない/休日が少ない」などがあげられますが、それら社外から見える部分以外のところがブラックであれば・・・

例えば、

「休憩時間がきちんととれない」

「職場内の劣悪な人間関係を上司や経営陣が放置する(人事異動などの対応をしない)」

「仕事の割り振りと給与額の決まり方が理不尽なのに放置される(無茶な異動や転勤、それに仕事を、頼みやすい人(独身男性など)にばかり頼む風潮があり、そのわりに給与額は仕事をしない人と変わらないなど)」

「給与以上に過酷な仕事を割り振られる」

など、求人票や会社のホームページを見ただけではわからない部分がブラックな場合、求人票の待遇はいいものの離職率が高くなるようです。

そういう意味では、求人票の待遇面が悪くても離職率が低い会社なら、それなりに安心して働ける会社であり、求人票の待遇面が良くても離職率が高いならば、「表にでている役員は社長親族以外の者だが実際は社長一族が好き勝手に経営していて、会社が社長一族繁栄のための私物になっている」なども含め、なにか問題のある会社であると予想されます。

インターンシップや知り合いや先輩をつうじて、その会社の離職率を確認することは、ブラック企業を見分ける上で重要となりそうですね。


〜ブラック企業の特徴と見分け方とは?方法〜
求人票の待遇面だけでは会社の内情・実情はわからない。実情は離職率に反映されるため離職率を確認すること


A人員に余裕がない

→ブラック中小企業では、ぎりぎりの人員で働かせることにより利益を確保することになるため、職場の人員に余裕・余力がなく、1人1人の仕事量や責任が重くなりがちで、そのため職場の雰囲気も悪くなりがちで、嫌になって辞めていく人が途切れず、「辞める→補充採用→辞める→補充採用」が続き、「あの会社、いつも求人がでてるよね」となってしまう側面もあるのかもしれません。


〜ブラック企業の特徴と見分け方とは?方法〜
ブラック企業の特徴→離職率が高いため求人が頻繁にでる


B問題が多い

→「強制参加の飲み会が多い、残業代がきちんとつかない、代休がもらえない、人間関係の問題を放置する、仕事の割り振りと給与額の決まり方が理不尽、まともな人が辞めていくため権力をもった古株社員は変な人ばかりで新たに入ったまともな新人が辞めていく」など、問題が多いのはブラック中小企業の特徴だと言えそうです。

そのため表向きの待遇面が良くても、離職率が高くなるのがブラック企業の特徴となるようです。

表向きの待遇面やホームページ、会社説明会での姿勢は誤魔化せても、離職率は誤魔化せないため、離職率を判断基準にすると良さそうです。

尚、会社説明会に来ている人事担当者の「うちの会社の離職率は低いですよ」を鵜呑みにすると危険だといえそうです。離職率の高いブラック中小企業の人事担当者が「うちの会社は離職率が高くて。君はやめずに頑張るよね?」とは、内定もだしていない学生に対して正直に言わないからです。

利害関係のない内部の人から本当の離職率を聞くと良さそうです。

C変わる
→中小企業の良い部分の特徴は、変化に迅速に対応し変われるところなのかもしれません。

その一方で、ワンマン社長のブラック中小企業では、社長の方針次第で、仕事内容含め、社内のルールや方針までもがコロコロと変わってしまうため、「将来、どうなっているかわからない」と不安になりがちであり、安心して長く働けない側面があるのかもしれません。

絶対的権力者であるワンマン社長の方針・指示次第で、社内のいろいろなことがコロコロ変化するならば、明日がどうなるか・・将来がどうなるか・・が、わからないため、安心して長く働こうという気にはなれませんよね。

創業社長や創業者一族が経営のトップにいる場合、その権力は絶対的なものになりがちであるため、2代目社長が生え抜きの創業者とは血縁のない人である場合は、少しは安心だといえそうですね。



Bブラック中小企業に就職してしまった対策
■では、ブラック中小企業に就職してしまった場合の対策・対処方法を見てみたいと思います。

@新卒カードと諦め
→新卒で大企業や公務員に就職できず、またホワイト中小企業にも就職出来なかった時点に、今現在、ブラック中小企業にて「仕事が辛い。辞めたい」と悩んでいる原因がありそうです。

日本では、新卒時にホワイト企業に入社できないと・・もしくは入社したホワイト企業を辞めてしまうと、その後は、中小企業やブラック中小企業しか就職する選択肢がなくなってしまう現実がありそうです。

そのため、そもそも何年か前の卒業時に、ホワイト企業へ就職できなかった時点で、既に「会社員として安定したリア充ライフを優雅に楽しむ人生」という人生プランは終わっており・・

後の選択肢は「結婚して仕事辞める」「耐えて働き続ける」「辞めて他のブラック中小企業に転職する」「諦めアルバイト生活フリーター生活を送る」「起業する」くらいしかなくなってしまう側面もあるのかもしれません。


〜ブラック企業の特徴と見分け方とは?方法〜
新卒時にホワイト大企業に入社できなかった時点に、ことの発端はあり、その後は選択肢が限られてしまう


日本社会では、新卒カードのきり方を間違えたら、あとは選択肢が限られてしまう側面もあるのでしょうか。

A会社に依存する方が危険
→日本では終身雇用制度が長く続いてきたため「入社した会社を簡単に辞めてはいけない。我慢して耐えて定年まで働くべきだ」という考え方・価値観が広く蔓延しています。

が、ブラック中小企業に入社しているのに「入社した会社を簡単に辞めてはいけない。我慢して耐えて定年まで働くべきだ」という考え方・価値観のまま働こうとすれば、あまりにもの理不尽の多く・・

理不尽な人事異動、理不尽な職務内容、理不尽な業務負担から、理不尽な休日数や給与額、さらに倒産、リストラ、人間関係の悪化・・

それら不幸が全て重くのしかかってきて、「辞めたい。でも辞めれない」となり、ストレスフルな毎日になってしまうことでしょう。

そういった意味では、ブラック中小企業に勤めている場合、会社に依存してしまう方が危険だとも言えるのかもしれません。

B自分の軸をもっておく
→そういった意味では、会社以外のところに、自分自身の軸・自分の人生の軸をもっておくと良さそうです。

会社を辞めようと続けようと、変わることのない友人・知人・伴侶・家族・・・会社以外のところに自分の人生の軸をしっかりともっておけば、会社に過度に依存する必要がなくなり、あまりに理不尽なことが会社で起きれば、耐えられなくなれば、仕事を辞めて転職することもできるようになり、そうなれば心にも余裕が生まれることでしょう。

また、会社以外のところに自分の人生の軸をもつという意味では、収入減の確保も大事になりそうですね。
ネットビジネスや投資にて、給料以外の収入を作っておくことは、ブラック中小企業に依存しなくても済む対策の1つになりそうです。

Cアルバイトで食いつなぐ覚悟
→とは言うものの、新卒時にホワイト企業に就職できずブラック企業に勤めてしまっていれば、今から転職するとなると履歴書から「この人は、勤めても続かず辞める人だ」と判断され、転職も、ままならず、また自分で稼ぐのも簡単なことではなさそうです。

であれば、残された選択肢としては「結婚して結婚相手の収入に頼る」もしくは「貧乏生活だが、アルバイトで食いつなぐ」になるでしょうか。

特に男性の場合、働き盛りの年齢なのにアルバイトであれば社会的には冷たい目で見られ、人に会えば「仕事は何をしているの?」と聞かれ「アルバイト」と答えれば、不審な目や冷たい目、見下される目で見られ、金銭面だけではなく社会的にも、きつい思いをすることになりますが・・

それでも、他人の目や評価を諦め、高い生活水準を諦め、最悪、アルバイトで食いつないでいく覚悟をもっておくことにより、ブラック企業に依存しなくても済むようになり、そうなると心にも余裕が生まれ、「辞めたいのに辞められない」という地獄から解放されることになるのかもしれません。



Bブラック企業の特徴と見分け方とは?方法
■私たちはバカではありませんから、周りの人の仕事の話や友人の仕事の話を聞けば、自分が勤めているのはブラック企業かどうか?がわかることになります。

※会社は利益を多くだしていてもブラック企業である場合もある。利益をどの程度、社員に還元するか?利益で職員数を増やし1人あたりの負担を減らすか?などの方針次第では、利益が多くでていてもブラック企業になる場合がある。


周りと比較して、また離職率の高さなど、ブラック企業の特徴と照らし合わせて、自分が勤めている会社がブラック企業であるとわかった場合は、会社に依存しない生き方にきりかえる必要もあるのかもしれません。

なぜなら、ブラック企業では、社内にて甘いミツを吸える美味しい立場・ポジションになれない場合、辞めていく可能性が高いからです。勤め先の離職率が高さは、当然、自分にも当てはまることになるでしょう。

みんなは耐えきれずに辞めていくのに、自分だけ、耐えて・耐えて・耐えて、続けていけるほど、甘くはないものなのかもしれません。

また中小企業であれば業績悪化により給料の減額やリストラや倒産も考えられます。

人員削減により、安い給料で多くの仕事と責任を抱え、働かないといけなくなるかもしれません。

ブラック企業やブラック中小企業に勤めている場合は、はなから「長くは働けない可能性が高い」とわりきり、会社以外のところに自分の人生の軸を作り上げていく準備をコツコツと進めておくと良さそうです。

でなければ、友人も知人も収入も、多くを会社に依存していれば、会社を辞めざるをえなくなった時に多くを失うことになりダメージがでかくなってしまいますし、また、そうであるからこそブラック企業に勤めているのに辞められない状況となり、ストレスで病気になったり、うつ病になったり、してしまうかもしれません。

さて、ホワイト企業においても、1部社員には無理をいい、そのせいでホワイト企業に勤めているのに「仕事が辛い。会社を辞めたい」と悩んでいる人もいることでしょう。

その場合、「どうして自分ばかり酷使されないといけないんだ!不公平だ!」という怒りや「誰も自分の辛い状況を理解してくれない」という苛立ちにストレスが溜まることでしょう

会社を運営していくためには、誰かが仕事の負担をする必要もあり、本来であれば社員それぞれに平等に負担させればいいものを、「Aさんに無理を言うとAさんは辞めるから」「Bさんに無理を言うとBさんは言い訳がうるさいから」ということで、1部の社員だけに押し付けている場合も少なくありません。

そういった場合も、自分のポジションが変わらない限り、ブラック企業に勤めている時と同じ対策・対処が必要となるのかもしれません。

辞めたくても辞められない立場にいる家族をもっている男性などに対して、足元をみて無理を強いることもあるようです。

社外に自分の人生の軸をもっておく工夫は必要なのかもしれません。

さて、今回の記事も最後まで目をとおして下さり、ありがとうございました。
感謝しています。


〜追記〜
ブラック企業に就職してしまった場合の対処法はシンプルで「転職」ですよね。

サラリーマンの手取り額生涯年収の計算方法(生きている間に、とにかく手取り収入額で1億6000万円を稼げばいい)にあるとおり。

結局、生きているうちに生涯年収程度を稼げれば良く、「どの会社に何年に勤めたか?」は重要ではなさそうです。

だから副業や投資で稼いで、総年収を増やして、生涯年収を稼ぐ方法も有効なわけですね。

重要なのは生涯年収であり総年収。
仕事も収入源も1つである必要がないよ。


投資や副業については、

@副業で月3万円稼ぐ私の方法2つ!随時更新(月3〜5万円の副収入を稼ぐには?)

AFXの勝ち方「為替差益」と「金利収入」をわかりやすく解説(2種類のFXの勝ち方)

B月収70万の小金持ちになる方法(収入源を堅実に積み重ねていくコツ)

が詳しいです。

また、転職や就活では、ハローワークで仕事を探すとブラック企業に当たる確率が高くなります。

この話について詳細は、

@職種別!おすすめ転職サイトと転職の仕方(ハローワーク以外)(職種別!転職サイトと転職のやり方)

A既卒やフリーターにお勧めな就職サイトはコレ(既卒やフリーター専用の正社員就職サイト)

にて。

また、就活中の方には就活しない人のその後!就活しなかった私が後悔した理由(就活しないと、その後の人生はどうなる?)もおすすめです。


〜ブラック企業の特徴と見分け方とは?方法〜
<writer 名無き仙人>





バス男「ブラック企業に就職してしまったら大変だー。」


バス子「将来を見据えて投資や副業をはじめる人も多いそうよ。→自宅でパソコン仕事/不労所得(分身の術による錬金仙術)、株の配当金生活は可能?(配当の説明と配当金生活)」


仙人「関連記事としてはブラック企業の定義と診断法(ブラック企業の診断方法と入社した場合の対策方法)や、ニート/主婦/フリーター就職で失敗しないコツ(給与額だけで選ぶとブラック企業に就職しがちな理由)もお勧めじゃよ。」


関連第二新卒の転職/メリットとデメリット(転職のメリットとデメリットを知ろう!)
採用就職面接のポイントとコツ(採用される人の共通点)
サービス残業が当たり前?仕事が終わらない原因(仕事量と給与額が一致しており利益に上限はないから)
企業/会社説明会で質問すべき内容(社員の給料が決まる仕組み)
職場の雰囲気が悪い時(社内の派閥争いや対立に巻き込まれない方法)
月曜朝が仕事で憂鬱!解消(我慢して仕事を続けながら状況を改善していくコツ)
出世する人の特徴(アホな人ほど愛されて出世する!?)
就活で失敗しないコツ(就活や転職で就業先の会社に満足するためのコツ・秘訣)
仕事の辛い人間関係改善方法(職場の人間関係で重要なこと)





お勧め超高利回りソーシャルレンディングの仕組みとリスク!体験談(超高時給の投資)
産業用太陽光発電への投資!メリット/デメリット(不動産投資より手堅い)
穴場の高額バイトお勧め7つ!知らなきゃ損するよ(穴場のアルバイトをご紹介)
結婚チャンステスト!楽天オーネット体験談(結婚チャンステストやってみたよ)
貯金ができない人の強制貯金術(貯金できない理由は「お金の預け先」を間違っているから)
お勧め派遣会社!正社員になる賢い方法も(お勧めの派遣会社はココ!)
既卒やフリーターにお勧めな就職サイトはコレ(既卒やフリーター専用の正社員就職サイト)
歯が白くなるホワイトニング歯磨き粉の効果がすごい!(ホワイトニング歯磨き粉レビュー)
職種別!おすすめ転職サイトの紹介と説明(職種別!お勧め転職サイトはコレ!)
FXの始め方!基礎とポイントをわかりやすく解説(為替で儲けよう!投資は大人の趣味)
株式投資の始め方!株は楽しいよ(株で儲けよう!投資は大人の趣味)





★ 生活費の節約術とお金を増やす方法(月5万円/年60万円の自由なお金を作る方法)

★ 見た目年齢の若い元気な人になる方法(実年齢より見た目年齢が若い人がやっていること)

★ 恋愛/婚活!出会いの方法一覧(自分に合った出会いの方法を見つけよう)


仕事仙術

恋愛・婚活仙術

その他