年収500〜600万円の仕事や職業とは?


スポンサーリンク




スポンサーリンク

年収500〜600万円の仕事や職業とは

■年収500〜600〜800~1000万円以上の仕事とは?年収600万円の30歳男性女性の手取り収入と税金/所得税・貯金・家賃。

年収500〜600万円の仕事や職業はコレ!
年収500〜600万円の仕事や職業とは?希少なモノ/人/情報には価値がある。



バス男「僕の年収じゃあ、2軒目に行けないよ。あ〜ぁ、年収で500〜600万円以上あったら良いのになぁ。」


バス子「私は、年収500〜600万円以上の男性と結婚したいなぁ。」


バス男「そうだ!仙人様に【年収500〜600万円以上の仕事〜希少なモノ/人/情報には価値がある〜】を聞きに行ってみない?」


バス子「仙人の【年収500〜600万円以上の仕事】かぁ・・・」







〜希少なモノ/人/情報には価値がある〜〜

1.年収500〜600万円以上の仕事

@手取り年収500〜600万円以上稼ぐ方法とは?

■以前、友人と冗談で宝石店に入ってみた時のことです。
なんでもない石コロ・・まぁ、普通の石より、少しピカピカしている石コロがついた指輪が、100万円以上で売られていました。

「えぇ?石コロが100万円以上?」
値札を見てびっくりしました。

宝石は、石コロの1種類なのにバカみたいに値段が高いですよね。
川原に落ちている石は無料なのに、少しピカピカしている石コロになると値段が跳ね上がります。

{川原の石}も{宝石}も、食べることは出来ず、何の役にも立たない‘石’にすぎないのに、どうしてダイヤモンドや金(ゴールド)になると値段が跳ね上がるのでしょうか?

ダイヤモンドや金が、堅い石だからでしょうか?
ピカピカ光る石だからでしょうか?

そうですね。しかし、それだけではないようです。
ダイヤモンドや金は、数が少ない石だから、高値で取引されているようです。
※それと、「ダイヤモンドには価値がある」という世の風潮も影響しているようです。仮に「ダイヤモンドは、ダイヤモンド鉱山の労働者達が安い給料にも関わらず命がけで掘り出しており、ダイヤモンドの売り上げは、内戦や紛争の武器購入費になっており子供達が戦場で死んでいくことに繋がっている。ダイヤモンドを買うことは、それらに加担をすることだ!」というような風潮が広まれば、ダイヤモンドは人類の間で価値が下がっていくことでしょう。


もし仮に、ダイヤモンドや金が、川原の石コロのように無限に存在しており、その辺に無数に転がっていれば、たとえ硬かろうが光ろうが、高値で取引されることないでしょう。

私達が生きる痛いほどリアルな4次元世界の現実の全ては、世界と人間の存在理由にあるとおり、相対的に評価されるため、希少なモノ/人/情報には価値が芽生えやすいようです。

4次元世界では、希少なものに価値が芽生えやすい

だからこそ、2010年代、医者、看護師、薬剤師などの国家資格が必要な医療関係従事者の年収は非常に高いのでしょう。

病院や調剤薬局は、国家資格をもっている医者、ナース、薬剤師が一定人数勤務していなければ、法律によって運営出来ない決まりになっています。

しかし、国家資格を取得している医者、ナース、薬剤師の絶対数が需要に追いついておらず・・そのため医者、ナース、薬剤師は希少な存在となっており、病院や調剤薬局は高額な給料を提示し、多くのお金を人材派遣会社に支払ってまで、なんとかして医者、ナース、薬剤師の獲得に勤めていました。

看護師、薬剤師の年収は600万円を越えることも多く、医者は年収1000万円を軽く越えています。

特に、2006年から薬学部は4年生から6年制課程に変更されたため、2年間、薬学部の卒業者が滞り・・その2年間は、病院や調剤薬局は新卒の薬剤師を雇うことが出来なかったため「薬剤師不足」が発生し・・「薬剤師免許をもっている」というだけで、様々な病院や調剤薬局から、非常に好条件にて雇ってもらえる状況が発生していました。

一方で・・薬剤師免許などに比べれば比較的簡単に取得でき、また業務を行うためには必須ではない「医療事務資格」を取得した病院や薬局の事務員希望者は、看護師や薬剤師と同じ時間勤務しているにも関わらず、年収300万円を超えない状況の場合もあるようでした。
その理由は、「医療事務資格」をもっている人は、世の中にゴロゴロいるため、希少価値が少ないからのようでした。

4次元世界では、希少なものに価値が芽生えやすい

人でも石コロでも、なんでも・・希少なものには価値が芽生えやすいようです。

そのことは、
今後、希少性が薄れてくると価値が下がり、今現在、年収500万円〜600万円の仕事や職業でも年収が下がっていくことを意味します。

【これから年収が高くなる年収500万円~600万円の職業や仕事とは?】



A今後の状況 〜年収500〜600万円以上の仕事〜
■現在はグローバル化が進んでおり、世界がフラット化されています。
及び、日本国が少子高齢化により経済的に、他国と比べ衰退傾向にあるようです。

そのため、今までは日本円の購買力が高く、「日本で働いている」というだけで高い給料を貰えていたのですが、その特権が徐徐に減っていく傾向にあります。

例えば、日本で年収が500~600万円の仕事は、誰にでも出来る仕事が、ほとんどのようです。誰にでも出来るからこそマニュアルがあり、辞める時には「引継ぎ」があります。その人にしか出来ない仕事ならマニュアル化出来ませんし「引継ぎ」も出来ませんから。

しかし、既に日本や世界の大手企業は、自国民に限らず、世界レベルで優秀な人材を雇うようになってきています。
たとえ日本円換算すると年収300万円でも、喜んで「日本では年収が500~600万円にはなるであろう仕事」を行う外国人はたくさんいます。ネックは‘言葉’だけ・・とも言われているようです。

もし仮に、日本が外国人労働者を積極的に受け入れ始めたら・・多くの日本人の年収が低下していくことにもなりかねません。

現在、日本人が年収300万円〜500万円〜600万円で行っている仕事を、年収150万円でも「喜んで働きます!」という外国人はたくさんいるからです。

そして、その外国人が日本語を理解出来るならば、仕事の多くは{日本人じゃなければ出来ない}ということはありませんので・・

経営者は人件費削減のため、年収300万円〜500万円〜600万円の日本人を首にして、年収150万円で働いてくれる外国人を雇うようになるかもしれません。
※勤勉さや技術力、経験、チームワークなど、考慮すべき点は多くあるため、単純には言えない面もありますが。

企業の生産部門では、その流れが既に起きており・・「安い給料でも喜んで働くよ!」という労働者がたくさんいる海外に工場を作り、企業は製品を海外で製造しています。

そのような意味では、今後、誰でも出来る仕事をやっているのに、「ただ、日本人だから」という理由だけで、年収600~800~1000万円以上という仕事の数は、今よりは少なくなっていくのかもしれません。

マグロ漁船もそうですよね。
「マグロ漁船」での仕事は、かつて高収入の代名詞のような存在でした。
しかし今では、外国人労働者が安い給料でもマグロ漁船に乗るため、「マグロ漁船」の仕事では高収入を得ることが出来なくなっているようです。

「マグロ漁船」の仕事について言えば、外国人労働者の年収は上がり、日本人の年収は下がり・・両者の経済格差はフラットに近づいたわけです。

このマグロ漁船の例が、グローバル化経済によってフラット化する社会の例の1つです。

世界の皆で仕事を取り合いすれば、「日本人(先進国の人間)だから高収入」「発展途上国の人間だから低収入」という格差がなくなっていき、経済面で世界がどんどんフラット化していくことになるのです。


「そんなの、不公平だ」
→そうですよね。そしてそれは「どうしてダイヤモンドは高値で取引されているんだ!不公平だ!」と不満を言うのに似ているのかもしれません。
4次元世界では、希少なものに価値が芽生えやすく、だからこそ、グローバル化がさらに進み、国としても規制を設けなければ・・‘誰でも出来る仕事’を行う人の給料は、下がっていくことになるのかもしれません。

‘誰でも出来る仕事’を行える人は、無数に存在するため希少価値が少ないからでしょう。そしてマグロ漁船の仕事は、基本的には‘誰でも出来る仕事’だったわけです。

現在は国が移民労働者を受け入れないよう規制を設け日本人の労働者を保護しています。
それに‘言葉’の問題もありますし、多くの人が移民労働者を拒むでしょうから・・すぐに世界がフラット化していくわけでは、なさそうです。
が、そのような傾向にあるのは、誰にもコントロール出来ない時代の大きな流れ・・運命の大きな流れなのかもしれません。

今現在の年収500万円~600万円の仕事や職業は、今後もそうだとは限らない!


「じゃあ、どうすれば良いの?」
→そのためには、自分自身の希少価値を高めることが有効な手段の1つでしょう。
自分自身の希少価値を高めるには、
自分の強みに希少性をもたらす必要がありそうです。

人間は人それぞれ違いがありまして、誰しもが「得意/不得意」「長所/短所」をもっています。
そして以下の3項目を元に、自分の「得意なこと/長所」・・つまり強みを磨いて伸ばしていくと、自分の強みに希少性が加わり、自分自身の希少価値が高まるようです。

将来にわたり年収500万円~600万円の仕事を続けるためには希少性をもつこと!


@ズラす
A新たに加える

B誰でも出来るが誰もがやりたがらないこと



まず@ズラすです。
陸上部やサッカー部など、人気種目でインターハイ出場を目指すのは難しいですが、山岳部ならチャンスがありそうです。
山岳部はマイナーでありライバルが少なくなるから。

人気な職業の資格を取得しても、資格取得者が多々いるため、ほぼ‘誰でも出来る仕事’となってしまい、希少価値は生まれませんが・・
ズラして、マイナーな資格を取得すれば、そのマイナーな資格をもっている人は少ないため、希少価値が生まれ・・そのマイナーな資格取得者を雇いたい!と考えている企業に好条件で雇ってもらえる可能性が高まりそうです。

資格に限らず、スキルでもなんでも・・自分の「得意なこと/長所」で尚且つ、人気種目ではないもの・・を伸ばしていくと、当人は希少価値の高い人になっていきやすいことでしょう。


次にA新たに加えるです。
小学校の教員免許をもっている人は、世の中にたくさんいます。
教育学部を卒業するだけで免許を貰えるからです。国家試験がないんですね。
ですから、ただ小学校の教員免許をもっているだけでは、地域によってはなかなか採用されないようです。ライバルが多いから。

小学校の教員免許をもっている人は、世の中にたくさんいますので、ただ単に「教員免許をもっている!」だけでは希少価値が少ないのですね。
しかし、A新たに加えるをしますと、グンっと希少価値があがりそうです。

例えば「英語がペラペラ」。
「教員免許をもっている」で、尚且つ、「英語がペラペラ」な人になると、グンっと数が少なくなりますので、希少価値が上がります。
小学校でも英語を教えるようになるため、‘英語ペラペラな教員免許保持者’は採用されやすいことでしょう。

要は、自分の「得意なこと/長所」だけですと、大抵の場合、ライバルが多すぎますし、希少価値が少ないのです。
だからこそ、その自分の「得意なこと/長所」に、さらに別の強みをA新たに加えるをしますと・・その2つを兼ね備えている人になると、グンっと数が減りますから、希少価値が上がるようなのです。

自分の「得意なこと/長所」に、さらに別の強みを新たに加えますと希少価値がグンっと増し、自ずと年収アップに繋がるようです。


最後にB誰でも出来るが誰もがやりたがらないことです。
「マグロ拾い」とは、鉄道の人身事故などでバラバラになった遺体を集める裏バイトです。超高額バイトだそうです。

我慢と根性を出せば、能力的には誰もが出来るバイトですが、誰もがやりたがらないバイトであるため、行う人間には希少価値があり、給料が高くなるわけです。このような仕事は、他にもありますよね。

ですので、自分の「得意なこと/長所」の中でも、
誰もがやりたがらないことであるほうが、自身の希少価値が増すため・・どうせ長所を伸ばしたり、新たな強みを加えようとするならば、誰もがやりたがらないことである方が年収アップには繋がるかもしれません。

ちなみに、ほとんど、どんな仕事も能力的には誰でも出来ることばかりのようです。
しかし、普通は「あの仕事は嫌だ。」「この仕事はちょっと・・」と好き嫌いしますよね。
ですから誰でも出来るが誰もがやりたがらないことを仕事に加えると、希少価値が増し年収が上がりやすくなるわけです。



Bまとめ 〜年収500〜600万円以上の仕事〜
社会の仕組み({なんでも出来る君}と10人の協力する村人)に詳細はあるとおり。

私達の社会は、それぞれが、それぞれの独自長所を生かし、仕事を行うことで十全にまわっている社会です。

全部自分で行えば大変ですよね。

例えば家を作る場合。
まずはコンクリートやレンガを作るところから始めなければなりませんし、ネジを作ったり、ガラスを作ったりと大変です。
そして設計図を自分で書き、自分で材料を作り運び、自分でそれらの材料を使い、コツコツと家を建てていかねばなりません。
しかし素人仕事ですから、家は完成しないでしょうし、完成してもすぐに壊れるようなボロボロの家になるでしょう。

ですが現実的には、私達は、自分で作るよりも立派な家に住めています。
それは、世の中にはレンガ職人やコンクリート専門の会社、ガラス職人や、ネジばかり作っている会社、設計士や運搬会社、大工や・・と、それぞれ専門の仕事に携わっている人がいるからです。

これは、家作りだけではなく、全てにおいて同様です。
私達の社会は、それぞれが、それぞれの独自長所を生かし仕事を行うことで十全にまわっている社会なんですね。
そして上記の説明は国内でのことになりますが、現在は、それぞれが、それぞれの独自長所を生かし仕事を行うことで十全にまわっている世界/地球・・となっています。

だからこそ、私達が独自の「得意なこと/長所」をコツコツと伸ばしていき、その独自の仕事や職場から、互いに社会に、世界に、貢献し合うことを行えば、世の中は、もっとハッピー♪になっていくのかもしれません。


さて、生活水準を下げなさいのとおり、己の‘幸せ’を、年収や生活水準に依存している状態は好ましくないようで・・年収アップを目指したいなら目指せば良いですが、同時に、年収がどうであろうと、生活水準が高かろうが低かろうが・・外界の状況がどうであろうと、いつも自分の心の中は‘幸せ’な状態でいれるよう、心の仙人/仙女修行に取り組んでいきたいものですよね。

そして・・心の平安・幸せの修行を行うと同時に、経済面の潤いや安定を目指すならば・・4次元世界では、希少なものに価値が芽生えやすいことを忘れず、
@ズラす
A新たに加える
B誰でも出来るが誰もがやりたがらないこと
を意識しながら、自分の「得意なこと/長所」をコツコツと続けるコツ/技術で伸ばしていき、己の希少性を高めていくと良いかもしれません。

ちなみに、「年収を増やしたい!」のであって、「就職先から給料を貰う」という働き方にこだわらないのであれば、就活・転職よりも、今の仕事を続けながらネット副業投資(株・FX・不動産等)を行った方が、年収500~600~1000万円以上になっていきやすいですよね。

サラリーマンとしての給料(年収)に、副業や投資の収入を加えることが、年収500~600~1000万円への現実的な方法の1つのようです。
その上の収入になった頃には、自然と起業/独立になっていきますから・・。

年収は、給与所得と、その他所得との合算であっても良い!

関連記事には、月収70万の小金持ちになる方法(収入源を堅実に積み重ねていくコツ)があります。


〜追伸〜
→昔に比べると、年収アップのための転職や、年収の高い仕事への就活のために役立つサイトも増えてきました。

それら{就活・転職のお役立ちサイト}に関して、【賢い転職の仕方】も含めて・・

@職種別!おすすめ転職サイトと転職の仕方(ハローワーク以外)(職種別!お勧め転職サイトはコレ!)

A既卒やフリーターにお勧めな就職サイトはコレ(既卒やフリーター専用の正社員就職サイト)

B就活しない人のその後!就活しなかった私が後悔した理由(就活生にお勧め就活サイト)

の記事が詳しいです。

〜年収500〜600万円以上の仕事〜
<writer 名無き仙人>


★よく読まれている記事★
【人気】高利回りソーシャルレンディング投資とは?仕組みを解説(超高時給の投資!私が投資する理由)

【人気】「初心者向け」少額から始める資産運用のやり方【おすすめ運用先】儲かるよ(儲かる資産運用の始め方)






バス男「自分の「得意なこと/長所」や、自分の好きなことを、伸ばしていけると良いなぁ。」


バス子「年収500〜600万円以上の仕事かぁ。」


仙人「もちろん感じ方には個人差はあるが・・副業は、やってみると案外楽しいものなのじゃよ。人によっては副業が{お金を貰える趣味}になる場合もあるじゃろう。年収500~600〜1000万円の近道は転職ではなく副業じゃったりもするのかもしれぬのぉ。」


関連石の上にも三年のメリットとデメリット!仕事や転職編(我慢して働くとリバウンドが発生するよ)
社会の仕組み({なんでも出来る君}と10人の協力する村人)
給料が高い年収が多い仕事の探し方!正社員編(月20万円の事務職の方が月30万円の営業職より給料が高いカラクリ)
上昇志向が強い人の心理とデメリット(向上心に対する正しいスタンスとは?)
仕事がめんどくさい時の上手なサボり方3つ(上手に仕事をサボるコツ3つ)
隠れ優良企業の探し方!穴場の業界2つ(ホワイト企業率が高い業界2つ)
自分が何をしたいのかわからない人へ就職/仕事編(やりたいことは見つけるものではなく「出会うもの」)
低学歴で資格なし!就職先がなくても出来る仕事は1つ(「自分で稼ぐ」という選択肢があるよ)





お勧めビットコインとは【わかりやすく図解で仕組みを】初心者向け簡単に(人気の理由)
産業用太陽光発電への投資!メリット/デメリット(不動産投資より手堅い)
FXの始め方!基礎とポイントをわかりやすく解説(為替で儲けよう!投資は大人の趣味)
高利回りソーシャルレンディング比較一覧!お勧めはココ(お勧めの会社はどこ?)
簡単!仮想通貨の始め方【初心者におすすめコインも】(仮想通貨の買い方)





★ 生活費の節約術とお金を増やす方法(月5万円/年60万円の自由なお金を作る方法)

★ 見た目年齢の若い元気な人になる方法(実年齢より見た目年齢が若い人がやっていること)

★ 恋愛/婚活!出会いの方法一覧(自分に合った出会いの方法を見つけよう)


仕事仙術

恋愛・婚活仙術

その他