ブラック企業の見分け方!私の知ってる面接質問編


スポンサーリンク




スポンサーリンク

ブラック企業の見分け方!私の知ってる面接質問編

ブラック企業の見分け方!私の知ってる面接質問編
ブラック会社を見極める方法!面接編。



バス男「早く就職先が決まって欲しいけど、ブラック企業には入社したくないから・・あ〜難しい。」


バス子「ホワイト企業か?ブラック企業かどうか?を、求人情報や、面接から、わかると良いのにね。」


バス男「よし!仙人様に【ブラック企業の見分け方!面接質問編】を聞いてみよう。」


バス子「仙人の【面接の質問からホワイト企業とブラック企業を見極める方法】かぁ・・・」







〜ブラック企業に就職したくない!〜

1.面接の質問からブラック企業を知るには?方法

@逆質問からホワイト企業とブラック企業を判別する方法

■「御社の有休取得率は何パーセントですか?」

面接では最後に、面接者から企業側へ質問をすることが出来る場合もありますよね。
面接官が「何か、聞いておきたいことはありますか?」と面接者に最後に聞くパターンです。

その時に、面接者から「御社の有休取得率は何パーセントですか?」と聞かれた時の面接官側の心理や、面接会場の雰囲気って、わかりますか?

ホワイト企業は別ですが・・
面接官側は、「え?」となり、背筋がピーンっと張って、その場が、一瞬にして凍りつきます。雰囲気的に。

そして、面接官が、明確には有休取得率について答えず、「当社は休みも多いほうですし・・」などと言う場合、その会社の有休取得率は低い!と思って良さそうです。

ブラック企業を見分ける最強の方法→「御社の有休取得率は何パーセントですか?」と面接で逆質問すること。

ちなみに、有休取得率が低いブラック企業側からすると、「御社の有休取得率は何パーセントですか?」という逆質問をしてきた面接者に対して「あの人だけは、採用するのは辞めよう。面倒そうだ」と断ることになります。
真っ先に落ちます。普通は、有休取得率なんて聞いてきませんからね。

で、「今からでも勉強できることはありますか!?」と、給料が出ないのに、今のうちから採用された後のために、勉強をしようとする、そんな人をブラック会社は採用する傾向にあります。

だからこそ、ブラック企業を見極める最強の方法が、面接で「御社の有休取得率は何パーセントですか?」と聞くことなんです。
採用の現場からの経験上、シンプルに、それだけ聞けば良いと思います。

それだけで、ブラック企業からは採用通知が届くことがなくなります。
「労働問題とか、労働者の権利とかに、うるさい人だけは採用したくない!」と考えるのがブラック企業だからです。

就活や転職でヤバいのは、「就職先が決まらないこと」と同時に「ブラック企業に入社してしまうこと」ですよね。
ブラック企業に入社してしまうと、死ぬほど辛い思いをしたうえに、どうせ続かずに1年以内で辞めることになり、履歴書の履歴が悪くなって、ホワイト企業に入社しにくくなる!という最悪なことになりますよね。
だから就活や転職において{ブラック企業を避ける}は、とても大事だと言えそうです。

どこでも良いから、とにかく入社したい!作戦の場合、運が悪いとブラック企業に入社することになり、仕事に対してトラウマができるうえ1年以内に辞めて、さらに就職が難しい状況に追い込まれる最悪なことになる場合もあるよ。

で、ブラック企業を避ける最強の方法が面接で「御社の有休取得率は、何パーセントですか?」と聞くことです。
その質問をした瞬間、ブラック企業側の面接官の表情は、さっと変わり、厳しい表情で、有休取得率以外の休日の話をすることでしょう。
「御社の有休取得率は、何パーセントですか?」なんて面接者から聞かれたことがないため、面接官も、てんぱっているんですね。

面接を受けた会社がブラック企業だった場合、真っ先に落とされることになるでしょう。で、それでOKですよね。

一方、本当に社員が有休をとれているホワイト企業ならば、「御社の有休取得率は何パーセントですか?」と聞いた時に、有休取得率について返答してくれることでしょう。

例えば「うちの会社は月に1回は、全社員が有休を1日、使うよう促しています。それでも有休取得率100%は難しくてね・・ただ、将来的には、そうしていきたいとは考えています。」などと答えてくれることでしょう。

ホワイト企業の中では、会社で働く人や働きたい人が有休取得率を聞いてくることは悪いことではないので、そのことで評価が下がって不採用とはならないでしょう。
「この人は優秀な{いい人材だ}」と判断されたら「御社の有給取得率は何パーセントですか?」と聞いてきた人であっても採用することでしょう。
ホワイト企業では、{長時間労働}を、良し!とはしていないからです。
ホワイト企業では合理的に結果(利益)だけを重視しますものね。

そのため、面接では毎回、「御社の有休取得率は、何パーセントですか?」と聞いていけば、ブラック企業からは嫌われて不採用となり、採用されるのはホワイト企業のみ!となりそうですね。

ブラック企業を面接で見分ける方法→「御社の有休取得率は、何パーセントですか?」と聞いてみること。



Aホワイト企業とブラック企業を判別するには?

■とは言うものの、職安やハローワークに出ている求人情報は、どこもブラック企業のものばかりで、有休取得率が高いホワイト企業の求人は出ていない・・
「御社の有休取得率は、何パーセントですか?」と面接のたびに聞いていれば、どの会社にも受からない!という場合もありますよね。

そのような場合は、少しでもホワイトな職場で働けるよう、履歴書を送る会社を厳選するのも悪くはないかもしれませんね。

で、そのための1番効果的な方法は、実際に職場に行ってみることです。
自分の目で見て、雰囲気を確認するのが、最も確実ですよね。

例えば、求人に出ていた{名無きパン屋さん}で働きたいとします。
その場合は、実際に{名無きパン屋さん}に行ってみるのが1番ですよね。

見た瞬間に「うわ、ここでは働きたくないな。」と決着がつく場合も多いし、「おっ、ここ良いじゃん!」と決着がつく場合も多いです。

ホワイト企業とブラック企業を見分けるコツは、実際に、店舗や会社を見にいくことだよ。

実際に見に行くことなく、手当たり次第に履歴書を送っていると、採用されたものの、ブラック会社・ブラック職場で、初日から既に「仕事を辞めたい」となってしまう場合もあるようです。



B面接の質問内容からホワイト企業とブラック企業を見分ける方法
■私個人の少ない経験なので、あてになりませんが・・
私の知っている範囲では、ブラック企業やブラック職場ほど、面接も圧迫面接気味になるよう思います。

常識と良識のある、まともな{いい人}が面接官であり、そのような普通の人が、普通に面接官として働けるホワイト企業では、圧迫面接には、なりませんものね。やっぱり。

だから、面接の時に、面接官の雰囲気が厳しくて、質問なども上から目線だったりする場合は、それがそのまま、職場内の雰囲気になっている・・と予想できそうですね。

面接官というのは、その会社では{立場の偉い人}なわけです。
で、会社や職場の雰囲気というのは、{立場の偉い人}の雰囲気に左右されてしまいます。

そのため面接官の雰囲気が厳しい場合や、圧迫感のあるもの、また上から目線のものであれば、職場の雰囲気も、そのような感じになりやすいようです。

一方で「本日は当社の面接にお越し下さり、ありがとうございます。」というような柔らかい雰囲気の面接ならば、職場の雰囲気も、悪くはない可能性が高そうですね。

あくまで可能性や確率の話ではありますが・・。

ちなみに、一次面接は優しい雰囲気の面接であっても、会社役員や社長による二次面接が厳しい雰囲気であれば、職場の雰囲気は厳しいかもしれませんね。

さて、今回の記事も最後までありがとうございました。
感謝しています。

★追伸★
→有給取得率が高く「当社の有給取得率は・・・」と答えることの出来るホワイト企業は多くなく、新卒採用なら別ですが、中途採用や第二新卒で入れる会社では、それほど多くないので、「御社では、残業代は全額、でますでしょうか?」という質問でも良いかもしれませんね。

ブラック会社では、残業代が全額つかない会社が多く、ホワイト気味な企業では残業代が、きちんと出ます。

面接で「御社では、残業代は全額、でますでしょうか?」と聞いたときに「当社では15分単位で、残業代は全額、きちんと、つきますよ。」と答える企業なら、中途採用や第二新卒でも応募できる企業の中にも、結構な数、あると思います。

{有休は取得できなくても、残業代はきちんと全額、つく会社なら良いか}ということで、手をうつ場合は、残業代について面接で聞いてみるのも良さそうですね。

<writer 名無き仙人>


★よく読まれている記事★
【人気】高利回りソーシャルレンディング投資とは?仕組みを解説(超高時給の投資!私が投資する理由)

【人気】FXの始め方!基礎とポイントをわかりやすく解説(為替で儲けよう!投資は大人の趣味)






バス男「ブラック企業は恐いな〜。」


バス子「ブラック企業に関しては、ブラック企業の特徴と見分け方(ブラック企業の見分け方と就職してしまった場合の4つの対策)や、ブラック会社の特徴と辞め方(第二次世界大戦から学ぶ)の記事でね。」


仙人「関連記事としては、自分が何をしたいのかわからない人へ就職/仕事編(やりたいことは見つけるものではなく「出会うもの」)や、仕事がつまらない!辞める以外の選択肢3つ(つまらない仕事への対処法は3つあるよ)もお勧めじゃよ。」


関連面接で受からない人の理由と特徴6つ(面接で受かる秘訣6つ)
ニートからいきなり正社員になった私の体験談(ニートやフリーターから正社員になるコツ)
給料が高い年収が多い仕事の探し方!正社員編(月20万円の事務職の方が月30万円の営業職より給料が高いカラクリ)
企業/会社説明会で質問すべき内容(社員の給料が決まる仕組み)
自分に向いている仕事がわからない解決策3つ(向いている職業の見つけ方)
仕事とプライベートが両立できない全人格労働への対策5つ(プライベートが充実した大人になる5つのコツ)
職場の同僚と仲良くなれない理由は1つ( 社会人の「友達の作り方」 )





お勧め超高利回りソーシャルレンディングの仕組みとリスク!体験談(超高時給の投資)
産業用太陽光発電への投資!メリット/デメリット(不動産投資より手堅い)
穴場の高額バイトお勧め7つ!知らなきゃ損するよ(穴場のアルバイトをご紹介)
結婚チャンステスト!楽天オーネット体験談(結婚チャンステストやってみたよ)
貯金ができない人の強制貯金術(貯金できない理由は「お金の預け先」を間違っているから)
お勧め派遣会社!正社員になる賢い方法も(お勧めの派遣会社はココ!)
既卒やフリーターにお勧めな就職サイトはコレ(既卒やフリーター専用の正社員就職サイト)
歯が白くなるホワイトニング歯磨き粉の効果がすごい!(ホワイトニング歯磨き粉レビュー)
職種別!おすすめ転職サイトの紹介と説明(職種別!お勧め転職サイトはコレ!)
FXの始め方!基礎とポイントをわかりやすく解説(為替で儲けよう!投資は大人の趣味)
株式投資の始め方!株は楽しいよ(株で儲けよう!投資は大人の趣味)





★ 生活費の節約術とお金を増やす方法(月5万円/年60万円の自由なお金を作る方法)

★ 見た目年齢の若い元気な人になる方法(実年齢より見た目年齢が若い人がやっていること)

★ 恋愛/婚活!出会いの方法一覧(自分に合った出会いの方法を見つけよう)


仕事仙術

恋愛・婚活仙術

その他