採用就職面接ポイントとコツ   


スポンサーリンク




スポンサーリンク

採用就職面接ポイントとコツ

■「公務員(教員・消防士・警察官・市役所・県庁)採用試験の面接に合格するコツとは?」企業に採用される人の特徴は?

採用就職面接ポイントとコツ
採用される人の特徴や共通点とは?



バス子「バス男さん!いつまで寝てるのよ?」


バス男(むにゃむにゃ・・)・・あ、バス子ちゃん?・・僕ったら、【採用面接、就職面接のポイントとコツ】をネットで調べてたら、いつの間にか寝ちゃってたよ。」


バス子「ふ〜ん。・・で、どうだった?」


バス男「いやぁ〜【採用面接、就職面接のポイントとコツ】をネットで調べてたんだけど、どのサイトも同じこと書いていて、飽きてきから、それで息抜きをしてたら寝てしまってたんだぁ。あはは。」


バス子「もうっ。そんなことじゃあ、また面接で落とされちゃうわよ?」


バス男「うっ。よし、こうなったら仙人様に【採用面接、就職面接のポイントとコツ】を聞いてみよう。」







〜採用面接、就職面接のポイントとコツ〜

1.面接で合格する人・採用される人の共通点

@面接の不思議

■求職中、「面接は、その時の面接官の好み次第で採用される人が決まるから、困るよな。」と思っていました。

また、「きっと、面接官はこんなところを見てるんだろうな。」「こんな発言をしたら、きっと高ポイントだろう。」「この間の無職期間の言い訳と、前職を辞めた理由は、なんて答えれば面接官から好感がもたれるかな?」と、いろいろと想像していました。

しかし、面接をする側の立場を経験させて頂けたことで、いろいろと面接の真実がわかってきました。
今回の記事では、【採用面接、就職面接のポイントとコツ】を見てみましょう。



A従業員という職種に求められること
■就活中/転職中/求職中、私達は「面接って、その時の面接官の好み次第で採用される人が決まるから、困っちゃうよね。」と思います。
「頑張って努力しても、その時の面接官の好みに自分が合わなければ、採用されないから努力ってバカらしいよね。」と思うこともあります。

しかし
面接官が誰だろうと、採用される人間は変わらないようなのです。

誰がその日の面接官になろうと、数人の面接官が居ようと、面接後の意見は全員一致で、「Aさんが1番良いな。Aさんを採用しよう。」となるようです。不思議なことに・・。

どうして、面接官が誰だろうと、採用される人間は変わらないのでしょうか?
その理由は2つあるようです。



B従業員という職種に求められること
■筆記試験があって、その後に面接をし、そして採用を行うような一般の採用試験・就職試験で採用される人というのは、普通にお給料を貰う従業員です。(※公務員も同様です。)

希望している職種の給料体系が月給制や日給月給、日給・時給ならば、普通の従業員ですよね。

そして
普通の従業員に求めれる1番重要なことは、常識なのかもしれません。

面接では「なぜ、この会社(公務員)を希望したのか?」という志望理由や、自分の長所・短所、今まで頑張ってきたことなど、いろいろとアピールポイントを聞かれたりもします。
ですから私は、{優秀な人材}が求めれていると思っていました。
が、国も企業も、給料体系が月給制や日給月給の一般の従業員には、特別なほどに優秀な人材を求めているとは限らないようなのです。

仮に「特別なほどに優秀な人材を求めなければならない」ということは、国も企業も、優秀な人材に頼らなければ、国や会社を運営できないことにもなりそうです。
それでは困りますよね。なぜなら、採用した人間は、独立起業や転職、病気、結婚などで随時辞めていくからです。事故や災害により亡くなられてしまう方もいます。

優秀な人材に頼って、個人個人の能力に頼って運営していたら、国も企業も、退職者が出るたびに、毎回、大打撃を受けてしまい困ってしまいます。

そうならないように、国も企業も、人間の個人の能力に頼らなくとも、運営可能な仕組み作りをキチンと行っているのです。
だから、どんな職場にもマニュアルがあるです。

国や会社の現場で働く従業員達が、マニュアル通りちゃんと仕事が出来れば、それで国も企業も運営出来る仕組みが、既に整っているのです。
これは言い換えれば、{個人の能力に頼らざるをえない組織作りは行わない}ということなのかもしれません。

だからこそ、一般の従業員には、マニュアルに書かれてある業務内容を覚えて、その業務を普通にこなせる、常識ある人間が求められる傾向もあるようなのです。


クリエイティブで優秀な能力が求められるような、個々人の能力に頼らざるをえない仕事というのは、給与体系が年俸制であったり、出来高制の割合が大きくなる傾向にあるようです。
ですので、大企業の雇われ社長やプロ野球選手は、年俸制で、尚且つ出来高制の割合が大きいのでしょう。

プロ野球では、職務の「引継ぎ」がありません。
個々人の能力に頼らざるをえないプロ野球の世界では、仕事をマニュアル化することも出来ませんし、職務の引継ぎのしようがないわけです。
そういった、個々人の個性や能力やセンスが重要視される仕事は、年俸制で、尚且つ出来高制の割合が大きいのですね。


つまり、月給や日給で働く私達一般人に求められることは、優秀な人材ではなく、常識ある普通な人間像なわけです。
会社も国も、現場の1部分の業務を、マニュアル通り、そつなくこなしてくれる、いろいろと問題を起こさない、歯車の1部品となる普通の常識ある人間を求めている・・とも言える側面があるのかもしれません。
個性や能力やセンスが強い素晴らしい人材を求めているわけではないのかもしれません。本当に素晴らしく能力が高い人間は、転職や独立で辞めていく傾向にありますしね。


ですから
面接で1番重要なことは、常識ある人間を演じることなのかもしれません。

面接官が見ているポイントは、「この人は、問題なくそつなく、普通に職場で業務をこなしていける常識ある人間か?」「この人を、あの職場に入れたら、職場で人間関係のトラブルが起きないか?」「この人は企業秘密を外部に漏らしたり、社会的に批判されるような悪事と関係をもって弊社の問題を増やさない、まともな常識ある人間か?」というようなところも、見ているのです。

「その人の個人的な個性のすごさが、いかに素晴らしいか?」なんてことは、見ていないのですね。一般の従業員には、個性やセンスが素晴らしい必要が、あまりないからでしょう。

ですので、面接時には無難な常識ある見た目で臨み、尚且つ、常識ある受け答えをしていくことがベストなのかもしれません。
国も企業も、一般の従業員に強い個性を求めていないのかもしれません。個性があまりにも強い人は、職場で人間関係のトラブルを起こしやすいので、面接では嫌われがちなようです。
※会社や職種によっては、常識力よりも、個性や能力やセンスが強い素晴らしい人材を求めている場合もあるようです。



C企業毎に違う求める人物像 〜採用面接、就職面接のポイントとコツ〜
■上記で述べたとおり、面接官が変わろうと、採用される人が変わらない理由の1つは、【一般従業員に求められることは常識力】だからのようです。

そして、面接官が変わろうと、採用される人が変わらないもう1つの理由は
企業毎で求める人物像は決まっているからのようです。これは、公務員でも同様でしょう。

企業毎で「どのような人材を採用していくか?」ということは、既に決まっています。

例えば、A社では「うちの会社では明るい人間は必要ない。暗くても、真面目でコツコツ仕事が出来る人を採用する。」と予め決まっています。
一方、B社では「うちの会社は元気を重んじる。社員の元気は会社の元気だ!なので、明るくてハキハキした人を採用する。」と予め決まっています。

このように、予め採用する人物像は会社毎に決まっているため、面接官の個人的な好みで採用される人が変わったりはしないのです。

面接官もプライベートで面接に来ているわけではありません。面接官も、勤務時間内として面接に来ています。面接中も、面接官には、給料や時間外手当が発生しているのです。

ですから、個人的な好みや私情は挟まず、純粋に「自分の会社の求める人材像に一致する人物かどうか?」という観点で、採用試験・面接試験参加者を見ています。

ですから、 誰がその日の面接官になろうと、数人の面接官が居ようと、面接後の意見は全員一致で「Aさんが1番良いな。Aさんを採用しよう。」となるわけです。

このように、予め会社毎に採用する人物像が決まっており、その人物像は会社毎で違いますので、A社の面接ではまったく駄目だった人が、B社の面接で内定を貰うという現象が起きるようです。

ということは・・予め、自分が面接に望む会社が求めている人物像がわかれば、面接時に有利になるわけですが、自分が面接に望む会社が求めている人物像を知ることは困難な場合もあるかもしれません。

求められている人物像がわからない以上、数多くの企業にエントリーしてみるしかないですよね。
これは好みや相性の問題であるため、数多くの企業に、自分をアピールしてみないことには、どうしようもなさそうです。



C面接で採用されるには? 〜採用面接、就職面接のポイントとコツ〜
■自分が面接に望む会社が、求めている人物像を知ることは難しい時もあるようです。
ですから、自分に出来ることは常識ある人間を、きちんと面接時に表現することですよね。

常識ある人と非常識の人は、採用する側にいたら一発でわかるようです。面接が始まって10秒から20秒でわかるようです。

・イスの座り方
・返事の仕方
・表情
・服装
などで直感的に、「あ、この人は常識あるな。」「う〜ん。この人はちょっと非常識だなぁ。」と、面接官が5人いたら、5人とも同意見でわかるようです。

つまり言い換えれば、やはり
・イスの座り方
・返事の仕方
・表情
・服装
といったことは大事なんですね。

ベストなイスの座り方わからなければ、ネットで調べてみましょう。どの就活サイトでも同じことを書いています。つまり、その座り方が常識ある座り方ということです。


そして、日頃が面接の時には滲み出るようです。
普段は自分勝手に好き放題しているのに、面接の時だけ、要領良く、良い印象を与えようとすれば、そうしていることも、なんとなく面接官にはわかるようです。
それは{面接官の人を見る目が優れているから!}ではなく、誰が面接官になろうとも、、、人間は他者の本質的傾向を、雰囲気などから、第6感的に感じとることが出来るため・・のようです。破滅原理と繁栄原則にもあるとおりですね。

そのような意味では、日頃から少しづつコツコツと、楽しみながら心の仙人/仙女修行の方も精進していきたいものですよね。


〜追伸〜
→就活や転職を成功させるコツは、{面接で受かること}もありますが、そもそもの{面接を受ける機会を増やす}がありますよね。
企業毎に採用したい人材像は異なるため、多くの企業を受けてみないと、なかなか難しい場合も多いようです。

恋愛・恋活や婚活と一緒ですね。
人には、それぞれ好みや相性があるので、いろいろな人と会ってみないと、互いのニーズがマッチする人とは出会えないですよね。

企業の採用試験を合格し内定をもらうコツは、多くの会社の面接を受けてみること。

多くの会社を受けるコツについては・・

@職種別!おすすめ転職サイトの紹介と説明(職種別!お勧め転職サイトはコレ!)

A既卒やフリーターにお勧めな就職サイトはコレ(既卒やフリーター専用の正社員就職サイト)

B就活しない人のその後!就活しなかった私が後悔した理由(就活しないと、その後の人生はどうなる?)

の記事が詳しいです。

〜採用面接、就職面接のポイントとコツ〜
<writer 名無き仙人>


★よく読まれている記事★
【人気】高利回りソーシャルレンディング投資とは?仕組みを解説(超高時給の投資!私が投資する理由)

【人気】「初心者向け」少額から始める資産運用のやり方【おすすめ運用先】儲かるよ(儲かる資産運用の始め方)






バス男「採用面接、就職面接のポイントとコツかぁ。」


バス子「日ごろの振る舞いが、どうしても、雰囲気として滲み出てしまうのでしょうね。」


仙人「企業毎で求める人物像は決まっているようじゃのぉ。そして、企業毎で求める人物像は違うからのぉ。じゃからこそ、たくさんの会社の求人にエントリーするのが良いのかもしれぬのぉ。たくさんの会社の就職面接を受ければ、たまたま自分が、その会社の求めている人物像にマッチすることもあるからのぉ。言い換えると相性があるわけじゃよ。恋愛と一緒じゃのぉ。
恋愛・婚活全般




お勧めビットコインとは【わかりやすく図解で仕組みを】初心者向け簡単に(人気の理由)
産業用太陽光発電への投資!メリット/デメリット(不動産投資より手堅い)
FXの始め方!基礎とポイントをわかりやすく解説(為替で儲けよう!投資は大人の趣味)
高利回りソーシャルレンディング比較一覧!お勧めはココ(お勧めの会社はどこ?)
簡単!仮想通貨の始め方【初心者におすすめコインも】(仮想通貨の買い方)





★ 生活費の節約術とお金を増やす方法(月5万円/年60万円の自由なお金を作る方法)

★ 見た目年齢の若い元気な人になる方法(実年齢より見た目年齢が若い人がやっていること)

★ 恋愛/婚活!出会いの方法一覧(自分に合った出会いの方法を見つけよう)


仕事仙術

恋愛・婚活仙術

その他