面接が苦手な人へ!簡単な対策 


スポンサーリンク




スポンサーリンク

転職/就活!面接が苦手で嫌いな人へ

企業が求める人材とは?
面接官が「常識ある人」を高評価する理由。



バス男「はぁ〜。仕事が決まらない・・。どうしよう?」


バス子「バス男さんはもっと積極的に、様々な企業にエントリーすべきよ。」


バス男「バス子ちゃ〜ん。だって僕は・・」


バス子「もう、それじゃあ面接で受からないわよ。」


バス男「・・うぅ、就活が辛いよぉ。仙人様に【面接で受かる方法】を聞きに行ってみようかな。」


バス子「仙人の【企業が求める人材(裏話)】かぁ・・」







〜就活/転職!面接の苦手克服!簡単です〜

1.面接で落とされる理由

@面接で大事/大切なこととは?


企業が求める人材は【常識人】です。

面接が苦手な人は、マナーさえ学べば大丈夫です。

面接官が見ている部分や、面接官の心理を{
面接をやっている私}が大暴露します。


A面接官チェックしている点
採用就職面接のポイントとコツ(採用される人の共通点)にあるとおり、採用されるために重要な点の1つは、常識力なのかもしれません。

企業が求めている人材は・・

@仕事を辞めない
仙人
「仕事をすぐに辞めない{常識ありそうな人}を面接官は採用するからのぉ」

バス子非常識な人って、すぐ辞めそうで採用するのが恐いわね」

採用した社員が「仕事に、やりがいを感じない。」「思っていた仕事と違った。」などの理由により、入社後すぐに退職することになると「あ〜、せっかくこれから一緒に頑張ろうと思っていたのに。」と他の社員の士気も下がります。

また、入社・退職に伴う事務手続きも増えますし、教育に費やした時間も無駄になってしまいますし、再度、人材の採用を行わなければなりません。

そのため、採用した社員が長く仕事を続けずに辞めることは、企業にとって大きなマイナスであるため、
企業側は「仕事を辞めないであろう人物」を採用しようとする場合もあるようです。

そして、常識のない個性的な変わった人よりも、常識のある普通の人の方が、いろいろと言わずに、淡々と仕事を続ける場合が多いため、企業側は、常識力のある「仕事を辞めないであろう普通の人物」を求めるのかもしれません。

また、
面接官の心理は「採用した人が、すぐに辞める事態が続けば、私が上司に怒られてしまうからな。だから、すぐに辞めそうにない人を採用しよう。」です。

面接官といえど、給料のために働いているサラリーマンです。
仕事の優先順位は「上司から怒られないこと」であり、上司から怒られないためには、辞めない人材や、常識があってトラブルを起こさない人材を採用することです。

だから、仕事を長く続けそうな常識ある人が採用されやすいわけですね。

面接官もサラリーマン。無難な人材を無難に採用したいのが本音。


Aマニュアルに従う
仙人
「マニュアル通りに仕事をこなせそうな{常識ある人}を採用するからのぉ」

どこの会社にもマニュアルがあることでしょう。
そのマニュアルも、企業側が苦労して作成したから、存在します。

具体的には、その仕事について詳しい人たちがチームを作り、日々の業務にプラスして、せっせと残業時間に作っていたりもします。

なぜ、そこまでしてマニュアルを作成するか?

企業側が社員に求めているのは、個性的な型破りの奇跡的な仕事ではなく、常識の範囲内で、問題なくそつなく、仕事をしてくれることだからでしょう。

つまり、会社側が求めている人材は、マニュアルに沿って、問題なくそつなく、業務を遂行していける常識力ある人物なのです。

常識のない個性的な変わった人は、「このマニュアルの、この部分は、おかしいと思います。」などと、マニュアルを作る大変さなんて考えずに、教育係の人に文句を言ったりもするようです。

しかし企業が求めているのは、そのように文句を言って問題を増やす人材ではなく、マニュアルに沿って、仕事をしてくれる問題を発生させない人である場合が多いでしょう。

面接間の本音→個性的な人はいらない。マニュアルに従い文句を言わずに働く普通の人を採用したい。


B人間関係の問題を起こさない
面接の結果、採用した人物は、どこかの部署や店舗に配属することになります。

そのため
面接官は、「この人を、あの部署(の人間関係内)に入れても、問題が発生しないか?」「この人は、あの店舗の人間関係の中で、上手くやっていけるか?」という視点からも、面接者のことを見ている場合があるようです。

採用した社員が仕事を辞める理由の1つは人間関係ですし、企業側が抱える問題の1つも、社員間の人間関係です。

企業側は「利益を出し続けなければならない!」「ライバル会社に負けない製品を開発せねばならない!」「新店舗を増やしていかねばならない!」などの問題を常に抱えており、これ以上、余分な問題を抱えたくない状態であるため・・

余分な問題である
<社員間の人間関係の問題>を発生させる可能性がある人材は、敬遠しがちなのかもしれません。

そして常識力ある普通の人の方が、人間関係でトラブルを起こしづらいため、企業は、そのような常識ある人間関係の問題を起こさないであろう人材を採用しがちなのかもしれません。

面接で受かるポイント→人間関係でトラブルを起こさない常識ある人間性をアピールすること


このようなことがあるため、面接官というのは、志望動機や自己prを面接者に聞くのですが、「志望動機そのものを聞きたい!」「自己prそのものを聞きたい!」というよりも、それらの受け答え方から、その人物の常識力を見たい面があるのかもしれません。

受け答えの仕方や、質問の答えに「常識があるかないか?」が現れるようです。

そのため、「どういった志望動機を言えば、好印象を貰えるか?」と考える際には、「どういった志望動機を言えば、常識ある人物であることをアピールできるか?」という観点からも、考えてみると良いのかもしれません。

自己prに関しても同様と言えそうです。

そして、
面接の質問に対する常識的な回答は、こうです。

仙人「ここから「面接が苦手!」という人は必見じゃよ」

常識ある普通の人は、面接に備えて{質問されるであろう質問集}などをネットで検索して調べます。と同時に、模範的な答え方もチェックします。

で、ネットに書いてあることを、そのまま答えるわけにはいかないので、少し自分流にアレンジして、面接当日は答えます。

一方、
常識のない人は、自分流で答えます。その差は、面接官からは一目瞭然です。

この姿勢は、仕事において、そのまま出ます。

常識ある人は、仕事に関して事前に調べたり、今日、習ったことを家で復習します。それを仕事の現場で、状況に応じてアレンジしたり応用しながら働きます。

一方、常識のない人は、教えられたことを覚えず、マニュアルを無視し、自己流で働こうとします。これは、起業家としては良いかもしれませんが、会社員としてはNGですね。

どういった姿勢で働く人かどうか?を、ありきたりな質問の受け答えから、面接官は見ているわけですね。

仙人「面接やる側になるとわかるが、どーでも良いから{普通っぽい無難な人}を採用するわけじゃよ。変な人は面倒じゃからのぉ」

バス子「面接官は毎月のように面接してるから、面倒起こさず、効率的に、さっさと仕事を終わらせてしまいたいわけね」

面接の苦手克服方法→ネットで一般的な常識あるマナーや質問に対する回答を調べること。


B面接のポイントとは?
■面接においては、常識的な立ち振る舞いが重要な要素の1つでしょうが、常識的な立ち振る舞いというのは、大多数がとるであろう立ち振る舞いですよね。

そして大多数は、正しい立ち振る舞いを本やネットで調べます。

そして本やネットでは「これが正しい立ち振る舞いですよ」と同じことが書かれています。

そのため、本やネットで調べた大多数は、同じような立ち振る舞いをすることになります。

そして、そのように、問題なくそつなく、常識的な立ち振る舞いが出来ればOK!という面が、あるのかもしれません。


正しい立ち振る舞いが書かれている本やネットは、会社でいうマニュアルのようなものです。

自分でマニュアル(本やネット)を調べ勉強し、マニュアル(本やネット)に書かれている行動(立ち振る舞い)を面接時に、問題なくそつなく普通にとることが出来る・・

そのことは、入社後に会社にて、マニュアルに書かれているとおりに業務を問題なく、そつなく普通に忠実にこなせることを意味します。

だからこそ、面接においては、常識的な立ち振る舞いが重要になるのかもしれません。

しかしなかなか、面接では緊張もしてしまいますし、常識的な立ち振る舞いや常識的な受け答えをすることが難しいものですよね。

・・常識のない自分が、偉そうに失礼致しました。


〜追伸〜
→面接で受かる人は、1にも2にも「常識がありそうな人」であり、「人間関係を上手くやりそうな人」だと言えそうです。
仕事の内容自体は、普通の人なら誰でも出来るからです。

特別に頭のキレる人でないと、こなせない仕事の求人には【幹部募集】とか【幹部候補募集】とか書かれています。

そうでない仕事は、マニュアルどおりに行えば誰でも出来る仕事・・・否、仕事ではなく{作業}です。
単純作業とは言いませんが、1年くらいやってれば、誰でも出来る作業です。

なので会社側や面接担当官は、「仕事内容は誰でも出来る作業なんだから、後は、人間関係を上手くやれそうな、まともな人・普通の人を採用したい」というのが本音でしょう。

会社内のトラブルは、1位が人間関係です。人間関係のトラブルが起きると、退職する人がでてきたり、人事異動が発生してしまいます。
また、職場の雰囲気が悪くなり、生産性も落ちます。

そのため「職場の雰囲気を壊しそうにない人だな。協調性がありそうだな。」と思われる人が面接で採用される傾向があるようです。


仙人「なお、使える【転職/就活サイト】は以下の記事が詳しいぞぃ」

新卒編!おすすめ就活サイト比較一覧!内定が決まらない人、必見です(就活サイト比較)

既卒におすすめ就職エージェント【厳選3社】ホワイト大手企業の求人はココ(就職エージェント)

転職エージェントおすすめ比較ランキング【20~30代男女編】口コミや評判も(転職エージェント比較)


バス子面接のコツ等については、以下の記事でね」

既卒の面接対策!履歴書の空白期間の言い訳!私の事例(自己紹介のコツも)

転職の面接対策!自己紹介例や筆記試験、無職期間の言い訳も【面接官の本音】(転職の面接対策)


<writer 名無き仙人>


★よく読まれている記事★
【人気】高利回りソーシャルレンディング投資とは?仕組みを解説(超高時給の投資!私が投資する理由)

【人気】「初心者向け」少額から始める資産運用のやり方【おすすめ運用先】儲かるよ(儲かる資産運用の始め方)






バス男「面接になると、つい緊張してしまうんだよね。」


バス子「面接も楽しんで受けることが出来るといいわね。」


仙人「緊張することもあり、なかなか常識的な立ち振る舞いや受け答えが出来なかったりもするからのぉ。就活・転職が上手くいくと良いのぉ。関連記事としては、面接で受からない人の理由と特徴6つ(面接で受かる秘訣6つ)や、脱社畜!会社に洗脳されないコツは1つ(自分軸がないと会社に洗脳されてしまう)もお勧めじゃよ。」


関連採用就職面接のポイントとコツ(採用される人の共通点)
給料が高い年収が多い仕事の探し方!正社員編(月20万円の事務職の方が月30万円の営業職より給料が高いカラクリ)
就活で失敗しないコツ(就活や転職で就業先の会社に満足するためのコツ・秘訣)
企業/会社説明会で質問すべき内容(社員の給料が決まる仕組み)
志望動機の書き方(履歴書で見られている部分)
ブラック企業の特徴と見分け方(ブラック企業の見分け方と就職してしまった場合の4つの対策)
面白い仕事/職業にしてしまう方法(仕事=作業の理由)





お勧めビットコインとは【わかりやすく図解で仕組みを】初心者向け簡単に(人気の理由)
産業用太陽光発電への投資!メリット/デメリット(不動産投資より手堅い)
FXの始め方!基礎とポイントをわかりやすく解説(為替で儲けよう!投資は大人の趣味)
高利回りソーシャルレンディング比較一覧!お勧めはココ(お勧めの会社はどこ?)
簡単!仮想通貨の始め方【初心者におすすめコインも】(仮想通貨の買い方)





★ 生活費の節約術とお金を増やす方法(月5万円/年60万円の自由なお金を作る方法)

★ 見た目年齢の若い元気な人になる方法(実年齢より見た目年齢が若い人がやっていること)

★ 恋愛/婚活!出会いの方法一覧(自分に合った出会いの方法を見つけよう)


仕事仙術

恋愛・婚活仙術

その他