面接で受からない人の理由と特徴6つ  


スポンサーリンク




スポンサーリンク

面接で受からない人の理由と特徴6つ

面接で受からない人の理由と特徴6つ
就活や転職で面接に受かる秘訣とは?


バス男「僕、また面接で落とされたよ。どうしてかなぁ?」


バス子「バス男さん、就活を頑張っているのにね。」


バス男「バス子ちゃ〜ん。面接で受からない理由が僕には、わからないよ。」


バス子「そういえば、この前、仙人が【面接で受からない人の理由と特徴6つ】の話の中で・・」


バス男「仙人様の【面接で落ちる本当の理由】の話?」


バス子「うん。仙人が言ってたんだけど・・」







〜面接で落とされる本当の理由とは?〜

1.面接で合格したい!失敗したくない!

@面接が上手くいかない本当の理由

■「正社員職に受からない!」

求人は多くあるものの、なんの仕事でもいいわけではないし、出来れば正社員の方が望ましく、また給与額などの労働条件も大切ですよね。

「なんの会社でも受かればいい!」ということで、不人気のブラック企業に入社して1ヵ月で辞めるようなことになれば、履歴書の印象も悪くなってしまいます。

ちなみに。
履歴書の印象は重要だと感じています。

転職が多いの履歴書を見た面接官は「うちの会社でも、続かずに、すぐ辞めてしまうかもしれない」と、やっぱり思ってしまいますし、働いていない期間がある人の場合は、理由はなんであれ「うーん」となってしまうようです。

そんな中、1社で長く勤めてきた人の履歴書が届くと「この人、良さそうだね」という意見に人事部でなり、その人が、面接をする前の時点で{本命候補}になりがちなようです。

だから履歴書の印象は重要ですね。

でも、やっぱり面接の印象で採用は決まるので、受ける前から諦める必要はなさそうです。
では、面接で受かるコツについて、見てみましょう。

面接で受からない人の理由や特徴とは?



A就活・転職編!面接で受かるには?
■新卒の就活にしろ、既卒の転職にしろ、面接で受かるコツには、以下の事柄も含まれそうです。

@常識力
→会社では、能力の高い人よりも、常識のある人が求められる傾向にあるようです。

どの会社も、今まで{能力は高いのだけれども協調性がない人}に、振り回されてきた経験があるからです。

協調性がない人がいると、職場内で人間関係の問題が発生し、誰かが辞めることになったり、人事異動が発生したりしますよね。
それは避けたいのが会社の本音でしょう。

そのため、いくら能力が高くても、協調性のない人は採用されにくい傾向にあるようです。

また、会社員が行うのはマニュアル化できる作業が中心ですので、作業をするのに高い能力は必要なさそうです。
※マニュアル化できない難しい仕事の場合は結果に連動する年俸制となる。例えばCEOの職やプロスポーツ選手など。

周りの社員と協調しながら作業を行え、会社に文句を言わない常識ありそうな人が、採用されることが多いでしょう。

仕事は作業の話については面白い仕事/職業にしてしまう方法(仕事=作業の理由)にて。

服装や、喋り方、喋ることなどが、常識ある人ほど、面接官の好感は高いようですね。

例えば、サイズの合ったそこそこのスーツを着ている人と、えらくデカいサイズのスーツを着ている人と、なぜか、とても高級なスーツを着ている人と、明らかに安すぎる感じのスーツを着ている人とが、面接に来たとします。

1番常識的なのは、サイズの合ったそこそこのスーツを着ている人ですよね。

常識ある人を雇えば、社内でも、常識的に仕事をこなし、常識的に周りの社員とも仲良くし・・と、トラブルが少ないわけです。
常識ない人を雇うと、社内で、仕事や人間関係にて、非常識なことをやらかしてしまい・・そのような人は管理する側としては面倒ですし迷惑ですよね。

面接をするのは、管理する立場の人(役職者)ですから、常識ある人が雇われやすいようです。
面接官によって「どういう人がいい」という好みはありますが、【常識ある人】という部分は、必須条件・大前提・足切になるでしょうか。

面接で受かる人の共通点→常識ある人

面接で落とされる理由の1つは、非常識な{身なり、立ち振る舞い、しゃべり方、喋る内容}となるため、面接対策のウェブサイトを見て「社会人として、面接での常識的な言動」をチェックしてみよう。

A受け答え方
→面接をしていると「御社のために、活躍できる人材になれるよう・・・」などと職安や、学校のキャリアセンターなどで習ってきた受け答えを緊張しながら答える方もいます。

一字一句、間違えないように喋ろうと、斜め上を見ながら喋る方もいます。
職安や学校で練習した受け答えを思いだそうとしているわけですね。

でも、実際の面接官は「何を言うか?」は、あまり重視していないようです。

知りたいのは【人柄】であり、人柄を知るための情報収集として、受け答え方を見たいから質問しているだけであり、質問内容にすら、あまり意味がないことも少なくないからです。

「一緒に働いても嫌じゃないな。」とか「この人を職場の人間関係の中に入れても、問題なさそうだな。」と思える人柄の良い人を、面接官は探しています。

面接で受かる人の特徴→「いい人柄」がにじみ出ている人

そして、人柄も、常識あるかどうか?も、雰囲気から、すぐにわかってしまうため、テクニックが通用しにくいようです。

普段は性格悪い人なのに、面接では、良い人を演じていると「この人、本当は性格悪そうだな。」と、それもわかるようです。

面接って不思議ですよね。
面接と恋愛は似ている!とも聞いたことがありますが、恋愛では騙されてしまうことがあっても、面接では、一瞬でわかってしまいます。
面接官は、客観的に面接者を見ることができるからでしょうか。

人柄や人間性については、

@まっすぐな性格の人になるには?歪んだ性格の治し方(歪んだ性格の改善方法)

A雰囲気とは?話しやすい雰囲気の人の特徴(人の雰囲気は{生き方}によって作られていく)

B素直になりたい!素直になれない心理と素直な人になる方法(素直まとめ)

の記事があります。

B数多く受ける
→このように、受かりやすい即効性あるテクニックというものはないようです。

出来ることとすれば、アルバイトでも良いので、社会の中で働くことで常識力を身につけていくことと、人柄や人間性を、より素敵なものにしていくことくらいでしょうか。

そのため即効性のある{面接で受かるコツ}は、数多くの企業の求人に応募すること!になりそうです。

その理由は、以下のとおりです。

@ライバル
→採用人数は決まっていますよね。
例えば採用人数が2名だとします。

すると、応募してきた人達を相対的に見比べて、その中で最も優れた2人(最もマシな2人)を、採用するわけです。

ということは、自分が、どんなに採用されやすい人材であっても、自分以上に、採用されやすい人が2名いたら、自分が、どんに頑張ろうと、採用されないことになるわけです。

恋愛もそうですが、ライバルの存在によって結果が変わってしまうわけですね。

で、どの会社の求人に、どんな人達が応募しているか?は、わからないため、そうなると、受かる確率を増やすには、数多くの企業の求人に応募することになります。

ちなみに。
欠員補充の時など、1年の途中で採用試験を行う場合は、その時、その時で、応募者のレベルが、全然違うんですよ。給与額や仕事内容など、求人の条件面は同じなのにです。
やっぱりタイミングって、あるんですね。恋愛と同じです。
結婚のタイミングが合わない理由と別れ(男女で旬の歳は異なり男女とも旬の時期に結婚したがる)

たまたまレベルの高い人達が多く応募してくるレベルの高い面接の時もあれば、レベルの低い面接の時もあります。

「レベルの高い面接の時に、多くの人数を採用すればいいじゃないか?」と思うわけですが、欠員補充のため、その時、その時、1名づつ採用するしかありません。
なので、レベルの低い面接の時にはラッキー的に採用される人もいるし、レベルの高い面接の時には、いい人材なのに落とされてしまう可哀想な人もでてきます。

このようなこともあるので、数多くの企業に履歴書を送るようにすると良さそうですね。

A会社が望む社員像の違い
→会社によって、望む社員像に違いもありますよね。
「明るく元気な人が欲しい」という企業もあれば、「暗い雰囲気の人でも真面目でコツコツと取り組む人を採用したい」という企業もあるでしょう。

「その企業が、どんな人を望んでいるか?」は、わかりませんので、そういう意味でも、たくさんの企業にエントリーすることが、内定をもらうコツとなりそうです。

B出来レース
→「社員のAさんの知り合いが面接を受けにくる」という場合。
Aさんから「あの人は人柄もいいですし、お勧めです」なんて話が人事部にいくこともあり、その場合、採用試験を行う前の時点で、既に、採用される人が、ほぼ決まってしまうこともあるようです。

コネ採用って、たまに聞きますが、社内の信頼できる人が「このKさんは信頼できます!」と太鼓判を押す場合、履歴書と面接でしか判断材料がない人より、Kさんの方が信頼できるため、Kさんが採用される・・ということがあるようです。

そういった{最初から受かる人が、ほぼ決まっている面接}もあることから、面接で落とされてもへこむことなく、多くの企業を受けると良さそうですね。



B面接で受かるコツ
■多くの企業にエントリーした方がいい、というのはわかっていても「失敗したくない。落とされたくない。採用されたい」という想いが強いと、履歴書を片っ端から送るのに躊躇してしまいますよね。

でも、「ちょっと実験のつもりで、気軽に履歴書を出してみようか。面接で気に入らなければ、コチラから断ればいい。」と、実験のつもりで就職活動や転職活動を行うならば、履歴書を出しやすいですよね。

人生は実験でもあります。
実験のつもりで、いろいろな会社に履歴書を出してみよう。そのことが面接で受かるコツになりそうです。

さて、今回の記事も最後まで目をとおして下さり、ありがとうございます。
感謝しています。


〜追伸〜
→面接で受からない場合は、「@面接で受かる可能性を増やす」という解決策の他に「A面接を受ける回数を増やす」という解決策もあるようです。

面接で受からない人の理由や特徴は面接を受ける回数が少ないこと!

面接で好印象を与えるのが苦手な場合は、面接で受かる可能性を増やす努力をするとともに、面接を受ける回数を増やすことで、内定を勝ち取るのが良さそうですよね。

面接で受からない場合の対処法
@面接で好印象を与える工夫をする
A面接の機会を増やす

面接を受ける機会を増やす方法の関連記事としては、
賢い就活・転職の仕方も紹介している記事である・・

@職種別!おすすめ転職サイトの紹介と説明(職種別!お勧め転職サイトはコレ!)

A既卒やフリーターにお勧めな就職サイトはコレ(既卒やフリーター専用の正社員就職サイト)

B就活しない人のその後!就活しなかった私が後悔した理由(就活生にお勧め就活サイト)

がおすすめです。

<writer 名無き仙人>


★よく読まれている記事★
【人気】高利回りソーシャルレンディング投資とは?仕組みを解説(超高時給の投資!私が投資する理由)

【人気】FXの始め方!基礎とポイントをわかりやすく解説(為替で儲けよう!投資は大人の趣味)






バス男「実験の話って、どこかで聞いたなぁ。」


バス子「失敗が怖い?慎重な性格を克服した私の方法(人生は楽しい実験だ!)の記事ね。」


仙人「関連記事としては、採用就職面接のポイントとコツ(採用される人の共通点)や、人柄が良いとは?意味(人柄を構成している性格的要素とは?)もお勧めじゃよ。」


関連給料が高い年収が多い仕事の探し方!正社員編(月20万円の事務職の方が月30万円の営業職より給料が高いカラクリ)
才能より人間性とは?意味(幸せな成功者の特徴と条件)
人付き合い/下手から上手になるコツ(誰をも害さない)
仕事量が不公平!対処法(勤め先の会社は私の会社ではなく‘他人’の会社)
職場の同僚と仲良くなれない理由は1つ( 社会人の「友達の作り方」 )
社会人の心構え!勉強/常識/マナーより(8つの心構え)
仕事とプライベートが両立できない全人格労働への対策5つ(プライベートが充実した大人になる5つのコツ)





お勧め超高利回りソーシャルレンディングの仕組みとリスク!体験談(超高時給の投資)
産業用太陽光発電への投資!メリット/デメリット(不動産投資より手堅い)
穴場の高額バイトお勧め7つ!知らなきゃ損するよ(穴場のアルバイトをご紹介)
結婚チャンステスト!楽天オーネット体験談(結婚チャンステストやってみたよ)
貯金ができない人の強制貯金術(貯金できない理由は「お金の預け先」を間違っているから)
お勧め派遣会社!正社員になる賢い方法も(お勧めの派遣会社はココ!)
既卒やフリーターにお勧めな就職サイトはコレ(既卒やフリーター専用の正社員就職サイト)
歯が白くなるホワイトニング歯磨き粉の効果がすごい!(ホワイトニング歯磨き粉レビュー)
職種別!おすすめ転職サイトの紹介と説明(職種別!お勧め転職サイトはコレ!)
FXの始め方!基礎とポイントをわかりやすく解説(為替で儲けよう!投資は大人の趣味)
株式投資の始め方!株は楽しいよ(株で儲けよう!投資は大人の趣味)





★ 生活費の節約術とお金を増やす方法(月5万円/年60万円の自由なお金を作る方法)

★ 見た目年齢の若い元気な人になる方法(実年齢より見た目年齢が若い人がやっていること)

★ 恋愛/婚活!出会いの方法一覧(自分に合った出会いの方法を見つけよう)


仕事仙術

恋愛・婚活仙術

その他