薬剤師の転職サイト比較一覧!おすすめはココ



スポンサーリンク

薬剤師のおすすめ転職サイト比較一覧

薬剤師のおすすめ転職サイト比較一覧
薬剤師の転職裏話と、おすすめの転職サイト。



バス子「薬剤師の転職サイトって、どうなのかな?自分で転職活動をした方がいいのかな?」


バス男「あれ。バス子ちゃんは仙人様の【薬剤師の転職の裏話】の話、聞いていないの?」


バス子「仙人の【薬剤師のおすすめ転職サイト比較一覧】の話?」


バス男「うん。仙人様が言ってたんだけど・・」







〜薬剤師の転職サイト比較一覧〜

1.おすすめの転職サイト!薬剤師編

@薬剤師の転職サイト比較一覧

■薬学部が4年生から6年生になった時が、最も良い条件で転職が出来ましたが、今でも、まだまだ転職しやすい状況が続いていますよね。

特に地方では薬剤師不足が深刻であり、地方では引く手あまたな状況ではあるものの・・新卒の学生の内定をとれる薬局や病院は、徐々に転職者の受け入れ数を減らしてきているようです。

一応、転職者の募集はしているものの、人を見て、採用したり採用を見送ったり・・という感じですね。
「誰でも良いから、とにかく採用する。とにかく薬剤師が足りない!」という時代は、終わりつつあるようです。

新卒の学生の内定をとれる病院や薬局とは、すなわち、給与面や休日数や、研修体制や、勤務形態(1人あたりの処方せん枚数の余裕度など)などに、なにかしらの魅力がある会社です。

つまり、魅力ある病院や薬局への転職は、少しづつ難しくなってきているわけですね。

魅力ある病院や薬局への転職は、少しづつ難しくなってきているよ。

今後、この傾向が、少しづつ強まっていくでしょうから、そういう意味では、良い条件で転職するなら、早い方が良いのかもしれませんね。

さて、薬剤師の先生方が転職されるなら、転職サイトへの登録は必須ですよね。

病院や薬局には、薬剤師の転職サイトの運営会社から「今、こういう転職希望者がいるのですが、面接してみませんか?」と、ひっきりなしに電話がかかってきています。
※転職サイトの運営会社は、1人の薬剤師が採用されるまでに、複数の病院や薬局に電話をかけるので、「今、こういう転職希望者がいるのですが、面接してみませんか?」と電話があっても採用には、至らないケースは多い。

よって病院や薬局では、一般求人を出していないところもあるようです。
ハローワークなどに求人を出しても反応はないうえ、転職者は、転職サイト経由で紹介があるからです。

ハローワークに求人を出したり、決まらなければ延長手続きをしたり、決まったら取り下げたり・・と結構、手間ですしね。

薬剤師の転職において、転職サイトの登録は必須。
募集中なのに求人を出していない病院や薬局も少なくないため。


転職サイトの会社は、{求人を出している・いない}に関わらず、希望勤務地等、条件の合う薬局や病院に「こういう方がいるので面接をしてみませんか?」と電話を、次から次へとかけていくので、転職サイトに登録して、希望勤務地や、希望の勤務時間、希望年収などを伝えると、希望条件に合う職場が見つかる可能性がぐっと高くなります。

また、病院や薬局と、転職サイトは、担当者ベースで繋がりがあったりするようです。

転職サイトの担当者と、病院や薬局の人事担当者とが、いつも、電話でやり取りをしているので、{担当者ベースで仲良しのところ}が出来てくるわけですね。

よって病院や薬局では、「〇〇の転職サイトの会社は、いつも、良い人を紹介してくれるから信頼できる」と、特定の転職サイトをひいきしていたり・・

転職サイトの方でも「あそこの病院(薬局チェーン)は、紹介したら、条件交渉せずに採用してくれるので信頼できる。だから、あそこの病院(薬局チェーン)から紹介していこう」など、特定の病院あるいは薬局チェーンを、ひいきしていたり・・が、あるのが現実のようです。

そのため、どこの転職サイトと、どの病院(薬局)が、繋がりが深いか?が、わからないために、転職サイトに登録する時には、面倒ですが大手を中心に、複数に登録しておくと、より良い条件の職場へ転職することが可能となるようです。

転職サイトによって「その地域の病院希望なら、A社が、その地域の病院との関係が強い」や「この地域の薬局希望なら、B社が、この地域の薬局チェーンとの繋がりが強い」なども、ありますものね。

そういう棲み分け的なものは実際にあり、だからこそ、複数の転職サイトが存在しており、また、(強者一強にならず)存続し続けているわけですね。

もし、1社しか登録しなかった場合。
その1社が、自分の希望する地域にある病院あるいは薬局と、繋がりが弱かったり、紹介実績がなかったりすると、上手くいくハズの転職活動も、上手くいかなくなってしまうことも考えられます。

転職のコツは複数の転職サイトに登録すること。(登録も利用も無料)
転職サイトの会社によって強みや、繋がりが異なるから。


ちなみに。
複数の転職サイトに登録すると、希望する地域の病院や薬局には、登録した複数の転職サイト運営会社から、電話がかかってくることになります。

匿名で「面接しませんか?」と電話がかかってきますが、条件などから「同じ求職者だ」と病院(薬局)側は、わかりますが、それで印象が悪くなることはありません。
それが、当たり前だからです。

つまり、薬剤師で転職する人は、みんな複数の転職サイトに登録しているわけですね。



Aおすすめ転職サイトは?
■では、薬剤師の転職の際に利用されることが多い、おすすめの転職サイトを見ていきましょう。

薬剤師のおすすめ転職サイトを比較一覧にしました。

転職サイト おすすめ度
薬キャリ ★★★★★
マイナビ薬剤師 ★★★★★
ファルマスタッフ ★★★★
ジョブデポ薬剤師 ★★★★



まずは、おすすめ第1位から。

@エムスリーキャリアの【薬キャリ】
日本最大級の薬剤師専門転職ポータルサイトである【薬キャリ】は、業界最大級である3万件以上の求人情報数があります。

【薬キャリ】の運営会社、エムスリーキャリアは、東証一部上場企業2社が、それぞれの強みを結集させたジョイントベンチャーであり、会社の信頼度も抜群ですよね。

薬剤師専門なので、病院や調剤薬局の求人に強く、業界・勤務形態を問わず幅広い希望に対応していますし、地域専任のキャリアコンサルタントが大手から地域密着型薬局までを網羅しています。

とりあえず登録しておいて、間違いないのが【薬キャリ】ですね。

薬剤師の転職会社と言えば、エムスリーキャリアとマイナビですものね。

薬キャリ


Aマイナビ薬剤師
3年連続で「利用者満足度No.1」の評価を得ているマイナビ薬剤師は、北海道から沖縄まで全国各都道府県の求人をカバーしており、 40,000件以上の求人を保有しています。

説明不要の超大手マイナビの、薬剤師のための転職・就職支援サービスが【マイナビ薬剤師】です。

マイナビとエムスリーキャリアに登録しておけば、間違いない感じですね。

実際、【薬キャリ】と【マイナビ薬剤師】には登録されて・・あとは人それぞれな印象がありますね。

マイナビ薬剤師


Bファルマスタッフ
余力があれば登録しておきたいのが、メディカルリソースの【ファルマスタッフ】です。

ファルマスタッフは東証一部上場の大手調剤チェーンである、 日本調剤グループが運営している転職エージェントです。

ファルマスタッフでは1つ1つの就業先にキャリアコンサルタントが必ず直接訪問し、 職場の状況を具体的にヒアリングしています。
そのため、求人情報が他社よりも非常に濃く、職場の雰囲気や経営状況、 残業などの忙しさなど、デメリットな情報であっても現場の生の声をしっかりと求人に反映しています。

今すぐ転職を考えている人も、ちょっと考え中の人にも対応しており、薬剤師の転職成功率は90%超の実績もあります。

ファルマスタッフ


Cジョブデポ薬剤師
登録作業や、転職サイトの会社の人との、やり取りが増えてでも、より確実に、より良い条件での転職を希望する場合は、ジョブデポ薬剤師にも登録すると良さそうです。

8万件以上の求人件数を誇る国内最大級の薬剤師専門の求人サイトがジョブデポ薬剤師だからです。

常勤・非常勤を問わず全国の薬剤師の転職をサポートしています。

専任のコンサルタントが求職者の希望条件をヒアリングして、それに合致した仕事をスピーディーに紹介しています。

ジョブデポ薬剤師



B転職活動の注意点とまとめ
■薬剤師の転職活動において、注意点としては・・

@昇給について
薬剤師が欲しい病院や薬局は、とりあえず薬剤師に入社して欲しいため、最初の給料を高く提示しがちです。
で、その分、昇給額を抑えるケースが多いようです。

「昇給がいくらあるか?昨年の薬剤師の平均の昇給額は?」という点を確認しておくと、入社後に「給料が増えない」と悩まなくてすみでそうですね。

ちなみに「昇給額は経営状況による」と言われることもありますが、昇給額を削らないといけないほど、どこの病院や薬局も、経営がヤバいわけではありません。

例えば上場している薬局チェーンの売上額や利益額は公開されており、相当に儲かっていますよね。

そして「薬剤師の給料は、この金額の範囲内にしなければいけない」という決まりはなく、病院や薬局が自由に決めることができます。
※最低賃金以上であれば、給与額は、いくらでも良い。

よって昇給を、きちんと行っている病院や薬局はあるので、最初の提示額だけで決めるのではなく、昇級の額についてもチェックすると良さそうです。


A1人あたりの処方せん枚数
1人あたりの処方せん処理枚数は、薬局によって違いが大きい部分です。

薬剤師の先生方が過労・疲労するのは、人員不足により、1人あたりの処方せん枚数が多い薬局ですよね。

薬局側に「御社(この薬局)では、1人あたりの処方せん枚数は、平均して何枚程度ですか?」と尋ねてみるのはもちろん、患者数を公表している場合もあるので、調べてみると良さそうです。


B勤務表
可能であれば、転職サイトの担当者をとおして、面接時に(勤務表の名前は伏せてもらったうえで)勤務表を見せてもらうよう頼むのも良さそうですね。

勤務表を見れば、本当の勤務状況・・

・実際の休日数
・店舗間ヘルプの頻度(薬局の場合)
・有休取得の状況
・人員数

などが、わかるからです。

本当に、働きやすい環境を準備している自信のある病院や薬局であれば、応じてくれることでしょう。

なぜ、そこまでするか?というと、当たり前ですが、薬剤師を採用したい病院や薬局側は、良いことしか言わないからです。

また、転職サイトの担当者も、転職が決まると会社に報酬が入るので、基本は良いことを言って就職させようとします。

そのことは、頭の片隅においておこう!

さて、今回の記事も最後まで、ありがとうございました。
感謝しています。

<writer 名無き仙人>





バス男「薬剤師の転職サイトは多いな〜。」


バス子「あまりに多くの転職サイトに登録すると、転職サイトの会社の担当者とのやり取りが負担になるわ。」


仙人「関連記事としては、尊敬できる上司の特徴と部下に好かれる上司になる方法(結局、人間性や人柄)もお勧めじゃよ。」


関連むかつくダメ上司の特徴と対処方法3つ(人間性の問題であり対策は・・)
世間話ができない私の苦手克服方法(雑談のコツ)
仕事量が不公平!対処法(勤め先の会社は私の会社ではなく‘他人’の会社)
採用就職面接のポイントとコツ(採用される人の共通点)
資産運用いくらから始める?1万円から始めるメリット(資産運用を始める際の金額とは?)
高利回り投資先はコレ!資産運用利回り比較(利回りランキング)
月1〜2万円の副収入を手堅く投資で稼ぐ私の方法(副収入を稼ぐには?)





お勧め超高利回りソーシャルレンディングの仕組みとリスク!体験談(超高時給の投資)
産業用太陽光発電への投資!メリット/デメリット(不動産投資より手堅い)
穴場の高額バイトお勧め7つ!知らなきゃ損するよ(穴場のアルバイトをご紹介)
結婚チャンステスト!楽天オーネット体験談(結婚チャンステストやってみたよ)
貯金ができない人の強制貯金術(貯金できない理由は「お金の預け先」を間違っているから)
お勧め派遣会社!正社員になる賢い方法も(お勧めの派遣会社はココ!)
既卒やフリーターにお勧めな就職サイトはコレ(既卒やフリーター専用の正社員就職サイト)
歯が白くなるホワイトニング歯磨き粉の効果がすごい!(ホワイトニング歯磨き粉レビュー)
職種別!おすすめ転職サイトの紹介と説明(職種別!お勧め転職サイトはコレ!)
FXの始め方!基礎とポイントをわかりやすく解説(為替で儲けよう!投資は大人の趣味)
株式投資の始め方!株は楽しいよ(株で儲けよう!投資は大人の趣味)





★ 生活費の節約術とお金を増やす方法(月5万円/年60万円の自由なお金を作る方法)

★ 見た目年齢の若い元気な人になる方法(実年齢より見た目年齢が若い人がやっていること)

★ 恋愛/婚活!出会いの方法一覧(自分に合った出会いの方法を見つけよう)


仕事仙術

恋愛・婚活仙術

その他