転職!成功と失敗の違い    


スポンサーリンク




スポンサーリンク

転職!成功と失敗の違い

■20代30代40代女性と男性の正社員の転職/営業/se/it/公務員/主婦/中高年/エンジニア/mr/未経験/web/商社/外資系

転職!成功と失敗の違い
職を変えても続く不満を解決する方法


バス男「は〜ぁ。仕事が辛い。転職しようかなぁ。」


バス子「私も転職したいけど、女性の転職って、どうなのかな?」


バス男「仙人様に【転職!成功と失敗の違い】を聞きに行ってみる?」


バス子「仙人の【転職!成功と失敗の違い〜職を変えても続く不満を解決する方法〜】か〜」







〜職を変えても続く不満を解決する方法〜

1.転職!成功と失敗の違い

@20代30代40代女性・男性の転職!

■他にやってみたい仕事がある場合だけでなく、今の仕事に不満がある場合て、「転職したい!」と思いますよね。

しかし、仕事・職場の不満は、【@会社業績A経営陣の方針B上司の考え方】によって変わることがあるようです。


@会社業績
→今は給料や手当てなどの待遇が悪い会社でも、これから会社の業績が上がるにつれて、待遇が良くなるケースも当然あるでしょう。

また逆に、今は魅力的な待遇で求人をだしている会社でも、今後、3年後5年後10年後、業績が悪化し待遇が悪くなることもあるでしょう。

つまり、「すごい!A社の求人、基本給50万円だ。」と転職を決意しても、5年から10年かけてA社の業績が悪化し給与が削減されていく可能性もあるわけです。

5年先、10年先の企業業績がわかるなら転職し頑張って働かなくても株を売買するだけで大儲けできるでしょう。

将来の企業業績は社長含め、皆、「わからない」わけで・・・現在の待遇だけを判断し転職をすると失敗をするケースもあるのかもしれません。

A経営陣の方針
→「うちの会社、待遇も悪いし、職場の雰囲気も悪いから転職したい!」と思うこともありますよね。

しかし、経営陣の方針が変わったり、経営陣が変わるだけで、まるで別の会社になったかのように、ガラりと待遇や職場の雰囲気が変わることもあるようです。

「会社利益をどう使うか?」は経営陣が決めることであり、方針次第で・・

・利益を内部保留にまわす(会社の貯金にする)

・利益で増員する(増員の結果、1人あたりの仕事量が減り実質的な賃金が増加する。また余裕がうまれ職場の雰囲気が良くなる)

・利益を社員に還元する(社員の給料がアップする)

と、大きく社員の待遇は変わります。


今は魅力的に見える転職先候補の会社も、5年後に経営陣が変わって人員が削減され、職場の雰囲気が悪くなり実質的な賃金が低下する可能性もありますし、現在の勤め先の会社が7年後、社長が交代し、職場環境ががらりと変わることもあるかもしれません。

そのため、現在の待遇だけを判断し転職をすると失敗をするケースもあるのかもしれません。

B上司
→「うちの会社、残業は多いしストレスも多くて嫌になる!」と思うこともありますよね。

しかし、残業時間の程度や、職場の雰囲気からくるストレスなどは、上司次第でがらりと変わることも少なくありません。

例えば「嫌味を言ってきて、上司の仕事まで部下にさせ、ミスを部下のせいにする、人として信頼も尊敬もできない上司。自分の残業に部下を付き合わせる上司。」と一緒に働くならばストレスが溜まることでしょう。

一方「部下のミスをフォローし、仕事ができて、相談しやすく人として信頼も尊敬もできる上司。部下には早く帰るよう促す上司。」と一緒に働くならば、仕事のストレスも減りそうですね。

そのため、今の職場も異動があって上司が変わると、案外、いい職場になるかもしれませんし、転職先候補の会社も、上司次第では残業もストレスも多い嫌な職場になるかもしれません。

人事異動は起こりうるため、現在のことだけ考えて転職をすると失敗をする場合もありそうです。


私達は、現在の仕事・職に不満があるため転職を決意することもあるわけですが、会社・職場の状況は数年単位で変わっていくことも多いため、転職をしても、<転職先の会社の業績が悪化した・経営方針が悪いほうに変わった・上司が嫌な人になった>などの理由から、また同じような不満をもつことになる可能性は十分にありうることだと言えそうです。


では、転職で失敗せずに、成功させるためには、どうすれば良いのでしょうか?
そのための1つは、どの職場で働いても、必ず起こりうる不満を解決する方法を知っておくことなのかもしれません。



A転職で成功する人と失敗する人の条件/特徴/理由/原因
■「Aさんと私では、給料はほとんど変わらないのに、Aさんは楽な仕事をしていて私は激務だ。不公平だ!」そういった不満を抱くことは、会社員・サラリーマンをやっていると日常茶飯事ですよね。

仕事量や仕事の責任量と、給与額が比例しない、ほぼ勤続年数だけで給与が決まる日本の会社で働いている限り、仕事量と給与に関する不満は、どこに転職をしても感じることになりそうです。

そして私たちは不公平感による不満を感じつつ「でも、客観的に見ると、私だけ仕事量が多いわけではないのかもしれない。」と思ったり、「給料は変わらないから、我慢するしかないのかな?」と思うため、泣き寝入りすることになる場合が大半のようです。

しかし、不平不満を抱え込んで働いているとストレスが溜まりますよね。
では、会社員やサラリーマンが【仕事内容について公平感をだすために出来ること】を見てみたいと思います。



B転職で成功する人と失敗する人の条件/特徴/理由/原因
■【仕事内容について公平感をだすために出来ること】には、以下のことも含まれそうです。

@日本企業の特徴
→日本の企業・会社の多くでは、仕事内容・業務内容ではなく、年齢や勤続年数で給料が決まっていく傾向が強いですよね。
そして業務分担は曖昧にされがちなようです。
そのため給与額ではなく、「え〜っと、じゃあ、この仕事・・・Aさん、やっててよね。」というふうに、なんとなくで、1人1人の仕事内容・業務分担が決まっていく側面がありそうです。

私たちは、「不公平だな〜」と思いつつも、(日本に住んでいる限り)どこの職場でも、そうであるため諦めがちです。

しかし、です。
企業/会社説明会で質問すべき内容(社員の給料が決まる仕組み)に詳細はあるとおり、本来であれば【仕事内容・仕事量=給与額】であるのが当たり前だと言えそうです。
そのため給与額が同じであれば、仕事量が増えることは実質的な賃金が低下することを意味し、仕事量が減ることは実質的な賃金が増加することを意味しそうです。

このことはつまり、仕事内容や業務内容を「Aさん、貴方は、この仕事と、あの仕事ね。」「Bさんは、その仕事をして下さいね。」と割り振ることは、「Aさん、貴方の給料は〜〜円ね。」「Bさんは、〜〜円ね。」と会社利益(つまり給与)を割り振るのと同レベルで重要なことだとも言えるのかもしれません。

なんとなくで1人1人の給料が決まっていったら大変ですが、同じようなことが、実際の職場で起きているわけですね!


〜転職で成功する人と失敗する人の条件/特徴/理由/原因〜
仕事の割り振りは会社利益(つまり給与)を割り振るのと同レベルの超重要事項。実質的な賃金は【給与額と仕事内容・量】のバランスで決まるため


それなのに、日本は戦後の安定した好景気時代が長かったため終身雇用制度が蔓延しており、年齢や勤続年数で給料が決まっていき、仕事内容・仕事量と給与額が比例しない状況となっています。

社内の給料の高い年配者は言います。「俺達も若い頃は安い給料で頑張って働いていたんだ。お前たちも安い給料で頑張って働け。」と。
昔は、誰も首にならず、皆、勤続年数とともに給与が増えていく保障があったから、【仕事内容・仕事量=給与額】でなくても・・・つまり若いうちは安月給で激務でも、「将来、給料は上がり仕事も楽になる。今は我慢だ」と我慢できていましたが、

経済のグローバル化によって会社の将来の業績がわからない状態となった今、将来の高い給料をあてにして今、安月給で働かされることに強い不満と不信感を抱いている若者は少なくなく、それも当然だと言えそうですね。

また、職場においては「Aさんは仕事を頼みやすいからAさんに頼もう」「Cさんって仕事を頼みにくいよね。だからAさんに頼もう」といった、なんとなくで仕事を割り振る現実もあるようです。

なんとなくで仕事を割り振る!とは、なんとなくで給与額を割り振るのと同じようなことを意味し、本来であれば<ありえない話>なのかもしれません。

職場では「Aさんは頼みやすいから。Aさんの実質的な賃金が低下するけどAさんに仕事を頼もう。Aさんには我慢してもらおう。だってCさんって、なにかとうるさいんだもん」といった、ありえないこと!が、平気で行われているわけですね。

この場合、AさんとCさんの給料は同じ程度でしょう。下手すればCさんの方が高いケースがあるかもしれません。
これは実質的な賃金の面から言えば、あまりに不公平ですよね。
Cさんが楽して給料を貰うことを実現するために、Aさんが犠牲になっているわけですから。

こういった、転職先でも起こる可能性が高い不公平を解消するためには、以下の事柄に注意して、少しづつ解決に向け取り組んでみることも有効かもしれません。


A相談やミーティング
→不満だから!と、なんとなく、ぐちぐち言っていたら「またBさんが、仕事の愚痴を言っている。」と思われるだけになってしまい、改善から遠ざかりそうですね。
その都度、その都度、愚痴を言うのではなく、仕事の割り振りを決める決定権をもっている人(上司など)に相談するか、ミーティングや会議の場で、きちんと話をする方が良いかもしれません。

B賃上げ交渉
→「私の仕事量を減らして下さい!」と要求することは、「私の実質的な賃金を上げて下さい!」と要求するのと同じようなことでもあるのかもしれません。
つまり、仕事量や仕事内容について要求したり交渉することは賃上げ要求・賃上げ交渉をするのと同じようなものなのかもしれません。だからこそ、簡単には自分の要求や訴えは、受け入れてもらえないかもしれません。


〜転職で成功する人と失敗する人の条件/特徴/理由/原因〜
仕事量や仕事内容について要求したり交渉することは賃上げ要求・賃上げ交渉をするのと同じ


そのため、誰の目から見ても明らかに不公平だ!となるまで我慢するのも1つの手だと言えるのかもしれません。
「AさんとBさんは給料が同じだけど、明らかにBさんは楽してて、Aさんは激務だよね。不公平すぎるよね。」と、誰から見ても一目瞭然な状態になってから上司に相談すると、業務分担の割り振りの変更がスムーズに行われることになるかもしれませんね。

Cゼロサムゲーム
→1つの部署や店舗で、処理する必要のある仕事量は決まっているため、人員数が変わらないなら、あとは誰が、どのくらい仕事を受け持つか?を決めるだけです。

Z店舗では100の仕事があり、Z店では、Aさん・Bさん・Cさんの3人社員がいるとします。
3人とも給料が変わらないなら、1人あたりの仕事量は33になるべきですよね。

しかし、Cさんは、すぐに文句を言う性格であり、Bさんは、すぐに言い訳をして逃げる性格であるため、結局Aさんが50の仕事をし、Bさんは25、Cさんは25の仕事しかしていないとします。
給料が同じなのに、Aさんからすると不公平感が強いことでしょう。

そこでAさんが「私は33の仕事しかしない!」と怒ったとします。
すると今までAさんが負担していた17の仕事は、BさんかCさんが受け持つことになるでしょう。

つまり、人員が増えない限り、誰かの仕事量が減ることは、誰かの仕事量が増えることを意味します。
いわば、仕事の割り振りは、社内におけるゼロサムゲームなのですね。


〜転職で成功する人と失敗する人の条件/特徴/理由/原因〜
仕事の割り振りは、社内におけるゼロサムゲーム。誰かが楽すれば誰かが、その分、負担することになる。


だからこそ、「私の仕事量を減らして下さい!」と要求することは、「私の仕事量を減らし、同僚の誰かの仕事を増やして下さい!」と要求するのと同じことを意味するため、ちょっとやそっとでは壊れない、同僚との人間関係・信頼関係を築いておくことが大切となるのかもしれません。

Dブラック企業
→1つの部署や店舗で、処理する必要のある仕事量は決まっているため、給料が変わらないならば、人員が増えることは1人あたりの仕事量が減ることを意味しそうです(実質的な賃金が上がることを意味する)。逆もまたしかりです。
そのため人員が削減されると嫌な感じがし、人員が増えると嬉しく感じますよね。

ブラック企業は、本来なら4人でこなすような仕事を2〜3人でやらせ、尚且つ、浮いた1人分の人件費を社員に還元しない会社でもありそうですね。

仕事量の分担・割り振りを見直してみても、それでも激務が続くようならば、そもそも人員が少ないことが想定されます。
増員することも検討すべきかもしれませんね。
増員をしなければ、あまりに激務な状況を、きちんと上司に伝えても、それでも対策をしてもらえない場合。

その場合は、転職を考えてみるのも1つの方法なのかもしれません。



C20代30代40代女性・男性の転職で成功する人と失敗する人の条件/特徴/理由/原因
■給料を公平に決めることよりも、仕事を公平に分担していく方が難しいため(面倒なため)、上司や経営陣は、「Aさんにやらせとけ。平等に分けるなんて無理だし、Bさんに仕事をお願いすればBさんは言い訳をしてうるさいだろう?」と、しっかり考えずに仕事を割り振るかもしれません。

しかしながら、仕事の割り振りは、働く者にとっては、利益(給与)の割り振りと同レベルで重要なことであるため、あまりに不公平な状況が続いているならば、状況を信頼できる上司に相談してみることは大切なことだとも言えそうですね。

転職しようが、今の職場で働き続けようが、仕事の面で成功する人は、【仕事量と給与額に関する不満】に上手く対処しているようです。
※例えば不公平があっても「私が同僚達の分まで頑張って働こう」と割り切って、あとは楽しく働くなど、人それぞれで対処の仕方は違うが、楽しく働いている仕事の成功者は【仕事量と給与額に関する不満】に上手く対処している。
不満ストレス解消方法(不平不満からの自由)


さて、今回の記事も最後まで目をとおして下さり、ありがとうございました。
感謝しています。

〜転職で成功する人と失敗する人の条件/特徴/理由/原因〜
<writer 名無き仙人>


★よく読まれている記事★
【人気】高利回りソーシャルレンディング投資とは?仕組みを解説(超高時給の投資!私が投資する理由)

【人気】「初心者向け」少額から始める資産運用のやり方【おすすめ運用先】儲かるよ(儲かる資産運用の始め方)






バス男「僕って仕事が出来ないから、僕の仕事を同僚や上司や部下にしてもらいたいな〜。」


バス子「誰かが楽をすれば、その分、誰かが負担をすることになるね。でも給料は変わらない・・・」


仙人「関連記事としては給料が高い年収が多い仕事の探し方!正社員編(月20万円の事務職の方が月30万円の営業職より給料が高いカラクリ)や、仕事ができる人の特徴(仕事ができる人ほどアホキャラになる!?)もお勧めじゃよ。」


関連人間関係の心理(人間関係の力学/パワーバランス)
出世する人の特徴(アホな人ほど愛されて出世する!?)
仕事の辛い人間関係改善方法(職場の人間関係で重要なこと)
瞑想の方法/やり方!簡単(入門編!簡単な瞑想の方法/やり方)
恋愛/お金の心理と行動(恋愛/お金の「思い込み」を浄化する)
頭がいい人/悪い人の特徴(頭がいい人ほどアホキャラになる理由とは?)
スピリチャル恋愛!引き寄せの法則(素敵なパートナーと巡り合える自分になるための7つの大切なこと)





お勧めビットコインとは【わかりやすく図解で仕組みを】初心者向け簡単に(人気の理由)
産業用太陽光発電への投資!メリット/デメリット(不動産投資より手堅い)
FXの始め方!基礎とポイントをわかりやすく解説(為替で儲けよう!投資は大人の趣味)
高利回りソーシャルレンディング比較一覧!お勧めはココ(お勧めの会社はどこ?)
簡単!仮想通貨の始め方【初心者におすすめコインも】(仮想通貨の買い方)





★ 生活費の節約術とお金を増やす方法(月5万円/年60万円の自由なお金を作る方法)

★ 見た目年齢の若い元気な人になる方法(実年齢より見た目年齢が若い人がやっていること)

★ 恋愛/婚活!出会いの方法一覧(自分に合った出会いの方法を見つけよう)


仕事仙術

恋愛・婚活仙術

その他