仕事の喜び/幸せを増やす方法  



仕事の喜び/幸せを増やす方法

■働く喜び/楽しさ/仕事をする喜びや幸せを手にするには?人を幸せにする仕事/人に喜びを与える仕事とは?男性/女性の幸せ

仕事にやる気がでない
働く喜び/幸せを増やすには?



バス男「・・え?いや、実際には携帯電話が壊れかけただけで、壊れてはいないんですけどね。・・えぇ、はい。」


バス子「ちょっとバス男さん。フリーダイヤルを良いことに、携帯電話会社のオペレーターのお姉さんと話そうとするのは辞めなさいよ。」


バス男「あ、そうだよね。勤務中だよね。じゃあ、また電話しま〜す。ガチャ・・ツウーツウー あぁ、バス香さんに嫌われたかも・・」


バス子「もう、くだらない電話をしてないで、バス男さんも仙人のところに【仕事の喜び/幸せを増やす方法】を聞きに行ってみれば?」


バス男「仙人様の【仕事の喜び/幸せを増やす方法】の話かぁ・・」







〜仕事で幸せ/喜びを感じるために〜

1.仕事の喜び/幸せを増やす方法

@仕事の不平不満の原因/理由とは

■「世の中には、いろいろな考え方があるよね。」

仕事について、ネット上をいろいろと見てまわっていると、様々な意見があるようでした。

「私は、こんなに頑張っているのに、給料はコレだけ。仕事内容と給料が合致していない!」
「私は、これだけ頑張っているのだから、コレだけの給料を貰って当然だ」
「あの仕事は、仕事内容のわりには、給料が高い。不公平だ!」
「いいや、あの仕事は、高い給料を貰うだけの、大変な仕事内容だ」
「私は、自分の仕事量や仕事内容以上に給料を貰っている気がして・・気がひける。」

人それぞれの様々な意見に目を通していると、「たくさんの異なる意見がある理由は、絶対的な基準がないからなのかなぁ」とも思ったのでした。


・・私達が生きる現実の世界は、絶対基準なき相対性の世界であり、それは仕事(仕事内容)や給料/給与においても、そうなのかもしれません。



A働くことで幸せになるには?〜仕事の喜び/幸せを増やす方法〜
■仕事の不満の多くは「私は頑張って働いているのに、それに見合う給料を貰えていない!それなのに、あの人は、同じ勤務時間働いて、私より仕事内容は楽なのに、私より多くの給料を貰っていて・・」であるようでした。

つまり、仕事の不満の多くは{物理的に行うこと(仕事)}ではなく、【他人と自分との比較】にあるようでした。


・・私達が生きる現実の世界は、絶対基準なき相対性の世界であり、それは仕事(仕事内容)や給料/給与においても、そうなのかもしれません。

絶対的な基準なき相対性の世界(現実の世界)においては、「コレだけの働きをした場合は、コレだけの給料となります」という全宇宙に適応される絶対的な基準もないために、私達は、「自分は仕事でどれだけ頑張っているのか?また、自分はどれほどの給料を貰うに値するのか?」も、他人の{仕事内容と給与額}と比較しなければ、判断のつけようがない・・ところもあるのかもしれません。

そのため私達は、ついつい、自分の{仕事内容と給与額}と、他人の{仕事内容と給与額}を、比較してしまい・・その結果、「私は頑張って働いているのに、それに見合う給料を貰えていない!それなのに、あの人は、同じ勤務時間働いて、私より仕事内容は楽なのに、私より多くの給料を貰っていて・・」と不平不満を言いストレスをためたり、「私は、自分の仕事量や仕事内容以上に給料を貰っている気がして・・気がひける。」と罪悪感を感じたり・・しているのかもしれません。


★仕事の喜び/幸せを増やす方法★
〜絶対基準がないために【他人との比較】によって妥当性を知ろうとし、その結果、不平不満を言うことになっているのかもしれない〜


仕事における不満の多くは【他人との比較】によって生じるため、私達が仕事の喜び/幸せを増やすためには【他人との比較】を辞める必要があり・・

【他人との比較】を辞めるためには、以下の2点も重要となるのかもしれません。


@他者の幸せを願う
→他人のことを「ライバル/競争相手」として認識し見ており、{自分さえ良ければ良いんだ!(自分が楽して給料だけ貰えるのが1番良いのだ!)}と考えている場合。
自分より、仕事内容は楽そうなのに給料の高い人を見ると「ライバルに負けた!腹立たしい!」とイライラしてきて・・

自分より、仕事内容は大変そうなのに給料の低い人を見れば、内心「私の方が恵まれている!勝った!この人は不幸な人だな。っふ。」と見下してしまうことにもなるのかもしれません。

この【相対性の罠(他人と比較し続ける罠)】にはまっている限り。
いつも、他人と自分の{仕事内容/給料額}を比較してしまい、その結果、イライラしストレスを溜めてしまうことにもなるのかもしれません。


そして【相対性の罠】を抜け出すためには。
他人のことを{大切な仲間}と認識し、他人の幸せを願うこと!も必要になってくるのかもしれません。
関連愛とは何か?名言(人生の繁栄は愛を広げること)
自由な生き方の名言/格言(相対性の罠から抜け出す)


A絶対基準をもつ
→私達が、ついつい、他人との比較をしてしまう理由は【絶対的な基準】がないから、でもあるのかもしれません。
【絶対的な基準】があるならば、その【絶対的な基準】に照らし合せて、妥当性などの判断を下すことにもなりそうです。他人との比較を通して、妥当性などの判断をするのではなく・・。

だからこそ、他人との比較を辞めるためには、自分の中に、【絶対的な基準】をもつよう努める必要もあるのかもしれません。

逆を言えば、自分の中に【絶対的な基準】がないうちは、他人との比較をしなければ「自分は今、どうなのか?幸せなのか?不幸なのか?私の仕事内容と給料額は妥当なのか?」などの判断のしようがないために、ついつい、他人との比較をし続けてしまうことにもなるのかもしれません。
関連幸せの定義/基準(宇宙の意図)



B奉仕/貢献の価値観〜仕事の喜び/幸せを増やす方法〜
■会社は、他者や、世の中へと奉仕/貢献する対価として収入(利益)を得ます。
そのため勤務時間中は、その個人が、どのような価値観をもっていようと、他者や世の中へと奉仕/貢献するよう求められることになるようです。


そして私達は、自身の価値観に沿っている行動をとっている時に、やる気が出てきて、また喜びや幸せを感じやすくなるようです。
一方、私達は、自身の価値観に反する行動をとっている時に、やる気は失われ、ストレスが溜まってしまうことになるようです。

例えば「戦争反対!平和が大事だ!」という価値観をもっているAさんの場合。
Aさんは、反戦運動に参加している時、やる気が出てきて、また喜びや幸せを感じやすくなることでしょう。
一方、Aさんが、徴兵制度によって戦地に送られたならば、Aさんはやる気を失い、ストレスが溜まってしまうことになるでしょう。


★仕事の喜び/幸せを増やす方法★
〜人は、自身の価値観に沿う行動をとる時、やる気が出てきて、喜びや幸せを感じやすい。一方、価値観に沿わない行動をとる時、やる気も喜びも失われる〜


だからこそ。
仕事の喜び/幸せを増やすためには、自分の中に、奉仕や貢献に価値の重きを置く価値観を育てていくことも、大切となるのかもしれません。
勤務時間中は、どのような価値観をもっているにせよ、どちらにしろ、奉仕や貢献をすることになるからです。


自分自身が、奉仕や貢献に価値を置く価値観をもっているならば。
勤務時間中は、己の価値観に沿う行動をとる時間となるため、その分、やる気も喜びも幸せも、手に入りやすくなるのかもしれません。
関連社会貢献/奉仕に惹かれる理由(貢献や奉仕が幸せに繋がる理由)



Cまとめ〜仕事の喜び/幸せを増やす方法〜
■よくよく考えてみると。
私達は、平日だろうと、休日だろうと、物理的に何かを行っていて。
その物理的に行う何かから、「喜び」や「幸せ」や、あるいは「不満/ストレス」などを感じていて。

そして、「どのような感情を感じるか?」は、物理的に行っている何か・・が原因というよりは、物理的に行っている何かに対して、{どういう意味づけを与えているか?}が原因となっているのかもしれません。

だからでしょうか。
同じ職場の人でも・・つまり、同じ仕事をしている人でも、休日が来るたびに「休日なんていらない。毎日仕事ばかりしていたい!あぁ、休日は憂鬱だ。他にやることがないし。」と憂鬱な感情を感じる人がいる一方、

休日が来るたびに、「やったー。週末だ!」と喜びや幸せを感じる人もいるようです。


★仕事の喜び/幸せを増やす方法★
〜物理的な行動に特定の意味づけを行っており、その意味付け次第で、物理的な行動から各種の感情を感じることになっているのかもしれない〜


仕事に対して、どういう意味づけを行っているか?
仕事とは、なんぞや?

仕事とは、我慢や苦労をする辛い体験の場か?
仕事とは、社会や他人と関わりながら精進していく場か?
仕事とは、楽しみや喜びを感じる場か?


・・どのような意味づけを仕事に与えているにしろ。
どちらにしろ、仕事をするわけで、、、であるならば、仕事に対して、ポジティブな意味づけを与えることができると、仕事の喜びや幸せも、増えていき、自分自身も救われることになりそうですよね。

これらの話は{思い込みー見え方ー行動}とも、関係が深い話なのかもしれません。→行動を変える方法(「見え方」「思い込み」「あり方/行動」の関係性)


〜仕事の喜び/幸せを増やす方法|男性/女性の幸せと仕事の関係〜
<writer 名無き仙人>





バス男「ふむ。仕事の幸せは、勤務時間中のサボりから生まれるのか。なるほどぉ〜。確かに、僕の経験上も・・」


バス子「話を聞いておきなさいよ。」


仙人「楽しい幸せな人生を生きていけると良いのぉ。」



仕事仙術

恋愛・婚活仙術

その他