寝ても疲れが取れない原因と私の対処法


スポンサーリンク




スポンサーリンク

寝ても疲れが取れない原因

寝ても疲れが取れない原因
寝ても疲れない取れない原因とは?疲れない元気な生活を送る8つのコツ・秘訣。



バス子「最近、寝ても疲れが取れないのよね。歳なのかしら?」


「バス子ちゃ〜ん。仙人の【寝ても疲れが取れない原因】の話、聞いていないの?」


「仙人の【疲れない元気な生活を送る8つの秘訣】の話?」


「うん、仙人様がね・・・」







〜疲れない元気な生活を送る8つの秘訣〜

1.寝ても疲れが取れない原因

@疲れをとりたい!元気になりたい!

■「最近、寝ても疲れが取れないな。」「最近、疲れてばかりで毎日を人生を楽しめていないな。」そう感じる場合、日々が悪循環に陥っている可能性がありそうです。

私たち人間は、疲れが溜まってきて、それでも仕事だからと頑張っていると、いつも以上に、肩や腰や目などに負担がかかり、より疲れが強くなってしまう傾向があるようです。

言い換えると、元気な状態なら、そこまで疲れない仕事や遊びでも、疲れている状態で同じこと(仕事や遊び)をすると、疲労度がアップしてしまうようなのです。

疲れが溜まっている状態で物事に取り組むと疲労度がアップする!

すると寝ても疲れが取れない状態となる。


そのため、疲れが溜まった状態のまま毎日を過ごしていると、より疲れやすくなってしまい、「疲れがとれない。慢性疲労だ。病気かな?」という悪循環に陥ってしまうことになりそうです。

一方、毎日、(余力ある)元気な状態で過ごしていれば、疲れが大きくなりにくいために、元気な状態が続きやすいのかもしれません。

悪循環→余力なく疲れた状態で過ごすこと
好循環→余力のある元気な状態で過ごすこと

つまり、毎日を元気に過ごすためには、毎日、余力のある状態・元気な状態をキープしておくことなのかもしれません。
では、そのためのコツ・秘訣を見ていきましょう。

寝ても疲れない原因と対処方法を見ていこう。



A寝ても体の疲れや疲労感が取れない原因・理由とは?対処方法
■余力を残した状態で過ごしていくためには、以下の事柄も重要となりそうです。

@無理しない
→自分の能力以上に仕事を頑張ったり、自分の体力以上にプライベートで遊ぼうと頑張ったり、し続けていれば、そのうち疲れが蓄積されていき、「疲れている状態で働くから疲労度が増えて、より疲れた状態になる→その結果、寝ても疲れが取れない」という悪循環にはまりそうですね。

自分の能力以上のことをしようとすれば・・・また疲れているのに頑張ろうとすれば、力み肩に力が入り、ミスが増えたり視野が狭まるせいで上手にできなかったりも増えることでしょう。

若いうちは自分の能力以上のことにチャレンジし、自分の能力の限界を広げていくのも良いですが、年齢を重ねて、それをしようとすれば「疲れている状態で働くから疲労度が増え、疲労が取れなくなる」という悪循環にはまるようになるかもしれません。

自分の能力以上に頑張らないことで無理をしないようにし、常に余力を残しておき余裕をもって日々の生活をおくり仕事・プライベートに取り組むことで、好循環の中にい続けることができそうです。

そうすることで長期的に見れば、元気な状態が続くから、より良い結果もでるようになるかもしれませんね。

A頑張りすぎない
→頑張ることで、とりあえず忙しい時期を乗りきる作戦をとると、その後に反動がでて、悪循環に陥る場合もありそうです。

会社では上司や部下や同僚が、家庭では伴侶が、社会では周りの人が、私たちに「もっと頑張れ!」と言ってくるかもしれません。

それは純粋に応援かもしれませんし、「自分が楽したいから貴方が頑張って(貴方が頑張れば私が楽できる)」という打算からくる叱咤なのかもしれません。
※この現実世界では、誰か、もしくはロボットが生産活動や雑用をしないと優雅な生活はできない。魔法は存在しないから。
そのため毎日優雅にランチやディナーを楽しんでいる人がいれば、その代りに誰か<途上国の人・会社の社員・伴侶・親・子供・税金を納める国民>など、誰かが生産活動や雑用を頑張っていることになる。



人間関係の心理(人間関係の力学/パワーバランス)に詳細はあるとおり、この世界にはバランスの法則があるため。
貴方が頑張れば、その分、誰かが頑張らなくなるだけで、全体の生産性には大きな変化は起きないかもしれません。

一方、貴方が少し休憩すれば、その分、バランスの法則が働き、休憩していた誰かが頑張るようになるでしょう。

周りの人から(巧みに)頑張るよう仕向けられるかもしれませんが・・
※例えば上司や学校の先生は、部下や生徒が頑張っていると、校長や社長から評価されることになるため、部下や生徒を頑張らせようと、あの手・この手をつかう。

自分は無理することなく自分のペースで、時に頑張っているフリ・忙しいフリもしながら・・
※本当に頑張り続けていれば「疲れている状態で働くから疲労度が増える」という悪循環にはまる。
また、バランスの法則より誰かが頑張らなくなる。
ただ、頑張っている姿・忙しい姿を見せておかないと、周りから暇だと思われ仕事を頼まれる。



余力のある状態、片手の空いている状態で、楽しく日々を過ごしていけると素敵ですよね。

さりげない優しさの本当の意味(本当の優しさとは?意味)にあるとおり。
いっぱいいっぱいで生きていると、困った人を助けることもできません。隣の人に優しい言葉もかけられません。

困った人を助ける余力・片手を常にあけておく心の余裕を忘れないようにしよう。

世の中には貴方を頑張らせることでメリットを享受できる人がいるのかもしれない


B余裕をキープ

→全力をだしきらないことは悪いことのように言われがちですよね。
しかし常に全力で仕事をしたりと全力で頑張っていれば、「疲れている状態で働くから疲労度が増える→疲労が蓄積されていき寝ても疲れが取れない状態になる」という悪循環にはまることになりそうです。

世の中には、「他人に全力で頑張らせたい人」もいるのかもしれません。
例えば、会社経営者は、社員が忙しくなさそうであれば「給料を払っているのに、働かせないのはもったいない!社員に全力で仕事を頑張らせよう」と思うかもしれません。

例えば、(仕事の担当が曖昧な場合はとくに)会社内においても、同僚の誰かが頑張れば、その分自分は、楽して給料を貰えることになるため、頑張っていないと、同僚から頑張るよう仕向けられたり、陰湿な嫌がらせをされたりなど、そういったこともありうるかもしれません。

例えば、学校の先生は、生徒が全力で部活や勉強に頑張っていないと、校長先生や教育委員会から怒られるため、生徒に対して「全力で頑張ろう」と煽るかもしれません。

例えば、世の中全体においても、誰かが頑張ってくれれば、その分、自分は楽になる・・・それは物理的にも法則の面でも・・・ため、楽していると思われると叩かれますし、頑張るよう、なんとなく全体の空気感からあおられがちなようです。

私たちのことを巧みに頑張らせようとしてくる人たちもいるのかもしれない

このような裏事情があるせいか?
私たちは、余力を残して仕事をしたり生活をすることに後ろめたさを感じたりする場合もあり、そのため無理してまで頑張って・・・その結果、「寝ても疲れが取れない」という状態になっているのかもしれません。

言い換えると。
私達が「寝ても疲れが取れない」のは、頑張りすぎているからであり・・・私達が頑張りすぎてしまっているのは、私達が「頑張りたいから!」ではなく、私達に頑張らせることで自分が楽したい人達から<頑張らされているから!>なのかもしれません。

@疲れが取れない原因→頑張りすぎているから
A頑張りすぎている原因→自分が楽をしたい人達から巧みに頑張るよう仕向けられているから

しかしながら、余裕なく頑張ることで悪循環に陥って辛い思いをしても自己責任となりますし、悪循環に陥れば生産性は下がるため、長期的には逆効果だと言えるでしょう。

私たちに対して、「頑張らなくていいんだからね。」と言いつつ、自分は忙しそうに働く姿をコチラに見せつけ、「私も頑張らないと悪いよね・・」とコチラに思わせ、罪悪感から巧みにコチラを頑張らせようとしてくるような人に限って、「誰かに頑張らせることで自分は楽しよう」と利己的なことを意識的もしくは無意識的に考えており、そういった人と一緒に仕事をしていたり、結婚生活をしていたり、すれば、「最近、疲れてばかりで毎日を人生を楽しめていないな〜」と感じることになる場合もあるかもしれません。

※そういった人ほど、自分は大変であると巧みに周りにアピールしておきつつ自分はしっかり余力を残して、見えない部分では楽をしている。対策としては、一線ひいて、距離をとること。


利己的な人の巧みな罠(頑張らせようとしてくる罠)にはまり、頑張りすぎないよう気をつけよう。

周りの人の思惑やペースに振り回されないよう、自分の中では、常に余裕をキープしつつ、毎日を楽しんでいけると素敵ですね。

もし「この人と一緒にいると(一緒に仕事すると)、疲れやすいんだよな。なんでだろう?」と感じる場合。

その人は、私達に対して、巧みに頑張るよう仕向けている人なのかもしれませんね。

Cアホになる
→真面目で賢い責任感の強いキャラとして日々を過ごしていれば、疲れも溜まりやすいことでしょう。
今日からは「あ、自分アホなんすよ〜。難しい話はわかんないっすよー」を口癖にしアホになってしまい人生を気楽に楽しもう。

頭がいい人/悪い人の特徴(頭がいい人ほどアホキャラになる理由とは?)

D知らん
→過剰に責任感が強いと疲れやすくなってしまうようです。
今日からは「知らん!」と言ってしまい、もっと<我関せず>を増やしていこう。

知らんがな!知らなんだ!は魔法の言葉(責任や義務から解放されるには?)


大丈夫。
この世界にはバランスの法則があるため、責任感の強い貴方が1つ責任を手放せば、その分、責任から逃げていた誰かの責任が増え、バランスがとれるようになるから。
上記の説明について家族愛の意味(カタルシス{浄化}を経験する)


E運動
→適度な運動することによって、心身の疲労が回復することは「積極的休養」という言葉で知られています。
体を動かすことで精神的な疲れが吹き飛ぶ経験は、誰もがしていることでしょう。

また、心身相関という言葉があるとおり、心と体は連動している側面もあるようです。
定期的に体を動かし、肉体のメンテナンスをすることは、心のケアにもつながることでしょう。

だからこそ、運動できないほど疲れているのは危険信号だと言えそうです。
運動もできないほど疲れていれば、運動ができないからこそ、悪循環にはまりますよね。

運動をするのが辛いほど、肉体的・気力的に疲れているならば、有休を使ってでも休み、体力・気力を元に戻すのも効果的だと言えそうです。

F休日のリフレッシュ
→休日に仕事から離れて楽しむことで、気持ちのめんでリフレッシュできれば、悪循環に陥るリスクを減らせそうですね。
休日に遊ぼうという気持ちもわかないほど気力面・体力面で疲れているなら危険信号だと言えそうです。
その場合は、有休を使ってでも休み、体力・気力を元に戻すのも効果的だと言えそうです。

G未来のプレッシャー
→私達人間の元気は、食べ物から得るカロリー量が足りていれば、それで足る話ではなさそうです。
カップ麺ばかり食べていてカロリー量は足りていても、疲労感は残り続ける場合もありますよね。

私達の元気には‘気’も、関係しているのかもしれません。

詳細は疲れやすい原因(カロリーとエネルギーの違い)にあるとおり。
寝ても疲れが取れない原因は、食べても疲れが取れない原因は、‘気’が減少しているからなのかもしれませんね。

「来週中に、あの仕事をやらないと、また上司に怒られる」など、将来の心配をすれば気の面で元気が削られていき、寝ても疲れが取れないことになる場合もありそうです。

たまには・・特に休日などでは「仕事のことも来週のことも未来のことも、知らん!」と無責任になることで、未来や将来の心配をしすぎないことは、疲れを溜めないコツの1つだと言えそうですね。



B寝ても体の疲れや疲労感が取れない原因・理由とは?対処方法
■根が真面目な私たちは、周りの人たちからの空気・・・「お前、もっと頑張れよ!」を感じ取って、だからこそ余力がなくなるほどに頑張り、疲れて悪循環に陥って、休日に遊ぼうという気持ちもわかないほど気力面・体力面で疲れてしまうことがあるのかもしれません。

「仕事の残業がきつい・責任が重い・持ち帰り仕事ばかり」など、大変そうな話をニュースで聞きますが、あれは普通じゃないからニュースにでているわけで、普通の大多数の人は、疲れから休日に遊ぶ気がおきないほどには仕事を頑張ったりはしていない!と言えそうです。
そのことは休日に娯楽施設や観光地に行けばわかるでしょう。

にも関わらず、真面目な私たちは、ニュースを見て「自分ももっと頑張らなきゃ」と思い、もっと頑張ります。
ニュースをみた大多数の人は「へ〜(でも私には関係ない)」で、その他の人は「私は楽できている(にんまり)」となっているかもしれません。

世の中には【@「自分が頑張らなきゃ」と思うタイプの人】もいれば、【A「誰かに頑張らせて自分は楽した方が得だよね」と思うタイプの人】もいる

バランスの法則の関係から。
私たちが頑張れば、その分、伴侶や子供や親が頑張らなくなるでしょう。
だって、頑張らなくても・・楽して生活できるなら、普通は楽な方に流れることでしょう。
そして私たちは「もうっ。その分、私がもっと頑張らないと!」ともっと頑張り始めて悪循環に陥るかもしれません。

バランスの法則の関係から。
私たちが頑張れば、その分、上司や部下や同僚が頑張らなくなるでしょう。
だって、頑張らなくても・・楽し給料が貰えるなら、普通は楽な方に流れることでしょう。
そして私たちは「もうっ。その分、私がもっと頑張らないと!」ともっと頑張り始めて悪循環に陥るかもしれません。

バランスの法則の関係から。
私たちが頑張れば、その分、非納税者が頑張らなくなるでしょう。
だって、頑張らなくても・・楽して生活できるなら、普通は楽な方に流れることでしょう。
そして私たちは「もうっ。その分、私がもっと頑張らないと!」ともっと頑張り始めて悪循環に陥るかもしれません。

バランスの法則については、セルフコントロール法に役立つ人間関係の心理4つ(人間関係の力学/パワーバランス)の記事が詳しいです。

頑張っているていでいないと、社会の皆から同僚から上司や部下から、家族から叩かれることになるでしょうから、【頑張っているフリ】をしながら自分のペースをしっかりもって、余力を残しつつ毎日を楽しんでいきたいものですね。

さて、今回の記事も最後まで目をとおして下さり、ありがとうございました。
感謝しています。


なお、余裕をもって毎日を過ごすことで、疲れ切ってしまわないためには、仕事選びも重要ですよね。

仕事がブラックだと「寝ても疲れがとれない」となりがちですものね。

賢い仕事選びの方法や、転職・就活については以下の記事が詳しいです。

@職種別!おすすめ転職サイトと転職の仕方(ハローワーク以外)(職種別!転職サイトと転職のやり方)

A既卒やフリーターにお勧め就職サイトはコレ(既卒やフリーター専用の正社員就職サイト)


また、転職に伴う収入低下の不安に対しては、投資や副業で対処する方法があります。

B副業で月3万円稼ぐ私の方法2つ!随時更新(月3〜5万円の副収入を稼ぐには?)

C月1〜2万円の副収入を手堅く投資で稼ぐ私の方法(副収入を稼ぐには?)


〜追記〜
すぐに寝つけなかったり、眠りが浅かったりすると、寝ても疲れが取れませんよね。

特に、すぐに眠れないことはストレスになるので、{すぐ眠れること}は大事ですよね。

【すぐに寝る方法】に関しては、

@眠れない原因のストレス対処法!私の対策はコレ(ストレスをなくすには?)

Aすぐ眠る方法!一瞬で寝つける呼吸法を仙人が伝授します(心が静まる呼吸法)

B眠れない時に読むおすすめ本!心が静まる本はコレ(寝れる本)

の記事が詳しいです。


<writer 名無き仙人>


★よく読まれている記事★
【人気】高利回りソーシャルレンディング投資とは?仕組みを解説(超高時給の投資!私が投資する理由)

【人気】「初心者向け」少額から始める資産運用のやり方【おすすめ運用先】儲かるよ(儲かる資産運用の始め方)






バス男「疲れが取れないのは、食生活に原因があるのか。なるほど。」


バス子「また話を聞いてない・・。確かに食生活も重要だけど。」


仙人「関連記事としては、疲れやすい原因(カロリーとエネルギーの違い)や、断食ダイエット方法/やり方もお勧めじゃよ。」


関連
恋愛/結婚と法則/原則の名言(「恋愛/結婚」と【法則/原則】の関係)
気功治療の効果(気功とは?2種類の気功治療)
愛とは何か?名言(人生の繁栄は愛を広げること)
家族愛の意味(カタルシス{浄化}を経験する)
人間関係の心理(人間関係の力学/パワーバランス)
嫌われる人/男女の特徴と性格(嫌われる人から好かれる人へ)
瞑想とは?意味(瞑想とは?→姿勢と呼吸を統制することで心を統制する技術)
首こりの原因と解消方法(肩の力を抜く秘訣)





お勧めビットコインとは【わかりやすく図解で仕組みを】初心者向け簡単に(人気の理由)
産業用太陽光発電への投資!メリット/デメリット(不動産投資より手堅い)
FXの始め方!基礎とポイントをわかりやすく解説(為替で儲けよう!投資は大人の趣味)
高利回りソーシャルレンディング比較一覧!お勧めはココ(お勧めの会社はどこ?)
簡単!仮想通貨の始め方【初心者におすすめコインも】(仮想通貨の買い方)





★ 生活費の節約術とお金を増やす方法(月5万円/年60万円の自由なお金を作る方法)

★ 見た目年齢の若い元気な人になる方法(実年齢より見た目年齢が若い人がやっていること)

★ 恋愛/婚活!出会いの方法一覧(自分に合った出会いの方法を見つけよう)


仕事仙術

恋愛・婚活仙術

その他