超高齢化社会の問題点と対策  


スポンサーリンク




スポンサーリンク

超高齢化社会の問題点と対策

■超高齢化社会/少子高齢化社会の中で幸せに生きるコツや方法とは?日本や世界の超高齢化社会/少子高齢化社会の問題点

超高齢化社会の問題点と対策
超高齢化社会の中で幸せに生きるには?



バス男「は〜ぁ。また、爺ちゃんの昼キャバ年金費用のために増税だよ。嫌になっちゃうな。2件目に行く、僕の夜キャバ費用のことも考えて欲しいよ、まったく。ブツブツ・・。」


バス子「なにブツブツ言ってんの?でも、超高齢化社会になっていくと、どうなるのかなぁ?そうだ!仙人に【超高齢化社会の問題点と対策】を聞きにいってみない?」


バス男「仙人様の【〜超高齢化社会の中で幸せに生きるには?〜超高齢化社会の問題点と対策】かぁ・・・。」







〜超高齢化社会の中で幸せに生きるには?〜

1.超高齢化社会の問題点と対策

@超高齢化社会の中で幸せに生きるには?

■今回の記事では、超高齢化社会の問題と対策について、見てみたいと思います。

※超高齢化社会とは、総人口に占めるおおむね65歳以上の老年人口が増大した社会のこと。

超高齢化社会の問題点とは?対策とは?

超高齢化社会にて、幸せに生きていくためには?



A超高齢化社会の問題点〜超高齢化社会の問題点と対策〜
■まずは、超高齢化社会の問題点から見てみましょう。


〜超高齢化社会の問題点〜

@増税 〜超高齢化社会の問題点と対策〜
→超高齢化社会になれば、養われる側であるご年配者が増えるため、現役世代の税負担が増えていくことになるそうです。つまり増税されることになるようです。

ご年配者が社会に増えれば、必要となる「年金」「医療費」「介護保険費」「生活保護費」が増えていくことになるそうです。

★1→年配者が社会に増えれば、必要となる「年金(の資金)」が増えます。
そして年配者に支払われる年金は、年配者が若い時に支払い貯金してきた財源の中から支払われるのではなく、現役世代が納める税金から支払われます。


★2→歳をとると病気が増え、病院でお世話になる機会が増えます。
病院でお世話になる機会が増えれば、検査代、お薬代などの「医療費」が増え、その「医療費」の多くは、現役世代が納める税金から支払われます。


★3→歳をとると介護の必要が出てきます。
介護を身内以外が行えば、「介護保険費」が増えます。その「介護保険費」は、現役世代が納める税金から支払われます。


★4→若い頃に年金を支払っておらず、歳をとった場合、年金の受給資格がないため年金を貰うことができません。
しかし、年金は貰えないものの、「生活保護」を受給することはできます。その「生活保護費」は、現役世代が納める税金から支払われます。


このように、ご年配者が社会に増えれば、必要となる「年金」「医療費」「介護保険費」「生活保護費」が増えていくことになり、そのことは増税に繋がり、現役世代の税負担が増えていくことになるそうです。

増税がおきれば、その対象が所得税であれ消費税であれ、現役世代が自由に使えるお金は減ることに繋がるそうです。



A国力の低下 〜超高齢化社会の問題点と対策〜
→養われる側であるご年配者が増えれば、(経済的な)国力は、低下していくことになるそうです。

例えば、3人家族で考えてみると。
父母50代現役、子供1人は30代現役・・の3人家族であれば。

父母がともに月収40万円で、子供の月収が30万円ならば、一家の総収入は月110万円となります。
この場合、生活費(衣食住費)を差し引いた後でも、多くのお金が残りそうです。経済的に余裕がありそうですね。

家族皆が、現役として働くために、1家の経済面は、余裕があるわけです。


しかし、この家族に、高齢化問題が襲ってくる20年後は。
父母は70代となり{養われる側}となっていて、子供は50代となり、一家の総収入は、子供が稼ぐ月40万円だけとなります。

そして、70代となった父母は、生活費(衣食住費)以外にも、毎月、多額の医療費(お薬代etc)や、介護費を必要とするために、家族にはお金は残らない・・もしくは、お金が足りない、、、となってしまうかもしれません。
つまり、経済的に余裕がなくなるわけですね。


上記は1家族の例ですが、同じような状況が、国家単位でも起きる・・それが超高齢化社会なのかもしれません。
そうなれば当然、(経済的な)国力は、低下していくことになりそうです。



B超高齢化社会の対策〜超高齢化社会の問題点と対策〜
■では、超高齢化社会の問題点に対する、対策を見てみましょう。
超高齢化社会を幸せに生きていくためには、どういったことが、必要となるのでしょうか。


〜超高齢化社会の対策〜
★超高齢化社会を幸せに生きるために★

@奉仕/貢献 〜超高齢化社会の問題点と対策〜
→上記の1家族の例を思い出してみましょう。

父母は50代現役、子供1人は30代現役・・の3人家族では。

父母の月収はともに40万円で、子供の月収30万円ならば、一家の総収入は月110万円となります。
この場合、生活費(衣食住費)を差し引いた後でも、多くのお金が残りそうです。経済的に余裕がありそうですね。

経済的に余裕があるため、子供は、自分の欲しいモノ(ブランド品/高級車/趣味の買い物etc)などに、たくさんのお金を使えそうです。
貯金だって、たくさん出来るでしょうし、海外旅行にだって、年に何度も行けるかもしれません。


しかし、この家族に、高齢化問題が襲ってくる20年後は。
父母は70代となり{養われる側}となっていて、子供は50代となり、一家の総収入は、子供が稼ぐ月40万円だけとなります。

そして、70代となった父母は、生活費(衣食住費)以外にも、毎月、多額の医療費(お薬代etc)や、介護費を必要とするために、家族にはお金は残らない・・もしくは、お金が足りない、、、となってしまうかもしれません。
つまり、経済的に余裕がなくなるわけですね。

すると子供は、自分の欲しいモノ(ブランド品/高級車/趣味のetc)や、旅行などに、お金を使えにくくなるかもしれません。
貯金も、以前のようには出来にくくなるかもしれません。


上記は1家族の例ですが、同じような状況が、国家単位でも起きる・・それが超高齢化社会なのかもしれません。

社会に多くいるご年配者の生活を支えるために、所得税であれ消費税であれ、増税が行われることにより、現役世代が自由に使えるお金は減ることになるのかもしれません。


この時。
もし、「とりあえず今、自分さえ良ければ良いんだ!お金さえ手に入れば良いんだ!」と破滅原則的な思考回路でいると。

「なんで増税なんだ!?この前も増税されただろ!?増税によって自分の欲しいモノ(ブランド品/高級車/趣味のetc)が買えなくなるじゃないか!」とイライラすることになり、自分自身が苦しむことになる場合もあるのかもしれません。

「働いてお金を稼いでも、結局、税金によって多くがもっていかれる。これじゃあ働く意味がないじゃないか!あー仕事にやる気がでない。仕事するのがバカらしい。」とイライラすることになり、自分自身が苦しむことになる場合もあるのかもしれません。

だからこそ、繁栄的な原則{正直/誠実/感謝/奉仕/謙虚/良心/他者の幸せを願う心}を大切にしながら。

働く理由のウエイトを、「自分がリッチな生活をしたい/自分の財産を蓄えたい」から、「仕事をとおして奉仕/貢献をしたい」に移しておくことも、超高齢化社会を幸せに生きていくためには、必要なことでも、あるのかもしれません。
関連破滅原理と繁栄原則(2つの原理原則)


A幸せを計る物差し〜超高齢化社会の問題点と対策〜
→さきほど、超高齢化社会の問題点に「国力の低下」が出てきました。

そして、この「国力の低下」とは、過去との比較による経済発展に関するものなのかもしれません。

資本主義社会では、(主に直近の)過去との、経済発展の度合いを測る傾向が強いようです。

そのため資本主義社会において、経営されている企業では。
今年度100億円の利益があっても、昨年度の利益が200億円ならば、「会社が衰えた!経営者は何をしている!?社長は責任をとって辞職しろ!」と株主から怒られたりもするそうです。

利益が100億円も出ているのであれば、十分に、社員も株主も幸せに暮らしていくことも出来るのかもしれないのに。

資本主義社会では、(主に直近の)過去との、経済発展の度合いを測る傾向が強いため、過去より衰えただけで、たとえ現状でも幸せに暮らしていけるのかもしれないのに「衰えた!衰えた!大変だ!大変だ!1大事だ!」と、騒ぎ立てる傾向もあるのかもしれません。


これは、国家単位でも、そうなのかもしれません。
今でも、本当は、国民達は生活していけているのに、むしろ年間に休日が120日もあって、それでいて、世界各国の料理(パスタ/酢豚/ハンバーガー/タコスetc)を食べることが出来て、旅行にだって節約し貯金さえすればいけるほど豊かであるのに。

(直近の)過去と比較して、国家の経済力が右肩上がりでなければ「国が衰えた!政治家達は何をしている!?政治家は責任をとって辞職しろ!」と国民達から怒られたりもするのかもしれません。

国家の経済力は永遠に永久に発展し続け、右肩上がりでい続けなければならない!という洗脳を受けているかのように。

本当は今ですら、豊かに暮らしていけているのかもしれないのに。

資本主義社会では、(主に直近の)過去との、経済発展の度合いを測る傾向が強いため、過去より衰えただけで、もしくは成長率が鈍っただけで、「衰えた!衰えた!大変だ!大変だ!1大事だ!」と、騒ぎ立てる傾向もあるのかもしれません。


私達が本当に求めているのは、永遠に永久に発展し続け、右肩上がりでい続ける国家経済でしょうか。

それとも、永遠に永久に発展し続け、右肩上がりでい続けなければならないのは資本主義のシステム(資本主義の仕組み)なだけで、私達は別に、そんなことよりも、幸せに暮らしていけることを、望んでいるのかもしれません。

で、あるならば。
「幸せを計る物差し」を、{国家経済の発展}にするのではなく、もっと私達1人1人の、心に根ざしたものに、するのも悪くはないのかもしれません。



「衰えた!衰えた!超高齢化社会だ!大変だ!大変だ!1大事だ!」
→1965年(昭和40年)11月から1970年(昭和45年)7月までの57か月間続いた高度経済成長時代の好景気を、いざなぎ景気と言うそうです。

この頃は「栄えた!栄えた!素晴らしい!素晴らしい!」と言う声が、聞こえていたのでしょう。
そして、当時は車 (car)、エアコン (cooler)、カラーテレビ (color TV) が3C(新・三種の神器)と呼ばれ、皆が、それらを買い揃えようと頑張っていたそうです。

つまり当時の生活には、エアコンやTVすら、なかったようです。

あれ?
その頃は好景気で、国家経済が発展し続けていて「栄えた!栄えた!素晴らしい!素晴らしい!」という話では、なかったのでしょうか。それなのに、TVすらない??


今では、貧乏学生の1暮らしですら、エアコンやTVが、当たり前にあります。

あれ?
現在は、「衰えた!衰えた!超高齢化社会だ!大変だ!大変だ!1大事だ!」という話では、なかったのでしょうか。



・・私達の社会では技術革新が行われていくため、よほどのことがない限り、生活自体は、過去よりも未来の方が、快適になっていくのかもしれません。
いざなぎ景気の時代にはなかった、パソコンや携帯電話、インターネットが、今の私達の生活を快適なものにしてくれています。

同様なこと(技術革新による生活の質の向上)は、今後も起きていくでしょう。

もし、革新や革命が、エネルギーの分野で起き、エネルギーが安価に手に入り始めれば、それだけで、私達の生活はとても快適なものになっていくでしょう。
関連エネルギー問題の解決策(人間や現実の正体)


つまり、「衰えた!衰えた!超高齢化社会だ!大変だ!大変だ!1大事だ!」と言われているものの。
地球全体としては人類の数は増えていくようですし、技術革新も行われていって・・・生活の快適さ、便利さは、向上していくこともあるのかもしれません。

超高齢化社会のピーク時であっても、明治や大正時代よりかは、よほど、生活は快適なことでしょう。
もしかすると、技術革新によって、{生活の快適さ/便利さ}に関しては、現在よりも向上されているかもしれません。


{国家経済の発展/資本主義のシステム}などに囚われることなく、私達1人1人が、もっと心に根ざした幸せを大切にするならば、超高齢化社会も、過度/過剰には、心配する必要がないものなのかもしれません。



C超高齢化社会で幸せに生きる〜超高齢化社会の問題点と対策〜
■「あなたの夢はなんですか?」

私達は、子供の頃も、また大人になってすらも、「あなたの夢はなんですか?」などと質問される機会があるようです。

世の中が、食べていくだけで必死であれば、このような質問は出てこないものなのかもしれません。

つまり、「あなたの夢はなんですか?」という質問が出てくる背景には、{なんとか食いつないでいくだけならハードルが低いから、夢でも、もったら?}という意味合いが込められているのかもしれません。


きっと、超高齢化社会のピーク時であっても、「あなたの夢はなんですか?」と子供達や青年達は聞かれることになるでしょう。
それも、そのハズ・・なのかもしれません。


「衰えた!働き手が減っている!超高齢化社会だ!大変だ!1大事だ!」
そうですよね。

そして戦時中は、何百万人〜何千万人もの【働き盛りの男性達の多く】が、今の高齢者のように{養われる側}となっていました。
アジア各地(満州/フィリピン/パラオetc)にいて、日本国内より、食料等を仕送りしてもらっていたからです。


{働き手と養われる側}の数のバランスで考えた場合。
超高齢化社会と戦時中では、どちらが、大変な1大事でしょうか?

{少子高齢化により、働く人間が減っている}なんてものでは、なかったのかもしれません。戦時中は。

そして戦時中ですら、補給路を断たれた戦地以外では、餓死者は出てきませんでした。

つまり、ITや機械化が発展していない生産効率の低い時代にて、税金によって、戦闘機や戦艦など、非生産的なものばかり作っていて尚且つ、何百万人〜何千万人もの【働き盛りの男性達の多く】が、{養われる側}となっていても、国中が、食べていけていたわけです。


それが現在は。
何千万人もの働き盛りの男性達が、生産活動をし続けているわけで。
さらには、戦後、何十年も経ち、焼け野原から、つまりゼロから工場や建物、家などを作る必要がもうなく、

戦闘機や戦艦のために多大な税金を使う必要もなく、

機械化やITなども進化していて、生産効率が上がっていて・・


だからでしょうか。
「衰えた!働き手が減っている!超高齢化社会だ!大変だ!1大事だ!」とは聞くものの、{仕事に就けない失業者}は常にいて、それでもスーパーから食料がなくなることはなく、

むしろ、ニートが社会問題になるくらいで、さらには毎日・毎日・毎日・・・家庭で、学校給食で、コンビニで、スーパーで、飲食店で、、、大量の食品を廃棄し続けていて。

日本経済と世界経済の真実(スポーツを食料生産に切替えてみる)にもあるとおり、本当は、余力が、あり余っているのかもしれません。

生活水準を下げなさいのとおり、生活水準と‘幸せ’を切り離しているのであれば。
少子高齢化も、過度/過剰に、恐れる必要はないのかもしれません。


・・必要なのは、むしろ{心のあり方}の方なのかもしれません。

もっと、もっと!と求めれば。
自分が快適にお金持ちとして暮らしたい!と求めてばかりであれば。

少子高齢化でなくても、つまり、経済が発展していても、不満を感じながら生きていき続けることになるのかもしれません。

もっと、もっと!と求め、他人の生活水準や経済状況と、自分の生活水準や経済状況を比べて、「あの人は、あんなに良いマンションに住んでいるのに、それに比べ私は・・」などと他人を羨んだり、「この人より、私は良い車に乗っている。ふっ。(貧乏人め!)」などと他人を見下したり・・し続けていれば。

つまり、相対性の罠にハマり込んでいれば。
関連自由な生き方の名言/格言(相対性の罠から抜け出す)

少子高齢化でなくても、経済が発展していても、不満を感じながら生きていき続けることになるのかもしれません。


幸せは、社会がもたらしてくれるもの!・・そうかもしれません。

‘幸せ’という感情は、自分の心の中にのみ、存在しうる‘感情’であるため、幸せは、自分の{心のあり方}のコントロールによって成されるもの!・・そうなのかもしれません。


少子高齢化問題なんてレベルではない、もっと苦しく大変な戦乱の時代が続いていた長い歴史の中で。
中国の仙道修行者である仙人/仙女たちは、それでも幸せに暮らしてきていて・・

少子高齢化問題なんてレベルではない、もっと苦しく大変な戦乱の時代が続いた長い歴史の中で。
インドのヨーガ修行者であるヨギたちは、それでも幸せに暮らしてきている。


その理由は、‘幸せ’という感情は、自分の心の中にのみ、存在しうる‘感情’であるため、幸せは、自分の{心のあり方}のコントロールによって成されるもの・・だからなのかもしれません。



D世界は豊か〜超高齢化社会の問題点と対策〜
■「この世界は、もっと良くなる!」

例えば、この世界がもっとピース♪な世になるだけで。
戦争や、戦争に対する警戒がなくなり、ものすごい経済的余力が生まれてくることでしょう。
税金の多くが、軍事費に使われている現状があるようだからです。


例えば、私達がもっと繁栄原則的になるだけで。
賄賂も税金の無駄遣い(利権)もなくなり、足の引っ張り合いに使われている莫大な{お金/時間/エネルギー}も、仕返しや復讐に使われる莫大な{お金/時間/エネルギー}も、
関連仕返し/報復方法を探すな!(仕返しは法則が行う)

不満や愚痴や嫉妬などに使われている莫大な{お金/時間/エネルギー}も、裁判や争いに使われている莫大な{お金/時間/エネルギー}も、ギャンブル的な投機(マネーゲーム)に使われている膨大な{お金/時間/エネルギー}も、

それら、全てが生産的な活動に使われ始め・・・ものすごい経済的余力が生まれてくることでしょう。
私達の{お金/時間/エネルギー}は未だ、それら非生産的なものにも、多く使われている現状があるようだからです。


例えば、私達がバランスの法則から自由になるだけで。
私達は、皆が皆、100%、自分の力を生産活動に発揮することが出来るようになり、ものすごい経済的余力が生まれてくることでしょう。
関連お金を浪費する彼女/夫|貯める彼氏/妻(お金と人間関係のバランス)
心の自由と幸せを手にする方法(バランスの法則編)


現状では。
まさにアリのように・・・働かないアリに意義がある (メディアファクトリー新書)

誰かが頑張れば、その分、誰かが頑張らなくなる、、、といった傾向があるのかもしれません。

例えば家族内では。
お父さんが頑張って働けば、その分、その他の家族は「父が一生懸命に働いていて、だから家計には余裕があるから、なにも私達まで頑張って働く必要はないよね。」と、頑張らなくなる、、、といった傾向があるのかもしれません。

会社内でも。
誰か、優秀な社員の2割が働けば、その分、その他の社員は「彼ら/彼女らが一生懸命に働いていて、だから会社は利益が出ていて給料も支払われているし、なにも私達までもが頑張って働く必要はないよね。早く勤務時間終わらないかなー。」と、頑張らなくなる、、、といった傾向もあるのかもしれません。
※パレートの法則とは、経済において、全体の数値の大部分は、全体を構成するうちの一部の要素が生み出しているという説。 80:20の法則。


国家内でも。
誰かが、一生懸命に働き多くの税金を納めていれば、その分、その他の人は「彼ら/彼女らが一生懸命に働いていて多くの税金を納めているから、国家は、とりあえずは滞りなくまわっているよね。だから、なにも私達までもが頑張って働く必要はないよね。」と、頑張らなくなる、、、といった傾向もあるのかもしれません。

つまり、100人の人間がいた時に。
バランスの法則に囚われているうちは、100人が100人とも、100%、自分の力を生産活動に発揮することはないのかもしれません。


しかし、私達がバランスの法則から自由になり、皆が皆、100%、自分の力を生産活動に発揮することが出来るようになれば、ものすごい経済的余力が生まれてくることでしょう。

そうなれば、超高齢化社会であっても、過去以上に、経済的余力が生まれてくることになるのかもしれません。

※もちろん、子育てはとても大切な仕事で、皆が皆、生産活動をすれば良いわけではない。

また、病気など、人によって事情があるため、皆が皆、生産活動をすれば良いわけではない。

及び、生産的な活動は絶対的に皆がしなければならない必須事項か?と問えば、そうでない。ここでは文章構成のため、そう書かれている。


私達が、さらに繁栄原則的になり、戦争を辞めて、非生産的な活動に費やしている莫大な{お金/時間/エネルギー}を生産活動に費やし始め、

バランスの法則から自由になり、皆が皆、100%、自分の力を生産活動に発揮することが出来るようになれば、この地球という惑星は、まったく別の星となったかのように、もっと、もっと豊かな惑星へとなっていくことでしょう。

私達の社会は、もっと、もっと豊かな社会へとなっていくことでしょう。



・・問題の根源は、少子高齢化や超高齢化社会だけではないのかもしれません。

問題の根源は、解決策の糸口は、私達の{心のあり方}にも、あるのかもしれません。

そして、私達の{心のあり方}は、私達自身で、改善していくことが可能なようです。
そのことは、私達1人1人よって構成されている私達の社会を、もっと素敵なものへと、改善していくことが可能であることを、意味していそうです。

関連記事には、世界を変える方法!社会を良くするには身近な人を大切にすること(【優しさ】の輪)があります。

私達の人生は、きっと良くなる。
この世界は、もっと良くなる。

ともに、楽しみながらも精進してまいりましょう。
きっと、この世界は、もっと良くなっていく!と、私は信じています。



〜まとめ 超高齢化社会の問題点と対策〜
@本当の問題も、対策/解決策も、社会にあるのではなく、私達1人1人の、心の中にあるのかもしれない。
<心のあり方>次第で、私達1人1人の{幸福度/幸せ度}は変わっていくだろうし、<心のあり方>次第で、この社会も変わっていくのかもしれない。


A現在の人類は、本当にもっている潜在的能力の全てを、発揮していないのかもしれない。
非生産的なことの多くにも{お金/時間/エネルギー}を使っていて、またバランスの法則にも囚われているのかもしれないから。

それでいて、これだけ、人類は豊かな生活を出来るようになっている。

もし、私達が、本当にもっている潜在的能力の全てを、十分に発揮できるようになれば。

この世界は、この社会は、もっともっと、劇的に豊かな世界、豊かさに満ち満ちた世界へと、なっていくのかもしれない。

そして、これらは物理的な問題(石油などの資源が足りない・・etc)ではなく、心の問題であるため。

<心のあり方>次第で、この世界は、この社会は、もっともっと、劇的に豊かな世界、豊かさに満ち満ちた世界へと、なっていくのかもしれない。


〜追伸〜
→超高齢化社会になっていくにつれ、劇的に何かが変わらない限りは、増税が進んでいくことになりそうです。

少ない働き手が、多くの高齢者を支えるわけですから、多くの税金が必要となって、少ない働き手は、多くの税金を払うことになるでしょう。

よって今後は、「昇給で給料は増えたけど、税金も増えて、手取り収入が増えない」や「給料は変わらないのに、税金が増えて手取り収入が減った」などの問題も出てくることでしょう。

増税が進み、手取り収入が増えにくくなる点や、減っていく可能性がある点も、今のうちから想定の範囲内にいれておくと、対処や対策がしやすそうですね。

手取り収入を増やす方法については、

@手取り年収を増やす方法!年収300万円を年収800万円に上げるには?(4つの選択肢)

A副業で月3万円稼ぐ私の方法2つ!随時更新(月3〜5万円の副収入を稼ぐには?)

B月1〜2万円の副収入を手堅く投資で稼ぐ私の方法(副収入を稼ぐには?)

の記事が詳しいです。

〜超高齢化社会の問題点と対策〜
<writer 名無き仙人>


★よく読まれている記事★
【人気】高利回りソーシャルレンディング投資とは?仕組みを解説(超高時給の投資!私が投資する理由)

【人気】FXの始め方!基礎とポイントをわかりやすく解説(為替で儲けよう!投資は大人の趣味)






バス男「高齢化社会かぁ。」


バス子「高齢化社会に関心や興味が、どれほどいくか?は、人によっても異なるのかもしれないわね。」


仙人「どのような社会であろうとも、<心のあり方>によって、楽しい幸せな人生を生きていけると良いのぉ。」


関連戦争/貧困/バブル/歴史は繰り返す理由(バブル爺さん)
自由な生き方の名言/格言(相対性の罠から抜け出す)
お金を浪費する彼女/夫|貯める彼氏/妻(お金と人間関係のバランス)
幸せになれる本(人生と{人格・人間性}の関係)
お金とは汚い?嫌い?お金の秘密(お金は感謝の具象化)
社会の仕組み({なんでも出来る君}と10人の協力する村人)
日本経済と世界経済の真実(スポーツと食料)




お勧め超高利回りソーシャルレンディングの仕組みとリスク!体験談(超高時給の投資)
産業用太陽光発電への投資!メリット/デメリット(不動産投資より手堅い)
穴場の高額バイトお勧め7つ!知らなきゃ損するよ(穴場のアルバイトをご紹介)
結婚チャンステスト!楽天オーネット体験談(結婚チャンステストやってみたよ)
貯金ができない人の強制貯金術(貯金できない理由は「お金の預け先」を間違っているから)
お勧め派遣会社!正社員になる賢い方法も(お勧めの派遣会社はココ!)
既卒やフリーターにお勧めな就職サイトはコレ(既卒やフリーター専用の正社員就職サイト)
歯が白くなるホワイトニング歯磨き粉の効果がすごい!(ホワイトニング歯磨き粉レビュー)
職種別!おすすめ転職サイトの紹介と説明(職種別!お勧め転職サイトはコレ!)
FXの始め方!基礎とポイントをわかりやすく解説(為替で儲けよう!投資は大人の趣味)
株式投資の始め方!株は楽しいよ(株で儲けよう!投資は大人の趣味)





★ 生活費の節約術とお金を増やす方法(月5万円/年60万円の自由なお金を作る方法)

★ 見た目年齢の若い元気な人になる方法(実年齢より見た目年齢が若い人がやっていること)

★ 恋愛/婚活!出会いの方法一覧(自分に合った出会いの方法を見つけよう)


仕事仙術

恋愛・婚活仙術

その他