ソーシャルレンディングとは?仕組みを解説!体験談も



スポンサーリンク

超高利回り投資ソーシャルレンディングの仕組みとリスク

高利回り投資ソーシャルレンディングとは?仕組みを解説
ソーシャルレンディング投資とは?仕組みを日本1わかりやすく解説。体験談も!



バス男「バス子ちゃ〜ん。ソーシャルレンディングって知ってる?超高利回りの投資なんだけど。」


バス子「またぁ、バス男さんは変なのにひっかかって。騙されて、お金を失うから辞めときなさいよ。」


バス男「で、でも仙人様が【ソーシャルレンディング投資の仕組みとリスク】の話をしていて・・」


バス子「え?仙人の【ソーシャルレンディングのメリットとデメリット】の話?」


バス男「うん、仙人様が言うにはね・・」







★この記事は定期的にチェックし、最新情報へと随時更新をしています★


〜ソーシャルファンディング投資の魅力とは?〜

1.ソーシャルレンディングとは?仕組みを解説

@分散投資にソーシャルファンディングという選択肢

■ソーシャルレンディングとは、個人から集めた資金を、企業に貸し付けるサービスのことです。

お金を借りる側の企業としては資金調達先の選択肢が増えるメリットがあります。

普通は銀行からお金を借りるしか選択肢がありませんが、ソーシャルレンディングを活用してお金を借りることが出来れば、銀行にだけ依存しなくてもいいため、「もっと金利を下げてくれなきゃ、ソーシャルレンディングで全額調達するよ?」と話すことができ銀行に対しても金利交渉がしやすくなりますよね。

同じような仕組みでは、オペレーティングリースというものがあります。

オペレーティングリースも、不特定多数からお金を集める仕組みになっています。
こちらは節税用の金融商品ですが、世界中の超大手航空会社なども利用しています。
超大手航空会社がオペレーティングリースを利用しているわけですね。

法人の節税商品であるオペレーティングリースについては、法人の節税対策!オペレーティングリースとは?(オペレーティングリースの仕組み)の記事が詳しいです。

近年、資金調達の手段が増えているよ。
それに伴い、個人の投資先の選択肢が増えているよ。


一方、お金を投資する私たち個人には{高金利でお金を貸せる}というメリットがあります。

高金利でお金を貸すことが出来れば、お金を貸している間は毎月、多くの利息収入を得ることが出来ますよね。

「お金を貸して、毎月、毎月、利息収入を得る」は、大手銀行などが行っている【手堅い稼ぎ方】の1つ。

ソーシャルレンディングとは、お金を貸して利息収入を得られる仕組み。

NHKのクローズアップ現代でITが変える“お金の未来”〜フィンテック革命の衝撃〜を見ていた私は「海外では、普通の一般人が、{お金を借りたい企業や個人}に、お金を貸して利息収入を得ているのか。この世界的な流れは、日本にも、押し寄せてくるだろうな。」と思っていました。

そのため、ソーシャルレンディングのサービスを知った時には「もう日本でも始まってるじゃん!」と驚きました。

ソーシャルレンディングの仕組みは理にかなっており、今後、もっと世の中に普及し、根付いていくことになるよ。

世の中に根付いて、ソーシャルレンディングで投資したい人が増えた頃には、利回りも低下することになるでしょうが・・。

さて、ソーシャルレンディングの会社は、いくつかありますが、比較検討した結果、現在は以下の5社をメイン使っています。

実践をとおしてわかった{使える会社}は、ココ!

@OwnersBook
OwnersBookは日本で初めての不動産特化型クラウドファンディングサービスで、着実に成長を重ねている特徴があります。

渋谷や品川などの東京都心の物件関連の案件なので、安心感がありますよね。

全案件、1万円からの少額投資が可能であり、全て不動産のプロが厳選した不動産担保付です。

安心して投資できる不動産特化型クラウドファンディングサービス【OwnersBook】 は、ソーシャルレンディングに初めて取り組む人や、投資・資産運用初心者にもお勧めですね。

現在、「新宿区マンション第1号ファンド」に投資中です。

対象物件は新宿駅に徒歩圏内とのことで、超一等地であり安心感があります。

こういった一等地の優良物件のファンドが揃うため、オーナーズブックは融資型クラウドファンディングが初めての方にも、おすすめですね。

また、オーナーズブックで償還が完了している過去案件を見ればわかるとおり、いくつか利回りが10%を超えている案件もあります。

物件の売却に成功すると、利回りが9%とか14%などに、アップするようですね。
売却に成功しなければ、予定通りの利回りとなりますが、売却に成功すると超高利回りとなりますね。

「新宿区マンション第1号ファンド」の予定利回りは4.5%ですが、売却に成功すると利回り10%以上となる可能性もあるので、期待しています。


Aクラウドクレジット
→「利回り13%って・・本当!?」
初めてクラウドクレジットのサイトを見た時は衝撃を受けました。
利回り5%でも、かなり高利回りなのに、13%って・・。

お金が落ちているようなものなので、もちろん投資しました。

クラウドクレジットは総合商社の伊藤忠商事が株主になっている安心感もあります。

伊藤忠のホームページによると、伊藤忠は、クラウドクレジットの発行済み株式の約18%を取得しており、クラウドクレジットの経営陣に次ぐ株主になっています。

ソーシャルレンディングの会社の案件の多くは{国内の不動産会社に貸し付けを行うもの}が多いのですが、ソーシャルレンディングならクラウドクレジット は、海外の案件を取り扱っている特徴があります。

で、利回りが10%を超える超好利回り案件が並ぶため人気だけども、満額成立までには、ある程度の時間的余裕があり、吟味して投資できる点も魅力です。

海外の案件なので、分散投資先としても役立ちますよね。

また、クラウドクレジットは1万円から投資可能なので、初めてソーシャルレンディングに投資する人も、まずは様子見で、1万円から投資することができます。
私も初めは、様子見で、少額から投資を始めました。

投資額が1万円でも、利回りが10%なら、年間1000円の利息収入ですものね。

ちなみにソーシャルレンディングの会社では口座開設すると{お客様コード}が郵送されてくるのですが、クラウドクレジットは受け取りの際に本人確認が必要で免許書を郵便局の方に見せることになりました。
面倒ですけど、それだけキチンとしている部分は投資家としては好感がもてますね。

〜追記〜
初めは様子見もあって5万円だけ投資していましたが、日本を代表する超巨大企業の伊藤忠が認めて、応援している・・という事実から、追加で買い増ししました。

現在、欧州案件や、ペルー案件、ロシア案件や、東欧の案件に分散投資しています。
それでも平均利回り10%越えです。

こんなことが出来るのは、ソーシャルレンディングの会社は複数ありますが、クラウドクレジットだけですね。

海外投資型クラウドファンディングならクラウドクレジット が人気な理由も納得ですよね。

クラウドクレジットについては、クラウドクレジットに投資中!評判や口コミの真相(クラウドクレジット体験談)の記事が詳しいです。


Bトラストレンディング
→トラストレンディングは、利回りが10%を超えるような超高利回り案件を出す会社です。

会社の営業者報酬が少ない(会社の取り分が少ない)ことも関係していると思うのですが、いくつかあるソーシャルレンディングの会社の中でも、不動産による担保付なのに利回り10%を超える超好利回り案件が多い人気の会社がソーシャルレンディングの【トラストレンディング】 です。

{投資期間1年間、利回り11%、不動産による担保有}などの案件がでると、皆が我先に!と投資し、早い段階で募集金額の枠が埋まってしまう状況です。

私も、なんとか間に合って【投資期間1年間、利回り10%、不動産による担保有】の案件・・{不動産担保付ローンファンド33号}に投資することが出来ました。


Cクラウドバンク

穴場的なクラウドバンクは、金融商品取引法で、より厳しい規制の元、運営することが求められる{証券会社}が、提供しているソーシャルレンディングです。

運営体制や財務状況の健全性については、安心できますね。

また、ファンドの投資期間が3か月や6か月など短い短期案件が多く、投資しやすいですね。
1万円から投資可能なため、初心者にも投資しやすい会社です。

個人的には、利回りが7%前後と比較的高いのに、すぐに満額成立とはならず、いつでも投資可能であるため重宝しています。

クラウドバンクも、万人に、おすすめの会社ですね。

私は現在、「代替エネルギー特化型ローンファンド第106号」と「中小企業支援型ローンファンド第247号」に投資中です。


DSBIソーシャルレンディング
→SBIホールディングスは、 ネット証券最大手であり、 店舗型の老舗証券会社と同等、または、それ以上の超大手の証券会社です。

その、日本を代表する証券会社が提供しているソーシャルレンディングがSBIソーシャルレンディングです。

日本を代表する超大手証券会社だから安心感は抜群だよ!

説明不要ですね。
間違いなし!の会社です。

ただ、高利回りファンドである{オーダーメイド型ローンファンド}は、すぐに{満額成立}となってしまい私は投資できていません。

現在は、{不動産担保ローン事業者ファンド}2件に投資しています。

{不動産担保ローン事業者ファンド}は、厳しい基準・・例えば「資本金5千万円以上の企業」や「直近6年間の累積貸倒れ件数2件以内かつ、2千万円以内」など、厳しい基準で審査したうえ、担保不動産の評価額の70%を上限とした金額を貸し付けるようにしているため、安全性は、かなり高いのですが、利回りが3〜4%程度と低いのが残念です。

安全重視で投資したい人に、おすすめですね。

最低投資額は1万円からと分散投資もしやすく、初心者にも、おすすめです。

公式サイトはこちらです→SBIソーシャルレンディング



・・・・・・・・・
ソーシャルレンディングの会社比較については、超高利回り投資ソーシャルレンディング比較一覧!お勧めはココ(お勧めの会社はどこ?)の記事が詳しいです。

また、「始め方」については、ソーシャルレンディングの始め方!口座開設から投資完了まで(日本1わかりやすい)の記事で。


〜以下は、より詳しい仕組みの説明や、リスクなどの解説となります〜


私たちは普段、銀行に「預金」という名目でお金を貸していますよね。

金を借りたら、金利を支払う必要があるので、

だから銀行は、私たちの預金に対して利子を支払っています。

でも、利率がとても低いため、銀行に預金という名目でお金を貸してあげても、私たちにはメリットが少ないですよね。
銀行に10万円を1年間預けても(貸してあげても)、利率が0.01%とかなので、利息収入は年間でたったの10円にしかなりません。

確かに銀行は1000万円までなら貸した(預けた)お金・元本が保証されるメリットはありますが、どうせお金を貸すなら、もっと高利で借りてくれる企業にお金を貸したいですよね。
※銀行も企業の1つ。

でも、今までは、お金の運用先の選択肢が・・

@高配当株への株式投資
AFXのスワップポイント狙い
B債券投資

などしかなく、どれも価格変動があるため、投資しにくい側面がありました。
※例えば高配当株への株式投資の場合、年に2回、配当金を貰えても、株価が下がると、投資資金が半額になったりする可能性がある。
また減配なども企業が決めることが出来るので、たとえ企業は黒字が続いていても配当金額が下がる可能性が常にある。


しかしソーシャルレンディング・・ソーシャルファンディングとか、クラウドファンディング投資型とも言われていますが、の場合、価格変動がないため、その点は、安心して投資することができます。

また、ソーシャルレンディングは、本質的にも実質的にも、お金の貸し借りであるため、借り手側の企業の都合で、金利を下げたりはできません。
「今月は利益がでなくて赤字すれすれです。うちも厳しいんですよ。」なんて状況でも、借りたお金は、契約通りの利息をつけて返さないといけないため、投資した私たちには、きちんと利息が支払われます。その点も安心です。

もちろん、借り手企業が倒産してしまえば、担保を売り払ってもお金が足りず、貸していたお金(投資していたお金)が全額は、返ってこない可能性はあります。
そこは、ソーシャルレンディングのリスクですね。

ソーシャルレンディングのリスクは、借りて企業の倒産だよ。

株式投資に投資する場合も、投資先の株式会社が倒産すれば、投資資金を失うことになりますよね。投資には、リスクはつきものですね。

ちなみに、銀行に預金という名目でお金をかしていても・・銀行に投資していても、銀行が倒産したら1000万円までは保証がついていますが、それ以上の額については保証がありません。

ただ、ソーシャルレンディングでは、土地や不動産を担保にお金を貸しているケースが多いので、{動産・不動産の担保つき}と書かれた案件に投資する場合は、万が一借りて企業が倒産しても投資資金が全額、まるまる返ってこない・・という可能性は低そうですね。

ちなみに、年利7%! 今こそ「金利」で資産を殖やしなさい! を読んでみたり、各ソーシャルレンディングの会社のサイトに記載されている運用実績を調べるに、ソーシャルレンディングで貸し倒れが起きる確率は、かなり低いと言えそうですね。

ソーシャルレンディングの会社は複数あります。
そのため、もし1件でも貸し倒れが発生すると「あそこのソーシャルレンディングの会社の案件で、貸し倒れが発生した。あそこは信用できない。」とネットですぐに広まってしまいます。
すると個人からの資金が集まらなくなってしまい、そのソーシャルレンディングの会社は倒産・廃業するしかなくなってしまいます。

ソーシャルレンディングの会社は「あそこの会社の案件では、一件も貸し倒れがない。だから安心して投資できる。」と思ってもらえないと個人からのお金が集まらないため商売が成り立たない信用第一の商売なわけですね。

よって、全力で貸し倒れが発生しないよう細心の注意を払って「集めたお金を、どの企業に貸すか?」を決めていることでしょう。

ソーシャルレンディングの会社には審査部があって、「この会社、貸したお金を返せないかもしれないな。すると当社まで信頼を失い共倒れだ。だから、この会社には貸さないようにしよう。」などと、融資先を検討しているわけですね。



Aソーシャルレンディングは超高利回りで高時給の投資・副業
■では、具体的に、投資によって、どのくらい儲かるか?を見てみましょう。

ソーシャルレンディングでは、利回り10%以上の案件もありますが・・
投資期間1年間で、年利5%というソーシャルレンディングでは標準的な案件の場合。
投資資金が10万円であれば年間で5000円の利息収入・・儲けとなります。
今月、10万円を投資したら、毎月、400円ほどの利息収入が入ってきて、12ヵ月後に投資した10万円が返ってくるわけです。
100,000円が、1年で105,000円に増えた感じですね。

「1年間で、たったの5000円か。全然儲からないじゃん。」と思うわけですが、ソーシャルレンディングのメリットは【儲け額】ではなく【超高時給】にあると言えそうです。

なぜなら例えば、ソーシャルレンディングの案件を見て「よし。この案件に投資しよう」ということで{投資するボタン}をクリックしました。
その作業時間が30分だった場合。
実労働時間30分で5000円を稼いだことになりますよね。
たった30分で、ストレスなく5000円を稼げる仕事は、他には、なかなか、ありませんよね。
時給換算すると時給1万円です。超高時給ですよね。

ソーシャルレンディングでは、1度、投資した後は、借りて企業が倒産でもしない限り、毎月、利息は勝手に振り込まれてきて、投資期間が終了したら、投資資金も自動で返ってきます。
価格の変動がないので、いちいち「株価をチェックする」とか「為替を確認する」とかは必要ありません。
なので{やること}は、投資先案件を選んで{投資するボタン}をクリックするだけなわけです。

ソーシャルレンディングは不労所得になるよ。
だから他の仕事や投資と兼業できるため儲け額は少なくてもメリットは大きいみたい。


利回りが10%の案件なら、年間1万円の儲けとなり、30分で1万円を稼いだことになります。
時給換算すると時給2万円ですね。

もし、投資期間1年間で、年利5%の案件に100万円を投資するなら、毎月4000円ほどの利息収入が入ってきて、12ヵ月後に投資資金100万円が返ってくるわけですね。
100万円が1年間で105万円になった感じですね。

毎月、何もしなくても4000円入ってきて、毎月何回か外食を楽しめるなら悪くないですよね。

1案件に投資する場合の作業時間は変わらないため、この場合、30分で5万円を稼いだことになります。
時給は10万円です。超高時給ですね。

もし利回りが10%の案件であれば、1年間で100万円が110万円になります。
30分で10万円もの大金を稼いだことになりますね。

投資資金が1000万円なら、30分で50万円とか100万円もの大金を稼ぎ出すことになりそうです。

ソーシャルレンディング投資のメリット→超高時給で{やること}がほぼないため、収入の種類が不労所得になること。



Bソーシャルレンディングのリスクを詳しく
■では、最後に、もう1度、リスクをしっかりと見てみます。
リスクを把握したうえで、お金を出資するのが投資ですものね。

@高金利=信用がない
→「この人は、絶対にお金を返せるし返す!」という人や企業ほど、低金利でお金を借りることができます。

私たち個人投資家から見て、ソーシャルレンディングの金利が高い、ということは、{借り手企業の信用が低い}ということを意味する場合が多そうです。

ソーシャルレンディングの会社は{一般的には信用は低いけれども、実情はしっかりしている企業}を探し、選んで融資をしているわけですが、それでも常に警戒し、常に信頼しすぎない、というスタンスは忘れないようにしておくと良さそうですね。

ちなみに、ソーシャルレンディングの仕組みとしては、メザニンローンの案件が多いです。

例えば、1億円の不動産を買う場合。
自己資金が1000万円で、銀行から7000万円借りることが出来た場合、残り2000万円が足りません。
※銀行も全額は貸してくれないケースが多い。

その2000万円を融資するのがメザニンローンです。

メザニンローンは、返済順位が銀行の返済より後になるので、その分、リスクが高まり、金利は高くなります。

だからソーシャルレンディングの案件は高利回り案件が多いのですね。

メザニンローンは一般的にミドルリスク・ミドルリターンと言われています。
実際、ソーシャルレンディング投資も、ミドルリスク・ミドルリターンだと考えています。

分散投資すれば、リスクは下がりますが・・。

絶対負けない投資はコレ!負ける理由は株やFXだから(勝てる投資先とは?)にあるとおりですね。

Aソーシャルレンディングの会社は保証しない
→もし、借りて企業が倒産した場合、ソーシャルレンディングの会社が肩代わりしてくれることはありません。
損失は、私たち個人投資家が受けます。
ただし、土地などの不動産や動産が担保についている案件であれば、投資資金が全て吹き飛んだ!というリスクは低そうです。

B担保評価額は下がることもある
→ただ、土地などの担保評価額は下がることもありえます。
案件の説明ページでは「担保となっている土地と建物の評価額は2億円です」などと書かれていても、実際には2億円以下でしか売れないことも可能性としてはありえます。

C経済ショックが起きた場合
→特に2008年のリーマンショックのような経済的ショックが起きた場合は、不動産の売買価格も下がるため、貸し倒れがあると、担保を売り払っても元本割れする可能性が高くなってきます。

また、経済的なショックが起きると企業の業績も悪化しやすく貸し倒れ確率が上がりそうです。
そういう意味では、世の中の経済活動が上手くいっている間は貸し倒れ確率は低いけれども、経済的ショックを起きた時には、貸し倒れが発生するかもしれない・・とも言えそうですね。

D信用のない会社が複数混ぜられると・・
→現状は大丈夫ですが、リーマンショックの時の再来のように、信用力のない企業が複数集められた案件などがソーシャルレンディングで出始めたならば気をつけた方が良さそうですね。

Eソーシャルレンディングの会社の倒産
→ソーシャルレンディングの会社が倒産してしまう可能性もゼロではなさそうです。
また、投資詐欺で多いのは、投資家から集めた資金を、経営陣が違うことに使っており自転車操業状態になっていて、投資家から資金が集まらなくなったら資金繰りが回らなくなり破産!というものです。

可能性は低いでしょうが、最悪の事態{ソーシャルレンディングの会社の倒産}も想定に入れて、1社だけで全額を投資をしないようにし、複数のソーシャルレンディングの会社で、資金を分散して資産運用すると良さそうですね。



Cソーシャルレンディングまとめ
■私は株式投資やFXなどの投資を行っています。
そして分散投資の一環として、ソーシャルレンディングにも投資を行うようになりました。

ちなみに株式投資やFXでは、個人投資家の9割が負けているそうです。
「株式投資 9割」で検索すると情報がたくさん出てきます。
なぜ、株やFXでは、ほとんどの人がお金を減らすことになるのか?

その理由の1つは、株式市場や為替市場は、短期的にみると「誰かの負け額が、誰かの勝ち額になっている」というゼロサムゲームだからのようです。

例えば株式市場の場合、1か月でA社の利益が2倍になるなら株価も2倍になり、A社に投資していた人は、みんな儲かることになりますよね。
でも、1か月など短期間で企業の売上や利益が大きく変化することは、ほとんど、なさそうです。

自分の勤め先の会社のことを考えてみても、そう言えそうですよね。
短期間では企業業績は変化しない・・でも、株価は1か月あれば上がったり、下がったり上下します。

例えば今月、企業業績とは関係なく、株価が上がったり、下がったり、上下することによって、誰かが、損してしまっています。で、誰かが、誰かの損額分を儲かっています。

つまり、企業業績とは無関係に、市場参加者の間だけで、お金が動いているわけです。Aさんが負けた10万円が、Bさんの勝ち額となる、そんな感じで。

で株式市場や為替市場には、海外勢含めプロや猛者がいるため、私たち個人投資家の負け額が、彼らの勝ち額になっている側面もあるのかもしれません。

麻雀も「誰かの負け額が、誰かの勝ち額になるゼロサムゲーム」ですが、そういう意味では、株式市場や為替市場は短期的にみると麻雀に似ているかもしれませんね。

株式投資やFXで個人投資家の多くが勝てない理由は、短期的にみると、株式市場や為替市場が、ゼロサムゲーム状態だから。

年に2回貰える配当金だけなら、個人投資家の、ほとんどの人は儲けているんです。
減配などがない限り、投資のプロでも、投資の素人でも関係なく、投資額に応じて配当金は貰えるからです。

でも、株価には変動があるせいで「配当金で4000円儲かったけど、株価下落で5万円損した」などとなり、トータルでみると負けてしまうケースが多いようです。FXのスワップポイントも同じですね。

株の配当金やFXのスワップポイントだけなら、ほぼ、みんな、投資で儲かるんだけど、株やFXは、価格変動があるせいで、トータルだと負けてしまうことになる。

その点、ソーシャルレンディングは価格の変動がなく、ゼロサムゲームでもないため、株やFXに比べると、爆勝ちはないけど、投資家の多くが手堅く毎月の利息収入から利益を出せる仕組みになっていると言えそうです。

株やFXに比べると、ですが、多くの人が利益を出しやすい仕組みなのがソーシャルレンディングなわけですね。
理由は、ソーシャルレンディングは、ゼロサムゲームではなく、価格変動もなく、手堅く、毎月、利息収入を得られる仕組みだからです。

投資のプロと、投資の素人の、差が出にくいのがソーシャルレンディングと言えそうですね。
投資のプロだろうと、投資の素人だろうと、複数ある案件の中から選んで「投資する」ボタンを押すしか、他に、やりようがないからです。

ソーシャルレンディングは、株やFXのように市場での売り買いはなく「企業にお金を貸して、利息収入を得る」というシンプルな仕組みなので、{投資家の9割は損する}などは考えにくいよ。

さて、やっぱり、高い利回りや、価格変動がない点は魅力的ですね。
また、1度、投資してしまえば、投資期間終了まで、放置していても、毎月、自動で利息を受け取れる不労所得の点も高評価です。

ソーシャルレンディングの会社ではソーシャルレンディングの【トラストレンディング】 が個人的にはお勧めです。
不動産担保つきで利回り10%を超える運用利回りの高い案件が多くあります。

クラウドファンティングで海外の高利回り案件に分散投資したい場合は、【クラウドクレジット】 も人気です。利回りも10%を超える案件が多いです。

ちなみに資金に余裕があるなら、複数の会社で口座をもち、複数の会社の案件に投資する分散投資をお勧めします。
ソーシャルレンディングの会社自体が、倒産してしまう可能性もゼロではないからです。

例えば、30万円の資金があるならA社の案件に10万円、B社の案件に10万円、C社の案件に10万円・・というように、分散して投資しないと、1つの会社の1案件だけに30万円の全額を投資すると、運悪く、その案件が貸し倒れになったり、ソーシャルレンディングの会社自体が倒産すると投資資金の多くを失うことになるからです。

ただ分散しておけば、1つの案件で運悪く貸し倒れが発生しても、ソーシャルレンディングの会社自体が1社倒産しても、大打撃を受けることはありませんよね。

「どの会社の、どの案件が手堅いか?」は、1個人では調べるのが難しい現状があるため、そのような場合は「どの会社の、どの案件も信用しない」というスタンスで、分散!分散!分散!で、やると良さそうですね。

ビジネスや投資で騙されないコツは「誰のことをも信用しないこと」だったりするみたい。ちょっと過激な発言だけど・・。
で、ストイックに、どの会社のことも信用しないで投資を進めていくには、投資先の会社と案件を分散するのが良さそうだよ。


私は、分散投資をするため複数の会社の口座開設を同じ日にまとめて行いました。
正直、口座開設は面倒な作業なので、一気にやってしまおう!という作戦なわけです。

で、実際にソーシャルレンディングの【トラストレンディング】 や、【クラウドクレジット】 や、 OwnersBook の口座開設をしてみると、ほぼ、手順は同じでした。

どこもメールアドレスを登録してパスワードを設定し住所や氏名などを記載したりする感じですね。

身分証と銀行口座の証明も同じでした。
運転免許証と、銀行口座の通帳をスマホで写真を撮り、メールで送るか、もしくはアップデートする形でした。郵送やFAXも可のようでした。

3社とも同じ作業で面倒でしたが、運転免許証や通帳を撮影したりする時間も含め、時間にして1時間もかからず終わりました。

最初は面倒ですけど、1度、早く仕事が終わった日や、休日の午前中にでも口座開設作業を行ってしまい「高利回りでお金を運用する」を軌道に乗せてしまえば、後は、ほとんど手間いらずでお金は増えていく確率が高いですものね。

口座開設については、ソーシャルレンディングの始め方!口座開設から投資完了まで(日本1わかりやすい)の記事が詳しいです。

今から、何もせずに10年後を迎えるのと、ちょっと手間だけど、お金を高利でまわしながら10年後を迎えるのとでは、大きな違いが生まれると思い頑張りました笑

さて、今回の記事も最後までありがとうございました。
感謝しています。


★追伸★
→ソーシャルレンディングは、サービスが始まってから日が浅いため「どの会社の、どの案件が手堅いのか?」が、正直、わからない状況です。
なので一極投資は避けることが大事なようですし、分散投資は超重要となりそうです。

ソーシャルレンディングの会社自体が倒産するリスクも考慮して、1つの会社だけで、全額を運用しないようにすると良さそうですし・・・
同じ会社の案件に投資する場合でも、同じ案件に全額を投資しないスタンスをとると良さそうですね。

例えば60万円の資金がある場合。
A社で20万円、B社で20万円、C社で20万円を運用し・・

尚且つ、A社の1つの案件に10万円を投資し、A社の別案件が出てくるまで待ち、別案件が出てきたら、もう10万円を投資する・・

B社やC社でも、同じように1つの案件に20万円を投資してしまうのではなく、10万円づつ案件を分けて投資する、というように、とにかく分散して投資しておくと、運悪く1つの案件で貸し倒れが発生しても、損害を最小限に抑えることが出来そうです。

通常、複数に分散投資をすると管理が手間になりますが、ソーシャルレンディングの場合は{価格のチェック(株価変動のチェック、為替変動のチェック)}が必要ないし、管理画面ですぐに確認できるため分散投資をしても手間になりにくいです。

というわけで、多少、面倒ですが、ソーシャルレンディングでの投資では分散投資によってリスクヘッジをすると良さそうですね。

また、ソーシャルレンディングでは、会社によって提供しているファンド(案件)が、まったく異なります。

そのため、新しい会社で口座を開設すると「えー!?この会社には、こんなに高利回りで、担保も確かなファンド(案件)があるんだ。だったら最初から、この会社でも投資をしておけば良かった」と思うことが少なくありませんでした。

そういう意味でも、複数の会社で投資をすると良さそうですね。

関連記事には、クラウドファンティング投資型比較一覧!初心者におすすめは?実践談(初心者におすすめの会社)があります。


分散投資については、ソーシャルレンディング分散投資のコツ!徹底解説するよ(分散投資の仕方)の記事が詳しく・・

投資する案件/ファンドの選び方については、ソーシャルレンディングの案件/ファンドの選び方!わかりやすく解説(どれに投資すべき?)の記事が詳しいです。


★追伸2★
→「〜〜の会社の案件で貸倒が発生し多くの個人投資家が損をした」という事態も、今後、起きてくるかもしれません。
貸し倒れがないのが永遠と続く方が不自然です。
もしかしたら、ソーシャルレンディングの会社自体が倒産して、損をする個人投資家が、相当数、でてくる可能性も0ではないでしょう。

そういったリスクある投資であることを忘れずに、失っても問題のない余裕資金で投資をするようにしたいものですね。その点は、株やFXと同じですね。


★追伸3★
ソーシャルレンディングに関する記事が増えてきました。
関連記事一覧です。

<ソーシャルレンディングの会社に関する記事>
クラウドクレジットに投資中!評判や口コミの真相(クラウドクレジット体験談)

オーナーズブック投資実践から判明!メリットとデメリット(実践でわかったことまとめ)

トラストレンディング体験談!口コミや評判の真実とは?(トラストレンディング体験談)

クラウドバンク投資実践から判明!メリットとデメリット(クラウドバンク体験談)

sbiソーシャルレンディング体験談!評判や口コミの真相も(sbi体験談)

sbiソーシャルレンディングのメリットと問題点!投資実践談(sbiの実践談)

ソーシャルレンディング利回り比較ランキング! 実践で判明【超厳選】トップ3(利回りが高い会社は?)


<実践に関する記事>
実践で判明!おすすめのソーシャルレンディングの会社はココ(お勧め会社は?)

資産運用の分散投資先にソーシャルレンディングが超おすすめな理由3つ(分散投資先にする理由)

ソーシャルレンディングで損する投資方法と「損しない方法」はコレ(損失を出さない方法とは?)

運用実践でわかったソーシャルレンディングの問題点3つ!(ソーシャルレンディングの不安要素)


<初心者編!基本や仕組み>
クラウドファンディング投資型とは?仕組みと魅力を僕が解説します(魅力も解説)

融資型(貸付型)クラウドファンティング投資とは?仕組み(スキーム)を解説(魅力やリスクも)

ソーシャルレンディング投資とは?まとめ(ソーシャルレンディングの仕組みや今後)

クラウドファンティング投資型のメリット3つ!実践で判明(投資してわかったメリット)

ソーシャルレンディングのリスク!メリットやデメリットも(ソーシャルレンディングのリスクとは?)

ソーシャルレンディングは怪しい?危険性や貸し倒れ率を詳しく(失敗しないコツ)


<さらに詳しく!>
ソーシャルレンディングは超高時給の儲かる投資(ソーシャルレンディングの時給計算)

ソーシャルレンディングの今後!初心者が失敗する私の予想(投資詐欺被害への対策)

ソーシャルレンディングで配当金生活はいくらから可能?本気の検証(いくらでリタイア可能?)

インカムゲイン投資なら高利回りソーシャルレンディング(株やFXよりインカムゲイン投資法)

利回りが高い投資/金融商品はソーシャルレンディング(高利回りの投資/金融商品)

不労所得生活を送る方法!お勧めはソーシャルレンディング(利息収入で生活するには?)

ソーシャルレンディングの市場規模が成長する理由3つ(今後の予想)


<クラウドファンディング3種類>
クラウドファンディングとは?ソーシャルレンディングとの違い(クラウドファンディング3種類)

クラウドファンディング寄付型/購入型/投資型の違い!まとめ(クラウドファンティングとは?)


<writer 名無き仙人>





バス男「宝くじ当たらないかな〜。」


バス子「宝くじが当ったら、浪費せずに投資しなきゃね。」


仙人「関連記事としては高利回り投資ソーシャルレンディング比較一覧!お勧めはココ(お勧めの会社はどこ?)もお勧めじゃよ。」


関連産業用太陽光発電への投資!メリット/デメリット(不動産投資より手堅い?)
FXの勝ち方「為替差益」と「金利収入」をわかりやすく解説(2種類のFXの勝ち方)
配当金生活は可能?(配当金の解説)
月収70万の小金持ちになる方法(収入源を堅実に積み重ねていくコツ)
お金持ちになるには職業より投資が大事(収入を生み出すエンジン/ドル箱の作り方)
資産運用方法の種類一覧!特徴やリスクなど(資産運用!初心者編)
お金の勉強本!お勧め3冊(これ読んでおけば間違いなし!お金編)
金持ち父さん貧乏父さんの内容要約は僕がします(書籍「金持ち父さん貧乏父さん」レビュー)





お勧め超高利回りソーシャルレンディングの仕組みとリスク!体験談(超高時給の投資)
産業用太陽光発電への投資!メリット/デメリット(不動産投資より手堅い)
穴場の高額バイトお勧め7つ!知らなきゃ損するよ(穴場のアルバイトをご紹介)
結婚チャンステスト!楽天オーネット体験談(結婚チャンステストやってみたよ)
貯金ができない人の強制貯金術(貯金できない理由は「お金の預け先」を間違っているから)
お勧め派遣会社!正社員になる賢い方法も(お勧めの派遣会社はココ!)
既卒やフリーターにお勧めな就職サイトはコレ(既卒やフリーター専用の正社員就職サイト)
歯が白くなるホワイトニング歯磨き粉の効果がすごい!(ホワイトニング歯磨き粉レビュー)
職種別!おすすめ転職サイトの紹介と説明(職種別!お勧め転職サイトはコレ!)
FXの始め方!基礎とポイントをわかりやすく解説(為替で儲けよう!投資は大人の趣味)
株式投資の始め方!株は楽しいよ(株で儲けよう!投資は大人の趣味)





★ 生活費の節約術とお金を増やす方法(月5万円/年60万円の自由なお金を作る方法)

★ 見た目年齢の若い元気な人になる方法(実年齢より見た目年齢が若い人がやっていること)

★ 恋愛/婚活!出会いの方法一覧(自分に合った出会いの方法を見つけよう)


仕事仙術

恋愛・婚活仙術

その他