既卒1年目より3年目の方が就職できない厳しい現実と対処方法



スポンサーリンク

既卒2年目で就活した私の経験談!就職できない厳しい現実とは

既卒1年目より3年目の方が就職できない厳しい現実と対処方法
既卒2年目で就活した私の経験談。既卒3年目の方が1年目より就職が難しい厳しい現実があります。

バス男「僕はもう既卒3年目。既卒3年目って就職できない厳しい現実があるよなぁ。」


バス子「同じ既卒でも1年目と3年目では、内定の出やすさが違うわね。」


バス男「既卒2年目で就活を行った仙人様に、既卒から正社員になるコツを聞きに行ってみようかな。」


バス子「仙人の【既卒1年目より3年目の方が就職できない厳しい現実と対処方法】の話、私も聞きたい!」







〜同じ既卒でも1年目と3年目では違う!〜

1.既卒2年目で就活をした私の体験談

@既卒3年目は就職できない厳しい現実がある?

■卒業後、3年以内は「既卒」として扱われます。

ただ、既卒1年目と既卒3年目では、差が大きいですよね。

既卒1年目より3年目の方が就職できない厳しい現実と対処方法を見ていこう。


@既卒1年目は就職に有利
既卒3年目より、既卒1年目の方が就職に有利です。

既卒を採用する企業としては、新卒採用と同じ感覚で「若い人材を採用して育てていきたい」と考えているからです。

よって既卒1年目の22歳の若者の方が、既卒3年目の25歳の青年より、採用されやすくなります。

社会に出て、変にスレてしまった人より、まだ学生に近い既卒1年目の男女の方を採用したい企業が多いわけですね。

よって、既卒で正社員を目指す場合、少しでも年齢が若いうちに就活を始めるのがおすすめです。

私の場合は、新卒時に1年間、臨時教師として働いたので、既卒2年目の就活となりました。

もし、1年間ニートをして、もしくはアルバイトなどフリーターをして、それから既卒3年目として就活をしていたら、かなり厳しい就活を経験することになったと思います。

私が採用する側でも、少しでもフレッシュな、スレていない若者を採用したいですし、多くの企業がそうでしょう。

同じ既卒でも、既卒3年目より既卒1年目の方が正社員就職が決まりやすい!

年齢が若いうちは、海外に旅に出たり、フリーターとして空いた時間は好きなことに打ち込んだりしたいわけですが、正社員就職を望む場合は、少しでも早く就活を行った方が良さそうですね。


A既卒3年目でも就職できるケース
既卒2年目や3年目でも、就活が上手くいきやすいケースもあります。

それは、新卒時に入社した会社で、1年間ないしは2年間、働いてから辞めて、既卒2年目や、既卒3年目として就活するケースです。

第二新卒の転職に違い感じですね。

新卒時に入社した会社を、1カ月も、もたずに辞めていく人もいる中、1年間ないし2年間、辞めずに働いたことは、既卒として就活を行う際に有利になると思います。

私の場合も、新卒で勤めた臨時教師を1年間、辞めずに3月まで続けていたことが、面接や採用試験の際に有利に働きました。

「1年間、教師を辞めずに続けたなら、うちの会社でも頑張ってくれるだろう」と書類選考時や面接時に判断してもらえたわけですね。

そのような場合は、既卒3年目でも就活は上手くいきやすいかもしれませんね。

ヤバいパターンは、新卒で勤めた会社を2週間とか1カ月で辞めて、その後は、ニートやフリーターを続けており、現在、既卒2年目とか既卒3年目というパターンですね。

ニートやフリーター、アルバイトが悪いわけではありませんが、就職における評価としては、一般的に好印象ではない・・ということのようです。

ニートやアルバイトを続けて既卒3年目のAさんと、新卒時に勤めた会社を最近辞めて就活を行っている既卒3年目のBさんとでは、面接の際にBさんの方が採用されやすい、というわけですね。

よって、既卒の場合は、ニートやフリーター期間が、少しでも短くなるように、早く就活を行う方が、就活は上手くいきやすい!と言えると思います。

既卒の転職(就活)は有利?不利?受かりやすい優良企業の特徴3つ(狙い目優良企業とは?)にあるとおり。

既卒3年を過ぎると、かなり厳しい状況があり、既卒の就活をしくじると「既卒のうちに、少しでもホワイトな会社の正社員になっておけばよかった」と後悔することになると思います。

私も20代後半になって、ブラックという噂のある会社に履歴書を送ったことがあるのです。
そしたら、書類選考で落とされてしまい、面接にすら進めませんでした。

人気な会社の人気の職種ではありません。
それなのに、20代後半になると、書類で落とされてしまう厳しい現実がある・・・私が既卒2年目で就活をした時には、書類選考で落ちることは、なかっただけにショックでした。

よって既卒3年以内のうちに就活をするのがおすすめですね。

現在は、私が既卒で就活をした時とは違い、既卒専用の就職サイトが充実しており、既卒者と{既卒を採用したい企業}のマッチングが上手くいっています。

既卒者専用の就職・就活サイトについては、以下の記事が詳しいです。

既卒やフリーターにお勧め就職サイトはコレ(既卒やフリーター専用の正社員就職サイト)


また、経済的な余裕は「どこの会社に就職できたか?」だけでは決まりません。

経済的な余裕は、総年収で決まり、総年収には副業や投資からの収入も含まれます。

新卒でホワイト企業に入社した勝ち組の人に負けないくらい稼げる可能性もある副業や投資については、以下の記事が詳しいです。

@副業で月3万円稼ぐ私の方法2つ!随時更新(月3〜5万円の副収入を稼ぐには?)

A月1〜2万円の副収入を手堅く投資で稼ぐ私の方法(副収入を稼ぐには?)



なお、既卒で就活に苦戦しており、正社員就職できない厳しい現実の中、婚活や結婚に注力する人もいます。

結婚したら、世帯年収が全てとなり、結婚相手の年収も自分の年収となりますものね。

共働きの世帯年収と生涯賃金!専業主婦世帯と比較(生涯年収には、3パターンある)にあるとおり。

自分がフリーターやニートでも、結婚相手が正社員の高給取りであれば、自分が正社員就職を成功させるよりも世帯年収は多くなることも普通にありえますし、よくある話ですよね。

婚活に関しては、以下の記事が人気です。

婚活サイトおすすめ比較ランキング!私の体験談も(実際にやってみた)

街コン/婚活パーティーおすすめランキング比較一覧!体験談も(婚活パーティーまとめ)


<writer 名無き仙人>





バス男「同じ既卒でも1年目より3年目の方が就職できない厳しい現実があるのか〜。」


バス子「既卒3年目までに何をしていたか?も影響が大きいけどね。」


仙人「関連記事としては、ニートからいきなり正社員になった私の体験談(ニートやフリーターから正社員になるコツ)もお勧めじゃよ。」


関連既卒におすすめ就職エージェント【厳選3社】ホワイト大手企業の求人はココ(就職エージェント)
お勧め派遣会社!正社員になる賢い方法も(お勧めの派遣会社はココ!)
既卒の人生逆転?民間から公務員になる方法と厳しい現実!私の体験談(既卒から公務員まとめ)
既卒の面接対策!履歴書の空白期間の言い訳!私の事例(自己紹介のコツも)
既卒は就職できない?僕が既卒から正社員になった方法!経験談です(既卒から正社員の体験談)
隠れ優良企業の探し方!穴場の業界2つ(ホワイト企業率が高い業界2つ)
未経験からプログラマーになるには?資格不要!無料でなる方法(プログラマーになる方法)





お勧め超高利回りソーシャルレンディングの仕組みとリスク!体験談(超高時給の投資)
産業用太陽光発電への投資!メリット/デメリット(不動産投資より手堅い)
穴場の高額バイトお勧め7つ!知らなきゃ損するよ(穴場のアルバイトをご紹介)
結婚チャンステスト!楽天オーネット体験談(結婚チャンステストやってみたよ)
貯金ができない人の強制貯金術(貯金できない理由は「お金の預け先」を間違っているから)
お勧め派遣会社!正社員になる賢い方法も(お勧めの派遣会社はココ!)
既卒やフリーターにお勧めな就職サイトはコレ(既卒やフリーター専用の正社員就職サイト)
歯が白くなるホワイトニング歯磨き粉の効果がすごい!(ホワイトニング歯磨き粉レビュー)
職種別!おすすめ転職サイトの紹介と説明(職種別!お勧め転職サイトはコレ!)
FXの始め方!基礎とポイントをわかりやすく解説(為替で儲けよう!投資は大人の趣味)
株式投資の始め方!株は楽しいよ(株で儲けよう!投資は大人の趣味)





★ 生活費の節約術とお金を増やす方法(月5万円/年60万円の自由なお金を作る方法)

★ 見た目年齢の若い元気な人になる方法(実年齢より見た目年齢が若い人がやっていること)

★ 恋愛/婚活!出会いの方法一覧(自分に合った出会いの方法を見つけよう)


仕事仙術

恋愛・婚活仙術

その他