男性/女性の人生の生き方!失敗しない生き方とは?


スポンサーリンク




スポンサーリンク

男性/女性の人生の生き方

■正しい生き方上手の男性/女性の人生の生き方とは?20代30代40代50代の自分の楽しい幸せな自由な生き方/恋愛/結婚/仕事

男性/女性の人生の生き方!失敗しない生き方とは?
生きる目的/頑張る目的自体を見直す影響力。



バス男「ふーむ。人生の生き方がわからず迷うなぁ。なにに時間を使うべきか?」


バス子「私も人生の生き方がわからなくて悩んでて・・」


バス男「バス子ちゃ〜ん。僕はいったい、どうすれば良いんだろう?」


バス子「じゃあ仙人に【男性/女性の人生の生き方】を聞きに行ってみる?」


バス男「仙人様の【〜生きる目的/頑張る目的自体を見直す影響力〜男性/女性の人生の生き方】かぁ・・」







〜生きる目的/頑張る目的自体を見直す影響力〜

1.男性/女性の人生の生き方

@なんのために生きる?

■私達は日々、仕事に、そしてプライベートにと、頑張って生きていますよね。

では、私達は、そもそも、なんのために生きているのでしょうか?
なんのために頑張って日々を生きているのでしょうか?

その答えは、基本的に「
欲を満たすため」になるようです。

「生存欲求」を満たすためにはお金が必要だから働き、その他「異性欲」「承認欲求」「物欲」「娯楽欲」「名声欲」「奉仕/貢献欲」「愛されたい/感謝されたい」・・・その他、様々な欲を満たしたい気持ちがあるから、

また、欲が満たされないとイライラしストレスが溜まるから、私達は日々、頑張っている側面もあるのかもしれません。


★男性/女性の人生の生き方|賢い生き方上手の名言★
〜人間が「自分が生まれてきた理由」も「現実世界の存在理由」もわからないままに、ただ、ひたすら頑張り続けているのは欲があるから。欲を満たしたい衝動にかられるから〜


つまり、私達の物質的な活動源は「食物から摂取するカロリー」なのかもしれませんが。

私達の精神面での活動源・・・生きるうえでのモチベーションは‘欲’でも、あるのかもしれません。

私達はもしかしたら、子供の頃から‘欲’を生きるうえでのモチベーションにしているのかもしれません。

「テストで良い点をとりたい!」
「先生から怒られたくない」
「スポーツで活躍したい!」
「親/先生/友人たちから認められたい」
「好きなAさんと両想いになりたい!」
「異性からモテたい!」
「受験で合格したい」
「良い仕事に就職したい!」
「仕事で昇給したい」
「皆から見下されたくない!尊敬されたい!」
「結婚したい。幸せな家庭を築きたい」
「将来の不安を消し去りたい!」
「不幸を避けたい」
「苦労を避けたい」
「老いを避けたい。若くいたい。」
「病気になりたくない。健康でいたい」
「もっと良い車が欲しい。もっと良い家に住みたい」
「良い老人ホームに入りたい」

・・言い出すとキリがないわけですが、私達は日々、なにかしら頑張っていて、その根底にある活動源は「欲を満たしたい気持ち」でもあるのかもしれません。

つまり、このことは、自分含め、誰かが頑張っている姿が視界に入ってきたならば「あ、あの人は頑張っているな。ということは、なにかしらの欲が根底にあって、その欲を満たしたいのだろうな」とも推測できることでもあるのかもしれません。


★男性/女性の人生の生き方|賢い生き方上手の名言★
〜(自分であろうと他人であろうと)頑張っている人の根底にあるもの → ‘欲’(満たそうとしている欲の種類は人によって異なるが)〜


もし、今現在。
自分が、なにかしら頑張っているならば、その根底には、なにがあるでしょうか。

精神面での「頑張るモチベーション」は、どんな種類の欲でしょうか。

私達人間が、「頑張るモチベーション」を欲に頼っている側面もあるならば。
「どの欲を満たすために頑張っているか?」は、実は、人生を左右するような、とても大事な話でもあるのかもしれません。

そして「とても大事な話」であるにも関わらず、学校でも家庭でも、「モチベーションとして活用する欲の種類が人生にもたらす影響」については、学ぶ機会がないようです。

詳しく見ていきましょう。

男性/女性の失敗しない人生の生き方とは?



A生き方に迷う〜男性/女性の人生の生き方〜
■欲の種類を分別する方法は、いろいろとあるでしょうが、ここでは「我欲」と「奉仕/貢献欲」とに分けて、見てみたいと思います。


@我欲〜男性/女性の人生の生き方〜
→我欲とは「自分一人の利益・満足だけを求める気持ち」のことを言うそうです。

「自分が良い想いをしたい」
「自分が金持ちになりリッチに楽して暮らしたい」
「自分が異性からモテたい」
「自分が名声や地位を手に入れたい!有名になりたい!」
「自分が自分が自分が自分が・・・」

自分1人の満足に関わる欲が我欲であり、そのような我欲を満たすことを「生きるモチベーション」「頑張るモチベーション」として活用している場合もありますよね。

言い換えると、私達は日々、頑張って人生を生きているわけですが。
その頑張る理由や、頑張るモチベーションが、「我欲」に根ざしている場合もありますよね。

それが悪いわけではないのかもしれません。
ただ、個人的な経験上、我欲
だけを「生きるモチベーション」や「頑張るモチベーション」として活用していると、

我欲
だけを満たしたい気持ちを活動源にして生きていると、ついつい、破滅的な原則{今さえ良ければ良いんだ/自分さえ良ければ良いんだ/金さえ手に入れば良いんだ}に陥ってしまう場合があって・・

破滅原則に根ざして生きていくようになると、目先こそ良いものの、長期的には、物質面でも心の面でも人間関係の面でも、長期的には人生が衰退していってしまうようなのです。


★男性/女性の人生の生き方|賢い生き方上手の名言★
〜自分1人の満足に根ざす我欲を「生きる活動源/頑張るモチベーション」にしていると破滅原則的になり目先こそ良いものの長期的には人生が衰退してしまう場合もあるのかもしれない〜


目先のことだけ考えるならば、我欲を満たすために生きた方がお得のようにも思えるし、要領の良い生き方であるよう思えますよね。
そのため私は、
「自分が良い想いをしたい」
「自分が金持ちになりリッチに楽して暮らしたい」
「自分が異性からモテたい」
「自分が名声や地位を手に入れたい!有名になりたい!」
「自分が自分が自分が自分が・・・」
我欲を生きる活動源、頑張るモチベーションとして活用していて、その結果、若い頃はそれでも良かったものの、歳を重ねるごとに人生が衰退していくことになっていて、、、

その理由には、「とりあえず今、自分さえ良ければ良いんだ!金さえ手に入れば良いんだ!」と生きると、自分のメリットのために、

「他人を上手いこと利用する」
「他人を巧みにコントロールしようとする(煽てたり褒めたり、逆に怒ってみたり、悲しいフリをしてみたり・・)」
「自己メリットのために嘘をつく。人を騙す。」
「自己メリット次第で約束は破る」
「人によって態度をコロコロと変える(利害関係者のみに良い顔をする)」
「自尊心のために他者を見下し、自分より恵まれているように見える人の足をひっぱる」
「本人のいないところで批判や悪口を言う」
「判断基準が良心ではなく「バレるかバレないか?」になる」
「判断基準が「金銭的メリットがあるかどうか?」だけとなる」
「人の役に立つ奉仕を「バカらしい。人から利用される」と感じる(自分が人を利用しようとする深層心理をもっているから。これは世界観の関係より生じる→自分が変わる世界観の話(世界観の説明と浄化)」

などをすることになり、{人としての信頼}を失い皆から敬遠されていき、自尊心も失っていき、そして人生に{敵/対立関係にある相手}が増えていくことも関係しているでしょうか。

上記のようなことを自身の身をもって体験することになっていて、「これは駄目だ。生き方を変えなきゃ!」と思い、現在、「生き方」の修正作業中なのでございます(TдT)


A奉仕/貢献欲〜男性/女性の人生の生き方〜
→奉仕/貢献欲とは、「他者の幸せのお役に立ちたい!」という欲求のことを言うようです。

私達は誰でも「他者の幸せのお役に立ちたい!」という欲求をもっていて、その欲求を活動源に頑張っている側面もありますよね。

そして「他者の幸せのお役に立ちたい!」という欲求を頑張るモチベーション/生きるうえでの原動力にしている場合は、日々、誰かのお役に立つことになるからこそ、皆からも信頼され愛されていき・・皆から人生を応援してもらえるようになるから人生が長期的には繁栄していくことになるのかもしれません。



繁栄的な原則{正直/誠実/感謝/奉仕/謙虚/良心/他者の幸せを願う心}に沿って生きることにより、

「他人の幸せのために奉仕/貢献する」
「正直に誠実に生きる」
「感謝の心をもって生きる」
「謙虚さをもって生きる」
「良心に従い生きる」

となっていき、そのため他人から信頼され愛され、自尊心も高まっていき、人生に{自分の幸せを応援してくださる仲間}が増えていき・・長期的には人生が繁栄していくことにもなるのかもしれません。


★男性/女性の人生の生き方|賢い生き方上手の名言★
〜奉仕/貢献欲や繁栄原則に沿って生きることは、目先こそ要領が悪い生き方にも思えるものの、長期的には、そのことによって自他ともに救われることになるのかもしれない〜


歴史上の人物の「生き方(どんな欲を満たすために生きたか?)」と、「人生(どのような人生を歩むことになったか?」を並べてチェックしていくと、我欲のために生きる場合の人生と、奉仕/貢献欲のために生きる場合の人生とに、違いがあることに気がつくことになりそうです。

自分だけの満足を求めて生きた歴史上の人物の人生は、短期的には良い時があっても長期的には衰退していることが判明するかもしれません。
一方、奉仕や貢献欲をもとに、自他ともに繁栄するよう生きた人物の人生は、長期的に繁栄していることが判明するかもしれません。

そして、これはなにも、歴史上の人物に限った話ではなく。
自分も含め、自分の周りにいる人達の人生を考えてみますと・・やっぱり、自分だけの満足を求め「とりあえず今、自分さえ良ければ良いんだ!金さえ手に入れば良いんだ!」と生きている場合の人生は、短期的には良い時があっても長期的には衰退していることが判明するかもしれません。

一方、奉仕や貢献欲をもとに、自他ともに繁栄するよう生きている場合の人生は、長期的に繁栄していることが判明するかもしれません。

普遍/不変の原理原則は絶対であり、時代を超え、国を超え、誰しもに適応されることになるからでしょうか。


★男性/女性の人生の生き方|賢い生き方上手の名言★
〜人生の法則はシンプル。破滅原則に根ざして生きれば長期的には衰退する。繁栄原則に根ざして生きれば長期的には繁栄する〜


このような人生の法則とも言えそうな原理原則があるため、「どの欲を生きるうえでのモチベーションにするか?」は、とても大事な話でもあるのかもしれません。

我欲を満たすためだけに生きていれば、長期的には、自分自身が苦しむことにもなるのかもしれません。

全ての{人・モノ・出来事}が互いに関係し合っている相互依存の現実世界において、{自分だけが得する}は、長期的には成り立たないからでしょうか。

一方、他者とともに繁栄していけるよう奉仕/貢献欲をも大切にし生きる場合は、そのことによって他者はもちろん、自分自身も救われることになるのかもしれません。

全ての{人・モノ・出来事}が互いに関係し合っている相互依存の現実世界においては、他の発展や繁栄、幸せが、しいては自分自身の発展や繁栄、幸せにも繋がるからでしょうか。

例えば、自分ばかり得して恋人ばかり損していれば、自分はwinで恋人はloseであり・・そのうち恋人が不満を漏らし始め、2人の関係は壊れることになるかもしれません。win-loseの関係は長続きしないからでしょうか。

また、自分ばかり損して恋人ばかり得をしていれば、自分はloseで恋人はwinとなり・・それでも2人の関係は長続きしないかもしれません。今度は自分が2人の関係に不満をもつでしょうから。

一方、恋人にも幸せになって頂けるよう奉仕/貢献し、自分も幸せになれるよう努めることで、2人が、ともに幸せになっていけるwin-winの関係を構築すれば、2人の関係は長続きすることになりそうです。

これらwin-winの関係の場合に発展/繁栄するのは1対1の人間関係だけではなく、全てにおいて、そうなのかもしれません。
現実の世界は、全ての{人・モノ・出来事}が互いに関係し合っている相互依存の世界だからでしょうか。
関連コミュニケーション能力向上法(長期的の人間関係はwin-win以外にありえない理由)


★男性/女性の人生の生き方|賢い生き方上手の名言★
〜相互依存の現実においては「自分だけが利益を得る/自分だけが得する」は短期的には成り立っても長期的には成り立たない。そのため「自分さえ良ければ良いのだ!」という姿勢で生きると短期的には良くても長期的には人生が衰退してしまう〜


にも関わらず。
私はついつい「自分だけが幸せになりたい!」・・否、「自分が、周りの人達より
相対的に幸せになりたい!」と考えてしまうせいで、自分だけのwinを求め、相手を負かそうとしてしまい、win-winの関係構築に努めず、そのせいで人生にて失敗をし続けてきているのでした。


<「他人の幸せ」はすなわち私の不幸せを意味し、「他人の不幸」は私の幸せを意味する。そのため他人とともに発展するwin-winの関係ではなく、自分だけが良い想いをするwin-loseを望んでしまう・・>
他人との比較によって自分の幸せを計ろうとする【相対性の罠】にハマり込んでしまっているからでしょうか。
関連自由な生き方の名言/格言(相対性の罠から抜け出す)



B幸せに生きるために〜男性/女性の人生の生き方〜
■この現実世界は絶対基準なき相対性の世界であって【「このような目的のために生きるべきです!」という絶対的な生きる目的】が存在しないから。

私達には、「なんのために生きるべきか?」の絶対的な指針がないから、時に「奉仕/貢献欲」のために生きたり、時に「我欲」のために生きたり・・とするのでしょうか。



我欲
だけではなく「奉仕/貢献欲」のためにも生きた今から200年も300年も昔の人物の自伝フランクリン自伝 (岩波文庫) を読んでみると。

やっぱり200〜300年前も【「このような目的のために生きるべきです!」という絶対的な生きる目的】が存在しないから、人は、人それぞれで、「奉仕/貢献欲」のために生きた人もいれば、「我欲」のために生きていた人もいるようで・・

書籍の中では、著者が出会った人物の中で、我欲のためだけに生きた人が、長期的には人生が衰退してしまう様子も書かれていました。


<我欲を満たすためだけに生きれば長期的には人生が衰退する。人のお役に立つ生き方をすれば長期的には人生が繁栄する>
こういったことは、何百年も前からずっとそうで、本質的には同じような人生ドラマが、もう何百年・・否、何千年と人類の中で繰り返されているのかもしれません。
そしてそれは、今現在も、そうなのかもしれません。


<人生の法則はシンプル。破滅原則に根ざして生きれば長期的には衰退する。繁栄原則に根ざして生きれば長期的には繁栄する>
自他ともに繁栄していく、楽しい幸せな人生を生きていけると素敵ですよね。
そう思い、「破滅原則からの脱却&繁栄原則を身につける」を精進していければ、と思っています。

最後まで、ありがとうございました。


※自分が我欲のためだけに生き、そのせいで後々「大変辛い思い」をしてきた経緯があり、そのために反動やら自戒やらで、厳しい書き方ともなってしまいました。ごめんなさい(TдT)


〜追伸〜
失敗しない生き方をしていくうえでは、自分に合った仕事に就くことも重要ですよね。

人生の時間の多くが仕事時間に使われるからです。

自分に合った仕事に賢く就く方法含め、就職や転職については以下の記事が詳しいです。

@職種別!おすすめ転職サイトと転職の仕方(ハローワーク以外)(職種別!転職サイトと転職のやり方)

A既卒やフリーターにお勧め就職サイトはコレ(既卒やフリーター専用の正社員就職サイト)


また、転職に伴う収入低下の不安に対しては副業や投資で補う方法があります。

B副業で月3万円稼ぐ私の方法2つ!随時更新(月3〜5万円の副収入を稼ぐには?)

C月1〜2万円の副収入を手堅く投資で稼ぐ私の方法(副収入を稼ぐには?)


〜男性/女性の人生の生き方|賢い生き方上手の名言〜
<writer 名無き仙人>


★よく読まれている記事★
【人気】高利回りソーシャルレンディング投資とは?仕組みを解説(超高時給の投資!私が投資する理由)

【人気】FXの始め方!基礎とポイントをわかりやすく解説(為替で儲けよう!投資は大人の趣味)






バス男「ハワイに行ってみたいなー。」


バス子「この記事とは関係ない独り言はやめなさいよ。」


仙人「長期的に繁栄する原則を大切にしながら、楽しい幸せな人生を生きていけると良いのぉ。」


関連心が苦しい時の乗り越え方!人生が苦しい理由(人生の半分は他人の幸せを考えるべき理由)
破滅原理と繁栄原則(2つの原理原則)
人生で失敗しないコツ(行動は価値観/結果は原則)
戦争/貧困/バブル/歴史は繰り返す理由(バブル爺さん)
人生が変化するきっかけ(そもそもの大前提を疑ってみる)
シンプルに生きる知恵/哲学(作用と反作用と人生の関係)
自由な生き方の名言/格言(相対性の罠から抜け出す)




お勧め超高利回りソーシャルレンディングの仕組みとリスク!体験談(超高時給の投資)
産業用太陽光発電への投資!メリット/デメリット(不動産投資より手堅い)
穴場の高額バイトお勧め7つ!知らなきゃ損するよ(穴場のアルバイトをご紹介)
結婚チャンステスト!楽天オーネット体験談(結婚チャンステストやってみたよ)
貯金ができない人の強制貯金術(貯金できない理由は「お金の預け先」を間違っているから)
お勧め派遣会社!正社員になる賢い方法も(お勧めの派遣会社はココ!)
既卒やフリーターにお勧めな就職サイトはコレ(既卒やフリーター専用の正社員就職サイト)
歯が白くなるホワイトニング歯磨き粉の効果がすごい!(ホワイトニング歯磨き粉レビュー)
職種別!おすすめ転職サイトの紹介と説明(職種別!お勧め転職サイトはコレ!)
FXの始め方!基礎とポイントをわかりやすく解説(為替で儲けよう!投資は大人の趣味)
株式投資の始め方!株は楽しいよ(株で儲けよう!投資は大人の趣味)





★ 生活費の節約術とお金を増やす方法(月5万円/年60万円の自由なお金を作る方法)

★ 見た目年齢の若い元気な人になる方法(実年齢より見た目年齢が若い人がやっていること)

★ 恋愛/婚活!出会いの方法一覧(自分に合った出会いの方法を見つけよう)


仕事仙術

恋愛・婚活仙術

その他