仕事の息抜き  



仕事の息抜きは辞めなさい

■息抜きしている場合ではない!上手に仕事の息抜きをしストレスを溜めないコツとは?仕事や勉強の息抜き方法。お金稼ぎ

仕事の息抜きは辞めなさい
独立起業を目指している人へ。




バス男「グビグビグビ・・ぷっは〜、上手いねぇ。やっぱり、仕事の息抜きやストレス発散は美味しいビールに限るねぇ。」


バス子
「うん。仕事ってストレス溜まるし、気晴らしや息抜きが必要よね。」


「・・でもそういえば、この前仙人様が【仕事の息抜きは辞めなさい!】って話をしてたなぁ。」


バス子「え?仙人はどうして【仕事の息抜きは辞めなさい!】なんて言ってたの?」


「それがね、仙人様が言うには・・・・」







※この記事は、独立起業を目指している人に対する記事となります。
そのため、一般的には、かなり偏った価値観のもと、書かれています。

偏った価値観から書かれているため、不快感を与える場合もあるかもしれません。申し訳ございません。


1.仕事の息抜きは辞めなさい
@現代社会の違和感

■人間は機械ではありませんので、息抜きが必要ですよね。
ということで、今回は「息抜きに関する記事を書こう!」と思い・・私達が{息抜き}に対して、どんな考えをもっているか?を調べるため、ネットで息抜きに関する情報を見てまわりました。

すると、様々なQ&Aサイトにて、以下のような質問と回答も多いようでした。
典型例は、このようなものでした。

質問→「社会人1年目で、中小企業で働いています。 朝は6時頃には起き、帰りは8時頃です。帰宅後は疲れており、ご飯だけ食べて寝るだけです。社会人とは、こんなものでしょうか?息抜きの仕方を教えて下さい。」

回答→「それは普通です。朝6時に起きて8時に帰れるなんて良いほうです。朝から深夜まで働いている人も多いです。皆、深刻な健康問題を抱えていたり人間関係のストレスやノルマもある。みんなきついのです。 それでも休日はできるだけ約束を作って出かけたり、DVDを借りて見たり、 居酒屋に行ったり。 趣味の釣り行ったり。そして月曜からまた働く。 そんなもんです。今は頑張って仕事を覚え、そして貯金も少しずつして・・。 そうすればきっと30代、他の人よりも楽になれます。」

というようなやり取りが行われているようでした。

上記は、現代の日本社会において当然の、常識あるやり取りのようです。


ただ、上記のような回答のやり取りに、心の奥底では違和感を感じる場合、もっと違う「生き方」を模索してみるのも良いのかもしれません。

「常識である。」とは、頭では理解しつつも、「え?・・そんな仕事・仕事・・苦労・苦労・・ばかりで人生が終わってしまうの?」「人間という生き物は、そこまでして苦労してストレスを溜めて働かないと生きていけない生き物なの?機械やパソコンが存在しなかった江戸時代の人々でさえ、そこまで苦労してストレスを溜めて労働ばかりしていなかったのに、生きていたけど?」
関連江戸時代の生活と暮らし
「お金のために毎日苦労して働き・・週末の息抜きのために毎日苦労して働く・・。そのために、私は生まれてきて、現在、働いているのか?」と、心の奥底では違和感を感じる場合、もっと違う「生き方」を模索してみるのも良いかもしれません。

人それぞれの「生き方」には優劣は存在しません。
皆、それぞれが自分で「良かれ」と思う人生を生きていき、そして老いて死んでいきます。
皆のそれぞれの生き方は、どれも素晴らしいと思うのです。

そして、上記のような回答のやり取りに、頭では「常識である」と理解しつつも心の奥底では違和感を感じる場合は、以下の「もっと違う生き方」について検討してみるのも、良いのかもしれません。



A仕事の息抜きは辞めなさい
■一般的な価値観とは違う価値観によって書かれる記事になるため、人によっては不愉快な気持ちを生じる方もいると思われます。お許し下さいませ。

さて、私達は小・中学校の義務教育の9年間に、徹底して「みんなと同じ行動をとること」「言われたことには「はい!」と従い、そのタスク/ノルマを忠実にこなすこと」を教わって育ってきました。

そして社会人になってからは、「
優秀な従業員を育てる日本の教育」の当然の結果として・・「同僚達と同じ行動をとる。」「上司から言われたことには「はい!」と従い、そのタスク/ノルマを忠実にこなす。」を行い始め、上司から「良い部下」と思われたくて、怒られるのが恐くて・・同僚達と同じ行動をとり、言われたことには「はい!」と従い働くようになるようでした。

社会人になったばかりの頃は、仕事ばかりの疲れる日々に疑問を感じるのですが、それも先輩方が、
それは普通です。朝6時に起きて8時に帰れるなんて良いほうです。朝から深夜まで働いている人も多いです。皆、深刻な健康問題を抱えていたり人間関係のストレスやノルマもある。みんなきついのです。 それでも休日はできるだけ約束を作って出かけたり、DVDを借りて見たり、 居酒屋に行ったり。 趣味の釣り行ったり。そして月曜からまた働く。 そんなもんです。今は頑張って仕事を覚え、そして貯金も少しずつして・・。 そうすればきっと30代、他の人よりも楽になれます。
とアドバイスしてきますから、違和感を感じつつも、「社会や社会人とは、そのようなものなんだ。」と自分自身を納得させ、仕事に追われる日々を生き・・仕事で溜まったストレスを、週末に発散させる日々を覚えていき・・「@お金のために働く」「A週末にストレスを発散させるために働く」を、しながら、漠然と歳を重ねていきます。


私達は優秀な従業員を育てる日本の教育」を受けて・・ある意味、優秀な従業員を育てあげるための
洗脳を、9年間もコツコツと長いこと受けて大人になっているのかもしれません。長い人では高校までの12年や大学までの16年にもなります。

学校の先生というは、大学の教授も含め、皆、従業員です。
「従業員としては優秀である教師によって、優秀な従業員を育てる教育」を、右も左もわからぬ6歳の頃からずっと受けて大人になり・・

社会人になってからは、「従業員である上司から従業員の心得」を教わり、 「社会や社会人とは、そのようなものなんだ。」と自分自身を納得させ・・いつの間にか、従業員思考が骨の髄まで染み込んだ状態になり、「@お金のために働く」「A週末にストレスを発散させるために働く」を、しながら、漠然と歳を重ねていくようになります。


上記の「生き方」は常識的な生き方であり素晴らしく、人それぞれの「生き方」には優劣は存在しません。
皆、それぞれが自分で「良かれ」と思う人生を生きていき、そして老いて死んでいきます。
皆のそれぞれの生き方は、どれも素晴らしいものです。

そして、上記のような生き方に、頭では「常識である」と理解しつつも心の奥底では違和感を感じ、他の生き方をしていきたいのであれば・・

仕事の息抜きは辞めなさい!

上記のような生き方から抜け出したいのであれば・・世界で数千万部も売れている書籍/金持ち父さん貧乏父さん シリーズで有名なロバート・キヨサキ氏の言葉を借りると、終わり無きラットレースから抜け出したいのであれば・・給料と不労所得の違いを知り、不労所得を獲得する必要があるのかもしれません。
※世のため、使命のためにお金をど外視して働く場合は、その限りではない。
※仕事が楽しいから働く場合は、その限りではない。

自分が物理的に働かなくても入ってくる収入である不労所得を獲得し、「お金のために働くのではなく、お金を自分のために働かせる方法」を学ぶ必要がありそうです。

そして不労所得を獲得し、お金を自分のために働かせる投資(株・FX・不動産等)を覚えるためには、「息抜きのために働くのではなく、働くために息抜きをする。」を、行っていく必要があります。

家に帰っての晩酌のために働くのではなく・・
週末の居酒屋のために働くのではなく・・
年に1度の海外旅行のために働くのではなく・・
夢のマイホーム取得のために働くのではなく・・
つまり、息抜きのために働くのではなく・・「働くために息抜きをする。」を、行っていく必要があります。

「働くために息抜きをする。」の場合、目的はあくまで{働くこと}であり、息抜きなんてものは、とってもとらなくても、ど〜でも良いもので・・息抜きなしにも、365日、朝から晩まで働けるならば、その場合は仕事の息抜きなんてまったくせずに、ひたすら働くのです。
不労所得を獲得するために、 「お金のために働くのではなく、お金を自分のために働かせる方法」を学ぶために、ひたすら働くのです。

「なぜか?」・・って?
目的はあくまで{働くこと}だからです。
仕事の息抜きは、「どうしても働き続けることが出来ない・・」と、どうしても限界が来たときにだけ行うのです。

だからこそ、週に2日も・・祭日を含めたら年間100日以上もの丸一日の、仕事の息抜きは・・
仕事の息抜きは辞めなさい!ということなのです。

息抜きしている場合ではない!
社会人が不労所得を獲得していくためには、プライベートな時間を活用するしかありません。
それなのに、休日や仕事終わりに仕事の息抜きをするならば、いつの時間を使って、不労所得の獲得に励めば良いのでしょう?

仕事の息抜きをしている場合ではない!
平日は、会社での仕事によりストレスが溜まります。
ですから普通は、その仕事で溜まったストレスを休日の時間と、給料の余剰分を使って発散します。
しかし不労所得を獲得したいのであれば、休日の時間を使ってネット副業その他副業を行い、節約術によって貯めていくお金と獲得した副業収入を投資(株・FX・不動産等)にまわさなければなりません。
ですから仕事の息抜きを名無き仙人道にて諦め、周りの楽しんでいる人達を横目に、会社で溜まるストレスはものすごいものの、それでもせっせと副業を行うのです。
頭痛に襲われつつも「あ〜頭痛い・・」と言いながら、ひたすら仕事終わりに、また仕事をするのです。

そのような「生き方」を続けていきますと、少しづつ、不労所得や投資からの収入が増えていき、複利の力の影響もあって、

会社からの給与収入だけの時とは、比べ物にならない額の不労所得を獲得していくこととなるでしょう。

このような状態・・多くの不労所得を獲得する状態になりますと、銀行残高もすごい勢いで増え始め、時間にもお金にも余裕が生まれるため、会社にいる諸先輩方が行うアドバイス・・
それは普通です。朝6時に起きて8時に帰れるなんて良いほうです。朝から深夜まで働いている人も多いです。皆、深刻な健康問題を抱えていたり人間関係のストレスやノルマもある。みんなきついのです。 それでも休日はできるだけ約束を作って出かけたり、DVDを借りて見たり、 居酒屋に行ったり。 趣味の釣り行ったり。そして月曜からまた働く。 そんなもんです。今は頑張って仕事を覚え、そして貯金も少しずつして・・。 そうすればきっと30代、他の人よりも楽になれます。
というアドバイスが、すべての人に対しても当てはまるアドバイスではないことがわかってきます。

多額の不労所得を獲得している場合・・上記のアドバイスを聞いても、「ふ〜む。しかし、私には関係のないアドバイスだなぁ〜。」としか思えないことでしょう。


そして、このような不労所得を獲得していく「生き方」をしたいのであれば、不労所得が発生し始めるまでは、
仕事の息抜きは辞めなさい!ということなのです。
不労所得といえど、不労所得収入が入ってくる仕組みを構築するまでは、普通の人の何倍も働く必要があります。
さらに会社員として働きつつ副業として行うならば、息抜きしている場合ではない!んですね。

周りの人から「なにかに、取り付かれているのではないか?」と思われるくらい、ひたすら仕事終わりに副業をし、休日にも副業をする必要があるのです。
関連守護霊を知る方法


そして・・普通は「お金がもっとあったらなぁ。」「不労所得を稼ぎたいなぁ。」と思うものの、既存の価値観や常識などから抜け出すことが出来ないため、そこまで実行することが出来ませんからライバルが少ないため、
仕事の息抜きしている場合ではない!と、そのような姿勢で取り組み続けると、ライバル不在のため、案外、結果は出しやすいものなんですよ。



Bまとめ 〜仕事の息抜きは辞めなさい〜
■「生き方」を変え、お金のために働くのではなく、不労所得を構築するために働き始め、息抜きのために働くのではなく、働くために息抜きをし始めますと・・時間を見方につけることが出来れば、徐徐に、人生が変わり始めるものです。
関連人生の転機

と、まあ激しいことを書いてきましたが、冒頭にあるとおり人間は機械ではないため、365日朝から晩までひたすら仕事ばかりし続けることは出来ませんよね。
たまには仕事の息抜きも必要です。
しかし不労所得を獲得したいのであれば、仕事の息抜きの目的は、あくまでコツコツと仕事を長い期間続けていくために行うもので、「息抜きのために働く」という状態にはならないよう気をつけたいものですよね。

不労所得収入は、結果が出始めるまでに時間がかかることが多く、取り組んでも取り組んでも、泣かず飛ばずの期間が長く長〜く、続く場合があります。
そんなときでも、心の中ではゆる〜い生き方をしつつ、長期的なプランに従い、コツコツと、己の強烈なまでの信念をだけを頼りに、取り組んでいけたら良いですよね。

〜仕事の息抜き〜
<writer 名無き仙人>





バス男「ものすごく偏った価値観の話だなぁ。」


バス子「そうね。ただ、不労所得を目指すのであれば、息抜きのために働くのではなく、働き続けるために、仕事の息抜きとして・・ということなのかしら。」


仙人「不労所得獲得までの道のりのは長いからのぉ。じゃからこそ、長く働き続けることが出来るために、仕事の息抜きを行うのじゃよ。息抜きもなければ、長い期間、働き続けることが出来ぬからのぉ。ただ、そこまでして頑張る必要があるか?は、人によって異なるからのぉ。なにが幸せか?は人によって違うから・・その点は注意してくれの。」



仕事仙術

恋愛・婚活仙術

その他