アフィリエイト記事の書き方  


スポンサーリンク




スポンサーリンク

アフィリエイト記事の書き方

■アフィリエイト・新聞・ブログ・インタビュー記事の書き方/初心者編。記事文章の書き方が苦手/克服する方法とは?

アフィリエイト記事の書き方
説得力と同時に、共感と好感と衝撃を与える記事の書き方とは?




バス男「う〜む。アフィリエイトって案外、記事の書き方が難しいな。官能小説ならスラスラ書けるのだが・・。」


バス子「官能小説をスラスラ書ける方がすごくない?・・そういえば、この前仙人が【アフィリエイト記事の書き方〜説得力と同時に、共感と好感と衝撃を与える記事の書き方とは?〜】について話をしてたわね。」


バス男「ほ〜。仙人様が?」


「うん。仙人が言うにはね・・・・」







〜説得力と同時に、共感と好感と衝撃を与える記事の書き方とは?〜

1.アフィリエイト記事の書き方
@文章で重要な4つの要素
■アフィリエイト記事で重要な要素は、以下の4つとも言えそうです。

@説得力
A好感

B共感

C衝撃


まず
@説得力です。
文章に説得力を加えるための、簡単な方法が、この記事のように1つづつ自身の考えが正しい理由を述べていく方法です。

「この考え方は、素晴らしいんだ!」
「この商品は、素晴らしいんだ!」
ということを読み手に説得力を交えて伝えたい場合「なぜ素晴らしいと思うか?」という理由を1つづつ述べていくわけです。

この文章の場合でしたら、「アフィリエイト記事で重要な要素は、○○です。」ということを読み手に説得力を交えて伝えたいわけですから・・「なぜ、○○が重要な要素なのか?」という理由を、1つづつ述べていっているわけです。

世界と人間の存在理由にあるとおり、人間という生き物はどうしても‘理由’を知りたがりますし、聞きたがる生き物のようです。
no reason(ノーリーズン)・・つまり理由なしでは、納得出来ない生き物なんですね。

本当は世界と人間の存在理由なんてno reason(ノーリーズン)なわけですが、納得出来る理由を知りたい/聞きたいからこそ、1つの仮説を書いているわけです。

本当は「アフィリエイト記事で重要な要素は@説得力A好感B共感C衝撃です。はい、終わり。」でも良いのかもしれませんが、それでは読んで下さる方が納得出来ませんから、今現在、このようにグダグダと理由を後から付けたしで書いているわけです。

要は、記事を読んで下さる方が納得できる理由を、1つづつ書いていけば良いんですね。


「しかし、理由や理論に抜けがある場合は読み手が納得しないのでは?」
→そのような場合は、想定される反論や疑問を、このように質問形式で書いてしまうのも良いかもしれません。
おそらく上記の文章を読まれた方の中には、「でも・・理由や理論に抜けある場合は、読み手が納得しないよね?」と無意識的に感じた方がいます。
ですから、そのような方がしっかりと納得出来るよう、想定される反論や疑問をカッコ「」内に書いて、質疑応答のような形で記事の中に入れてしまうのも1つの方法と言えそうです。
想定される反論や疑問に対する理由を、{1つづつ書いていく理由}の中に入れてしまうのも良いのでしょうが。


「でも、上記は机上の理論なのでは!?」
→個人的な事例で恐縮なのですが、私の書いている記事の多くは、上記で説明した書き方で実際に書いており・・それでいて、無名な私のwebサイトの記事・・くだらない記事にも関わらず、多くの方に実際に読んでもらえているようなのです。ありがたいことです。
及び、有名なアフィリエイトサイトの多くも、上記の書き方で記事が書かれているものも、あるようです。

などと・・机上の理論ではない理由を、個人的な体験談や、その他の人の体験談、また資料や統計などを添えることによって証明しますと、より説得力が増すようです。


アフィリエイトをとおして、説得力のある記事を書く日々を毎日続けていますと、日常の生活の中でも自分の伝えたいことを相手が納得出来るような{言い方/伝え方}で話すことが上手になっていくようです。

「どうすれば、読んで下さっている方に‘想い’が伝わるか?納得してもらえるか?」という点にだけフォーカスし、日々文章を書き・・あとは、良質な書籍を読むことで「文章の書き方」を自然と学んでいけば、そのうち説得力ある記事をかけるようになっていくことでしょう。


次にA好感です。
中学生の頃、道徳の授業にて、A君は素晴らしい正論を述べていました。
他のクラスメイトは誰もA君の素晴らしい正論に反論できず・・A君だけが正しく偉い人のようで・・A君だけがニコニコと誇らしげな表情でした。
先生はA君を褒め称えていました。
周りの生徒達は「A君の言っていることは、確かに正しいんだけど・・」と頭では理解しつつも、心が納得出来ないようでした。
私は心の中で「A君は口先だけで、良い子ブリやがって。」と、A君を理不尽に非難していました。

授業が終わった後の休み時間、A君は誰からも「一緒に遊ぼう!」と誘ってもらえませんでした。
授業中は誇らしげに満足そうに笑っていたA君から、だんだんと笑顔が消えていきました・・。

人間は感情の生き物であるため、いくら理論的に正しいことを言われても、感情が害され相手に好感をもてなければ、人はその人から離れていきますし、誰もついていかないようです。


私達は、自身の理論の正しさを証明したいがために記事を書くのではなく・・・自分のすごさを証明するために、記事を書くでもなく・・記事を読んで下さる方のお役に立ちたいから、記事を書きますよね。

だからこそ@説得力のある記事を書く理由も、自身の理論の正しさを証明したいがためではありませんし、自身のすごさを証明するためでもありません。
説得力のある記事を書いた方が、記事を読んで下さる方のためになる!と判断したから、その記事では説得力ある記事を書くわけです。

また、説得力ある記事を書く場合であっても・・自身の理論や理由づけの正しさを書いているだけでは、その理論がいかに正しくても読んだ人は、
「(無理やり)説得させられた。」
「まるで、筆者が全てにおいて正しく、私には非があるようだ。」
「ふ〜ん。貴方は全てにおいて正しくて、立派で、良いわよね。でも、なんだかムカつく。」
「貴方が偉くてすごいのはわかった。でも、じゃあ偉くもないし、すごくもない私はいったいどうなるの?」
とも感じるものです。
攻められているようで・・自分が劣っているようで・・自己防衛したくなり、素直に理論を受け入れることが出来なくなる場合もあるようです。
関連劣等感を克服する方法


記事を書く際は、背伸びをするのではなく・・・背伸びをして、立派な人間を演じて、正しい理論にこだわっていると、好感をもたれない場合もあるようです。
もっと自然体で、素の自分で文章を書くのも良さそうです。
上手で賢い貯蓄方法(以前の記事からわかること)のとおり、人柄は、どちらにしろ文章の中に現れるようです。
素の自分が、そもそも正しい正義&理論人間であり「生き方/人生」自体も、それ相応のものであれば、それが文章に滲み出ますので、そのような方の場合はそれで良いと思うのです。

が、私達のようにルーズな人間は・・失礼しました。
私のようなルーズな人間は、いくら文章で立派な人間を演じて、正しい理論にばかりこだわっても、どうして文章の節々にルーズな人柄は滲み出ますので、「なんだよ、この‘なんとか仙人‘って人は口先だけで、良い人ブリやがって。」と思われるのがおちなのです。

説得力や正しさだけを追求するのではなく、素の駄目な自分・・隙のある自分も、自然体にありのまま出すことで、文章に人間味が出・・その人間味が、まあ好き嫌いは必ず出るのですが、偽ってまで正しい人間を演じている時よりは好感をもたれる場合も多いようです。

@説得力では‘隙’があってはいけませんが・・A好感に関して言えば、隙があるのも、良いのかもしれません。



次にB共感です。
同じような境遇、体験、考え方の相手に対し、人は共感をもつもので・・通常、共感を感じる相手にはA好感をもつようです。
そのため、記事を読んで下さる方が共感をもてるような内容を記事内に含めるのも良いですよね。

ですから、「アフィリエイトって、記事の書き方が難しいな。官能小説ならスラスラ書けるのだが・・。」という、この記事の初っ端の部分で「そうそう!そうだよな。」と共感を・・え?共感できない?


最後にC衝撃です。
衝撃に関しては、スピーチと一緒です。
国家の答弁は、予め官僚によって理論的な答弁内容が決められているため・・国会の答弁において、聴衆に衝撃や感動を与えることは少ないようです。
理論を無視して、‘想い’を言霊に乗せて勢いで喋るスピーチほど、人に感動や衝撃を与える場合が多いようです。

読んで下さる方に、感動や衝撃を与える文章を書くには、理論を無視して、‘想い’を勢いで書き殴っていきます。
そして、スピーチと違い、文章の場合は‘熱’や‘想い’が伝わりにくいもので・・往々にして、読み手側は非常に冷めた心境・状況で文章を読んでいますから、勢いだけの文章ですと、書き手と読み手で温度差が生じ、読み手側は、「え?・・どうしたの?」と冷めたリアクションをとることになり、感動や衝撃を与えることが出来ないようです。


文章では、対面して喋る時と違い‘熱’や‘想い’が伝わりにくいんですね。
ですから、理論を無視して‘想い’を勢いで書き殴った後は、冷静な心境に戻って再度文章を読み直しながら、「あ〜、この表現は読み手に伝わらないだろうな。」などと感じる部分を訂正していきます。

及び・・読み手側は、あくまで冷めた心境で文章を読んでいますので・・冷静であるからこそ、文章を読みながら漠然と疑問や反論を感じるものです。
ですので、そのような読み手の漠然とした疑問や反論にも応え得る文章になるよう、勢いに任して書いた記事を、後から理論的にも正しくなるよう訂正していくのです。

この書き方で書いた文章の方が・・つまり、‘想い’を勢いで書き殴り、その後、訂正をする方法で書いた方が、理論がましい記事より人に感動や衝撃を与え、人を動かす場合もあるようです。
人間は感情の生き物であるため、正しい理論よりも熱い‘想い’/感情によって心が揺れ動き、心につられて肉体が動くからでしょう。



Aまとめ 〜アフィリエイト記事の書き方〜
■アフィリエイトの記事を書く際は、@説得力とA好感とB共感とC衝撃を考慮して記事を書いていきたいものですね。

それと・・‘人間’という生き物が【物事の認識】をするには‘比較’と‘例’が助けとなる場合も多いため・・「もし、そうしなければ・・こうなります。」というような比較を記事内に入れると、より伝わりやすい記事になりますし・・‘例’も文章内に含めると良いですよね。

ですので、「中学生の頃、道徳の授業、A君は素晴らしい正論を述べていました・・・・」という実例を出します。

実例でなくても、例え話でも良いですよね。
子供に読み聞かせる昔話は、子供にわかりやすく物事を伝えるための例え話です。


また、文章内にユーモア/笑いがあると、読んで下さる方が疲れずに文章を読むことが出来るものです。
息抜きになるようなユーモア/笑いを記事内に入れるのも、良いのかもしれません。

〜アフィリエイト記事の書き方〜
<writer 名無き仙人>


★よく読まれている記事★
【人気】高利回りソーシャルレンディング投資とは?仕組みを解説(超高時給の投資!私が投資する理由)

【人気】「初心者向け」少額から始める資産運用のやり方【おすすめ運用先】儲かるよ(儲かる資産運用の始め方)






バス男「アフィリエイトを辞めて、官能小説作家を目指そうかなぁ?」


バス子「バス男さんは、そっちの方が向いてるかもね。」


仙人「文章の書き方が参考になる!と感じる方の書籍や記事を、何度も読むことも、アフィリエイト記事の書き方を上達させる方法の1つなんじゃよ。それと・・この記事では書き忘れたが、5感に関する事柄も・・たとえば「
街灯に照らされた海が、ゆらゆらと揺れていました。(視覚) さぁ〜っと、涼しげな夜風がとおり抜けていきました。(触覚) 目をつぶり耳を澄ませば、虫達の鳴き声が、それまで以上に心地よく聞こえるのでした。(聴覚)」などと、記事内に取り入れる方法もあるのじゃよ。例えは、感謝の念/気持ちの力を参照してくれると嬉しいのぉ。」


関連パソコンでお金を稼ぐ方法(アフィリエイト初心者塾)




お勧めビットコインとは【わかりやすく図解で仕組みを】初心者向け簡単に(人気の理由)
産業用太陽光発電への投資!メリット/デメリット(不動産投資より手堅い)
FXの始め方!基礎とポイントをわかりやすく解説(為替で儲けよう!投資は大人の趣味)
高利回りソーシャルレンディング比較一覧!お勧めはココ(お勧めの会社はどこ?)
簡単!仮想通貨の始め方【初心者におすすめコインも】(仮想通貨の買い方)





★ 生活費の節約術とお金を増やす方法(月5万円/年60万円の自由なお金を作る方法)

★ 見た目年齢の若い元気な人になる方法(実年齢より見た目年齢が若い人がやっていること)

★ 恋愛/婚活!出会いの方法一覧(自分に合った出会いの方法を見つけよう)


仕事仙術

恋愛・婚活仙術

その他